PHPエンジニアの年収はどのくらい?フリーランスの単価相場も紹介

最終更新日:2024年4月23日

PHPは、Web系の開発言語として高いニーズを誇っており、これからPHPを学習しようと考える方も多いのではないでしょうか。また、PHPエンジニアは求人市場でも需要が多い職種です。PHPのスキルを習得して、PHPエンジニアへの転職を考えたとき、気になるのはPHPエンジニアの年収です。

この記事では、PHPエンジニアの年収相場を知りたい方に向けて、PHPエンジニアの平均年収や年収アップの方法、フリーランスPHPエンジニアの案件相場、PHPの需要と将来性などについて解説します。

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

この記事のまとめ

  • レバテックキャリアで転職したPHPエンジニアの年収例では、350〜650万円が多い傾向にあります
  • PHPエンジニアのフリーランスの年収は、PHP案件の平均単価が72万円であることから、864万円程度であると推測されます
  • PHPエンジニアとして年収を上げるには、上級資格を取得することや、下流から上流まで、幅広いフェーズの開発経験を積むなどがあります
  • PHPの需要と将来性は、Web開発ではPHPのシェアは大きいのですが、将来的にはITトレンドの変化で縮小する可能性もあります

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

PHPエンジニアの平均年収は?

PHPエンジニアの平均年収は、レバテックキャリアで転職したPHPエンジニアの年収を例にとると、350〜650万円が多い傾向にあります。

PHPエンジニアの年収額は、保有するスキルによって大きく異なります。例えば、下流工程中心の経験が浅いPHPエンジニアでは、年収350万円程度にとどまることが多い傾向です。上流工程の経験があるPHPエンジニアは、450〜650万円程度で転職できるようになります。650万円以上では、プロジェクトマネージャーやリードエンジニアなどの経験や、複数のプログラミング言語をスペシャリストレベルで扱えるなど、突出したスキルが求められます。

PHPエンジニアの求人例

【バックエンドエンジニア】PHPエンジニア/自社Webサイト開発/ワークライフバランス充実/全国フルリモ

年収:400~700万円
働き方:フルリモート
職種:サーバーサイドエンジニア

<具体的な業務内容>
・既存システムの機能追加開発、保守、運用
・新機能やサービス、業務改善に伴うシステム提案~開発
・適正や志向に合わせて、要件定義、基本設計等の上流工程から、開発/テスト/運用まで幅広く経験することが可能

<開発環境>
・OS: Linux
・開発言語: PHP(フレームワーク:Laravel、ZendFramework他)
・DB:MySQL、MongoDB
・WEBサーバ:Apache、nginx
・サーバ:AWSなどクラウド環境
・ツール:slack、git、redmineなど

<経験>
・PHPを使用した開発
・開発会社/事業会社を問わず、Webシステム/ECサイトの開発

【バックエンドエンジニア】PHP/大手中古車販売サイト/Webサイトの要件定義~運用保守/国内フルリモート可

年収:400~600万円
働き方:一部リモート
職種:サーバーサイドエンジニア

<プロジェクト例>
・求人広告業界のサイト構築~運用・保守
・アパレルECサイトの構築~運用
・大手テレビ局の番組HP作成~保守

<経験>
・PHPでの開発経験が2年以上ある方
・Web系システム(Java、Javascript、Python)での開発経験が1年以上ある方
・主体性を持って業務に取り組むことができる方
・チームでの開発環境に抵抗がない方

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

PHPエンジニアのフリーランスの案件相場や年収は?

近年はフリーランスとして、自分で案件を獲得して働くPHPエンジニアも増えています。ここでは、PHPエンジニアのフリーランスの案件相場や年収について解説します。

PHP案件の単価相場

PHPの案件の単価相場は、エンジニアのスキルによって大きく開きがあります。そのため案件によって単価は大きく異なります。レバテックフリーランスの調査によると、単価とPHP案件数の分布は以下のようになっています。

  • 単価30万~:20件

    単価40万~:115件

    単価50万~:753件

    単価60万~:1434件

    単価70万~:2192件

    単価80万~:1670件

    単価90万~:437件

    単価100万~:82件

    平均単価:72万円

    最高単価:165万円

案件のボリュームゾーンとしては、単価60〜80万円台です。平均単価は72万円、最高単価は165万円でした。PHPと同様にサーバーサイドの言語であるRubyは、平均単価80万円、最高単価145万円、Pythonは平均単価76万円、最高単価145万円です。レバテックの調査よりPHPを含めたサーバーサイドの言語の平均単価は、ほかのプログラミング言語より高めとなっています。

フリーランスのPHPエンジニアの年収

PHP案件の単価相場における平均単価が72万円であることから、フリーランスのPHPエンジニアの年収は864万円程度だと推測されます。ある程度スキルのあるエンジニアの方であれば、フリーランスの方が年収は高くなる傾向にあります。また、フリーランスエンジニアはスキルで評価されるため、会社員のように年齢や勤続年数、役職等に左右されず高収入を狙えるため、高いスキルがあれば比較的若いうちから高収入を得ることもできます。

フリーランスのPHPエンジニアの案件例

【PHP】スポーツチーム管理システム開発の求人・案件

単価:〜600,000円/月

<職務内容>
・詳細設計
・製造
・テスト

<求めるスキル>
・Laravelを用いた開発経験
・JavaScriptを用いた開発経験

【PHP/PM】予備校向け模試連携システム開発の求人・案件

単価:〜800,000円/月

<職務内容>
・現行システム調査
・内部設計
・開発、テスト

<求めるスキル>
・PHPを用いた開発経験5年以上
・AWS、Aurora、独自フレームワークを用いた実務経験

<歓迎スキル>
・PMまたはPMOとしてのご経験

【PHP】動画配信サービス開発の求人・案件

単価:〜850,000円/月

<職務内容>
・要件定義
・基本設計
・詳細設計
・開発
・テスト
・保守改修

<求めるスキル>
・PHPを用いた開発経験
・CSSまたはJavaScriptの知見

<歓迎スキル>
・AWSまたはGCPを用いた開発経験
・SQLを用いたデータの抽出や分析経験
・MVCまたはLAMPまたはGitを用いた開発経験

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

そもそもPHPとはどのようなプログラミング言語なのか

多くの開発者がいるPHPですが、どのようなプログラミング言語なのでしょうか。ここでは、PHPでできることについて解説します。

関連記事:PHPとは?メリット・デメリットや記述ルールをわかりやすく解説

PHPの特徴

PHPはWeb開発に特化したプログラミング言語です。PHPのフレームワークやライブラリはWebに特化したものが多く、実際案件としてもPHP案件はほぼWeb開発案件でしょう。Web開発内での役割は、サーバーサイドです。

言語的な特徴としては、動的型付け言語です。つまり変数の型を指定しなくて良いということです。変数の型の指定がないということは、変数にどのような種類のデータも格納可能ということです。動的型付け言語は柔軟なプログラミングがしやすいですが、バグの発生や他人がコードを読んだときにわかりにくくなるということもあります。

関連記事:PHPフレームワークとは?主要なフレームワークの紹介や学習方法、転職のポイントも解説

PHPでできること

プログラミング言語PHPでできることは、サーバーサイドのアプリケーションの開発です。PHPはデータベースと連携して、Webページを動的に生成できるスクリプト言語です。PHPは、他のプログラミング言語と比べると、習得しやすいプログラミング言語といえます。PHPは、主に以下のような用途で使われています。

関連記事:PHPでできることとは?求人に記載された用途や学習方法、転職のポイントについても解説

Webアプリケーション開発

Webアプリケーション開発は、PHPが最も使われている分野です。データベースなどと連携したWebサービスを中心に、メディア、医療機関、官公庁、教育機関などさまざまな業界のWebアプリケーション開発にPHPが採用されています。Webサイトのコンテンツの管理や、ほかのWebサービスのAPIとの連携などを含めた、訪問者にとって快適なWebサイトの開発に携われるため、開発者としても大きなやりがいを感じられる仕事のひとつです。

関連記事:Web業界の仕事とは?代表的な企業や職種9選を紹介します!

ECサイト制作

PHPは、ECサイトの開発にもよく使われます。ECサイトとは、ネットショップやネット通販など電子商取引のためのWebサイトのことです。

オンライン上で商品や決済、会員情報、在庫などを管理したり、ユーザーに対して商品のレコメンドやチャットボットによる情報の提供など、PHPプログラミングの開発で提供できる機能は多種多様です。ECサイト自体も商品販売だけでなく、ホテルの予約やコンサートのチケット販売、オークションサイトなど多様であり、新規開発だけでなくリニューアルの需要も見込めます。

業務システム開発

Webベースの業務システムの開発も、PHPが得意としている分野です。Web上で動作する業務システムは、ブラウザとインターネット回線があれば動作します。そのため、パソコンにアプリケーションをインストールすることなく、利用できるメリットがあります。具体的には契約書や見積書などの書類の管理、人事評価や労務管理、給与計算、財務システムなど、さまざまなものがあります。

ゲーム開発

PHPでゲーム開発することも可能です。ただしPHPが主軸というわけではなく、データ処理の部分のみ限定的にPHPが使用されるイメージです。例外的に、WebのみのゲームではPHPをメインに開発される場合もあります。とはいえゲーム開発ではUnityなどが使用されるのが一般的なので、PHPはそこまでゲーム開発向けの言語というわけではありません。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

PHPエンジニアとして年収を上げる7つの方法

PHPは年収の下限と上限の差が激しい言語であるため、身につけるスキルによっては高年収を狙えます。ここでは、PHPエンジニアとして年収を上げる7つの方法を紹介します。

上級資格を取得する

未経験者でも応募可能な求人が多いPHPですが、「一般社団法人PHP技術者認定機構」が運営する資格を取得することで、自身のスキルの証明になり年収アップにつながる可能性があります。スキルレベルによって試験カテゴリが分かれており、現状のスキルに合わせて取得するとよいでしょう。

PHP技術者認定試験とは

PHP技術者認定試験とは、一般社団法人PHP技術者認定機構が主催する資格制度です。PHP技術者認定試験には複数の種類があり、以下が挙げられます。

・PHP5技術者認定初級試験

・PHP5技術者認定上級/準上級試験

・PHP7技術者認定初級試験

・PHP8技術者認定上級/準上級試験

・PHP技術者認定ウィザード

それぞれレベルや対象とするPHPのバージョンが異なります。詳細は割愛しますが、受験を検討される場合は事前にご確認ください。

下流から上流まで、幅広いフェーズの開発経験を積む

さまざまなWebサイトやWebシステムの開発プロジェクトに参加して、企業のニーズを満たせる経験豊富なエンジニアは重宝されます。コーディングやテストだけでなく、要件定義や設計までできるようになると、大規模なプロジェクトにも参加できるでしょう。

プログラマー→SE→プロジェクトリーダー→プロジェクトマネージャーという流れで、キャリアを形成することがIT業界では一般的です。PHPエンジニアも、同様のキャリア形成になります。昇進をすることで、高年収が期待できるようになります。またPHPエンジニアとして実績を示すならば、ポートフォリオを作成するとよいでしょう。

データベースとの連携を覚える

PHPで開発するWEBシステムは、ユーザーの会員情報など、さまざまなデータをデータベースで管理します。データベースには、SQLと呼ばれる専用の言語が用意されています。そのため、データベースとの連携を行うには、SQLも使いこなせないといけません。PHPだけでなく、データベースとの連携が行えるPHPエンジニアのほうが、仕事の幅が広がり高年収につながります。

関連言語を覚える

WEB開発ではフロントエンドのHTML・CSS・JavaScriptといった言語や、上記でご紹介したデータベース言語のSQLなども併せて使用することが多くあります。このようなWEB開発で多く使われる言語を習得することで、仕事の幅が増えます。エンジニアとしての対応範囲が広がれば、将来的にはフルスタックエンジニアを目指すこともできるでしょう。

PHP以外の言語も掛け合わせて身につける

PHP以外の言語も掛け合わせて身につけることは、PHPエンジニアとして年収を上げる方法のひとつです。PHPは、Web開発案件以外では使用頻度が低いプログラミング言語です。

またWeb開発は、RubyやJava、Pythonなどの他の言語でも行えます。そのため、IT業界のトレンドが変化して、PHP以外の言語がWeb開発で使用される可能性もあります。そのようなリスクに備え、PHPエンジニアとして長く活躍するためにも、他の言語も習得しておくといいでしょう。

ヒューマンスキルを磨く

PHPエンジニアとして年収を上げるには、技術的なスキルだけでなく、ヒューマンスキルを磨くといいでしょう。ヒューマンスキルを磨くことで、開発プロジェクトに活かすことができます。

プロジェクトを進めるには、コミュニケーション能力は必須のスキルです。プロジェクトでは、クライアントやプロジェクトメンバーと円滑な関係を築き、クライアントの要件を正しく理解して業務を進めなくてはいけません。クライアントへの説明でも、専門用語を控えてわかりやすく伝える能力が必要です。

また、プロジェクトを管理するマネジメント能力も重要です。プロジェクトメンバーの業務が、予定通りに進行しているか管理する必要があります。トラブルがあった際には、すばやく対応しなくてはなりません。

このようなヒューマンスキルを磨くことで、大きなプロジェクトを任せられて、収入アップにつながることでしょう。

マネジメント経験・スキルを身に付ける

PHPに限らず、エンジニアはマネジメント経験・スキルを身に付けると年収が上がります。エンジニアとして活躍できるだけでなく、マネジメント寄りの職種も担当できるからです。会社員の場合は特にマネジメントポジションは年収が高いので、年収アップを目指す方は積極的に身に付けるべきスキルです。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

PHPの需要と将来性

PHPの需要と将来性について解説していきます。

すぐに需要がなくなることはない

PHPの需要がすぐになくなることはないでしょう。多くのWebシステムにPHPが使われていて、この現状がすぐに変わることは考えにくいからです。少なくとも、既存のPHPの改修案件などは続きます。ただし長期的に見れば別の言語が台頭してきてPHPのシェアが下がる可能性はあります。これはPHPに限らずどの言語にも言えることでしょう。流行りの言語を把握し、その都度スキルを身に付けていくことが重要です。

PHPのスキルだけで活躍し続けるのは難しい

PHPの案件はWeb案件が中心ということでした。そしてWeb案件では多くの言語が使用されています。最近はフロントエンドからサーバーサイドまで一人のエンジニアが担当するケースも増えているため、より幅広いスキルが求められるようになっています。

フロントエンドからサーバーサイドまで幅広くスキルを身に付けること、サーバーサイドの中でも複数の言語を身に付けることが重要です。

関連記事:PHPの将来性を検証!現状から今後の需要まで徹底解説

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

PHPのシェアが高い理由

サーバーサイドの開発で使えるプログラミング言語は、PHP以外ではJavaやRuby、Pythonなどがあります。それでは、なぜPHPが高いシェアなのでしょうか。ここでは、PHPのシェアが高い理由を解説します。

習得しやすい

PHPはプログラミング言語としてはシンプルな仕様なため、他のプログラミング言語と比べると習得しやすいといわれます。また多くのエンジニアがPHPを使っていることもあり、習得に役立つ情報が多いこともシェアが高い理由のひとつです。

WordPressに採用されている

WordPressは、世界で最も使われているCMSです。このWordPressには、PHPが採用されています。WordPressは、Web制作の知識が少なくても簡単にWebサイトを更新できるため、ブログやオウンドメディア、企業サイトなどさまざまなWebサイトで使われています。

WordPressのカスタマイズをサービスとして提供するWeb制作会社も多く、WebデザイナーやマークアップエンジニアがWordPressに触れる機会が多いことも、PHPのシェアを高くする理由のひとつです。

Webサイト制作と相性が良い

PHPは、HTML文書の中に直接ソースコードを記述できる仕様となっています。そのため、Webサイト制作と相性が良い言語といわれています。このような仕様は、Webサイトの静的な部分と動的な部分が混在するというデメリットがあります。

しかし、Webページにちょっとした動的な部分を追加したい場合、実装が非常に簡単になるというメリットも大きいのも事実です。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

PHPを学ぶメリット

PHPを学ぶメリットについて解説します。

第2言語としては比較的簡単に身に着けやすい

PHPは、第2言語としては比較的簡単に身に着けやすいメリットがあります。プログラミング言語を習得している方であれば、PHPの習得は少ない時間でできるでしょう。

習得人口が多いため情報が多く学びやすい

PHPは、HTML・CSSのようなWebサイト作成のベーシック言語を除けば、最も習得人口が多いプログラミング言語です。習得人口が多いことで、書籍やWebなどのメディアにPHPの情報がたくさんあります。そのため、PHPの情報が探しやすく学びやすいことがメリットです。

多くのサービスで使われており求人が多い

PHPは、FacebookやYahoo!など多くのWebサービスで使われています。PHPを採用する企業が多くあるため、必然的にPHPエンジニアの求人も多くなります。このことは、PHPを学ぶメリットになるでしょう。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

PHPを学ぶデメリット

次にPHPを学ぶデメリットを解説します。

Web系以外では基本的に使われない

PHPはWeb系の開発で使われることが多いです。逆に言えば、Web系以外ではあまり使われないということです。Web系の開発をしたい人にとってPHPは学習メリットが大きいですが、他の開発がしたい人には適さない言語と言えます。

自由度が高いため記述がばらけやすい

PHPは記述の自由度が高いです。変数も動的型付けなので、型を決める必要がありません。自由度が高いことはプログラミングのしやすさにつながりますが、記述がばらけてコードが読みにくくなる原因にもなります。またシステムの不具合につながる可能性もあるので、プロジェクトでルールを決めるなどの対応が必要でしょう。

セキリュティが弱いとされている

上で挙げた自由度の高さは、セキュリティの脆弱性につながる可能性もあります。ルーズな記述がセキュリティの穴になるからです。PHPシステムのセキュリティを強化するには、プログラムとして成立するかどうかではなく、セキュリティ上の観点、ルールが必要です。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

未経験でPHPエンジニアになるには

未経験でPHPエンジニアになるには、大きく分けると独学とスクールで学ぶ方法があります。

独学する

プログラミング言語全般独学が可能ですが、PHPは特に独学に向いている言語と言えます。なぜなら、上でも説明してきた通りPHPはWeb開発で使用される言語だからです。Web開発は自宅でも環境構築して開発に取り組みやすいです。

その結果PHPは独学向きのコンテンツも豊富に用意されています。書籍、動画、Webサイト、プログラミング学習用ツールなどが充実しているので、自分に合うものを選択すれば基礎から簡易的なシステムの構築まで一貫して学べます。

スクールで学ぶ

挫折を防いで効率的に学習を進めるのであれば、スクールで学ぶのがおすすめです。スクールなら最短ルートで学習できるカリキュラムが用意されていて、またわからないことがあれば講師に質問できます。

最近はオンラインスクールが充実しているので、自宅でスクール利用が可能です。日中仕事をしている人のために夜間のスクールなどもあるので、自分の生活スタイルに合わせたスケジュールで学べます。

関連記事:未経験からPHPエンジニアになるには|学習のメリットも解説

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

PHPに関するよくある質問

PHPに関するよくある質問と回答を紹介します。

Q1. PHPエンジニアの最高年収はいくらですか?

PHPエンジニアの最高年収は、レバテックキャリアの求人では2,000万円程度と考えられます。交渉の結果提示価格よりも年収が上がる可能性もありますが、2,000万円を超えるのは難易度が高いでしょう。1,000万円以上の案件は多数あります。

Q2. PHPエンジニアの平均年収はいくらですか?

レバテックキャリアの求人では、PHPエンジニアの平均年収は600万円程度です。ただし幅があり、また経験の浅いPHPエンジニアの場合は350万円程度からのスタートになるでしょう。経験を積んで上流工程も担当できるようになると年収が上がっていきます。

Q3. PHPが人気な理由はなんですか?

PHPが人気な理由は、言語仕様上扱いやすく、小規模な案件から大規模な案件まで対応しやすいからです。そしてもちろんWebに人気があるのでPHPに人気があります。Web人気が続くので、今後もある程度はPHP人気は継続するでしょう。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

まとめ

この記事では、PHPエンジニアの年収相場を知りたい方に向けて、PHPエンジニアの平均年収や年収アップの方法、フリーランスPHPエンジニアの案件相場、PHPの需要と将来性などについて解説しました。PHPエンジニアの年収は、スキルによって幅があります。また、PHPエンジニアは高いスキルがあれば、高年収も狙えます。そのためには、知識やスキルの習得と経験を積み重ねることです。この記事を参考に、PHPエンジニアへの転職を目指してみてはいかがでしょうか。

関連記事:PHPエンジニアの転職事情 - 実務レベルの人材が不足中

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

PHPの求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

無料診断 START