プロジェクトマネージャーは、ITプロジェクトの納期・品質・コストの責任を負う要職プロジェクトマネージャーの役割とは?

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

プロジェクトマネージャーは、PG(プログラマー)やSE(システムエンジニア)を束ね、案件の納期・品質・コストなどの目標を達成すべくプロジェクトをけん引する職種です。そのため、技術的なスキルやヒューマンスキルに加え、プロジェクトマネジメントスキルも求められます。この記事ではプロジェクトマネージャーの役割や必要なスキル、プロジェクトマネージャーの業務に役立つ資格などを紹介します。

1. プロジェクトマネージャーの役割

まず、プロジェクトマネージャーの役割について解説します。役割とは、「使命(ミッション)」とも言い換えられます。仕事内容(タスク)とは異なるため、2者の違いをよく理解しておくと良いでしょう。

役割

成果物(ゴール)の明確化・可視化
成果物(ゴール)の明確化は、プロジェクトマネージャーの役割の中で最も重要なものです。プロジェクトの目的がどこにあり、何を成果物(ゴール)とすべきなのかを、プロジェクトメンバーが理解できるように可視化します。

認識の統一
プロジェクトマネージャーは、プロジェクトがたどるべき道筋をメンバーに示し、それぞれの役割を明確にします。ITプロジェクトは、複数のチームがそれぞれの担当範囲に従い、個別に開発・テストを進めていきます。こうした分担制のプロジェクトでは、チーム間のコミュニケーションが停滞し、認識にズレが生じることも珍しくありません。認識にズレが生じると、チーム毎の成果物(プログラムやソフトウェア)が上手く噛み合わず、ひとつのシステムとして機能しないリスクが発生します。そこで、プロジェクトマネージャーが先頭に立ってプロジェクト完了までのロードマップを示し、チーム単位で「何を」「いつまでに」「どのような仕様で」完成させるべきかを明確にすることで、認識のズレを防ぎます。

費用対効果の測定
一般的に、ITプロジェクトの成否は「費用対効果」で判断されます。そのため、プロジェクトマネージャーは、投資額に見合った効果が得られているかを常にチェックすることが必要です。例えば、年間1000時間の作業時間短縮を狙った業務システム開発があるとします。このとき、年間1000時間相当の人的コストよりも、システム運用・保守費用が小さくなり、なおかつ作業時間も短縮できていれば、このプロジェクトは成功したと言えるでしょう。このようにITプロジェクトの成果物が、顧客に時間的・金銭的なメリットを与えられるかをチェックするのも、プロジェクトマネージャーの役割です。

人材配置の最適化
ITプロジェクトでは、工程(フェーズ)によって人材の入れ替わりが頻繁に発生します。開発工程が終了すれば開発チームの人材はリリース(契約終了)となり、別のプロジェクトへと移動します。一方、運用保守フェーズでは別の人材が必要になります。ただし、新しく参画した人材がプロジェクト・システムの概要・機能を理解するまでには、一定の時間が必要です。こうした時間的コストを節約し、スムーズなフェーズの移行を促すのもプロジェクトマネージャーの役割です。具体的には、既存メンバーの契約更新を行い、開発フェーズから運用保守フェーズへと人材を再配置する方法などが考えられます。

コミュニケーションハブ
コミュケーションハブとは、「異なる立場、役職にある人間同士の情報交換を促す連結点」と定義することができます。ITプロジェクトでは、工期中に顧客要求や業務要件が変わることも珍しくありません。このとき、プロジェクトマネージャーは、顧客からの要望をプロジェクト全体に共有します。また、プロジェクト内の各チームに対して報告・連絡を促して解決策を取りまとめ、顧客に伝えます。このように、プロジェクトマネージャーを中心に情報共有が進むことで、顧客とプロジェクトメンバーの認識に差が生じにくくなり、設計ミスや不具合の発生を減らすことができます。

仕事内容

プロジェクトマネージャーは、上記のような役割(ミッション)を遂行するために、次のような仕事内容(タスク)を担います。

・プロジェクトの管理・運営に関わる雑務全般
・スケジュール立案、調整
・会議、打ち合わせへの出席
・顧客との折衝
・予算、時間、人材の調達・調整

2. プロジェクトマネージャーに必要とされるスキル・知識・経験

次に、プロジェクトマネージャーに必要とされるスキル・経験について解説します。

スキル・知識

プロジェクトマネージャーを目指す際、必要なものとしては以下のスキルや知識が挙げられます。

要件定義スキル
要件定義は、ヒアリングを通じて得た顧客要求を、システム要件へと落とし込む工程です。これは、「顧客からの要求を、ITシステムを用いてどのように実現するか」をとりまとめる工程であり、プロジェクトマネージャーおよびSEが協力しながら業務を進めます。
したがって、IT全般に対する広範な知識をもとに顧客の要件を取りまとめていくスキル(要件定義スキル)が求められるでしょう。

何らかのプログラミング言語に対する知識
プロジェクトマネージャーは、コーディングなど具体的な実装作業には関与しません。しかし、メンバーからのレビューやプレゼンテーションの内容を正確に把握するためにも、ソースコードを判別できるレベルの知識は持っておくべきです。

交渉力
プロジェクトマネージャーは、顧客要望を集約し、スケジュールや予算などを計画に落とし込み、顧客の合意を得る役割を担っています。よって、顧客の要望がプロジェクトのキャパシティを超えないように、開発する機能数などを調整し、プロジェクト計画を達成可能なレベルに着地させる交渉力が必須となります。

ファシリテーションスキル
ファシリテーションとは、会議や打ち合わせにおいて、発言の促進や整理を行い、合意形成と相互理解を促す行動を指します。プロジェクトマネージャーは、会議の参加者から情報を吸い上げて合意形成や相互理解を促し、プロジェクト全体の方向性を確定しなくてはなりません。ファシリテーションスキルによってプロジェクトの意思決定スピードが変わるため、習得しておくべきスキルのひとつです。

上記のほかにも、プレゼンテーションスキル、クライアント企業の属する業界の業務知識などがあれば、転職時に評価されやすくなります。

経験

プロジェクトマネージャーへの転職では、主に以下2つの経験が重視されます。

プロジェクトマネジメント経験
プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの納期・品質・コストなどの責任を持ち幅広い知識とスキルが求められるため、一般的に実務経験豊富な人間が採用されます。よって、ITプロジェクトにおいて、何らかのチームを率いた経験が必須です。

ITプロジェクトにおいて折衝・開発、運用、保守まで携わった経験(概ね10年以上)
プロジェクトマネージャーは、システム開発の全工程(要件定義・基本設計・詳細設計・開発・テスト・運用・保守)の進捗・品質・コストなどを管理します。この業務を遂行するには各工程の業務に対する深い知見が必要であり、多くの場合PG・SEなどの概ね10年以上の経験が求められます。

3. プロジェクトマネージャーの業務に役立つ資格

ここでは、プロジェクトマネージャーの業務に役立つ資格を紹介します。
資格取得を目指すことで、プロジェクトマネージャーに必要な知識・スキルを横断的に学ぶことができます。また、対外的な証明にもなるため、転職時に役立つでしょう。


PMP

PMI(米国プロジェクトマネジメント協会) 本部が主催している国際的な資格です。PMPは、プロジェクトマネジメントのノウハウを体系的にまとめた「PMBOK (Project Management Body of Knowledge) 」をベースにした資格です。PMPは、プロジェクトマネージャーのグローバルスタンダードと言える資格で、プロジェクトマネジメントに関する知識・ノウハウの基礎を習得していることの証明になります。


プロジェクトマネージャ試験

日本の公的機関であるIPA(情報処理推進機構)が主催する資格試験です。プロジェクトマネージャーに求められる能力(組織運営、管理能力)や知識(リスク管理、リスク分析、評価)が身に付きます。日本国内に限定すれば、前述したPMPと並び、プロジェクトマネージャー向けの資格として高い評価を得られます。


ITコーディネータ試験

2001年にスタートした経済産業省の推進資格です。ITコーディネータは、「IT経営の実現」をミッションとしながら、ITを経営に活用するための方法を提示します。プロジェクトマネージャーが担う役割や仕事内容に直結した試験内容であることから、近年注目されている資格です。

4. まとめ

プロジェクトマネージャーは、PG(プログラマー)やSE(システムエンジニア)を束ね、プロジェクトを率いる立場にある要職であり、目標の明確化や適切な人員配置などを行うことでプロジェクトを成功に導く役割を担っています。そのため、プロジェクトマネージャーを目指すには、技術的なスキルやヒューマンスキルに加え、マネジメントスキル、管理・運営能力、コスト意識なども必要になるといえるでしょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

プロジェクトマネージャー(PM)の求人・転職一覧

無料サポート登録簡単30秒

【厚生労働省】職業紹介事業許可番号(13-ユ-308734)

  • STEP1
  • STEP2
  • STEP3
  • 次のstepで入力すると返事が来る!
  • プロフィール入力すると返事が来る!
  • ご希望の条件を選択してください

    ご希望の勤務形態

    必須

    ご希望の勤務地

    任意

  • プロフィールをご入力ください!必須入力項目はこのページで終わりです。

    氏名

    必須

    氏名かな

    必須

    生年月日

    必須

    電話番号

    必須

    メールアドレス

    必須

  • スキルシート・ポートフォリオをお持ちの方はアップロードしてください

    スキルシート

    任意

    提出しておくことで
    迅速なご紹介が可能に!

    職務経歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    履歴書

    ドラッグアンドドロップ or ファイルを選択 選択されていません

    スキルシートを確認しています...

    スキルシートを確認しています...

    ※ファイルは5MB以下で対応するファイル形式 ? でアップロードしてください
    Microsoft Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt .pptx
    KINGSOFT Office .xls .xlsx .doc .docx .ppt
    iWork .numbers .pages .key
    LibreOffice .ods .odt .odp
    OpenOffice .ods .odt .odp
    その他 .pdf

    ポートフォリオURL

    任意

    ?

    ポートフォリオとは主にクリエイターの方が自己PRのために過去の作品や制作実績をまとめた作品集の事です。

    ポートフォリオをWeb上で公開されている方はそのURLを、データでお持ちの方は作品データをアップしたURLを入力してください。

    ※データをアップされる場合は、保存期間や容量制限の少ないGoogleドライブを推奨しています。

    その他ご要望

    任意

  • 下記の内容をご確認いただき問題ないようでしたら、送信してください

    プロフィール入力すると返事が来る!

    • ご希望の勤務形態 必須

    • ご希望の勤務地 任意

      第一希望:
      第二希望:

    • 氏名 必須

    • 氏名かな 必須

    • 生年月日 必須

    • 電話番号 必須

    • メールアドレス 必須

    • 職務経歴書 任意

    • 履歴書 任意

    • ポートフォリオURL 任意

    • その他ご要望 任意

    個人情報の取り扱い 」と「 利用規約 」に同意の上、 『同意して登録する』 ボタンをクリックして下さい。

プライバシーマーク

レバテック株式会社は「プライバシーマーク」使用許諾事業者として認定されています。
個人情報の秘密は厳守します。ご入力いただいた情報は許可を頂くまで求人企業に公開することはありませんので、ご安心ください。

申し込みに関するご注意
以下の方は弊社の事業基盤、求人動向から、ご提案のご連絡までお時間をいただく可能性があります。ご了承ください。
IT業界、または希望職種が未経験の方
レバテックキャリア対象エリア以外での勤務地、また在宅での作業を希望される方