C++エンジニアの転職で評価されるスキルや知識、経験とは?C++エンジニアの転職で知っておきたいこと

最終更新日:2021年8月11日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

C++はC言語を拡張したプログラミング言語です。C言語の構文に、オブジェクト指向などのサポートを加えています。C言語同様ハードウェア寄りの処理の記述が可能で、様々なプログラミングスタイルをサポートしていることが特徴です。今日でも組み込み・制御アプリ、ゲーム開発、スマホアプリ開発などで利用されています。ハードウェア寄りの記述が可能なためIoT分野への活用、高い処理速度からAIの分野でも使用されるなど、将来性も高い言語です。

本記事ではC++エンジニアの転職における需要、年収、スキル等について解説します。

1. C++エンジニアの転職で知っておきたいこと:需要状況

C++は汎用的なプログラミング言語であり、軽量、高速な動作から幅広い領域で利用されています。プログラム言語人気ランキングサイトTIOBE(※1)において、2002年以前からC++は人気があり、C++はアプリケーション開発において今後も長期的に継続した需要が見込めます。C++エンジニアの需要の高い分野と今後の需要が期待できる分野について記載します。

※1 TIOBE「TIOBE Index for July 2021」(2021/07/21アクセス)

C++エンジニアの市場需要

現状でC++がよく利用されている分野について解説します。

組み込み・制御アプリ

C++は高級言語でありながらハードウェア寄りの記述が可能な特徴をC言語から引き継いでいます。この特徴を活かして、組み込みソフトウェアの開発や制御ソフトウェアの開発分野においてC++エンジニアには需要が存在しています。この分野では、C言語のコード資産が多く、その有効利用を行う意味でもC++およびC言語の開発者が求められています。

具体的な開発対象は、自動車や家電のマイコン、車載器やネットワーク機器などの組み込みソフトウェアおよび設備やロボットの制御プログラムです。

一般アプリケーション

C++は汎用言語でもあるため、一般的なアプリケーションにも利用されます。自由度が高く、高度な要件も実現させることが可能な言語仕様から各種のアプリケーション開発にも利用されます。C++の高速な処理速度、利用リソース量を抑えることができる特徴が活用される仕事です。

ゲーム開発

C++はゲーム開発への利用も盛んです。ゲームエンジンUnrealEngineを利用する場合は、開発言語がC++言語となります。

ゲーム開発におけるプログラミングでは、メモリ利用量の制約やリアルタイム性が重視される処理があり、C++の言語特性とマッチしています。

また、ゲームエンジンUnityではC#でプログラムを作成しますが、外部ライブラリとしてC++でDLLを作成して利用するケースもあります。

C++エンジニアの将来性

C++は汎用性が高く、C言語と同様にハードウェア寄りの記述が可能です。少ないリソース量で高速な動作をするプログラムを作成することができます。この利点を利用し、今後C++エンジニアの需要が伸びていく分野を紹介します。

IoT基盤開発言語としてのC++

C言語から引き継いだハードウェア寄りの記述が可能な特徴を活かすことができるのが、IoT分野でのプログラム開発です。IoTを利用したアプリケーション、システムの開発そのものの需要が高く、C++のプログラムもその需要に含まれます。C++の使用リソースを抑えることができる特徴もIoT向けのプログラムと相性が良いです。

AI分野でのC++利用について

AIの分野では高速な処理を行うプログラムが必要とされます。このため、AIの分野でも高速な処理を求める高度な部品の作成にはC++の利用が行われており、C++エンジニアの需要に繋がっています。事例として、Googleの機械学習ライブラリTensorFlowもC/C++により実装されています。

2. C++エンジニアの転職で知っておきたいこと:年収事情

レバテックキャリアのC++言語のエンジニアの転職・求人情報から30件を抽出し、求人条件の年収の最低値と最高値の中間値を用いて平均年収を算出すると、約645万円となります(2021/07/16時点)。他の言語のエンジニアと比較しても高い年収です。例えば、PHPのエンジニアで同一条件(2021/07/16の求人30件抽出、最低値と最高値の中間値の平均)で年収を算出してみると約549万円となります。これは、C++がプログラミング言語として難易度が高く、また開発対象案件の難易度が高いことに由来していると考えられます。

C++エンジニアの求人情報はこちら>

C++エンジニアとしての転職で年収アップを図るには?

C++エンジニアとしての転職を考える際に年収アップを目指すための方向性は2種類考えられます。

一つ目はプロジェクトマネジメントスキルを習得し、チームを率いるエンジニアとなることです。プロジェクトマネジメントスキルを習得し、C++開発のチームを率いるポジションにつくことで年収アップが図れます。一人の開発者としてよりもチームを率いることで責任範囲が増え、年収アップにも結び付いています。

二つ目は技術の向上を目指すことです。IoT、AIといった新規技術を習得し、難易度の高い要件の仕事をすることで年収アップを図れます。難易度の高い要件の仕事ほど需給ギャップから、高い年収の仕事に結びついています。

3. C++エンジニアの転職で評価されるスキル・知識

C++エンジニアが転職を行う場合、持っていると評価されるスキル、知識を紹介します。

C++エンジニアの仕事全般で評価されるスキル

プログラミング言語によって変わることのない構造やアルゴリズムといった一般的なプログラミングスキルは、C++エンジニアとしても習得しているに越したことはありません。

また、C++エンジニアとして転職を行う場合は、C言語の開発スキルも問われます。C++が採用される組み込み・制御分野の開発現場では、ハードウェア寄りのドライバなどのプログラムを作成することが多く、C言語も開発言語として選択されます。C言語は歴史が長く、既存ソースコードの有効活用という面からも、今後も同様にC言語のスキルは評価されるでしょう。

組み込み系の仕事で評価されるスキル

マイコンや車載器、ネットワーク機器などの組み込み開発の経験があると、評価に繋がります。特にIoT関連ならば、現在需要が高く、ネットワークに接続した処理の記述もできると高い評価を得ることが出来ます。

また、組み込み系の実行プラットフォームとなるハードウェアに関する知識、スキル、組み込み系アプリケーションが動作する環境であるTRONやLinuxといったOSの操作スキルもあれば評価できるポイントとなります。

アプリケーション開発で評価されるスキル

C++ではオブジェクト指向をサポートしており、この点がC言語との大きな違いです。オブジェクト指向開発のスキルを所持していることで、設計・開発での生産性を向上させることが可能です。C言語のみのスキルを持つエンジニアと大きな差をつけることができます。
また、C++では英語の文献から情報を得ることも多いため、英語のリーディングスキルも役に立ちます。

さらには、C++の特徴である高速、軽量な処理を活かすために、言語仕様やハードウェアに関して深い理解度を持っているとプラスの評価に繋がります。

4. C++エンジニアの転職で知っておきたいこと:具体的な求人例

ここでは、開発領域別にC++の求人例をご紹介します。

組み込み開発・SI系組み込みエンジニア

【業務概要】

  • ・カーナビ・車載器、工業用機械、電子機器向けのドライバ、ファームウェア開発。

    ・工場設備の制御などのプログラム開発


【具体的な仕事内容】
要件定義からハードウェア/ソフトウェアの構成と設計、プログラミング、テストを担当していただきます。

【年収】
400~600万円

【求められるスキル・経験】

  • ・C言語、C++言語での開発従事経験1年以上

    ・インフラ、ハードウェアについての知識

    ・チームでの開発成果を出すためのコミュニケーション能力

    C++エンジニアの求人情報はこちら>

アプリケーション開発・エンターテイメント領域

【業務概要】
マルチプラットフォーム向けの画像系アプリケーション開発

【年収】
300~700万円

【求められるスキル・経験】

コンシューマーゲーム開発

【業界】

ソーシャルゲーム/コンシューマーゲーム
メディア・エンターテイメント

【業務内容】
■ゲームプログラミング
主にコンシューマーゲームのプログラミングを担当していただきます。プロジェクト内容によっては、人気タイトルに携われる可能性もあります。

<具体的な業務内容>
・C++を用いたプログラミング
・ゲーム作成ツール開発
・追加プラグイン開発
・コーディング
・デバッグ

【求められるスキル・経験】
・C、C++によるゲームプログラミング経験
・コンシューマーゲームの開発経験
・ゲーム全体を設計するスキル
・コミュニケーション力
・最新技術への好奇心
・世界市場を意識する姿勢


【想定年収】
350~700万円

【福利厚生】
健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 / 通勤手当 / 住宅手当 / 家族手当 / 残業手当 / 年末年始 / 夏季休暇 / 有給休暇

【勤務地】
東京都

C++の求人を探す>

5. まとめ

C++は汎用性が高く、幅広い領域で使用されているプログラミング言語です。具体的には、組み込み系をはじめスマートフォンアプリやAI、IoTなどの先端分野で利用されています。転職にあたっては、自分のC++のスキルをどの領域での適性があるか分析をするとよいです。

スキルマッチングに加え、各領域の将来性、自己のキャリアプランを見据えて転職に臨みましょう。また、領域によって望む人材像が変わってくるため、求人企業の特徴を把握して、自己のアピールポイントを整理しましょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

C++の求人・転職一覧