Linuxの勉強方法|習得のメリットやおすすめ書籍、サイトも紹介

最終更新日:2024年5月28日

LinuxはUNIX系の汎用的なOSです。エンタープライズ用途で大きなシェアを持ち、企業の各種サーバーに多数利用されています。さらに、クラウド環境の構築にもLinuxの利用が広まっていることから、今後もIT活用の進歩に併せて利用が続くと考えられます。インフラエンジニアの1職種であるLinuxエンジニアは、需要が継続して存在するため、将来性のある職種です。

本記事ではLinuxの習得を検討している方に向けてLinuxエンジニアの仕事内容、求められる知識・スキル、Linuxエンジニアになるための勉強方法などについて解説します。

簡単!年収診断 レバテックのデータベースから あなたの市場価値を算出! 無料診断 START

この記事のまとめ

  • Linuxの勉強方法は、動画学習サイトや書籍、スクールなどを活用することが推奨される。また、自宅PCにLinux環境を構築することも重要
  • Linuxを勉強する際には、勉強する目的と到達したいレベルを明確に設定して、操作に慣れることを心がけるようにすること
  • Linuxの学習の流れは、最初にLinuxの基本を学習し、Linuxカーネルやネットワーク、プロトコル、プログラミング言語を学ぶことが一般的

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

Linuxとは

Linuxとは、コンピューターの基本ソフトウェア(OS)の一つで、Unixから派生したものです。Linuxはコンピューターのメモリーやディスクなどのハードウェアを管理し、ソフトウェアのプログラムとの橋渡しを行います。言い換えれば、Linuxなどの基本ソフトウェアはコンピューターのリソースを制御し、プログラムの実行を可能にします。

Linuxは様々なコンピューターシステムで使用されており、その知識を持つことは非常に重要です。Linuxの理解があれば、古いコンピューターを稼働させたり、サーバーを構築・管理したり、新しいOSを開発したり、OSのカスタマイズを行ったりすることができます。これは特にIT技術者としてのキャリアを構築したい方にとって有益なスキルです。

また、Linuxは世界中で広く使用されているため、さまざまな場面で役立ちます。公共機関や企業でのサーバー構築、ネットワーク監視・管理、システム開発用のOS環境構築など、幅広い分野での活用が可能です。また、IoT分野においてもLinuxの知識は重要で、物体の制御に役立つことがあります。

Linuxの知識は、IT技術者としてのスキルセットを強化し、幅広い職場やプロジェクトで活躍するキャリアアップのチャンスにつながります。

関連記事:UNIXとは?その特徴やLinuxとの違いを解説

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

Linuxの勉強方法

Linuxはサーバー向けのOSのため、はじめてコンピュータに触れる機会にLinuxが選ばれることはほぼないでしょう。このことから、Linuxの学習に対しハードルを感じる人もいますが、今日ではPCとインターネットを利用する環境があれば身近に学習することが可能となっています。以下では、自宅PCにLinux環境を用意して勉強するメリット・デメリットについて解説します。

自宅PCにLinux環境を用意して勉強する

一般的に普及しているWindows、Macのパソコンでも、仮想化環境を作ることでLinuxをインストールすることができます。仮想化ソフトウェア、Linux OSともに無償で利用できるものが提供されており、誰でもLinuxを使うことが可能です。実際にLinuxに触れてみることは、大きな学習効果を持っています。インターネット上に実際に環境構築を行った手順を掲載しているサイトもあり、参照しながら進めるのがよいでしょう。
自宅のPCにLinux環境を用意して、動画サイト、参考書などの他の方法と組み合わせることでより効果的に学習できます。

メリット

Linux環境を用意して勉強することには、自身でコマンドを入力して体感しながら操作できるため、学習のスピードが早まるメリットがあります。また、多くのLinuxディストリビューションが無料で提供されているため、学習コストを低く抑えることが可能です。さらに自分のペースで学習できることもメリットと言えるでしょう。

デメリット

自宅PCにLinux環境を用意して勉強するためには、環境を整えるための時間と手間が必要です。手間はかかるものの、この環境を整えることそのものも学習の一部とも考えられます。

また、自宅PCで学習するには自己管理が重要です。自己管理ができないとモチベーション低下のリスクがあります。ほかにも、自力で問題を解決する必要があることもデメリットといえます。

Linux動画学習サイトで勉強する

Linuxを学ぶための動画学習サイトがインターネット上に多く提供されています。これらのLinuxを学習できるサイトは、レベル別に分けた動画として公開されており、自身のレベルに合わせて学習することができます。以下では、Linux動画学習サイトで勉強するメリット・デメリットおよびLinux学習におすすめのサイトを紹介します。

メリット

自分のペースで実際のコマンド入力の流れを動画で確認しながら学習できるため、基礎的なコマンド入力などでは特に役に立ちます。また、費用を抑えて学習できる点も大きなメリットです。

また、動画内で提供される演習問題や課題を通じて、理解度を確かめながら進めることができます。さらに短時間で作成された動画も多く、スキマ時間を活用した学習が可能です。

デメリット

上級者にとっては、詳しい内容などは動画では情報量が限られるため、書籍やQ&Aができるスクールでの学習のほうが知識を深められるでしょう。また、知りたい情報がコンテンツに含まれているかは確認が難しく、コマンドの詳細などを知る使い方にはあまり向きません。

学習におすすめのサイト

Linuxを学べる動画学習サイトは、さまざまなサイトがインターネット上に存在します。学習におすすめのサイトとしては、以下のサイトが挙げられます。

Youtube
もはや説明不要の動画サイトのYouTube。無料の動画コンテンツが大量に存在し、役立つLinux学習用のコンテンツもあります。ただし、広告が表示されることと、有用なコンテンツとそうでないものが混ざっている点はデメリットです。

Udemy
オンラインコースを多数提供するUdemyにもLinux学習用のコンテンツがあります。コンテンツは玉石混交のため、評判などの確認が必要です。

Schoo
オンラインでの学習コースを提供するSchoo。Linuxに関するコースも用意されています。

Linuxについて書かれた本を読んで勉強をする

Linuxに関する書籍は入門書から上級者向けまで様々なものがあります。内容は広範囲で、情報量が多いことが特徴です。覚える内容を自分で決めて学び取る必要があるため、書籍による勉強は一定のレベルになってから始めることをおすすめします。以下では、Linuxについて書かれた本を読んで勉強をするメリット・デメリットを解説します。

メリット

書籍を使った学習は、Linuxの基本を体系的に習得するのに向いています。OSの仕組みやコマンドラインの操作など、基本的な内容を体系的に学習することが可能です。

さらに、評価の高い書籍や専門的な内容を扱うものは、より深い知識を求める中級から上級者にも役立ちます。また、自分の学習ペースで学習できることもメリットです。

デメリット

初心者にとって、情報量の多さや内容の難易度から、書籍を最後まで読み通すのが難しい場合があります。また、読むだけでは実際のスキルとして定着しないため、自宅のPCにLinux環境を設置して実際に操作を行う学習が必要です。

さらに、書籍に掲載されている情報が古い可能性もあります。そのため、最新情報を得るにはインターネット上の情報を活用することが求められます。

学習におすすめの書籍

仮想化を利用した環境構築から記載されており、パソコンを用意して自己学習するのにベストな初心者向けの書籍を紹介します。

『イラストでそこそこわかるLinux コマンド入力からネットワークのきほんのきまで』(翔泳社、河野 寿)
Linuxを本当に始めるレベルの方向けの書籍です。コマンドとは、ディレクトリとは、といったレベルから学べます。

『Linux+コマンド入門 ——シェルとコマンドライン、基本の力 』(技術評論社、西村 めぐみ)
PC上に環境を構築するところから始まり、実際にコマンドを実行しながらの学習に向きます。近年のトレンドも盛り込み、内容は広範囲に渡るため長く使える書籍です。

Linux関連の資格制度を利用して勉強をする

勉強方法ではありませんが、資格の取得を一つの目標とした学習も知識・スキルの習得には有効です。資格取得を目指すことで、学習へのモチベーションを維持しやすくなります。

また、体系的なカリキュラムに沿って学習を進められるため、効率的にスキルアップできるでしょう。一方で、受験スケジュールに合わせて学習しなくてはいけません。

以下では、Linux関連の資格制度を利用して勉強をすることのメリット・デメリットを解説します。

メリット

資格制度を活用した勉強方法は、試験の勉強をしながら体系的にLinuxの知識を身につけられる点がメリットです。また、資格がレベル分けされている場合は、資格レベルに合わせてスキルアップすることができます。

資格の取得という学習のためのモチベーション維持がしやすい点もメリットです。また、資格試験に合格して資格取得することで就職や転職時にスキルを示すことができます。

デメリット

受験スケジュールにもとづいた学習ペースでは、業務上必要なスキル習得のタイミングと合わない場合もありますので、資格取得は計画的に進めることが重要です。

また、資格試験の受験には受験料や教材の費用が発生します。さらに、試験の内容が常に最新の技術を反映しているわけではないため、実務で求められるスキルとの間に差がある場合もあります。

おすすめ資格1「LinuC」

LinuCとは、LPI-Japanによるサーバー管理に必要な技術力を認定するLinux認定資格試験です。Linux技術だけでなく、仮想環境やクラウド環境を重視した出題内容が特徴です。

Linuxを使ったサーバー構築・運用管理に特化した内容となっています。レベル1から3まで存在しており、初学者から上級エンジニアレベルまでをカバーします。

おすすめ資格2「LPIC」

LPICとは、Linux Professional Institute(LPI)が主催する資格で、難易度別に3つのグレードに分かれています。LPIはLinuxをはじめとしたオープンソースプロフェッショナルのキャリアをサポートする組織で、180ヵ国以上で活動しています。日本国内でも非常に知名度が高い資格です。

何から始めるか迷うLinux初心者はスクールで学ぶのも手

Linuxの学習スクールには様々なものが存在します。多くのスクールではレベルごとに講座が用意されており、初心者から上級者まで利用することが可能です。

スクールでは専門の講師が指導を行い、質問が自由にできる環境で、理解が進まない部分も丁寧に教えてもらえます。ただし、学費が高いこともあり、その点を考慮することが重要です。以下では、スクールで学ぶメリット・デメリットについて解説します。

メリット

講師に自由に質問できる点が大きなメリットです。Linuxはオープンソースの性質上、種類やバージョンなどが複数存在します。わからないことがあった場合、自力での解決はハードルが高い場合があり、プロに質問できる環境は学習の助けになります。また、同じ目標を持つ仲間と学習できることも、スクールで学ぶメリットでしょう。

デメリット

内容が充実したスクールは学費が数十万円と高額な場合もあり、自身の金銭的な都合に合わせて受講する必要があります。さらに、スクールに実際に通う必要があるため、遠方にある場合は移動時間や交通費が追加の負担となります。また、決められた時間に授業を受ける必要があるため、スケジュールが制限されるのもデメリットです。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

Linuxの学習の流れ

Linuxは、オープンソースのオペレーティングシステムであり、システム管理や開発などの分野で幅広く利用されています。Linuxの学習の流れとしては、最初にLinuxの基本を学習します。Linuxの基本を学習した後に、Linuxカーネルやネットワーク、プロトコル、プログラミング言語を学ぶことが一般的です。本章では、Linuxの学習の流れについて解説します。

Linuxの基本

Linuxの学習においては、まずLinuxの基本的な知識を身につけることが欠かせません。Linuxの基本的な知識には、ファイルの移動・作成・削除などのコマンド操作、ディレクトリの名称や役割、構造についての理解が必要です。

これらの知識を習得することで、Linuxの基本的な操作ができるようになります。以下では、Linuxの基本について解説します。

コマンド操作

Linuxの基本操作はコマンドを用いた操作です。コマンドを使いこなすことで、ファイルの移動や作成、削除などの操作が行えます。Linux でよく利用するコマンドには、ファイル・ディレクトリの操作、標準ストリーム、grep、権限 (パーミッション)、ユーザー・グループの操作などがあります。これらのコマンドを熟知することで、効率的な操作が可能となります。

Linuxを勉強する場合、まずは基本的なコマンド操作を覚え、ターミナル上でのファイルの移動や作成、削除などの操作を行えるようになることが重要です。

ディレクトリ構造

Linuxにおいて、ディレクトリ構造を理解することは、ファイルやディレクトリの配置方法を理解する上で必要不可欠です。ディレクトリの名称や役割、構造はFHS(Filesystem Hierarchy Standard:ファイルシステム階層標準)という標準化された形で決められており、最上層を/で表すルートディレクトリから、階層構造が作られています。

基本的なコマンドファイルが配置されるbinディレクトリなど、Linuxでよく使われるディレクトリには、それぞれ特有の役割があります。Linux学習者は、ディレクトリ構造を理解し、各ディレクトリの役割を把握することで、Linuxを効率的かつスマートに扱うことができます。ディレクトリ構造を理解することは、Linuxを使いこなすための重要なステップです。

Linuxカーネル

Linuxカーネルは、Linuxオペレーティングシステムの中核となるソフトウェアであり、OSの2つの役割、つまりハードウェアの管理とプロセスがハードウェアにアクセスする方法の提供を担当しています。学習者は、Linuxカーネルについて理解し、プロセス管理、メモリ管理、ストレージ管理などの基本的な機能について学ぶことが重要です。

Linuxは、カーネル、システムライブラリ、システムユーティリティから構成されます。カーネルは、Linuxの核となる部分であり、システムの最も基本的な機能を提供します。システムライブラリは、アプリケーションが必要とする機能を提供し、システムユーティリティは、システムの管理や設定などを行うためのコマンドを提供します。

プロセス管理

Linux学習者は、Linuxカーネルの中で、プロセスの生成や制御などの基本的な機能を理解することが必要です。

Linuxでは、複数のプロセスが同時に実行されることがありますが、CPUを独占されないようにするためにプロセス管理が必要です。

プロセス管理は、CPUにどのプロセスを割り当てるかを決定することで、複数のプロセスを並行して実行可能にします。一定時間が経過すると、CPUを占有するプロセスを切り替え、他の処理にCPUを割り当てます。

例えば、1つのCPUで「インターネットを閲覧するプロセス」と「メールを送信するプロセス」を並行して実行できます。

Linuxカーネルは、プロセス管理において、プロセスの生成や制御などの基本的な機能を提供しています。

メモリ管理

学習者は、Linuxの学習において、メモリ管理について理解することが重要です。

メモリ管理は、プロセスの実行やデータの読み書きに欠かせないものであり、Linuxカーネルの基本的な機能の一つです。メモリは、CPUが直接読み書きする領域であり、プログラムの実行や実行結果の保存に使用されます。

学習者は、メモリの割り当てや解放、スワップ領域の管理などを学ぶことで、効果的なLinuxの学習が可能になります。

ストレージ管理

学習者は、Linuxにおいてストレージの効率的な管理が求められることを理解する必要があります。ファイルシステムの作成や管理、ストレージデバイスの管理などの基本的な機能を理解することが大切です。

ストレージは、電源を切ってもデータが残る記憶デバイスであり、直接アクセスできないため、一度メモリに書き出す必要があります。ファイルは、名前と関連情報を付与してデータを1つにまとめたもので、デバイスや他のプロセスとデータをやりとりするために利用されます。

ファイルの利点は、ストレージに保存されたデータにアクセスするためにアドレスではなく、ファイル名を指定することができる点です。また、Linuxでは通常のファイルだけでなく、ディレクトリやデバイスもファイルとして扱われます。

学習者は、これらの概念を理解し、ファイルシステムやストレージデバイスの管理方法を学ぶことで、Linuxの効果的な勉強が可能となります。

ネットワーク、プロトコル

Linuxを学ぶ上で、ネットワークとプロトコルの理解は欠かせません。特に、インターネットを含む多くのネットワークで標準的に使用されているTCP/IPの知識は重要です。これらを深く理解することで、Linuxエンジニアとしてのスキルを大きく向上させることができるでしょう。以下では、ネットワークとプロトコルについて詳しく解説します。

TCP/IP

学習者は、TCP/IPプロトコルについて深く理解することが重要です。TCP/IPは、インターネットを含む多くのネットワークで標準的に使用されているプロトコルであり、Linuxエンジニアにとっても必要不可欠な知識です。

TCP/IPは、4つの階層に分けられます。アプリケーション層、トランスポート層、インターネット層、そしてネットワークインターフェース層です。それぞれの階層には、通信のためのルールが定められています。

学習者は、特にトランスポート層やインターネット層に注目することが重要です。トランスポート層では、TCPやUDPといったプロトコルが利用されます。また、インターネット層では、IPやICMP、IPSecが利用されます。これらのプロトコルを理解することで、ネットワーク上での通信やデータ転送の仕組みを理解できます。

プログラミング言語

Linuxを使う上でプログラミング言語の知識も重要です。シェルスクリプトやC言語などのプログラミング言語の知識を身につけることで、より高度なLinuxの活用が可能となります。

Linuxエンジニアは、これらのプログラミング言語を習得することで、Linuxのシステムレベルでの開発や、自動化スクリプトの作成、高速なアプリケーション開発などを行うことができます。また、プログラミング言語の知識は、Linuxエンジニアとしての市場価値を高めることにもつながります。

シェルスクリプト

シェルスクリプトは、Linuxシステムの自動化や簡単なプログラム作成に使われるスクリプト言語です。シェルスクリプトは、ターミナル上で実行することができます。例えば、一連の作業を自動化したい場合は、シェルスクリプトを書くことで、手動で実行する手間を省くことができます。また、シェルスクリプトは、Linuxシステムの機能を拡張するためにも使われます。

C言語

C言語はLinuxのカーネル開発やアプリケーション開発に使われるプログラミング言語です。C言語は、Linuxのカーネルやデバイスドライバなど、システムレベルのプログラム開発に欠かせない言語です。また、C言語は、高速な処理が必要なアプリケーションや、組み込みシステムなどでも広く使われています。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

エンジニアがLinuxを勉強するメリット

エンジニアにとってLinuxを学習するメリットはスキルの習得とキャリアへの活用です。Linuxは基本的に無料で利用でき、PCの性能が低くてもインストールできるため、学習の敷居が低いのが特徴です。

キャリアへの活用という点では、専門性を活かした職種へのキャリアアップ時に、Linuxスキルが求められることがあります。さらに、多くの企業でLinuxが使われているため、転職先の選択肢が広がることもメリットです。本章では、エンジニアがLinuxを勉強するメリットについて解説します。

基本的に無料で使える

Linuxの普及の一因は、その基本的に無料で利用できるオープンソース性です。

オープンソースとは、ソフトウェアのソースコードが無料で一般に公開されていることを指します。このオープンソースのアプローチにより、多くの人々がソースコードを使用して新しいサービスを構築したり、改良を加えてより優れたソフトウェアを開発したりすることが奨励されています。

Linuxもこのオープンソースの哲学に従い、ソースコードを無料で提供することで、多くの改善が行われ、進化し続けています。このオープンソース性が、Linuxの広まりに大いに寄与しています。

コマンド入力のため複雑・繊細な操作ができる

Linuxは、Unixと同様にテキストベースの「CUI(Character User Interface)」を使用して、言語的および論理的な操作によって画面を制御します。一方、WindowsやmacOSなどの他のオペレーティングシステムは、ビジュアルで直感的な操作を提供する「GUI(Graphical User Interface)」を備えています。

LinuxのCUIを使うことに関して、「コマンドを入力しないと操作できないのは煩わしい」と感じるかもしれませんが、実際にはコマンド入力による操作は、より複雑で繊細な操作が可能です。なお、macOSはUnixから派生しているため、MacのターミナルでUnixコマンドを使用することもできます。

PCの性能が低くてもインストール可能

Linuxは、必要な機能のみを持つ軽量なオペレーティングシステムであり、性能の低いコンピューターでも問題なくインストールできます
以下のようなコンピューターでもLinuxを利用することができます。

  • ・直近10年以内に製造されたPC

    ・オペレーティングシステムが事前にインストールされていないPC(OSが既に搭載されていても可)

    ・中古のPC

    ・動画再生時にも快適な動作を維持できるPC

    ・フリーズしないPC

Linuxはその軽量性と柔軟性から、さまざまなハードウェア環境で使用されており、特に古いコンピューターやリソースが限られた環境での利用に向いています。

専門性を活かした職種へのキャリアアップ時にスキルが必要

LinuxはインフラエンジニアやPHP、RubyなどのLAMP環境を利用するWebエンジニア、組み込みエンジニアなどの職種で必須となるOSです。これらの職種へのキャリアチェンジを行う際に、スキルの習得が前提条件となる場合があります。Linuxを学ぶことで、これらの専門性の高い職種への道が開けるでしょう。

Linuxは多くの企業で使われており、転職先の選択肢が増える

Linuxはエンタープライズ向けの環境として、安価で安定した性能により利用が広がっています。インフラ環境の規模が大きいほどインフラエンジニアの仕事もあるため、転職の選択肢が増えることに繋がります。

そのため、Linuxスキルを身につけることで、転職の選択肢が広がり、キャリアアップの可能性が高まるでしょう。

「Linuxエンジニア」として専門性を活かす道もある

より範囲を絞って、Linuxの専門家であるLinuxエンジニアとして働く需要もあります。2024年4月23日時点でレバテックキャリアにて職種「インフラエンジニア」スキル「Linux」で転職・求人案件を検索すると、5,351件の案件が掲載されています。Linuxを専門としたエンジニアの一定の需要を示しているといえます。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

Linuxを勉強する際に注意すること

Linuxの学習を始める際には、いくつかの注意点を踏まえておくことが重要です。まず、学習の目的と到達したいレベルを明確に設定しましょう。これにより、効率的に学習を進められます。また、Linuxの操作に慣れることを心がけてください。

集中的に学習を行うために、勉強する期間と時間を決めておくことも大切です。不具合やエラーの際には、まずコンピュータ側の設定や状態を確認し、対応するLinuxのバージョンを把握しておきましょう。本章では、Linuxを勉強する際に注意することについて解説します。

Linuxを勉強する目的を明確にしておく

最初にLinuxについて学習するのか目的を明確にしておきましょう。大規模な環境構築スキルを目指すのか、Linux上で動かすシステムを作ることが目的なのか、ベンダーに依存しないスキルだから習得したいのか、クラウドネイティブを身に付けたいからなのか。目的をハッキリさせておくことで学習の方向性が決まります

到達したいレベルを明確にしておく

学習の目標として、到達したいレベルを明確にしておきましょう。目標と期間を定めなければ継続的な学習を続けることは難しいです。

Linux環境に触れるレベル、Linux環境の管理者レベル、環境を設計・構築できるレベルなどどんな用途でLinuxを扱えるようになりたいかを想定しましょう。さらに、設計・構築ならばどんな規模の環境なのか、どんな用途なのかまでを定めます。

目的と目標とするレベルを定めることで、キャリアパスに組み込むことも可能となります

まずはLinuxの操作に慣れることを心がける

Linuxの操作に慣れることは、学習を効果的に進める上で欠かせません。机上の学習だけでは、Linuxの知識やスキルを十分に身につけるのは難しいでしょう。

実際にLinux環境を構築し、興味を持ったコマンドを試してみることで、理解が深まり、スキルの定着が進みます。そのため、Linuxの操作に慣れるよう、積極的に実践することを心がけましょう。

Linuxを勉強する期間と時間を決めて集中的に取り組む

Linuxに限らず、スキル・知識を習得するための学習では、期間と時間を定めて計画的に学習に挑みましょう。延々と続けても集中力は持続しません。計画的に学習を続け、モチベーションを維持することも大切です。

モチベーションを維持するためには、Linuxを勉強する期間と時間を決めて集中的に取り組むことが重要です。

不具合やエラーの際はコンピュータ側を確認する

Linuxを学習する過程で、しばしば問題やエラーに遭遇することがあります。
以下はその例です。

  • ・年々システムが更新されるため、特定のソフトウェアや特定条件下でのOS構築ができなくなることがある

    ・ソフトウェアがアップデートされ、ネットワーク処理の方法が変更されることがある

問題が発生した場合、解決に向けてコンピューター側を操作して、具体的な原因を特定しましょう。問題の原因を見つけるために、コマンドを使用してログやファイルの内容を調べたり、オンラインで解決策を探したりすることが役立ちます。不明な点や課題に対処するために、積極的な調査と問題解決のスキルを磨くことがLinux学習の一部です。

対応するバージョンを確認しておく

Linuxは定期的にバージョンが更新されるため、「対応するバージョンを確認する」ことが非常に重要です。

特にオンラインで解決策を探す際には、古い情報に頼ることがあるかもしれません。そのため、自分の環境に適した情報を見つけるために、バージョン指定で検索するなどの工夫が必要です。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

Linuxエンジニアに必要な知識とスキル

Linuxエンジニアには、さまざまな知識やスキルが必要です。Linuxエンジニアに必要な知識とスキルには、Linuxディストリビューションの知識やLinuxディストリビューションの知識、Linux以外のインフラの知識とスキルが挙げられます。

また、データサイエンススキルや要件定義や設計といった上流工程の知識とスキルも必要です。本章では、Linuxエンジニアに必要な知識とスキルについて解説します。

Linuxディストリビューションの知識

Linuxには、"ディストリビューション"と呼ばれる配布形式が存在します。Linuxディストリビューションには、以下の主な種類があります。

  • ・Red Hat Enterprise Linux (RHEL): RedHat社が開発し、商用向けに提供され、有料です

    ・Fedora: RedHat社がサポートし、無料で提供されています

    ・Debian: 世界中の有志によって開発され、利用者の割合が最も高く、無償です

    ・CentOS: 商用部分を削除したRHELのクローンOSで、無償で提供されています

    ・Ubuntu: Debianをベースにして作成され、世界中で非常に人気のあるOSです

上記のようにLinuxには多くの異なるディストリビューションが存在します。これらのディストリビューションは、それぞれ独自の特徴や操作方法を持っており、実務で使用する可能性が高いため、IT技術者を目指す方はそれぞれのディストリビューションについて特徴や操作方法を調査しておくことが重要です。

ディストリビューションによっては企業のサポートが提供されたり、コマンドが異なる場合もあるため、しっかりと把握しておきましょう。

Linux以外のインフラの知識とスキル

Linuxエンジニアでも、他のOSに関する知識も必要です。他のOSを知らなければOS間の比較はできません。また、今日では仮想化環境の利用が一般的であり、Windows上でLinuxを仮想環境として動かすのは開発環境などでは定番です。

Linuxはクラウド、仮想化などOSの周辺に対応する新たな機能を追加し続けています。これらのトレンドを追いかけ新たな知識・スキルを利用することが求められます。

データサイエンススキル

データサイエンスやコンピューターサイエンスの領域では、Linuxの知識が求められる場面が多くあります。そのため、Linuxを学習し、その知識を活かして新たな価値を創造するためにデータサイエンスを学ぶこともおすすめです。

Linuxのスキル習得後のキャリアとして、データサイエンティストを目指してみるのはいかがでしょうか。

要件定義や設計といった上流工程の知識とスキル

Linuxエンジニアもインフラエンジニアの一つです。インフラエンジニアとしてキャリアアップを図る上では、要件定義や設計などの上流工程を目指す必要があります。上流工程は影響範囲が大きく、責任範囲も大きくなります。

エンジニアとして大きな成果を出すことに繋がっています。サーバー環境に、顧客の要望やアプリケーション側の都合などを反映する仕事となるため、技術知識と実務経験は前提条件となります。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

Linuxの勉強に関するよくある質問

本章では、Linuxの勉強に関するよくある質問について解説します。Linuxの勉強に関するよくある質問には、Linuxの勉強の始め方やコマンドの必要性、Linuxの利用シーンについての質問が挙げられます。これらのLinuxの勉強に関するよくある質問と回答を理解することで、Linuxの学習に役立てることができるでしょう。

Q1. Linuxの勉強は何から始めれば良いですか?

Linuxの勉強を始める際には、まずLinuxに全く触れたことがない方は、「基本機能」から学習をスタートすることをおすすめします。その中でも「基本コマンド」は必須で、Linuxの操作に欠かせない知識です。

Q2. Linuxのコマンドは何のためにあるのですか?

Linuxのコマンドは、コンピューターに具体的な指示を与えるためのものです。Linuxは、CUI(Character User Interface)のスタイルを採用しており、キーボードを使ってコマンドを入力します。

Q3. Linuxはどこで使われていますか?

Linuxは、一般的にHTMLファイルを公開する「webサーバ」や、ファイル転送を行うための「FTPサーバ」といった各種サーバ用のOSとして主に使用されています。また、Linuxを通常のパソコンとして使うことも可能で、WindowsやMacと同様に利用可能です。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

まとめ

本記事では、Linuxの勉強方法や学習時の注意点、Linuxエンジニアに必要な知識やスキルなどについて解説しました。Linuxは、多くの企業で使われており、今後ますます需要が高まることが予想されます。したがって、Linuxエンジニアの需要は益々増加すると考えられます。

Linuxは、エンジニアにとって重要なインフラの一つであり、専門性を活かした職種へのキャリアアップにつながることがあります。Linuxは、多くの可能性を秘めた重要な技術です。継続して学び、スキルアップを続けましょう。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

Linuxの求人・転職一覧

あなたの市場価値がわかる 簡単!年収診断 無料 診断 START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?