スキルアップ記事

レバテックキャリアではIT・Web業界のエンジニア、デザイナーのスキルアップに役立つコンテンツをお届けいたします。
転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務で使える記事等幅広く掲載していきます。

転職支援サービスをご希望の方はこちら

プロジェクトマネージャーの仕事内容、求められるスキルと経験、目指し方を解説未経験からプロジェクトマネージャーを目指す方法

プロジェクトマネージャーとは、プロジェクト計画の立案、進捗管理、リソース管理、契約管理、リスク管理、品質管理などを行う職種です。これらの管理領域を円滑に進められるかどうかでプロジェクトの成否が左右されます。では、実務未経験の状態からプロジェクトマネージャーにキャリアアップするためには、どんな道があるのでしょうか。この記事では、未経験からプロジェクトマネージャーを目指す際の条件や必要なスキル、取得しておきたい資格などを解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1. プロジェクトマネージャーの仕事内容

まず、プロジェクトマネージャーの仕事内容について解説します。プロジェクトマネージャーは、各プロジェクトにおいて決められた期日までに成果物(システムや仕様書、ハードウェアなど)を完成・納品することへの責任を負っています。そのために、主に以下のような業務を担当しています。

・プロジェクトスコープ(作業範囲)の決定
・プロジェクト体制の構築(人員の配置やチーム編成など)
・プロジェクトの全体的なスケジュール設定
・プロジェクトの進捗確認、定例会の開催など管理運営全般
・人員(SEやPGなど)の手配及び人的コスト管理
・クライアントとの交渉

 
プロジェクトマネージャーは、システムの開発や改修といったプロジェクトをやり遂げるために、プロジェクトチームを結成します。このとき、どういった人材がどれだけ必要かを計算し、必要な人材を確保します。
 
また、スケジュールを設定してプロジェクトを動かし、常に進捗をチェックします。必要であれば人材の追加投入などを行い、計画修正もしていかなくてはなりません。さらに、顧客から何らかの要求(業務変更に伴うシステムの仕様変更など)があった場合は、交渉の窓口となることもあります。

2. プロジェクトマネージャーに求められるスキル、経験

次に、プロジェクトマネージャーに求められるスキルや経験について解説します。前述した仕事内容を進める上で、プロジェクトマネージャーには以下のようなスキル、経験が求められます。

スキル

・ITに対する技術的な理解
・顧客要求を引き出し、プロジェクトリソース(受注金額、体制、技術力など)から現実的なプロジェクトプランを提案し交渉するスキル
・人員、予算の適切な配置を行うためのリソース管理能力
・クライアントの業界に関する業務知識
・プロジェクトメンバーをまとめるリーダーシップ など

経験

・IT業界においてシステム開発プロジェクトに従事した経験
・システムエンジニアの経験
・進捗管理や品質管理などのプロジェクトマネジメント経験

 
一般的にプロジェクトマネージャーは、PGやSEを経験し、TL(チームリーダー)やPL(プロジェクトリーダー)などを経てからキャリアアップすることが多い職種です。しかし、必ずしも技術職の経験が必要というわけではありません。
 
他業界でのマネジメント経験や、特定の分野(金融やロジスティクス)に関する豊富な業務知識・経験があれば、それを活かしてプロジェクトマネージャーになることは可能です。ただし、クライアントに対して技術的な解説ができるプロジェクトマネージャーは信頼を得やすい傾向にあります。

3. 未経験からプロジェクトマネージャーを目指す方法

次に、未経験からプロジェクトマネージャーを目指す方法について解説します。大きな流れとしては、「資格を取得する」→「現場でマネジメント経験を積む」→「転職する」というステップです。
 
プロジェクトマネージャーは技術職未経験であっても、他の業界や他の職種でマネジメント経験があれば目指しやすい職種です。ただし、ITやプロジェクトマネジメントに関する知見は求められますので、これらを補填していく必要があります。

(1)資格を取得する

資格取得は、プロジェクトマネジメントに必要な知識を横断的に学ぶことができ、対外的な知識の証明にもなります。プロジェクトマネージャー向けの資格としては、以下3つが代表的です。

PMP®
プロジェクトマネジメントの概念が生まれた米国の団体「PMI(米国プロジェクトマネジメント協会) 本部」が認定している国際的な資格です。同団体が提唱する「PMBOK (Project Management Body of Knowledge) 」は、プロジェクトマネジメントのノウハウを体系的にまとめており、これをベースにした資格がPMPになります。PMPはIT業界で高い評価を得ることが多く、未経験者でも一定の知識を有することの証明になります。

プロジェクトマネージャ試験
日本の公的機関であるIPA(情報処理推進機構)が認定している試験です。プロジェクトマネージャーに求められる組織運営、管理能力、リスク管理と分析、評価に関する知識が身に付きます。日本国内では、さきほど紹介したPMPと並び、もっとも代表的なプロジェクトマネージャー向け資格といえます。

ITコーディネータ試験
2001年にスタートした比較的新しい資格で、経済産業省の推進資格でもあります。試験では、経営戦略やIT戦略、プロジェクトマネジメントに関する知識を問われます。また、試験合格者は6日間の研修が義務化されています。IT業界ではプロジェクトマネジメントやPMO(Project Management Office)の一員として参画するときに、評価される資格といえるでしょう。

(2)現職でマネジメント経験を積む

プロジェクトマネージャーは一足飛びに目指せる職種ではありません。必ず何らかのマネジメント経験が問われます。そのため、まずは現職で小規模チームのリーダーなどに就き、チームマネージメントの経験を積む必要があります。そして、この時に役立つのが資格試験で得たマネジメントの知識です。マネジメントを任せてもらう際のアピールにもなるでしょう。

(3)中小SIerなどのリーダー職に転職する

中小SIerの中には、未経験者でも応募できるチームリーダー、グループリーダー、マネージャーの求人を出しているところがあります。中小SIerではプロジェクトマネージャーという職種を設けていない場合も多いですが、これらの職種は多くの場合プロジェクトマネジメント業務も担当します。
 
こういった求人に応募し、マネジメントのイロハを学ぶのも有効な方法のひとつです。
ただし、未経験者の転職はハードルが高いため、前述したように資格取得とマネジメント経験を経ることで転職の成功確度を上げることができます。

4. IT業界未経験者がプロジェクトマネージャーを目指す場合のポイント

IT業界未経験者がプロジェクトマネージャーを目指す場合、上記の(1)〜(3)に加えて以下の点も押さえておくといいでしょう。

・応募する企業が求めている業務知識とITを結び付けられるよう、ソリューションや技術の知識を身につける
→ITコーディネータ試験であれば、主な業務知識とIT双方の知識を得ることができます。

・出身企業が大企業でない限り、まずは中小企業のPMポジションを狙う
→大手企業への転職はハードルが高い傾向にあります。

・業務知識やマネジメント経験から、どのようなプロジェクトで力を発揮できるか整理してから転職先を検討する
→スキルマップや経験したプロジェクトの履歴を作成することで、自分にマッチしそうな企業を見つけやすくなります。
 
このほか、プロジェクト管理によく用いられるWBS(Work Breakdown Structure=プロジェクトを作業単位に分割し階層構造に再構築する手法)や、開発手法(ウォーターフォールモデル、アジャイルモデル)、テスト手法(V字モデル、W字モデル)に関する知識も備えておきたいところです。
 
これらは、「SEやPGをはじめとしたプロジェクトメンバーをどう動かすか」「どの工程にどれだけの人員が必要か」など、工程や人的リソースの管理に役立ちます。国家資格である基本情報技術者試験など取得して、ITに関する基礎知識を身につけるのも良いでしょう。

5. まとめ

この記事では、未経験者がプロジェクトマネージャーを目指すための方法を解説してきました。プロジェクトマネージャーはプロジェクト全体の指揮官的な存在であり、IT業界でも特に需要が高い職種です。SEからキャリアアップ・年収アップを目指したい人にとってもひとつの選択肢となりますので、プロジェクトマネージャーへの道を検討してみてはいかがでしょうか。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

執筆:野崎 晋平(アイティベル)

技術の話ができる転職エージェント。30秒で無料登録!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • 次のstepで入力すると返事が来る!
  • プロフィール入力すると返事が来る!
  • ご希望の条件を選択してください

    ご希望の勤務形態

    必須

    ご希望の勤務地

    任意

  • プロフィールをご入力ください!必須入力項目はこのページで終わりです。

    氏名

    必須

    氏名かな

    必須

    生年月日

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

  • スキルシート・ポートフォリオをお持ちの方はアップロードしてください

    スキルシート

    任意

    提出しておくことで
    迅速なご紹介が可能に!

    職務経歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    履歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    スキルシートを確認しています...

    スキルシートを確認しています...

    ※ファイルは5MB以下で対応するファイル形式 ? でアップロードしてください
    Microsoft Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt .pptx
    KINGSOFT Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt
    iWork .numbers .pages .key
    LibreOffice .ods .odt .odp
    OpenOffice .ods .odt .odp
    その他 .pdf

    ※事前にご用意のない方は、弊社フォーマットを是非ご活用下さい。

    ポートフォリオURL

    任意

    ?

    ポートフォリオとは主にクリエイターの方が自己PRのために過去の作品や制作実績をまとめた作品集の事です。

    ポートフォリオをWeb上で公開されている方はそのURLを、データでお持ちの方は作品データをアップしたURLを入力してください。

    ※データをアップされる場合は、保存期間や容量制限の少ないGoogleドライブを推奨しています。

    その他ご要望

    任意

  • 下記の内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信してください

    プロフィール入力すると返事が来る!

    • ご希望の勤務形態 必須

    • ご希望の勤務地 任意

      第一希望:
      第二希望:

    • 氏名 必須

    • 氏名かな 必須

    • 生年月日 必須

    • 電話番号 必須

    • メールアドレス 必須

    • 職務経歴書 任意

    • 履歴書 任意

    • ポートフォリオURL 任意

    • その他ご要望 任意

    個人情報の取り扱い」と「利用規約」に同意の上、『同意して登録する』ボタンをクリックして下さい。

プライバシーマーク

レバテック株式会社は「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
個人情報の秘密は厳守します。ご入力いただいた情報は許可を頂くまで求人企業に公開することはありませんので、ご安心ください。

申し込みに関するご注意
以下の方は弊社の事業基盤、求人動向から、ご提案のご連絡までお時間をいただく可能性があります。ご了承ください。
IT業界、または希望職種が未経験の方
レバテックキャリア対象エリア以外での勤務地、また在宅での作業を希望される方

プロジェクトマネージャー(PM)の求人・転職一覧

関連記事

人気記事

無料"個別相談会"実施中-平日の夜、土曜も実施しています!-

関西求人特集 みんなの年収UP公開中

九州求人特集 福岡での転職をサポートします!

転職・求人・採用情報を探す

プライバシーマーク

レバテック株式会社は、
「プライバシーマーク」
使用許諾事業者として
認定されています。