組み込みエンジニアの需要と将来性について

最終更新日:2024年6月25日

組み込みエンジニアとは、ソフトウェアの組み込みを行うエンジニアのことです。
冷蔵庫や電子レンジなどの家電や自動車、周辺機器やスマートフォンなどあらゆる電気製品に制御のための小型のコンピュータが搭載されています。

近年、IoT技術があらゆる業界で注目を集め、導入が進んでおり、組み込みエンジニアの需要にも大きく影響しています。

こちらの記事では、他職種と比較して組み込みエンジニアを目指して良いのか悩んでいる方に向け、活躍する業界、需要が高いエンジニアの特徴、価値を高めるために身につけるべきスキルなどを詳しくご紹介します。

レバテックキャリアで転職した3人に2人が年収70万円UPを実現

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

※2023年1月~2024年3月実績

この記事のまとめ

  • 組み込みエンジニアとは、さまざまなデバイスにソフトウェア組み込む職種
  • IoTなどの普及で組み込みエンジニアの需要は高まっている
  • ハードウェア構造、ネットワーク・セキュリティの知識など、要求されるスキルが多い

業界ごとの組み込みエンジニアの需要状況

組み込みエンジニアの需要状況

組み込みエンジニアの構築対象は、プログラムを組み込むハードウェア全般です。冷蔵庫やテレビ、電子レンジなどの家電、自動車や周辺機器、医療機器や産業用のロボットなどと幅広いため、あらゆる業界で活躍可能です。

特に近年では、自動車業界での組み込み系・制御系エンジニアの採用数が増加傾向にあります。また、遠隔診療の必要性などを理由に医療機器業界においても、需要が高まってきています。

本項では、自動車業界、医療機器業界、電気・家電業界での組み込みエンジニアの需要状況について詳しく説明します。

関連記事:組み込みエンジニアとは?仕事内容や年収・将来性などを徹底解説

自動車業界

自動車業界では組み込みエンジニアの需要が高まっています。需要増加の主な理由としては、自動運転技術の進化、AI技術を活用したブレーキシステム搭載車の誕生、ハイブリッド車の生産拡大などが挙げられます。これらの開発には、電気部品を制御するプログラムが必要不可欠なので、組み込みのエンジニアの需要が高まっているのです。

また、国土交通省などが推進する日本版MaaS(Mobility as a Service)の実現においても、IoTをはじめとした組み込みプログラムは欠かせない技術です。こちらも組み込みエンジニアの活躍が期待される分野となっています。

AIによる自動運転の実用化や、電子制御ユニットへの需要の高まりが、組み込みエンジニアへの需要を高める結果につながっています。

医療機器業界

新型コロナの影響で、国内でも遠隔医療診療の普及が進みました。遠隔医療診療には、診断に使われる高度なセンサーや、インターネット経由で情報を処理するためのIoT機器が必須です。これらの利きの研究開発は主に組み込みエンジニアが担います。

医療機器業界におけるIoTは「Internet of Medical Things」を略してIoMTと呼ばれています。医療機器システムをオンラインネットワークに接続して活用するという概念は、医療の重要性や人的リソースの負担軽減、利便性の高さなどの面で重要視されており、今後も進歩が期待される分野の1つです。

たとえば、「CALM-M」は、活動量、睡眠、脈拍、心拍、心電位などの患者バイタルデータを、体に装着するゲルパッドやベルトから取得できます。バイタルのデータ分析をし、施設内でも在宅でもオンライン上で患者を見守れます。

「RecoFinder」は、電波の照射範囲を限定させる技術を活かした通過検知システムです。RFIDタグを各種の医療機器に装着することで、医療機器の移動や所在を管理できます。医療機器使用者の利便性の向上を図るとともに、機器管理情報を確実かつリアルタイムに取得できる環境を整えられます。

また、遠隔診療以外にもウェアラブルデバイスを用いた、健康状態を確認する習慣の普及も組み込みエンジニアには追い風です。Apple Watchなどのウェアラブルデバイスに搭載するプログラムも組み込みエンジニアの開発対象です。

電機・家電業界

電機・家電業界は古くから組み込みエンジニアが活躍している業界です。特に最近ではIoTやAIの技術を組み合わせた家電製品が登場しています。

IoTの登場以前は、電機・家電は用途によって、職場や家庭内で孤立して使われていました。しかしIoTの普及により、家電同士のネットワークを経由した接続や、遠隔操作が可能になりました。

今後の組み込みエンジニアは、単純にハードウェアを制御するための知識に加えて、ネットワークに関する知識や、ネットワークに接続することを前提とした電機機器や家電を設計するセキュリティ技術が求められるでしょう。

IoTやそのセキュリティに関するスキルを持った組み込みエンジニアは、要求スキルが多い一方で需要が高まっていくと考えられます。

電機・家電業界のIoT事例として、電通の「domus optima」が挙げられます。エアコンや空気清浄機、オーブンレンジなど約60万台のIoT家電のデータを収集し、利用時間や利用方法などから生活者の潜在的な需要を推定して広告配信やその効果検証に活用できるサービスです。

玄関の鍵をスマートフォンから制御するスマートロック、スピーカー型の操作機器による家電の制御を行うスマートスピーカー、エアコンや風呂のスマートフォンからの遠隔制御などがより身近な事例です。

組み込みエンジニアの将来性

インターネットやスマートフォン、クラウドサービスなど新たなIT技術が次々と生まれ、普及が進んでいることにより、組み込みエンジニアの将来性はどのように影響を受けるのでしょうか。

各種のIT技術の発展は、組み込みエンジニアを含めた全てのIT技術者の需要を後押しするものです。本項では、今後の組み込みエンジニアの将来性について解説します。

組み込みエンジニアの将来性は高い

IoT活用やAI技術の進歩により、組み込みエンジニアの需要は伸びています。そして今後より需要が伸びていく可能性が高いため、将来性は高いと考えられるでしょう。IoT、AIと組み込みエンジニアの関係について解説していきます。

IoT化により一層需要が高まる見込み

IT業界の主軸はWeb、スマホアプリ、AIなどで、組み込みソフトウェア業界は古い、というイメージをお持ちの方も多いでしょう。実際にはIoTの普及が進んでいることなどにより、組み込みソフトウェア業界にも新しい風が入っています

IoTは各種の機器をインターネットで繋いで活用する技術です。組み込みエンジニアは機器上のプログラムでセンサーによるデータの収集や機器の遠隔制御を行います。

一方、WebやAIなどの仕組みはサーバーサイドと呼ばれるネットワーク上に接続された環境で動作します。IoTで集めたデータを収集して分析して活用する、IoTで捉えた変化をAIによって判断しレスポンスを返すなど、組み込みソフトウェアとは対になって仕組みを作る関係です。スマホアプリとサーバーサイドプログラムと似た関係性ともいえるでしょう。

つまり、両者がお互いに必要とされるため、技術の進展は組み込みエンジニアにとっても新たな需要を生み出しているのです。

もちろん、これまでの組み込みソフトウェアの技術だけでなく、IoTでの通信やその後のデータ活用、通信先での処理などについても学習して知識をつけることは前提となりますが、組み込みエンジニアの仕事が古く、将来的な需要が落ち込むという結論には繋がりません。

組み込みエンジニアが高齢化していることや古いシステムやプログラムが多く残っていることは事実ですが、将来性という面でも若手が参画する価値は十分あります。また、組み込みソフトウェア業界を構成する年齢からも、若手の組み込みエンジニアは重宝される傾向にあるので、他のエンジニアと差別化を図れるという理由からスキル選定としては狙い目です。

AI技術の発達でも需要は増える見込み

AI技術が発達することで、モノにAIを組み込む開発が活発化しています。つまり上で挙げたIoTとAIの技術を組み合わせるということです。たとえば車の自動制御システムなどもAIとIoTの技術が組み合わさってできたものです。ほかにも、スマート家電なども一部AI技術が活用されています。

今後はAIもIoTもより技術が進んでいくので、組み込みエンジニアの活躍機会は増えるでしょう。今はまだAIが組み込まれていないような機器にも今後AIが組み込まれる可能性は高く、組み込みエンジニアの需要が単純に増えるだけでなく新たなジャンルの組み込みエンジニアの採用も増えると予想されます。

組み込みエンジニアが「オワコン」「やめとけ」と言われる理由

組み込みエンジニアに対して、「オワコン」「やめとけ」といったネガティブな声が聞こえることもあります。その背景と想定されるのは、下記のような事情があります。

技術的に需要がなくなるため将来性が低くなるという論旨にはならないため注意が必要です。また、これらの事情も時代背景や技術の発展により解消が図られてきている状況です。

企業によっては激務になることがある

組み込みソフトウェアは製品の特性上、ソフトウェアアップデートの適用が難しい性質を持っています。製品のリリース後にバグが発見された場合にも簡単には差し替えることができないため、初期納品時のソフトウェア品質が重視されます。

高品質なソフトウェアを作るためには、綿密な設計とあらゆるパターンを想定したテストが必要となります。しかしながら、製品の開発サイクルが長くなることはなく、結果としてハードワークが発生する原因ともなってしまいます。

また、組み込みエンジニアは慢性的な人材不足といわれており、需要の高さを埋める供給がないことも激務となりやすい理由の一つです。

高度な知識や技術力を求められやすい

組み込みエンジニアの仕事は小型のコンピュータ向けのプログラム作成が多いのですが、専門的な知識と技術的なスキルが多く求められる傾向があります。その理由の1つは、前項にも記載した通りリリース後のプログラムアップデートが難しく高品質なプログラムが求められるためです。

また、小型のコンピュータの場合、メモリや記憶領域などに制限があることやマシンパワーでの解決が望めないためプログラムロジックを丁寧に作成する必要があるということも高度なスキルの要求に繋がります。さらに、組み込み先環境のハードウェア制御を行うためハードウェアに関する知識も必要なケースが多々あります。

プロジェクトによって必要な知識が異なる場合もある

組み込みエンジニアの仕事は対象システムごとに差が大きいです。なぜなら、組み込み対象によってハードウェアが異なり、その結果ソフトウェアの機能やプログラムも大きく変わってくるからです。たとえば、パチンコ台の制御システムと車の制御システムではハードウェアもソフトウェアも大幅に異なることは想像しやすいでしょう。

技術的に共通する部分も多いため対象システムが変わってもある程度対応できますが、たとえばWebシステムやスマホアプリなどハードウェアが変わらない分野に比べるとプロジェクトごとに必要な知識やスキルが変わってきます。

フリーランスの組み込みエンジニアとして独立する道も

高い需要のある組み込みエンジニアですので、フリーランスとして独立することもキャリアパスの選択肢に含まれます。業務の特性上、開発現場にフルで常駐する案件への参画により、会社員エンジニアよりも高い収入を望むことが可能です。

エンジニア、とりわけ組み込みエンジニアが不足していることや、IoTの導入が進んでいるという背景が有利に働き、フリーランスとして活動しやすい状況が生まれています。需要に対して供給が足りていないので、一定のスキルがあればフリーランスとして活躍できる機会は十分に広がっています。

年齢層別の組み込みエンジニアの需要状況

年齢層によって、組み込みエンジニアに対する需要は異なります。これは組み込みエンジニアに限らず、ほかのエンジニアについても同じです。年齢が若いほどスキルがなくてもやる気などでカバーできますが、年齢が高くなるとスキルが求められる傾向があるでしょう。

特に若手の人材が不足し採用・育成に意欲的な企業が多い

組み込みエンジニアに限らず、システムエンジニアは慢性的に不足しています。さらにインターネットの普及により、クラウドやSaaSなどのWebサービスを開発しているWeb系企業への人気が高まっており、若いエンジニアが流れている傾向があります。

現在、オンラインでプログラミングが学べるWebサイトが隆盛していますが、学べるプログラミング言語はPHPやRuby、Pythonなど軽量言語がメインであり、組み込みエンジニアに使われているCやC++などを学べる学習サイトは目立ちません。このような現状も、若手の組み込みエンジニアが少ない原因となっていると思われます。

組み込みエンジニアが使うCやC++といったプログラミング言語は、習得するためにかなりの学習が必要であり、業務で使えるレベルに達するまでに時間がかかります。そのため知識や技術を習得する意欲の強い若年層を採用して育てようという企業が多いのです。

また、言語習得の難しさに加えて、制限されたリソース内でパフォーマンスの高い処理が求められる組み込みエンジニアの仕事には高いレベルのスキルが必要とされる背景もあります。プログラムが作れるというレベルではなく、ハードウェアを含めたアーキテクチャを理解し、その中で性能を出すための方法を考えるという、ベーシックながらもハイレベルなプログラミングのスキルが必要とされる分野であるためです。

40代以上は実務経験や並列処理できる力があれば採用されやすくなる

40代以上の組み込みエンジニアには、実務経験に加えて並列処理を構築するスキルが求められます。並列処理とは、マルチコアやマルチスレッドに対応したプログラミングのことであり、複数の命令を同時に処理できる仕組みのことです。

ハードウェアに組み込まれているCPUの進化により、多くのデバイスで並列処理が可能になりました。この並列処理機能を活かすには、CPUだけでなくソフトウェア(プログラム)での実装が不可欠です。デバイス本来の性能を発揮するためにも、並列処理を実装できる組み込みエンジニアの力が求められています。

関連記事:組み込みエンジニアは難しい?なぜ人材不足なのか

転職市場で求められる組み込みエンジニアになるには?

転職市場で求められる組み込みエンジニアになるには、市場で求められるスキルを身につける必要があります。プログラミングや設計などの具体的なスキルはもちろん、今後の成長のためにはより土台となるスキルや能力も重要です。具体的なスキルと汎用スキルの両方を高めていくと良いでしょう。

コミュニケーションスキルを磨く

組み込みエンジニアが開発するデバイスは、ハードウェアとソフトウェアから構成されており、それぞれの開発には専門的なスキルが必要です。

そのため一人のエンジニアが全ての工程を開発することは通常ありません。開発は複数のエンジニアがチームになって行うことがほとんどです。チームワークを発揮し、ほかのメンバーと円滑なコミュニケーションが取れるスキルが必須です。

課題発見力、解決力を養う

組み込みエンジニアはインターネットの普及以前から存在する職種です。しかしテクノロジーやネットワークの進化により、組み込みエンジニアに求められているスキルも進化しています。またスマートフォンなど、これまでには誰も考えていなかったデバイスも登場しています。

このようなイノベーションを起こすために必要なスキルが課題発見力や解決力です。現状の延長線上で仕事をするのではなく、誰も気づいていなかった課題を発見し、技術力で解決するスキルが組み込みエンジニアにも求められています。

新しいITの知識や言語を身につける

組み込みエンジニアにとっても、組み込み関連以外の分野に対しても新しいITの知識やプログラミング言語を身につけることは重要です。

IoTやAI、クラウド上でのデータ集約などの技術は組み込みエンジニアの技術とあわせて活用されます。これらの知識を身につけることで時代の変化に対応します。自分のスキルをアップデートできることは、組み込みエンジニアにも求められる素養の一つです。

関連記事:組み込みエンジニアに役立つおすすめ資格6選|参考書籍や求められるスキルも解説

C言語のほかにもC++、C#など複数言語を扱えるようになる

組み込みエンジニアが扱う代表的なプログラミング言語はC言語です。しかしC言語以外のプログラミング言語で組み込みシステムの開発を行うケースもあります。たとえばC++はC言語を拡張した言語です。手続き型言語であるC言語にオブジェクト指向の要素を追加したものがC++です。

また同じくオブジェクト指向言語のJavaも組み込みシステムに使われていることがあります。動作が遅くメモリ消費量の多いJavaは組み込みシステムには不向きとされていましたが、Androidを搭載したスマートフォンなどで開発言語として使われています。

さらにJavaやC++を発展させたC#も組み込みシステムに使われることが増えてきました。C#はマイクロソフトが開発したプログラミング言語であり、従来はWindowsのデスクトップアプリケーションに使われていましたが、現在では多くの組み込みシステムの開発にも採用されています。

組み込みシステムにAIが搭載されることも増えているため、AI開発の主要言語であるPythonを扱えると今後参画できる案件が増えていくでしょう。

ETEC(ミドルレベル)を取得する

ETECとは一般社団法人組込みシステム技術協会(JASA)が運営している組み込み技術者向けの試験です。詳細設計と実装、実装検証を担当するクラス2(エントリレベル)と、システムや構造の設計、システム検証を担当するクラス1(ミドルレベル)の2つの区分で試験は実施されています。

組み込みエンジニアとして今度も活躍するためには、クラス1(ミドルレベル)の合格を目指しましょう。試験はコンピュータを使って解答するCBT形式です。

またクラス1の受験資格として、クラス2の試験で500点以上取得することが条件となっています。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験を取得する

エンベデッドシステムスペシャリスト試験は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施している国家試験です。対象者はIoTを含む組み込みシステムの開発に関係する幅広い知識やスキルを活用して、組み込みシステムの構築や設計、製造を行う者です。

試験はマークシートで解答する午前Ⅰと午前Ⅱ、記述式で解答する午後Ⅰと午後Ⅱから構成されています。合格率は16%程度であり、また情報処理試験のほかの区分と比較して組み込みシステムの分野を学習するための書籍は少ないことも、試験を難しくしている要因となっています。

Linux技術者認定試験を取得する

組み込みプログラムも小型コンピュータ上のOSで稼働しています。そして、そのほとんどがLinux系です。このため、組み込みエンジニアにとってLinuxに関する技術力も評価の対象となります。

Linuxに関する技術者向けの著名な試験として、LPI日本支部の運営するLPICや国際的な団体により運営されるLinuCが挙げられます。

関連記事:IoTエンジニア向け資格4つを試験内容や難易度で徹底比較

英語を身につける

英語力があると、組み込みエンジニアとして転職市場で有利になります。英語が使えることで得られるメリットは複数あり、具体的には以下が挙げられます。

  • ・海外のメンバーとやり取りできる

    ・海外で勤務できる

    ・海外製の製品理解ができる

    ・最新の技術情報は英語であることが多いため、情報収集がスムーズ


組み込みエンジニアだけでなく、ほかのエンジニアにも当てはまることですが、IT業界では英語力が大きな武器になります。自分が海外に赴任したり外国人と直接やり取りする場合はもちろん、英語で情報収集ができるだけでも技術力に役立つためです。

IT技術は国による違いがないため、プロジェクトに複数の国籍の人が参画しやすい特徴があります。英語でコミュニケーションができれば市場価値のアップにつながる由縁です。またIT技術の最先端はアメリカなど英語圏であることが多いため、最新情報は英語で発信されます。

日本語でしか情報収集できないと、多かれ少なかれタイムラグが生じるでしょう。英語で直接情報収集できると、技術力アップにも役立ちます。たとえばプログラミングをしていてエラーが出た際に、日本語で検索してもヒットしなかったが、英語で検索したら情報がたくさん出てきた、といった経験があるエンジニアも多いのではないでしょうか。

関連記事:
組み込みエンジニアが英語を使えることで得られるメリット
組み込みエンジニアになるために必要な勉強
組み込みエンジニアの転職市場|評価されるスキルや経験も解説

組み込みエンジニアとは

組み込みエンジニアの仕事内容、平均年収、求人例などを紹介します。組み込みエンジニアの概要については上でも解説してきましたが、特に実際に募集されている案件を把握することでより具体的にイメージしやすくなるでしょう。またスキル習得の方向性なども実際の案件を見てから判断するのがおすすめです。

組み込みエンジニアの仕事内容

組み込みエンジニアの仕事は、小型のコンピュータや様々なデバイスに向けた組み込みプログラム、アプリケーションの設計、作成、テストを行うことです。組み込みプログラムにより各種の機器の制御を行います。

対象となる製品やカテゴリは幅広く、車載器や家電製品、医療機器などありとあらゆる電気製品で利用されているといえます。組み込みエンジニアの業務領域では、デバイスをネットワークに接続して情報の収集や遠隔操作を行うIoTの利用も盛んです。

組み込みプログラムでは各種の計算処理に加え、機器の制御(たとえば表示や操作)も行うため、ハードウェア面にも知識が必要となることが他の開発エンジニア職との大きな違いとなります。

また、工場や倉庫などで利用する大型の設備に搭載するプログラムも対象とする場合があります。

組み込みエンジニアの平均年収

厚生労働省の職業情報提供サイトjobtagによると、システムエンジニア(組込み、IoT)が属する主な職業分類(ソフトウェア開発技術者)の平均年収は550.2万円となっています。

また、レバテックキャリアにて2024年2月8日時点で募集中の「組込・制御エンジニア」の求人・転職情報より30件を抽出し、算出した平均年収は約630万円となりました。組み込みソフトウェアの開発でも上流工程のスキル・経験を持つ場合、IoTやロボット制御に関するスキルを持つ場合は高い評価につながる傾向が見られ、最大年収が1,000万円を超える募集も存在しています。

組込・制御エンジニアの転職・求人情報一覧

関連記事:組み込みエンジニアの年収は?求人例や年収を上げる方法も解説

【医療】組み込みエンジニアの求人例

【平均年収】
430~533万円

【主な仕事内容】
・大手医療メーカー企業の案件へ十時
・設計から製造、評価までのシステム開発

【職場環境・働き方】
・働き方:フルリモート
・チームでの客先常駐

【必須条件】
・組み込み系開発の経験(分野、経験年数不問)
・モデルベース開発経験
・自分で目標を掲げ、コツコツと努力を続けらる方
・より良いサービスや新しいサービスを作るにはどうすれば良いのか考え、行動に移せる方
・お客様と円滑にコミュニケーションをとりながら提案することが好きな方

【製造】組み込みエンジニアの求人例

【平均年収】
600~1,200万円

【主な仕事内容】
・ハードウェア開発グループにおいて、Android frameworkエンジニアとして車載専用Android製品開発全般に従事
・配車アプリやドライブレコーダーなどの車載Android端末の開発

【職場環境・働き方】
・働き方:フルリモート
・開発端末の企画から開発、設計、導入、導入後の品質改善まで担当
・製造請負会社や関係部署と調整して製品開発

【必須条件】
<経験>
・Android製品(AndroidOS/Linux)の開発経験
・C言語、 C++、Javaいずれかの言語を用いた詳細設計の実務経験

<知識>
・JNI(Java Native Interface)に関する知識
・IBinderに関する知識
・System Service に関する知識

<仕事への姿勢>
・幅広い業務に挑戦してみたい方
・開発者にとどまらずに自ら企画を考え推進できる力
・モビリティ領域の進化や社会貢献に共感し、サービスそのものにコミットできる方
・「広い視野」と「中長期的な視点」と「柔軟性」を持って自ら行動できる方
・継続的に求められるスキル向上に努められる方
・相手を尊重したコミュニケーションを取れる方

組み込みエンジニアの需要に関するよくある質問

組み込みエンジニアの需要に関するよくある質問と回答を紹介します。組み込みエンジニアになる難易度、仕事のやりがい、適性などをあらかじめ把握しておけば、自分が組み込みエンジニアを目指すべきかどうかの判断に役立つでしょう。またモチベーションアップにもつながるかもしれません。

Q1. 組み込みエンジニアの倍率を教えてください。

組み込みエンジニアの倍率は約4倍と言われています。求人倍率は業界や地域によって多少の差はありますが、どの業界でも倍率は高いです。また、今後IoTの普及に伴いより組み込みエンジニアの需要は増すでしょう。

Q2. 組み込みエンジニアの楽しさは何ですか?

組み込みエンジニアは他のエンジニアと違って物理デバイスを操作できるため、自身で作成したデバイスやシステムを直接操作できます。そのため、最新テクノロジーを駆使した製品を生み出す工程を目の前で追えるのが楽しさといえるでしょう。

また、システムとデバイスを組み合わせて構築するため、不測の事態の確認事項が多いです。デバイスの原因を自身で追求しなければならないのも組み込みエンジニアの楽しさと言えます。

Q3. 組み込みエンジニアのやりがいは何ですか?

組み込みエンジニアが開発したシステムは世の中にリリースされます。開発する機器の種類によってどのような形でリリースされるかは異なりますが、いずれも人々の役に立ちます。仕事を通して世の中の役に立っている実感を得られるので、やりがいを感じられるでしょう。

Q4. 組み込みエンジニアに向いている人はどんな人ですか?

組み込みエンジニアに向いている人の特徴として、モノづくりが好き、一般消費者の役に立つ製品を作りたい、問題解決や粘り強く取り組むことが好き、といったものが挙げられます。ほかのエンジニアと比較すると、ソフトウェアだけでなくハードウェアも好きな人に向いているでしょう。

まとめ

組み込みエンジニアはIT業界の中でも古くからある業界です。そのためエンジニアの高齢化が進んでおり、若手エンジニアやこれからエンジニアを目指す方にとっては、古いというイメージがあるかもしれません。

しかし、IoTなどにより組み込みエンジニアの業界にも新しい風が入っており、今後需要はさらに伸びると考えられます。フリーランスでも常駐案件が多々見られるため、将来的には独立したいと考えている方も、組み込み系のスキルを身につけておいて損はありません。

若いエンジニアの人気がWebやスマホアプリに集中しているので、エンジニアとしての差別化戦略としても組み込み領域の選択は有効でしょう。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

組込・制御エンジニアの求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?