Linuxのおすすめ資格LinuC・LPICとは?難易度や勉強方法を解説

最終更新日:2024年1月18日

サーバーOSとして企業でも多く利用されるLinux。クラウド、仮想化、コンテナといった新しい技術にも欠かせないOSのため、スキルを持ったエンジニアには高い需要があります。特にサーバーエンジニア、ネットワークエンジニアなどのインフラ領域では、その傾向は顕著です。

しかし、用途や技術の範囲が非常に広いため、Linuxのスキルを示すのは簡単ではありません。そこで、分かりやすくスキルを示せる方法となるのが資格の取得です。

本記事では、Linuxの資格取得を考えている方に向けてLinuxに関連した資格のメリットを説明し、代表的な資格LinuCとLPICを中心に、試験内容や難易度、勉強方法について解説します。

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

この記事のまとめ

  • Linuxは、サーバーOSとして企業でも多く利用され、クラウドや仮想化、コンテナなど新しい技術に欠かせないOSです
  • 資格の取得は、Linuxの広範な用途や技術に関するスキルを分かりやすく証明する方法として有効です
  • Linuxの資格の中でも代表的なものとして、LPICとLinuCが挙げられます
  • Linuxの資格を取得することで、スキルを高め、キャリアアップや新しい仕事のチャンスを得ることができます

Linuxに関する代表的な資格にはLPICとLinuCがある

Linuxに関連する代表的な資格としてLPICとLinuCがあげられます。LIPCは世界標準的な資格であり、LinuCは日本国内において最適化された資格です。
それぞれの概要について見ていきましょう。

Linuxの資格の世界標準「LPIC」

Linux系OSを扱うITエンジニアの登竜門として長年評価されたLPICは、難易度によってグレードが分かれています。実務経験に「LPIC level2以上」の資格がプラスされることで、一定の知識・スキルの証明となります(現在のLPIC-2に相当)。また、Red Hat認定資格試験、Linux Foundation認定資格試験などを取得することで、実務スキルを証明できるでしょう。
LPICは、特定のITベンダーに依存しない中立的な団体が運営しているため、第三者視点で汎用的な知識・スキルの証明になり得る資格です。

LPICの特徴

資格試験としてLPICは下記の特徴を持ちます。

  • ・Linux技術者のスキルを認定する資格

    ・特定のベンダーによらないスキルを証明できる

    ・グローバル基準で、世界中で20万以上の認証保有者

    ・Linux開発に深くかかわるグローバル企業のスポンサーも多く、トレンドが試験に反映されやすい

    ・CBT方式により、試験の時間と場所の制約が少ない

Linuxの国内向け資格「LinuC」

日本独自のLinux試験として2018年度から実施されているLinuCは、LPICとは異なり、日本国内の市場に最適化された資格です。LinuCはLPI-Japanが独自に作成しています。
LinuCは、受験者に対してスコアや合否判定だけでなく、合格基準や項目別スコアもフィードバックされます。LPICが3つのレベルに分類されているのに対し、LinuCは4つのレベルに分けられています。

LinuCの特徴

資格試験LinuCの特徴は下記が挙げられます。

  • ・4つのレベルの認定取得により、段階的にLinuxに関するスキルの習得、証明が可能

    ・出題に関しては、現場で活躍するエンジニアの参加するコミュニティによる実践的な内容

    ・「ベンダーニュートラル」の汎用的なスキルを示せる

    ・利用機会の少ない古い技術範囲は削除し、現場で役立つ内容に特化

LPICとLinuCの違い

LPICとLinuCはいずれもLinuxに関する知識とスキルを認定する試験です。特定の団体によらないベンダーニュートラルな資格であることも共通しています。
大きな違いは、エンジニアの活躍する舞台を世界と日本のいずれと想定しているかです。
LPICは世界的基準の資格試験で、日本語版はグローバル基準に従って英語版の試験内容を翻訳して作成されています。技術的なトレンドも、世界のトレンドを反映したものです。
一方、LinuCは日本市場向けエンジニアの資格試験であり、日本語で設問されています。技術的なトレンドも日本のものを反映しています。

Linuxの関連資格を取得するメリット

Linuxは主に企業向けITシステムにおいて、サーバーOSとして活用されています。その他にもIoT機器向けとしても注目されているOSです。
そのため実務や転職では一定の効力を持つ資格であり、何よりLinuxに対してある程度の知識とスキルがある証明になります。他にも世界的に通用する資格である、Linuxへの理解が深まるといったメリットがあります。

資格の難易度に応じたスキル証明ができる

Linuxには複数の資格試験があり、難易度によってグレードが分かれています。例えばLPICは長年にわたって、Linux系OSを扱うITエンジニアへの登竜門として評価されてきました。実務経験に「LPIC level2以上」の資格がプラスされることで、一定の知識・スキルの証明となる背景があります(現在のLPIC-2に相当)。また、近年では国内向けのLinux系資格としてLinuCも台頭しています。
これらは、特定のITベンダーに依存しない中立的な団体が運営しているため、第三者視点で汎用的な知識・スキルの証明になり得る資格です。
さらに、実技試験が課されるRed Hat認定資格試験、Linux Foundation認定資格試験などを取得できれば、知識だけではなくエンジニアリングとしての実務スキルの証明にもなります。

関連記事:サーバーエンジニアのキャリアパス・キャリアアップ・キャリアプランを解説

LPICなら世界的な活躍も見込める

LPIC、Red Hat認定資格試験、Linux Foundation認定資格試験は世界的な団体による認定資格です。取得することで、海外の企業に向けてもスキルを示すことができます。
今後海外で活躍したい場合も、資格さえあればLinux技術者であることを証明できるでしょう。そのため、エンジニアが海外進出も踏まえたキャリアアップを目指すうえでよく選ばれる人気の資格です。

Linuxのスキルレベルが上がり仕事やキャリアを広げられる

Linuxの資格取得に向けて学習時間を確保するのは必須であり、取得後は以前と比べるとLinuxスキルが身についています。求められる内容が高度になるほどより実践的なことを学ぶため、スキルレベルが上がると同時に仕事にも好影響が及ぶのもメリットのひとつです。
また、Linuxを使いこなせるIT技術者としてのアピールもでき、異業種からの転職や就職に有利となることもあります。資格取得を最終的なゴールにせず、資格を活かすという視点を持てば、キャリアを広げられるでしょう。

転職時に有利になる

エンジニアとしての転職活動において、スキルは重要視されるポイントです。資格の保有で全てのスキルを示せるわけではありませんが、一定の知識の保有は示すことができ、アピールポイントとすることができます
これまでにLinuxでの実務経験がない場合にも、資格を保有していれば、熱意をもってスキル習得に挑んでいることも伝えられます。履歴書の志望動機や転職時の面接で技術習得に対する熱意を言葉にして伝えるよりも、資格の認定団体という第三者を使って示す方が簡単だと思えるのではないでしょうか。

Linuxの資格の試験内容と難易度

Linuxの資格であるLPICには3つのグレード、LinuCには4つのグレードがあります。これらの資格のグレードごとの対象や試験時間、出題形式など、どのような試験になるのかを見ていきましょう。

LPICの試験内容と難易度

レベル LPIC-1認定 LPIC-2認定 LPIC-3認定
試験対象 101試験・102試験

 

201試験・202試験

 

300試験・303試験・
305試験・306試験

 

試験時間 各90分

 

各90分

 

各90分

 

出題数 各60問

 

各60問

 

各60問

 

出題形式 多肢選択式
記述式

 

多肢選択式
記述式

 

多肢選択式
記述式

 

合格ライン 500/800点
(問題ごとの点数は組み合わせにより異なる)

 

500/800点
(問題ごとの点数は組み合わせにより異なる)

 

500/800点
(問題ごとの点数は組み合わせにより異なる)

 

出題範囲 101試験:
システムアーキテクチャ

102試験:
 Linuxのインストールとパッケージ管
201試験:
・キャパシティ プランニング
・Linux カーネル
・システムの起動
・ファイルシステムとデバイス
・高度なストレージ デバイス管理
・ネットワーク構成
・システムのメンテナンス
・キャパシティ プランニング

 

 

202試験:
・ドメインネームサーバー
・HTTP サービス
・ファイル共有
・ネットワーク クライアント管理
・電子メール サービス
・システムのセキュリティ
・システムの起動
・ファイルシステムとデバイス
・高度なストレージ デバイス管理

300試験 (混在環境) の主要トピック
・Sambaの基本
・SambaとActive Directoryのドメイン
・Samba共有の設定
・Sambaクライアントの設定
・LinuxのID管理とファイル共有

303試験 (セキュリティ) のトピック
・暗号技術
・アクセス制御
・アプリケーションセキュリティ
・オペレーションセキュリティ
・ネットワークセキュリティ
・脅威と脆弱性の評価
・SambaとActive Directoryのドメイン
・Samba共有の設定
・Sambaクライアントの設定

305試験 (仮想化とコンテナ化) のトピック
・完全仮想化
・コンテナ仮想化
・VMのデプロイメントとプロビジョニング

306試験(高可用性(HA)とストレージ)のトピック
・高可用性クラスタ管理
・高可用性クラスタストレージ
・高可用性分散ストレージ
・シングルノードハイアベイラビリティ

LPIC-1は、Linux入門者向けの資格です。「LPIC-1認定」を得るには、101試験と102試験の両方に合格することが必要です。

LPIC-2は、Linuxに関するシステム管理やサーバー管理のスキルの保有者を対象とした試験。「LPIC-2認定」を得るには、LPIC-1認定を取得したうえで、201試験と202試験の両方に合格する必要があります。

LPIC-3は、複雑なシステム環境において、セキュリティや仮想化、高可用性に関する高度な知識を持つエンジニアを対象としています。LPIC-3認定を取得するには、LPIC-2認定を取得した上で、4つの区分のうち1つに合格しなければなりません。

LinuCの試験内容と難易度

レベル LinuCレベル1 LinuCレベル2 LinuCレベル3 LinuCシステムアーキテクト
試験対象 101試験・102試験 201試験・202試験 300試験・303試験・304試験 SA01試験・SA02試験
試験時間 各90分 各90分 各90分 各90分
出題数 各60問 各60問 各60問 各40問
出題形式 多肢選択式
記述式
多肢選択式
記述式
多肢選択式
記述式
多肢選択式
記述式
合格ライン 非公表(65~75%程度) 非公表(65~75%程度) 非公表(65~75%程度) 非公表(65~75%程度)
出題範囲 101試験:
・Linuxのインストールと仮想マシン
・コンテナの利用
・ファイル
・ディレクトリの操作と管理
・GNUとUnixのコマンド

102試験:
・シェルおよびスクリプト
・ネットワークの基礎
・システム管理
・重要なシステムサービス
・セキュリティ
・オープンソースの文化
201試験 :
・システムの起動とLinuxカーネル
・ファイルシステムとストレージ管理
・ネットワーク構成
・システムの保守と運用管理
・仮想化サーバー
・コンテナ

202試験:
・ネットワーククライアントの管理
・ドメインネームサーバー
・HTTPサーバーとプロキシサーバー
・電子メールサービス
・ファイル共有サービス
300試験:
・OpenLDAP
・Samba
・LinuxおよびWindows

303試験:
・暗号化
・ホストセキュリティ
・アクセス制御
・ネットワークセキュリティ

304試験:
・仮想化
・高可用クラスタ管理
・高可用クラスタストレージ
SA01試験:
・システムアーキテクチャ
・ネットワークとストレージの選定
・可用性の設計
・性能・拡張性の設計

SA02試験:
・仮想マシンとコンテナの設計
・セキュリティ
・監視と分析
・継続的開発とテスト・デプロイ
・トラブルシューティング

LinuCレベル1は、Linuxの物理サーバーまたは仮想サーバーについての知識を評価します。101試験と102試験の両方に合格するとLinuCレベル1として認定されます。

LinuCレベル2に合格するには、Linuxのシステム保守管理のスキルやネットワークなどに関する知識が必要です。LinuCレベル1の認定に加えて、201試験と202試験の両方に合格すると、LinuCレベル2として認定されます。
LinuCレベル3は、経験豊富で高度なスキルを持つLinuxエンジニアを対象とした試験です。300試験、303試験、304試験は互いに独立した試験であり、LinuCレベル3の認定を得るには、LinuCレベル2を取得した上で、300試験、303試験、304試験のいずれかに合格する必要があります。

LinuCシステムアーキテクトは、Linuxの大規模システムのアーキテクチャを設計・構築ができる「プレイングシステムアーキテクト」を対象とした試験です。SA01試験、SA02試験の両方に合格し、有意なLinuCレベル2試験に合格する必要があります。

有効期限内に更新する必要性と再設定ポリシーについて

LIPCやLinuCのようなベンダー資格の多くは有効期限が設定されています。有効期限とは「試験の効果を持つ期間」であり、ひとつのレベルに合格し次のグレードを受けるためには、決められた期間内に受験する必要があります。
この有効期限はLIPC、LinuCともにやや分かりにくく、更新を忘れる人もいるでしょう。有効期限と再設定ポリシーについて紹介します。

各レベルの有効期限内に更新する

LIPC試験の場合は、2科目の合格が必要な以下について5年間のうちに両方の試験に合格しなくてはなりません。


  • ・LIPC-1

    ・LIPC-2


例えばLIPC-1の101試験に合格し、102試験に受からず合格日から5年以上経つと101試験が無効になります。その場合101試験の再受験からやり直す必要があるでしょう。
LinuC試験では、2科目の合格が必要な以下のレベルにおいて、両方を5年以内に合格する必要があります。

  • ・LinuCレベル1

    ・LinuCレベル2

    ・LinuCシステムアーキテクト

レベル1の場合だと101試験の合格日から5年以内で102試験に合格できない場合、101試験は無効になります。

再認定ポリシーの利用もできる

再認定ポリシーとは、有効期限である認定日から5年以内に同一レベルの認定の再取得もしくは上位レベルの認定の取得をすることで、有効期限が維持できる仕組みを指します。

LinuC試験レベル1の認定者は有効期限の設定上5年以内に2つの試験(101と102もしくは201と202)に合格する必要があります。まず、201試験に合格してもその時点では「レベル1認定者で201試験に合格した」だけの状態であり、レベル2認定者ではありません。ここでレベル2を目指さずレベル1認定者として現状維持するとしても、再度101と102試験両方に合格する必要があります。

また、201試験、202試験に合格しレベル2保持者となれば、レベル1の有効期限はレベル2認定日から5年後に再設定されるように、上位資格を取れば下位資格の優位性も延長できます。

LPICも有効期限は5年で、同一の試験の再受験または上位試験の合格により有効期限を5年以内とする仕組みがあります。

Linuxに関する資格の勉強方法

Linuxに関する資格を勉強する場合には、まず前提としてPCとインターネットを用意し、PC上に仮想環境としてLinux環境を構築しましょう。実際にコマンドを操作して、OSに触れられる環境を用意することで学習の理解度を深めることができます。インターネット上に実際に環境構築を行った手順を掲載しているサイトもあり、参照しながら進めるのがよいでしょう。
この環境とあわせて利用できる資格の勉強方法を紹介します。

各資格の認定パートナーを利用する

LPIC、LinuCでは、それぞれの資格のための学習に向けた認定パートナー制度を設けています。認定パートナーを利用して学習のサポートを受けることが可能です。
 

オンライン学習を活用する

オンラインの学習コンテンツを利用するのも一つの手段です。オンライン学習では動画やテキストによるものがメイン。各種の企業が提供するものや、団体により無償で提供されるものもあります。
Red Hatでは、無償でオンラインコースの提供があり、Linux Foundationでは、無償でオンライン学習教材の提供を行っています。

Linuxの資格の勉強におすすめの学習サイト

ping-t
エンジニア向け資格試験の情報を集めたサイトです。LPIC、LinuCも対象としており、いずれもレベル1は無料で利用することが可能です。

LPICの公式サイト
LPI Learningとして、LPIC-1の2試験などについて学習教材が提供されています。

LinuCの公式サイト
無料で使える学習補助教材を提供しています。

参考書や過去問題集で理解を深める

試験によっては参考書、過去問題集が出版されている場合があります。これらを利用することで、試験の対策を効率的に行うことが可能です。
参考書や過去問題集を利用する場合には、試験のレベルと対応した参考書・過去問題集を利用しましょう。以下に一例をあげています。

Linuxの資格の勉強におすすめの参考書

Linuxの資格の学習におすすめの学習参考書を紹介します。受験するレベル、試験科目、バージョンを確認してご利用ください。

Linux教科書 LPICレベル1 Version5.0対応(著:中島 能和、監修:濱野 賢一朗 、出版:翔泳社)
LPIC受験者の間で表紙の色から「あずき本」として親しまれているほど認知度の高い教材です。
本書は、LPI-incの認定テキストとして出題範囲を分かりやすく解説し、力試しの練習問題・仕上げの模擬試験を学習することで効率的に合格へと導いてくれます。

Linux教科書 LinuCレベル1 Version 10.0対応(著:中島 能和、監修:濱野 賢一朗 、出版:翔泳社)
定評のある「Linux教科書」のLinuC版です。
LPI-Japan公認の教科書であり、その信頼性は高いです。各章末に練習問題、巻末には模擬試験が収録されており、学んだことを徹底的に練習できます。

Linuxの資格の勉強におすすめの問題集

Linuxの資格に向けた学習では、問題集の利用も有効な方法です。受験するレベル、試験科目、バージョンを確認してご利用ください。

Linux教科書 LPICレベル1 スピードマスター問題集 Version5.0対応(著:山本 道子、著:大竹 龍史、出版:翔泳社)
LPIの認定するLinux教科書のLPICレベル1の問題集です。問題と解説のセットで、試験対策に有効です。分野別問題+模擬試験1回分の合計504問が掲載されています。

Linux教科書 LinuC レベル1 スピードマスター問題集 Version10.0対応(著:山本 道子、著:大竹 龍史、出版:翔泳社)
Linux教科書のLinuCレベル1向け問題集です。問題と解説のセットで、テンポよく学習できます。分野別問題+模擬試験1回分の合計472問が掲載されています。

Linuxに関する資格の勉強時間目安

Linuxの代表的な2つの資格試験について、公式サイトにて学習の目安の期間が記載されています。取得を目指した学習の際には、目標設定に利用すると良いでしょう。

LPIC

次の表はLPIC試験の公式サイトで公開されている勉強時間の目安です。独学を基本としているため、スクールなど試験専用の対策講座を受講すれば、勉強時間の短縮はできると考えられるでしょう。

LIPC-1 1か月~3か月程度
LIPC-2 3か月~半年程度
LIPC-3 半年~1年程度

LIPC-1では経験者か未経験者かによって勉強時間は異なり、2を受験する場合も同様です。1日にかけられる勉強時間の長さも加味する必要があるため、確実に合格を狙いたい場合は余裕をもって学習を進めましょう。
LIPC-3では高度な専門性が求められます。2と異なり難度が大きく上昇しており、経験を積んだ技術者でも1年かかるケースも珍しくありません。それゆえ希少価値は高く、高度な技術力の証明になるのも事実です。

LinuC

LinuCの公式サイトに掲載されている学習時間の目安は下記です。

LinuCレベル1 1か月~3か月程度
LinuCレベル2 3か月~半年程度
LinuCレベル3 半年~1年程度
LinuCシステムアーキテクト 半年~1年程度度

学習未経験の場合を前提としているため、学習経験のある人の場合にはより短い学習期間での習得が望ましいでしょう。

Linuxの資格を活かしたキャリアパス

企業で幅広く利用されるLinuxでありそのスキル証明ができるLinux関連資格は、持っておくとキャリアパスの幅が広がります。
どのような職種に就けるのか、またその仕事内容を解説します。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、システムが稼働するサーバーを管理する役割です。システムの種類によってサーバースペックや処理能力を検証し、設置したサーバーが正常に稼働できるようメンテナンスを行います。
サーバーエンジニアを目指すなら、Linuxの資格を取得し、さらに自身でサーバーを設置するなど実践的スキルを身につけるのが重要です。企業によっては研修制度が整っており、未経験から知識を深めつつ働ける場合もありますが、未経験からサーバーエンジニアを目指すのなら資格を活用するのもひとつの手段です。

関連記事:サーバーエンジニアとは?仕事内容や必要な知識とスキル、平均年収も解説

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアとは、クラウド上で稼働するシステムのインフラ部分の管理を行います。最近では自社にサーバーを置かず、クラウドサービスを使う企業も増えていることから注目されている業種といえるでしょう。
クラウドエンジニアはクラウドサービスを正しく使うスキルが必要であり、Linuxの資格取得で得たサーバーの知識を主に活かせます。

関連記事:クラウドエンジニアの需要が高い理由を解説!将来性や年収も紹介

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーとはIT戦略や開発においてプロジェクトを立ち上げる際、全体をまとめる仕事を担います。主にプロジェクトのスケジュール管理、予算管理や人材確保を担当します。
プロジェクトマネージャーはサーバーエンジニアなど、エンジニア職の経験者がほとんどです。深い業界知識に加え円滑なコミュニケーションが取れるなどソフトスキルも重要視され、エンジニア職のキャリアステップ先のポジションだと考えておきましょう。

関連記事:プロジェクトマネージャーに役立つおすすめの資格と難易度を解説

Linuxを扱うエンジニアに役立つそのほかの資格

Linuxに関する資格は、世界共通資格として国際的な知名度の高いLPICとクラウド技術など現在で求められるサーバー構築・管理スキルの証明であるLinuCの2つが有名ですが、それ以外にもRed Hat認定資格試験やLinux Foundation認定資格試験などが存在します。いずれも優劣はなく、Linuxを扱うエンジニアにとって有用な資格です。

RedHat認定資格試験

RedHat認定資格試験は、Linux系ディストリビューションの中でも、特にエンタープライズに強い「Red Hat系」の資格試験です。実技試験を伴うため難易度が高いことで知られています。以下の2つの試験以外にもRed Hat Enterprise Linux 8向けのRHCEとしてRH294、その他のスペシャリスト認定もあります。

  RHCSA(EX200) RHCE(EX294)
概要
  • ・Red Hat Linuxを用いた大規模システムにおける運用

    ・管理の知識を問われる試験

  • ・RHCSAの上位資格であり、RHCSAの合格が認定条件

    ・Red Hat Enterprise Linux 8を用いたシステムにおけるエンジニアレベルの知識を問われる内容

試験範囲
  • ・シェルスクリプトを用いた基本的なコマンドライン操作

    ・システムやプロセスの起動と終了、ストレージ設定

    ・ファイルシステム作成および設定、SSHベースのセキュリティ管理など

  • ・Red Hat 認定システム管理者として担当するすべてのタスクを実行する能力

    ・Red Hatが開発するオープンソースの構成管理ツールAnsibleの理解と操作など

LinuxFoundation認定資格

LinuxFoundation認定資格は、米国を拠点とする技術系の非営利団体(Linux Foundation)が主催する資格試験です。日本国内での知名度はそれほど高くないものの、グローバルでは評価の対象になり得る資格です。

ブロックチェーン・コンテナ・仮想化などの内容が盛り込まれており、現在のITインフラの実情を反映した試験内容となっています。LPICやLinuCと比較した場合、全体的に難易度が高めです。前述のRed Hat系資格と同様にパフォーマンスベース(実技)の試験です。

2022年をもって日本語を話す試験監督によるサポートは終了していますが、試験内容はいずれも引き続き日本語で表示されます。

2023年12月18日時点では下記の2つを含めて32の認定資格が提供されています。

  LFCS(LFCS-JP)-Linux Foundation認定システム管理者 LFCE(LFCE-JP)-Linux Foundation認定エンジニア
概要 ・実際のシステム管理者が直面する実務タスクとシナリオをパフォーマンスベースで試される
  • ・LFCSの上位資格

    ・高いレベルのスキルセットを実証したいエンジニア向けの試験

対象 Linuxシステム管理者およびオープンソースエンジニアの初期レベル Linux経験3~5年ほどのエンジニア

Linuxの資格に関するよくある質問

Linuxの資格に関するよくある質問とその回答を紹介します。資格取得の参考になれば幸いです。

Q1. Linuxの上位資格は?

Linuxにおける最上位資格は、「LPIC-3」と「LinuCレベル3」です。LPIC-3は、エンタープライズレベルのLinuxシステム管理者に求められる能力を評価し、認定する資格です。LinuCレベル3は、Linuxのカーネルやネットワーク、仮想化、データベース、セキュリティなど、高度な技術分野における知識やスキルを評価し認定します。

Q2. LPICレベル1の試験料はいくらですか?

LPICレベル1の試験料は1試験あたり15,000円です。LPICレベル1を取得するには、101と102の試験に合格する必要があります。合格に必要な2つの試験の費用は合計30,000円と高額であり、試験の受験料は合格しなかった場合でも払い戻しされないため、事前に詳細を確認しておきましょう。

Q3. LinuCとLPICの違いは何ですか?

LPICは世界標準の資格であり、グローバルな視野に立った知識・スキルを証明できる点が特徴です。一方で、LinuCは日本国内に最適化された資格であり、合格基準や項目別スコアも明示される点が特徴です。また、LPICはLPI(Linux Professional Institute)によって運営されていますが、LinuCはLPI-Japanが独自に作成を開始したテストである点も異なります。

まとめ

Linuxは、サーバーOSとして企業でも多く利用され、クラウドや仮想化、コンテナなど新しい技術に欠かせないOSです。資格の取得は、広範な用途や技術に関するスキルを分かりやすく証明する方法として有効です。

本記事では、LPICやLinuCをはじめとしたLinuxに関連した資格についてメリットを説明し、試験の難易度や勉強方法についても解説しました。

Linuxの資格を取得することで、スキルを高め、キャリアアップや新しい仕事のチャンスを得ることができます。Linuxに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングでお話してみませんか?(オンラインでも可能です)

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

Linuxの求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?