Unityエンジニアはゲーム・自動車・医療など高精度なシミュレーションが要求される分野に必要不可Unityエンジニアの仕事内容・スキル・将来性・年収を解説

最終更新日:2020年9月16日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

Unityは、主に3Dゲーム開発の分野において使用される開発用ツール(ゲームエンジン)です。このUnityを用いるプログラマー・エンジニアは「Unityエンジニア」と呼ばれています。今後はゲーム開発以外の分野でも活用が見込まれるため、若手ITエンジニアのキャリアパスとして選ばれるケースが増えています。ここでは、Unityエンジニアの仕事内容や必須スキル、将来性、年収などを解説します。

1. Unityエンジニアの仕事内容とは

まず、Unityエンジニアの仕事内容について解説します。

ゲーム開発における汎用的な処理の実装

Unityエンジニアは、ストーリー・シナリオに沿ってイベントや描画処理を実装したり、キャラクターの動作を実装したりといった、一般的なゲームで必要不可欠な工程を担います。Unityには、ゲーム開発で用いられる汎用的な処理が、標準機能として用意されています。こうした機能は、プログラミングスキルを持たない人間でも扱うことができるため、3Dゲーム開発が効率よくすすめられるわけです。

また、Unityはマルチプラットフォームに対応しており、Windows・MacOS・Linux環境で使用可能です。Windows環境であれば、Windows独自の開発環境「Visual Studio」との連携も可能なことから、開発効率を格段に向上させられるでしょう。

フロントエンド開発

主にユーザーの目に触れる部分の開発である「フロントエンド開発」では、ゲームクライアントやアプリケーションのUIなど、ユーザーが目視し、操作する部分の開発を担います。フロントエンド開発は、ユーザビリティ(顧客目線での使いやすさ)やUX(顧客体験)を左右する重要な工程です。フロントエンド開発では、グラフィカルな処理を行うプログラムの設計・実装などがメインです。また、APIを活用したサーバーサイドとの連携部分の実装や、HTTP・TCP・UDPを用いた通信設計などを担当することもあります。

サーバーサイド開発

フロントエンドからの要求を受けて動作する、サーバー内の処理を実装します。基本的な仕事内容は、Webエンジニアやサーバーサイドエンジニアと共通しています。ただし、3Dゲーム開発独自の用語・考え方(テクスチャ、シェーダー、マテリアル)などの理解が必要になるでしょう。

外部アセット・プログラミングによる拡張機能実装

ゲームタイトル独自の処理や表現の実装には、拡張用言語による追加開発が必要です。Unityでは、拡張用言語としてC#が採用されています。C#を用いた追加開発では、外部アセット(3D画像やキャラクターモデルの原画)を取り込み、プログラミングによってゲームタイトル独自の処理・機能を実装していきます。

具体的には、外部アセットをもとに構築したゲーム内オブジェクトと、任意のコンポーネント(特定の動作を実現するソフトウェア内のパーツ)を結び付けることで、「ビルが崩壊し、コンクリート破片が炎上しながら落下する」といった動的な処理を実現できます。さらに、こうした処理をハードウェアの特性に従って効率よく行うために、マルチスレッドコードを記述したりパフォーマンス重視のコーディングを行ったりと、ゲーム内オブジェクトを滑らかに動かすための処理も実装します。

ゲーム開発以外の分野における開発

Unityは、3Dを用いた産業用のシミュレータ開発やVR、AR関連の開発などでも使用されています。Unityは「身近なものを3D化し、自由に動かす」ことに強みを持つからです。下記は、ゲーム開発以外でのUnityエンジニアの仕事内容です。

自動車業界
デザイン設計をVR空間で行い、精緻な3Dイメージを再現します。CADデータと連携し、現実世界に近い質感で3Dイメージを再現します。

医療業界
Unityを用いて骨格、臓器などを詳細に再現し、外科手術に用いるためのVRシミュレータを開発します。

このように「シミュレーション」の精度を格段に向上させられることが、Unityの強みともいえます。高精度なシミュレーションの実装は、製造業・建設業・医療分野などからの需要が高く、今後はUnityエンジニアの重要な役割となる可能性を秘めています。

2. Unityエンジニアへの転職で必要なスキル

次に、Unityエンジニアが転職時に身に着けておくべきスキルについて解説します。Unityはあくまでも「開発用ツール」です。また、プログラミングやシステム開発経験をもたない人間でもゲーム開発が進められるように、さまざまな工夫が盛り込まれています。つまり「Unityの操作スキル」が身についていることは大前提であり、プラスαとして複数のスキルが求められるわけです。特にC#や3Dモデリングの知識・スキルは、どの企業でも重視する傾向にあります。

Unityに関するスキル

Unityの操作や仕様に関する知識は、Unityエンジニアの基本です。まずは、公式サイトから無料バージョンをダウンロードし、「ゲームのひな型を使ってキャラクターを動かす」というレベルを目指すと良いでしょう。

3Dモデリングのスキル

一般的に3Dモデリングは「3Dモデラー」と呼ばれる職種が担当する業務です。しかしUnityを用いたゲーム開発では、Unityエンジニアが外部アセットを活用しながら3Dモデリングを担うことがあります。3Dモデリングは、大きく以下の6つの工程で成り立っています。


  • ・外形や模様、色など決める「デザイン」

    ・デザインをもとに3Dオブジェクトを構築する「モデリング」

    ・3Dモデルの表面に質感・色・模様を実装する「テクスチャリング」

    ・テクスチャの描画仕様を決める「シェーディング」

    ・キャラクター3Dモデルなどを動作させるための関節を組み込み「リギング」

    ・リギングをもとに実際の動作を決定する「アニメーション」


こうした工程を独力で完遂させられるレベルであれば、転職時に評価されるはずです。

アセットとメモリ使用量の調整

Unityは3Dモデルを多用することから、メモリ量が不足して動作停止を招くことがあります。Unityエンジニアには、プロファイラー機能を用いて、どのアセットがどれだけのメモリを消費しているかを常に追跡し、適宜調整するスキルが必要です。ちなみに、AssetBundleという機能を活用することで、アセットを任意の場所にまとめ、状況に応じて読み込ませることが可能です。AssetBundleは実際の開発作業でも頻繁に用いられるため、Unityエンジニアの有用なスキルのひとつと言えるでしょう。

拡張用言語(C#)のプログラミングスキル

Unityでは拡張用言語として、主にC#が使用されています。独力でコーディング・テスト・バグフィックスができるレベルであれば、転職時の評価ポイントになるでしょう。
Unityの仕様・操作に関するスキルは、一般的なITエンジニアであればそれほど高いハードルではありません。3Dモデリングやメモリ調整のスキル、C#の習得に時間を割きつつ、Unityでの独自ゲーム制作を進める、という方向でスキルを磨いてみてください。

3. Unityエンジニアの将来性と年収

最後に、Unityエンジニアの将来性と年収について解説します。

将来性

将来性については「今後も堅調な需要の伸びが予測されるため、それなりに高い」と言えます。Unityエンジニアの主戦場である「スマートフォン向けゲーム市場」は、一時の爆発的な伸びはないものの、堅調に推移しています。また、ゲーム開発以外の分野でAR/VRを用いたシミュレーションが一般化していることから、今後は活躍の場が広がるかもしれません。さらに、最小限のリソースで迅速かつ高品質な開発を求められる今、Unityのもつ手軽さ・汎用性の高さが評価されています。

ただし、ゲームエンジンはトレンドの移り変わりが激しいため、Unity以外のゲームエンジンが流行する可能性も想定しておきましょう。Unity以外のスキル(3Dモデリングやプログラミング)は継続的に磨いていくべきです。

年収

実際の求人からUnityエンジニア求人の年収を紹介します。
 
スマートフォン向けゲームアプリの開発企業
【想定年収】
450~800万円(年俸制)
【業務内容】
スマートフォン向けゲームアプリの企画・設計・開発
開発環境の設計・構築
ツール、ライブラリ、フレームワークの選定・設計・開発
効果検証、機能改善など
【求められるスキル・経験】
Unityを用いたスマートフォンアプリ開発経験1年以上、一人でアプリ開発の全工程を担当できるスキル
 
バーチャルカラオケ配信アプリの開発企業
【想定年収】
350~700万円
【業務内容】
リアルタイム配信/視聴まわりの改善や機能追加
3Dアバターの描画・着せ替え・モーション操作など
顔認識や音声認識の精度改善
カラオケ機能の改善や機能追加 など
【求められるスキル・経験】
Unityでのゲーム開発経験(C++やC#、2Dでも3Dでも可)
Unityを使ったスマートフォンアプリ開発経験2年以上
GitHubを用いたチーム開発経験2年以上

募集企業により年収の幅はさまざまですが、3D技術やイラスト力などを磨き、業務の領域を広げたり、リーダークラスに求められるマネジメントスキルやコミュニケーションスキルを身に着けたりすることで、高年収を狙えるでしょう。

4. まとめ

Unityは、3D重視のゲーム開発において、近年急速に普及している開発用ツール(ゲームエンジン)です。Unityを用いるゲームプログラマー、エンジニアである「Unityエンジニア」は、注目される職種のひとつです。今後はゲーム開発以外の分野でも活用が見込まれているため、若手ITエンジニアのキャリアパスとしては有望だといえるでしょう。Unityエンジニアとして活躍するには、C#の知識・スキルや3Dグラフィックスの知識なども身に着けておくとよいでしょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

Unityの求人・転職一覧