QAエンジニアのキャリアパス|スキルマップや役立つ資格も紹介

最終更新日:2023年10月5日

QAエンジニアとは、システム・アプリケーション・サービスなどのソフトウェア製品の品質保証を目的として、ソフトウェア製品の動作確認や品質管理を担当するエンジニアです。QAエンジニアのQAは、Quality Assurance(品質保証)という用語の略称です。

製品の品質やセキュリティへの注目が高まっていることから、QAエンジニアは需要が増加している職種です。また求人によってはQAエンジニアではなく「テスター」や「テストエンジニア」と表記されています。テスターやテストエンジニアとQAエンジニアを区別する場合もありますが、業務的には重複している部分が多いでしょう。区別する場合QAエンジニアの方が業務範囲が広いです。

この記事では、QAエンジニアのキャリアパスを知りたい方に向け、QAエンジニアのキャリアパスや、そもそもQAエンジニアとはどのようなものかなどについて解説します。

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

この記事のまとめ

  • QAエンジニアはソフトウェア製品の品質管理を担当するエンジニアで、テストの仕様書作成やテストの実施を行う
  • QAエンジニアはテスターやテストエンジニアと類似する職種で、テストを行うという点では共通している
  • QAエンジニアはテスターやテストエンジニアよりも幅広い業務を担当する傾向で、結果的にマネジメントやコンサルを行う職種に転身しやすい

QAエンジニア(品質保証エンジニア)とは

QAエンジニアとは、システム・アプリケーション・サービスなどのソフトウェア製品の品質保証のため、動作確認や品質管理をするエンジニアです。QAとは、Quality Assurance(品質保証)という用語の略称です。

関連記事:QAエンジニアとは?仕事内容や将来性を解説

QAエンジニアの仕事内容

QAエンジニアは主にテストの工程を担当しますが、システム設計段階や開発時にミーティングに参加したり意見を述べることもあります。直接手を動かして開発はしないものの、製品の品質を高めるためには設計段階や開発段階でQAエンジニアの意見があるとより良いからです。

テストの工程ではテスト仕様書の作成、レビュー、テストの実行などを行います。テストの結果不具合が生じた場合、開発者と協力して問題を解決します。テスターはテスト結果の報告までで終わる場合が多いですが、QAエンジニアは問題解決までが業務に含まれます。ただし直接修正を行うのは開発エンジニアが担当する場合が多いでしょう。

IT業界におけるQAとは

IT業界におけるQAとは、ソフトウェアなどの製品の動作確認や品質管理をすることです。動作確認では、製品が正常に動作しているかチェックをします。品質管理では、ユーザーが求める品質であるかを調べます。

QAエンジニアの活躍する業界・サービス

QAエンジニアの活躍する業界・サービスには以下のようなものがあります。


  • ・業務用パッケージシステムの開発会社

    ・クラウドサービスの提供、運営会社

    ・システムの受託開発を行うベンダー企業


システム開発を行う業界であればテストは必要なため、QAエンジニアには幅広い需要があります。また一般的にQAエンジニアという呼び方をしない業界でも、テスターやテストエンジニアは存在します。そのため、QAエンジニアとしてのスキルがあれば上記の業界以外にもさらに幅広く需要があるということです。

QAエンジニアとテスター(テストエンジニア)の違い

QAエンジニアとテスターは、よく似た職種と一般的に思われています。テスターはテストエンジニアとも呼ばれ、プログラムが正常に動くか、隠れた不具合がないかなどを、テストを行って調べます。テスターが行うテストは、変数の戻り値やクラスの動作をチェックする単体テストや関数同士の連携や動作を確認する結合テストなどがあります。

QAエンジニアが担当する業務は、システム開発における「品質計画(テスト設計)」「動作テスト」「品質管理」「品質改善」「品質保証」などの工程です。QAエンジニアが行うテストは、完成しているソフトウェアに対して行います。完成品にテストを行うため、ユーザー環境を構築して動作テストや耐久テストなどを主にやります。

ただし上記のような定義上の違いはあるものの、実態として明確な線引きがあるわけではありません。

QAエンジニアの平均年収

レバテックキャリアの求人情報によると、年収下限平均が約500万円、年収上限平均は約800万円でした。企業によっては、年収約1200万円を提示している求人もありました。QAエンジニアとしての経験に加え、そのほかの知識やスキルがあると評価される傾向にあります。

関連記事:QAエンジニアの年収とは|仕事内容やスキル・転職活動のポイントも解説

QAエンジニアの代表的なキャリアパス

QAエンジニアの代表的なキャリアパスは、QAエンジニアの経験を積んで、上位職であるシニアQAエンジニアとQAマネージャーへのキャリアアップが一般的です。QAの業務に特化することで、QAコンサルタントを目指すことも可能です。

シニアQAエンジニア

シニアQAエンジニアは、テスト計画やテスト設計に詳しい知識と技術があるエンジニアです。シニアQAエンジニアは、QAエンジニアチームのチームリーダーとしての役割もあります。そのため、チームをまとめるマネジメントスキルも求められます。

QAマネージャー

QAマネージャーは、テスト戦略の立案やテストフローの管理・改善などの、QAエンジニアの業務をまとめて、管理するポジションの役職です。QAマネージャーは、テスト自動化の計画策定やテストフローの管理などを担います。これらの業務は、シニアQAエンジニアより責任が大きな仕事です。外部ベンダーとの折衝やQAエンジニアチーム全体の管理、メンバー評価などの業務も行います。そのため、マネジメントスキルに加えて、コミュニケーション能力などヒューマンスキルが必須になります。

QAコンサルタント

QAマネージャーの上位のキャリアパスには、QAコンサルタントがあります。QAコンサルタントは、QAプロジェクトの最上流工程で、品質向上のための戦略を立案することや品質向上のプロセスの作成などを行います。

プロジェクトマネージャー

一般的にはシステムエンジニアを経てプロジェクトマネージャーになるケースが多いですが、QAエンジニアからプロジェクトマネージャーを目指すルートもあります。テストを中心にプロジェクト全体を把握し、マネジメントスキルを身に付けることでプロジェクトマネージャーになることが可能です。

QAエンジニアの別分野のキャリアパス

ここでは、 QAエンジニアの知識や経験を活かせる別分野のキャリアパスを紹介します。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアは、外部からのサイバー攻撃や脆弱性などのリスクからシステムを守ることを主目的とするエンジニアです。セキュリティエンジニアの仕事は、サイバー攻撃を防ぐための評価・検証や対策、セキュリティを考慮したシステムの設計や運用などがあります。

セキュリティの業務は、データベースやサーバー周辺のテスト、計測システムテストなど多くの場面で実施されます。これらの業務は、QAエンジニアとしての経験が活きることでしょう。またQAエンジニアの業務で活用される第三者視点は、セキュリティ強化のために必須のスキルです。

テストアナリスト(テストエンジニア)

テストアナリスト(テストエンジニア)は、ソフトウェア製品に対して必要なテストを定義したり、テスターが作成したテスト計画やテストケースを分析する職種です。テストアナリストには、テストに関する知見、経験、スキルが必要になります。そのためテストアナリストは、QAエンジニアのキャリアパスの候補になる職種になるでしょう。

テストアナリストはQAエンジニアと同様に、製品の品質保証を業務の目的としています。開発した製品の品質を保証するためには、正確なテストが行われていることが前提です。テストを正確に分析することで、不適切なテスト方法が行われていないか確認をします。テストアナリストには、深い知識と豊富な経験が求められる職種になります。

キャリアアップを達成するための選択肢

QAエンジニアからのキャリアアップを達成するための選択肢は、どのようなものがあるでしょうか。ここでは、QAエンジニアからのキャリアアップについて紹介します。

社内での異動・昇進

社内での異動・昇進は、QAエンジニアがキャリアアップするために重要です。社内で仕事の経験と実績が認められて、職務上のポジションや地位が上がることを昇進といいます。昇進には、勤務態度や周囲とのコミュニケーション能力なども査定に影響します。

社内で異動することは、キャリアアップにつながる可能性もあります。現在の部署とは異なる部署に異動することで、仕事の幅が広がります。異動に合わせて、昇進するケースもあります。

転職によるキャリアアップ

転職によるキャリアアップも選択肢のひとつです。現在の会社でキャリアアップが難しい場合は、転職して環境を変えることでキャリアアップが目指せます。転職をすることで、前職では評価されなかった能力が見出されることもあるでしょう。また環境が変化することで、モチベーションが向上するメリットもあります。

QAエンジニアのキャリアアップに重要なスキルマップ

QAエンジニアが、キャリアアップを目指す場合に、重要な知識やスキルは何があるでしょうか。ここでは、QAエンジニアのキャリアアップに重要なスキルマップを紹介します。

テスト技法の知識

QAエンジニアは、ユーザー視点のテストを行うためにブラックボックステストを使います。ブラックボックステストの技法には、同値分割法や境界値分割法など複数の技法があります。そのため開発内容に応じた、テスト技法を選択する必要があります。適切なテスト技法の選択・使用をすることで、膨大なテストを効率よく網羅的に行なえます。このスキルは、品質担保には欠かせないスキルです。

テストスキルを活かしたキャリアアップを目指す場合には、ホワイトボックスのテスト技法についても取得しておきましょう。これらのテスト技法を体系的に習得して、テストを使い分けるスキルを身につけることで、より広い範囲のテストに対応可能になります。

テストの設計・仕様書作成スキル

テストの設計および仕様書の作成では、テストケース(シナリオ)をシステムの基本設計書や詳細設計書をもとに作ります。テストすべき項目や前提条件、テストケースの取捨選択(無駄なテストケースの排除)、担保すべき品質のライン(期待値、要求値の把握)などを把握する力は、これらの業務のために必要になります。

設計・仕様書作成のスキルは、その他のシステム開発をする場合にも役立ちます。

テストツールの知識

システムやアプリ開発では、自動化ツールを使用したテストが主流です。自動化ツールを使うことにより、工数を減らしつつ高品質なテストができます。

代表的なテストツールには「Selenium」や「Ranorex」などがあります。またテストツールは、新たなツールが次々と発表されています。これらのテストツールには、リプレイ機能やキャプチャ機能が搭載されています。その機能を使うことで、ユーザーの操作を高精度で再現したテストを自動的に行えます。その結果、テスト工程での業務効率化を実現します。

テストツールの知識、利用スキルの習得が、QAエンジニアとしてのスキル向上、キャリアアップを目指す場合の選択肢のひとつになるでしょう。

品質管理に関する国際標準の知識

シニアQAエンジニア、QAマネージャーへのキャリアップを目指す場合には、品質管理に関する国際標準などの一般知識が必要です。多くの企業が採用する国際標準規格である「ISO9001」の、認証取得の取り組みについて理解する必要があります。

プログラミングスキル

QAエンジニアには、プログラミングスキルは不要といわれています。その理由は、業務において内部構造やソースコードを考慮しないブラックボックステストをするからです。しかしキャリアアップを目指すなら、プログラミングスキルの習得は必要になります。

基本設計書や詳細設計書の理解や開発者との視点共有、テスト実施の高品質化などをするためには、QAエンジニアも開発経験・スキルがあるといいでしょう。またプログラミングスキルは、キャリアアップ後の転職先の職種でも役に立つ経験・スキルです。

セキュリティに関する知識

QAエンジニアの行うテストでは、システムのセキュリティ検証は重要な分野です。特にインターネットを介してアクセス可能なシステムは、セキュリティ脆弱性を利用したサイバー攻撃の対象になります。セキュリティ脆弱性は、システムに大きなダメージを与えるリスクです。

ソフトウェアのセキュリティを高めるためのテストでは、アプリケーションの構造を知り、攻撃側の視点を持ってテストすることが必要になります。具体的には、代表的なセキュリティ脆弱性と脆弱性を突いた攻撃方法、その実行スキルが求められます。

セキュリティに関する知識は、QA分野のキャリアアップやセキュリティ分野へのキャリアパスに役立ちます。

UI/UXに関する知識

QAエンジニアはエンジニア目線、ユーザー目線の両方からシステムを検証します。そして、UI/UXの検証は主にユーザー目線です。ユーザーにとって使いやすいものになっているか、他のサービスと比較してどうか、といったことを客観的に判断するためにはUI/UXに関する知識が必要です。基礎的な知識を身に付けておくことはもちろん、最新のサービスのUI/UXは日頃から見ておいた方が良いです。

そのほかのテクニカルスキル・ヒューマンスキル

型にはまったスキルだけでなく、そのほかのテクニカルスキル、ヒューマンスキルはQAエンジニアとしての仕事をより良いものにします。具体的には、扱っているシステムの開発内容を深く理解している、コードを読んで処理を理解できる、といったスキルはテストに役立ちます。

またエンジニアやクライアントと適切にコミュニケーションを取れると、プロジェクトが円滑に進みやすくなるでしょう。

QAエンジニアのキャリアアップに役立つ資格

ここでは、QAエンジニアのキャリアアップに役立つ資格を紹介します。

関連記事:QAエンジニアに役立つ資格は?おすすめ勉強法も紹介

JSTQB認定テスト技術者資格

JSTQB認定テスト技術者資格は、ISTQB(International Software Testing Qualifications Board)の加盟組織であるJSTQB(Japan Software Testing Qualifications Board)が主催し、一般財団法人日本科学技術連盟が実施する民間資格です。ISTQBに各国のソフトウェアテスト認定組織が加盟しているため、JSTQB認定テスト技術者資格は海外でも通用するソフトウェア品質保証の資格になります。

JSTQB認定テスト技術者資格は、レビューを含むソフトウェアの品質保証のスキルについて問われます。ISTQBでは、Foundation Level、Advanced Level、Expert Levelの3つのレベルがあります。日本ではFoundation Level、Advanced Levelが受験できます。

Foundation Levelでは、ソフトウェアテストに関する基本的な知識が問われます。またAdvanced Levelは、テストマネージャ、テストアナリスト、テストテクニカルアナリストの3つの種類があります。Advanced Levelを受験するには、Foundation Levelの合格と3年以上の業務経験が必要になります。

QC検定

QC検定(品質管理検定)は、一般財団法人 日本規格協会(JSA)が主催している資格試験です。QC検定(品質管理検定)は、2005年から実施されています。日本規格協会(JSA)が発表した『受験者データ 学校申込データ』によると、2021年度は全国でおよそ6万4千人が受験しました。

QC検定では、品質管理に関する問題が出題されます。試験では、QC7つ道具をはじめとした基本的な品質管理手法の理解度が問われます。4級または3級の試験は、企業への就職を予定している学生を対象にしています。2級・準1級または1級の試験は、実務経験がありリーダー的な立場にある方が対象になります。

QC検定は、ソフトウェア分野に限定された試験ではありません。しかしソフトウェアの品質保証を行うQAエンジニアにとっても、スキルを証明できる資格です。

ソフトウェア品質技術者資格認定

ソフトウェア品質技術者資格認定は、一般財団法人日本科学技術連盟が主催する資格試験です。ソフトウェア品質技術者資格認定は、ソフトウェアの品質向上を目的として実施しています。「ソフトウェア品質知識体系ガイド―SQuBOK Guide―」の内容をベースとして、試験内容が編成されています。

出題範囲は、ソフトウェアテストやレビューの他に、ソフトウェア品質の概念、品質マネジメント、ソフトウェア品質に関する技術(品質計画、テスト自動化、セキュリティ 他)と幅広く出題されます。初級、中級、上級(今後新設予定)の3つのレベルに分かれており、受験資格は問われません。

ソフトウェア品質技術者資格認定を取得することで、ソフトウェア品質に関するスキル・知識があることを証明できます。そのため、QAエンジニアの基盤となる能力をアピールするために有効な資格です。

IT検証技術者認定試験

IT検証技術者認定試験は、一般社団法人IT検証産業協会(IVIA)が実施する資格試験です。内容的にQAエンジニアに合っています。レベルは1~7に分かれています。QAエンジニアとしてのスキルを証明するためには、レベル5以上が好ましいです。

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、情報処理推進機構(IPA)が運営する国家試験です。ITエンジニアの入門レベル資格として、学生や若手のエンジニアに人気の試験です。この試験に合格することで、ITエンジニアに必要な基礎知識があることを証明できます。ITの基礎知識を有することの証明は、QAエンジニアのキャリアパスにもつながります。

QAエンジニアの需要から見る将来性

2023年9月16日時点で、レバテックキャリアにて職種「QAエンジニア」を条件に求人・転職情報を検索すると、302件のデータが取得できました。この結果からQAエンジニアには、一定の需要があることがわかります。検索結果には先進的な企業の転職・求人も多くあります。そのため、今後も多くの企業でQAエンジニアは取り入れられる職種といえるでしょう。

どの分野でも製品を作るためには、テストと品質保証は切り離せない工程です。単純なテスト作業のみをするテスターの仕事は、AIやRPAなどの普及でテスト業務の自動化、効率化が加速することで、減少することが予測されます。QAエンジニアの仕事は、テストを行い、品質保証という付加価値を付与することです。

そのため、今後もQAエンジニアの需要は増加すると予測されます。特に、AIやIoT、ビッグデータなどの先端技術分野でのテスト、品質保証のスキルを身に着けることで、さらに将来性は高まります。

QAエンジニアから転職するには

QAエンジニアから転職するには、テストの技法、テスト設計と仕様書作成、品質管理に対する知識、プログラミングスキル、セキュリティに関する知識とスキルを身につけることが重要です。またソフトウェアの品質保証に関する資格を、取得することは転職する際に役立ちます。

キャリアパスで迷ったときは転職エージェントのアドバイス

QAエンジニアが、キャリアパスに迷ったときは転職エージェントからのアドバイスが頼れます。最新の技術情報や業界動向を知り尽くしたキャリアアドバイザーが、QAエンジニアのキャリアパスのサポートをします。

QAエンジニアに関するよくある質問

QAエンジニアに関するよくある質問と回答を紹介します。

Q1. QAエンジニアはプログラミングスキルが不要というのは本当?

QAエンジニアは、内部構造やソースコードを考慮しないブラックボックステストをするため、プログラミングスキルは不要といわれています。しかし、キャリアアップを目指すのであれば、プログラミングスキルを習得するといいでしょう。

Q2. QAエンジニアとテスターの違いは何ですか?

テスターはソフトウェアの開発において、バグなどの不具合の有無を確認するために、動作チェックをする職種です。QAエンジニアは、完成した製品の耐久性やスーザーが便利に使えるかなどの品質保証をする職種です。

Q3. QAエンジニアのスキルアップに重要なことは何ですか?

QAエンジニアのスキルアップをするには、テスト技法の知識やテストの設計・仕様書作成スキル、テストツールの知識、品質管理に関する国際標準の知識、プログラミングスキル、セキュリティに関する知識などを身につけるといいでしょう。また、JSTQB認定テスト技術者資格やQC検定などの、品質保証に関する資格の取得を目指すこともおすすめします。

まとめ

この記事では、QAエンジニアのキャリアパスとキャリアアップについて解説しました。QAエンジニアは、システム・アプリケーション・サービスなどのソフトウェア製品の品質保証をするために、さまざまなテストや製品分析をする職種です。

ソフトウェアの品質保証の需要は、今後も高まり続けると予測されます。そのため、QAエンジニアは将来性が高い職種といえます。QAエンジニアのキャリアパスを気になっていた方は、本記事を参考に転職などチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

QAエンジニアの求人・転職一覧

×

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×