組み込みエンジニアに求められるスキル

最終更新日:2020年1月30日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

組み込みエンジニアとは、さまざまな電子機器(ハードウェア)を正常に作動させるためのソフトウェアを開発するエンジニアです。業務範囲は幅広く、設計や開発、テストのみならず、企画フェーズから開発に携わることもあります。

この記事では、組み込みエンジニアとして活躍する上で求められるスキルについて、詳しく解説します。

■組み込みエンジニアとは

組み込みエンジニアとは、さまざまな電子機器(ハードウェア)を正常に作動させるためのソフトウェアを開発するエンジニアです。電子レンジや冷蔵庫をはじめとした家電製品、スマートフォンやパソコン、自動車など、私たちの日常生活を豊かなものにしてくれる電子機器の多くは、組み込みシステムを用いたソフトウェアによって支えられています。

組み込みエンジニアは、基本設計から詳細設計、システム開発、テスト、デバッグを通してソフトウェアを開発しますが、場合によっては製品の企画段階から開発に携わる場合もあります。製品の高い質や安全性を追求することはもちろん、クライアントの要望に応えながらスピーディーに開発していくことも求められます。

■組み込みエンジニアに求められる技術スキル

・主流の開発言語はC++、C#、Java

現在の組み込みソフトウェア開発に広く使用されているのは、C++、C#、Javaなどが主流と言われています。以前はアセンブラが広く採用されていた時代もあり、今でもアセンブラでしかプログラミングできない開発もあります。

しかし、最近では開発するソフトウェアごとに様々な言語が用いられるようになっているため、幅広い言語スキルを持っていればいるだけ、活躍できる案件も増えるでしょう。

■組み込みエンジニアに求められるヒューマンスキル

・円滑にプロジェクトを遂行するコミュニケーションスキルは必須

開発は複数人のチームとなって取り組む場合がほとんどです。そのため、他メンバーとの円滑なコミュニケーションスキルは必須となります。

加えて、スケジュールに沿ったプロジェクト管理ができる人材が求められています。上流フェーズに携わるようになれば、クライアントの希望を汲んで提案を行ったり、希望する納期を守るためのメンバーの進捗管理等を行う必要も出てくるでしょう。

■組み込みエンジニアとしてのスキルを証明できる資格

組み込みエンジニアになるために必要な資格は特にありません。業務上必要になるプログラミングスキルやコミュニケーションスキルを発揮できれば業務で困ることはありません。しかしながら、取得しておいて損はない資格はいくつかあります。

実務で役に立つ知識を学び、資格を取得すれば組み込みエンジニアとしてのスキルの証明にも繋がるでしょう。

・ETEC(組込み技術者試験制度)
・JSTQB(テスト技術者資格認定試験)
・OCRES(OMG認定組込み技術者資格試験)

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。

最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。

一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。


転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。

キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。


「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

組込・制御エンジニアの求人・転職一覧