未経験からUnityエンジニアとして就職・転職する方法とは?

最終更新日:2023年9月22日

Unityは、3Dゲーム開発で用いられるゲームエンジン(開発プラットフォーム)です。近年、スマートフォン向けゲーム市場の急成長により、Unityエンジニアが注目されるようになりました。ただし、Unityエンジニアとして就職するためには、拡張用言語であるC#をはじめとしたプログラミング言語の知識・スキルも必要です。

この記事のまとめ

  • Unityエンジニアとは主に3Dゲーム開発で用いられるゲームエンジンUnityを扱うエンジニアを指す
  • まったくの未経験、プログラミングスキルがない状態からUnityエンジニアをいきなり目指すのは難しく、ある程度のスキルと知識を習得が必要
  • 就職する場合には業界知識や技術の他にコミュニケーション能力やクライアント視点での思考などソフトスキルも必要である

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

Unityエンジニアへの就職は難しい?未経験でも可能?

Unityエンジニアへ就職すること自体は、求人数の関係や求められるスキルをチェックしても難易度は他エンジニアと比べて特別に難しいことはありません。ただし、これまでの経験や所有する知識によって難しさは変わってきます。
まずは未経験かUnityエンジニアに就職するには何が必要かをチェックしていきましょう。

関連記事:Unityエンジニアとは?仕事内容や将来性、年収事情を解説

ゲーム開発やアプリ開発の経験があれば可能

新卒やエンジニア未経験でも、ゲーム開発やアプリ開発の関連業種に携わった経験があれば転職はしやすくなります。具体的にいうとUnity未経験でもC++などプログラミング言語やアプリ開発経験、スキルが問われるため、資格やポートフォリオなどで企業にアピールしてみることは可能です。

ただし、アプローチ方法はしっかり考える必要があり、同時期にUnityを扱える経験者が求人に応募していれば狭き門となるでしょう。

スキルも経験もないと難しい

IT業界への知識もスキルもなく、関連するプログラミング実務経験もないまったくの未経験だと、いきなりUnityエンジニアへの転職はほぼ不可能に近いです。
まずはUnityを学ぶオンラインスクールや書籍などで学習し、プログラミングスキルを身につけることから始めましょう。

未経験からUnityエンジニアとして就職する方法

まったくの未経験からUnityエンジニアに就職するのはまず難しく、正しくUnityを含めるプラットフォームの知識を習得し実践を踏みながら就職にむずびつける必要があります。
就職するためのステップと、就職の手段について詳しく見ていきましょう。

未経験からUnityエンジニアとして就職する3ステップ

未経験者がUnityエンジニアとして就職するためには、次のように段階を追って学習しながら目指すのが効率的です。

ステップ1:Unityに慣れる
ステップ2:プログラミング言語の基礎を習得する
ステップ3:実績を作り、就職・転職活動を行う

それぞれ詳しく解説します。

ステップ1:Unityに慣れる

まず、Unityの公式サイトから無償版をダウンロードし、自宅PCにインストールしてみましょう。Unityは、Windows・Mac両方に対応しているため、大半のPC上で動作するはずです。インストール後は、ごく簡単なオブジェクトの操作を実装したり、外部アセットを取り込んだりと、基本的な操作の習得を目指してみてください。

関連記事:Unityでできることとは?ゲーム分野以外の活用例も紹介

ステップ2:プログラミング言語の基礎を習得する

Unityエンジニアを募集している企業の大半は、「Unityの操作のみに特化したエンジニア」を求めているわけではありません。拡張用言語であるC#はもちろんのこと、ゲーム開発に用いられるプログラミング言語のスキルを重視しています。なぜなら、開発途中でプロジェクトが中止された場合や、サービスが終了した場合などを想定し、複数のスキルを持った人材が求められるからです。

さらに、ゲームエンジンはトレンドの移り変わりも激しく、Unity以外でも通用する汎用的なスキルを求めているという側面もあります。したがって、PHPやSwift、Ruby、C++など、ゲーム開発でよく使用される言語のうち、最低でもひとつは身につけておくべきです。

ちなみに、プログラミング言語の学習方法としては、書籍やスクールの活用がおすすめです。特にスクールでは、独学では突破しにくい壁(解決方法がわからないエラーなど)を超える手助けをしてくれます。

ステップ3:ポートフォリオを作り、就職・転職活動を行う

ゲーム開発の分野では、「実績」が無い状態での就職・転職は難しいのが実情です。未経験者の場合は勤務実績がないため、アプリやゲームなどを自主製作し、ポートフォリオにまとめておきましょう。実績をわかりやすく提示するポートフォリオでは、制作物をただ並べるだけでなく「どんな目的を持ちどのターゲット層を狙った制作物なのか」「実際に実行した上での改善点」など、ビジネス商品としての着眼点を踏まえてまとめると訴求力も高くなります。

さらにエンジニアとして1年程度の経験があれば、Unityエンジニアとして就職しやすくなります。そこで、まずはゲーム以外の分野で未経験者採用を目指し、エンジニア経験を積んでからゲーム開発企業への就職・転職を検討する方法が得策でしょう。

求人を見つける2つの経路

就職・転職活動にあたっては職務経歴書やポートフォリオの準備も必要ですが、「求人を見つける」ところが肝心要です。求人を見つける方法としては大きく「スクールの紹介」と「転職サイト・転職エージェントの活用」の2通りがあります。

1.スクール経由での紹介

有料のプログラミングスクールの一部には、転職支援としてエンジニア求人を紹介してくれるサービスがあります。非会員には求人がほぼ公開されておらず、特定の条件下における求人数などが事前に分かりづらいというネックはありますが、もし学習効率やモチベーションなどの理由でスクール活用を検討する場合には、転職支援も受けて損はないでしょう。

関連記事:未経験者におすすめのUnity勉強方法!Unityを学ぶメリットも紹介

2.転職サイトや転職エージェントを活用

当サイトレバテックキャリア含め、転職サイトや転職エージェントは多くの公開求人が載っており、さまざまなUnityエンジニア求人を探すことができます。無料登録で使えるので、独学で勉強している人はもちろんのこと、スクールに通いつつ転職サイトや転職エージェントを活用するという手段も使えます。

関連記事:Unityエンジニアに転職するには|必要なスキルやアピールしやすいポイントについて解説

Unityエンジニアに求められるスキル

未経験からでもUnityの知識を身につけて、プログラミングスキルがあれば転職可能とはいえ、UnityエンジニアになるにはそもそもUnytiが扱えることが大前提です。
このほかにもアプリを開発するエンジニアとして身につけておくとよいスキルを紹介します。

プログラミングスキル

開発の現場では、すべての機能をUnityで実装しているわけではありません。ある程度のプロダクトが作れるとはいえ、細かな調整やシステムにはC#が用いられることがほとんどです。
UnityのバージョンによってはJavaScriptも使用可能ですが、現在ではC#のみサポートされていることからC#を扱うプログラミングスキルは、Unityエンジニアになるにあたり必須ともいえます。

C#はWindows向けアプリケーション以外に、スマートフォンアプリやWebアプリの開発も可能です。汎用性の高いプログラミング言語であるため、プログラミングスキルをスタートさせるには適した言語ともいえます。

デザイン力

ゲームアプリやVR/CRでは、画面を構成するデザイン力やオブジェクトを制作するデッサン力なども問われます。Unityエンジニアというと知識や経験こそ重視されるイメージがありますが、優れたプログラマーとはデザイン力や作成スキルも高いものです。

モデルをイメージ通りに作成できるデザイン力は、自分の感性を磨くことやすでにあるプロダクトを「どの点がすばらしいのか」と紐解いて観察することで身につきます。世間に指示されている制作物にはどんなデザイン力が含まれているのかを考えるクセをつけるとよいかもしれません。

業界・業務知識

Unityは主にゲーム開発の場面で利用されることが多いですが、その他にも金融や医療などさまざまな分野で活躍が期待されています。クライアントが求めるゲーム、システムを開発するには、業界知識と業務理解が大事であることを認識しておきましょう。

Unityの勉学習方法

Unityを学ぶ手段として、独学で学ぶかスクールを活用するかの2通りがあります。自分のペースで学習を進められる半面、目標を見失いやすく質問が解決しにくい独学と費用と時間を捻出する必要があるものの体系的に学びやすいスクールの2つを、メリットとデメリットを加味しながらチェックしていきましょう。

書籍や学習サイトを利用して独学で学ぶ

書籍やオンライン上で公開されている学習サイトを利用し、独学でUnityの勉強を進める方法です。スクールと違い予約や学習時間を決める必要がないため、仕事をしながらUnityへの理解を深めたい人にとってはメリットが大きいでしょう。

一方で独学は疑問点やつまづいたポイントを解消しにくく、自分で計画を立てる必要もあります。Unityの関連書籍や学習サイトはさまざまなものから選べるため、ある程度のプログラミング知識がある人は独学から始めて足りない部分を次の方法で補うという形もおすすめです。

スクールを活用して学ぶ

効率を重視した方法だと、スクールの活用が考えられます。スクールを開講する講師はUnity経験者でなおかつエキスパートであるため、個人的な質問や疑問を解消しながら知識を身につけられるでしょう。

ただしオンライン上であってもコースを受講する時間を作る必要があり、レッスン料金などある程度の費用がかかります。素早く学習できるのがスクールのメリットであるため、限られた時間でUnityを学びたい人や基礎から体系的に知識を得たい人におすすめです。

未経験可のUnityエンジニア転職求人例

レバテックキャリアの求人データをもとに、具体的な未経験可のUnityエンジニア転職求人例を紹介します。現在募集中の求人を確認する場合は、Unityエンジニア転職・求人情報一覧のページをご覧ください。

関連記事:
未経験からUnityエンジニアを目指す人向け|学ぶべきこと・学習ステップについて解説
Unityエンジニアの需要は高い?VR制作にもチャンス

スマホゲームの開発、企画、運営など

【業界】
・メディア・エンターテイメント
・ソーシャルゲーム

【業務内容】
自社サービスであるスマホゲームの開発、企画、運営など

<開発環境>
・クライアントサイド⇒Unity(C#)
・サーバサイド⇒Ruby on Rails

【応募要件】
<下記いずれかの経験>
・Webプログラム開発経験(オープンソースのMVCフレームワークを使用:言語問不問:2年以上)
・Unityを用いたゲーム開発経験1年以上
※ゲーム業界未経験歓迎

・責任感があり、最後まで業務を遂行できる方
・ゲームへの興味や関心がある方
・業務に対し熱意がある方(スキルが伴っていなくても可)

【想定年収】
300~800万円

自社タイトルのゲームアプリの開発

【業界】
・メディア・エンターテイメント
・ソーシャルゲーム

【業務内容】
自社タイトルのゲームアプリの開発。フロントエンドのみならず、幅広い領域に挑戦できるチャンスがあるため、自身のスキルアップ、キャリアアップへと可能性を形にできる環境があります。

・企画から開発も担当
・メモリ負荷対策、3D上のメモリ対策
・アセットバンドル

【応募要件】
経験不問。何か個人で作ったことがある人

・自分から積極的に仕事を見つけて、段取りを行いながら作業をこなしていける方
・素早く実行に移せる方
・失敗を恐れずに、スピード感のある事業展開ができる方
・明るく、精神的なタフさがある方
・事業も成長させたいというガッツな精神をお持ちの方
・野心家で、起業家精神をお持ちの方

【想定年収】
300~960万円

今注目のゲームエンジン「Unity」とは?

改めて、Unity未経験の方向けにUnity自体の概要を解説します。Unityは、主にスマートフォン向けゲーム開発の分野において使用されているゲームエンジンです。C++で作成されており、3Dゲーム開発やXR(VR、ARなど仮想現実系の開発)の分野で近年急速に普及しています。

Unityには、無償版と有償版が存在し、無償版(Unity Personal)であれば全ての機能を無料で使えます。

関連記事:Unityとは?言語の特徴や将来性、活用事例について解説

ゲームエンジンとは?

ゲームエンジンとは、ゲーム開発において実装される主要な処理(キャラクターの操作や3D操作など)を代行し、開発を効率よく進めるためのシステムです。一般的には、映像や音などのリアルタイムな処理を提供するものが多いでしょう。

ゲームエンジンが主要な処理を代行してくれることにより、開発者の負担を軽減しつつ、質の高いゲームを制作できるようになるわけです。

Unityの特徴

Unityの特徴は、主に以下3つに集約されます。一つずつ見ていきましょう。

コーディングレス開発が可能

Unityが持つ最大の特徴は、「コーディングレス開発」です。コーディングレスとは、「プログラミング作業無しで開発できる」ことを指しており、「ノンプログラミング」や「プログラミングレス」とも呼ばれます。

コーディングレス開発が可能なツールを活用すれば、プログラミング言語を扱った経験のない人間でも、アイディアを形にしやすくなります。つまり、プログラミング未経験者でも3Dゲームが開発可能です。

物理エンジンを標準搭載

コーディングレス開発と並ぶUnityの特徴として、「物理エンジン」が挙げられます。物理エンジンとは、現実世界の物理法則に従ってゲーム内のオブジェクトを制御・操作(物理演算)するための機能です。

物理エンジンを使えば、オブジェクトに「重力」が加わる様子を表現したり、爆風の拡がりを精緻に再現出来たりと、現実世界さながらのリアルな表現が可能になります。Unityには物理エンジンが標準搭載されており、特別な外部ツールを使用せずともハイクオリティなゲーム制作が可能です。

開発用プラットフォームとしての機能

Unityには、ゲーム制作ツールやビジュアルプログラミングツール(コーディングではなく、視覚的かつ直感的な操作でプログラムを制作できるツール)も含まれています。また、拡張用言語としてC#を使用することで、さまざまな機能拡張が可能です。さらに、外部アセット(情報資産)を取り込んで、自分だけのオリジナルゲームを制作することができます。

ちなみに、公式サイトが運営するアセットストアからも開発に必要な素材(キャラクターモデル、テクスチャ、背景ペイントツール、音楽)などが無料で入手可能です。このようにUnityは、ゲームエンジンというよりも開発環境や実行環境も含む「ゲーム開発用プラットフォーム」としての側面が強いソフトウェアです。

Unityエンジニアの仕事内容とは?

次に、Unityエンジニアの仕事内容について解説します。Unityエンジニアは、開発現場において主に次のような仕事を担当します。

フロントエンド及びサーバーサイド開発

主にスマートフォン向けゲームにおいて、フロントエンド開発とサーバーサイド開発の工程を担います。

フロントエンド開発 ゲームクライアントやアプリなど、ユーザーの目に触れる部分におけるグラフィカルな表現を担う描画プログラムの設計・実装など。
サーバーサイド開発 フロントエンドからの要求を受け、サーバー内で動作する処理の設計・実装など。

一般的なゲームソフト開発

Unityはスマートフォン以外の分野(据え置き機や携帯型ゲーム機)でも活用されています。こうした分野では、通常のゲームプログラマーと同じように、ストーリーに沿ったイベントや描画処理の設計、実装といった開発作業が進められます。

Unityの拡張機能実装

前述したように、Unityには拡張用言語としてC#が採用されているため、C#を用いて追加開発(スクリプティング)を行うことができます。スクリプティングでは、外部アセットとUnityが提供する基本的な処理を使いながら、オブジェクトに対して独自の動きを実装していきます。

ゲーム開発以外の分野における開発

Unityは、3Dを用いた産業用のシミュレーター開発やVR、AR関連の開発などでも用いられています。例えば自動車業界では、デザイン設計をVR空間で行う場合があり、精緻な3Dイメージを手軽に再現できるUnityが活用されています。

また、医療現場においてもリアルな人体イメージをUnityで作成し、細かな条件の下で動作させることにより、人間の関節や骨の動きをシミュレーションする試みが行われています。

Unityの需要、将来性、年収

Unityエンジニアになるにあたり、気になるのは年収や将来性、業界からみた需要です。求人情報からわかる需要と将来性、年収をまとめました。チェックしていきましょう。

需要

Unityはスマートフォン向けゲームの爆発的な普及で、急激に需要が伸びた分野です。スマートフォン向けゲーム市場はここ10年ほどの間に急成長し、日本の市場規模は年間1兆2000億円を超えていると言われています。

ここ数年は市場成長率に鈍化の傾向が見えていましたが、新型コロナウイルスの影響による世界的な「巣ごもり」需要が伸びたことで、2021年はまた大きな成長を見せており、スマートフォン向けゲーム市場の成長に比例する形でUnityを扱うことができるエンジニアの需要もさらに増えていくことが予想されます。

将来性

ゲーム市場における需要についてご説明しましたが、前述したようにUnityはゲーム以外の分野でも活用が見込まれています。特に、3DグラフィックスやVR、ARなどの活用が進む「医療」「教育」「建築」などの分野ではUnityエンジニアの採用が活発になる可能性があり、ゲーム業界には興味がないという人でもUnityを学んでおくことで将来的にキャリアの選択肢が増える可能性があります。

これらのことから、Unityの将来性は高いといえるでしょう。

年収

Unityエンジニアの平均年収は400万円~600万円です。実務経験を重ねることで年収UPが期待できます。実務経験を5年以上経て、年収1000万円以上の報酬を得ることも可能です。ゲーム業界以外でも活躍できることから、多方面での経験を積み、実務経験が豊富なUnityエンジニアを目指すのがよさそうです。

関連記事:Unityエンジニアの年収は?仕事内容や向いている人の特徴も解説

在宅可の副業・アルバイトとしての可能性

現在他の言語を習得している現役エンジニアの方であれば、Unityを習得することで週末や平日夜に在宅での副業案件を受けて収入を増やすという選択肢があります。また、一部在宅可のアルバイト案件も増えてきているため、完全未経験からUnityエンジニアを目指すのであればアルバイトで現場経験を積んでステップアップするという選択肢もあるでしょう。

いずれにしてもUnityエンジニアへの需要に対し供給が追いついていない状態のため、将来的にUnityエンジニアになるかはさておいてもUnityの勉強をしておくメリットは大きいといえます。

Unityエンジニアに関するよくある質問

Unityエンジニアとは何か、未経験からでも目指す方法やキャリアプランについて解説しましたが、本記事をまとめる意味でもUnityエンジニアに関するQ&Aで振り返ってみましょう。

Q1. 30代未経験でもUnityエンジニアになれますか?

ゲーム業界においてはエンドユーザーが若者層になるという理由もあり、30代未経験からの道は険しいというのが正直なところです。3DグラフィックスやVR・AR活用への需要がある他業界も含めて検討することで、可能性が広がるでしょう。

Q2. Unityエンジニアは不足していますか?

2023年8月時点、レバテックキャリアで募集中のUnityエンジニアの求人数は約450件ほどあります。現時点においても不足している状況で、今後のUnityへの需要を考慮するとさらに需給バランスが偏る可能性があります。

Q3. 新卒からUnityエンジニアとして働けますか?

UnityやC#の使用スキルがない場合、新卒でUnityエンジニアとして働くことは難しいでしょう。しかし、UnityやC#の経験があれば新卒から就職することも可能です。また、Unity未経験でもゲーム開発やアプリ開発の経験があれば、可能性はあるといえます。

まとめ

スマートフォンゲーム市場の拡大やVR技術の活用が進む中で、Unityエンジニアが求められるシーンが増えてきています。Unityは独学で勉強するための参考書やスクールも充実しているため、比較的習得しやすいといえるでしょう。

これからゲーム開発に携わりたい方や、エンジニアとして新しい領域に携わりたいという方はぜひUnityエンジニアとしての就職を検討してみてください。また、勉强しているにも関わらず就職活動が上手くいかないと悩んでいる方は、自分の市場価値や適切なアピール方法を知るためにもぜひ転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングでお話してみませんか?(オンラインでも可能です)

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

Unityの求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×