スキルアップ記事

レバテックキャリアではIT・Web業界のエンジニア、デザイナーのスキルアップに役立つコンテンツをお届けいたします。
転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務で使える記事等幅広く掲載していきます。

転職支援サービスをご希望の方はこちら

PHPを使いこなしたい方に!PHPを学習する際に!読んでおきたい参考記事まとめ

今回は、PHPプログラミングを学んでいる方に読んでほしい記事を集めました。
コードの注意点、PHP入門書の書籍レビュー、環境構築のテクニックなど、PHPの実践に活かせる内容ばかりなので、しっかり読み込んでPHP習得の糧にしてみはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(1)PHPで0埋めをする2つの方法

「複数の数字の桁がズレてバランスが悪く見える…」とお悩みの方にぴったりな記事を見つけましたよ!
その記事が、こちらの《PHPで0埋めをする2つの方法- sprintf関数とstr_pad関数》
ここでは、ゼロパティングをする際に"str_pad"を使った例と"sprintf"を使った例が紹介されています。

"str_pad"は、自分が指定した文字で指定した文字数を埋めてくれる役割を持っているのだそうです。
そのため、執筆者のShohei Taiさんは、ゼロパティングをする際には多くの方がこちらの関数を使っているのでは、と読んでいる様子。
しかし、汎用性が高く扱いやすい反面、スマートに実装できないことを難点として挙げていました。

一方、"sprintf"を使えばスマートに実装することができ、なおかつ文中にも組み込みやすくなるとのこと!
「あなたは◯◯人目です」という形で入れ込むことができ、可読性を広げられるのが魅力です。
すっきりしたコードを書きたい方にとっても、知っておきたい方法といえるでしょう。
詳しい"sprintf"の使い方については記事中で丁寧に紹介されていますので、ぜひ自分のモノにしてくださいね。

Webエンジニアとして活躍するShohei Taiさんは、自身が運営する『イケてないコード - Webエンジニアのブログ』の中で、PHPをはじめHTML5やjavaScriptといった、WEB開発には欠かせないプログラミング言語のノウハウを綴っています。
ぜひスキマ時間を見つけて、有益な情報をゲットしてみてはいかがでしょうか?

【参照元】http://wp.tech-style.info/archives/582

 

(2)PHPの最後の終了タグ ?> は付けない方がいいという話

『ザ サイベース』の管理人・とみっちさんは、サウンドクリエイターやWebクリエイターとして活躍している一人。
サイト内には、自身のフリーランサーとしての経験に基づく情報のほか、サイト制作にまつわるものや音楽関係など、大変読み応えある記事が揃っています。

どれも気になる記事ばかりですが、今回注目したのはこちらの《PHPの最後の終了タグ ?> は付けないでおこうねというお話》
とみっちさん曰く、PHPの最後の終了タグ " ?>"  は付けないでおくほうがいいのだそうです。

実はこの方法は、以前とみっちさんが会社勤めをしていた際に言われたことでした。
当時は衝撃的だったと語っています。
まだPHPを勉強したての方も、なぜPHPの終了タグを記述してはいけないのか、気になる方もいるのではないでしょうか。
ここにはその理由に加え、PHP終了タグの記述で問題が発生してしまう悪いコード例も記載されています。

もしも、プログラムの誤作動の原因を特定できないという方は、ひょっとしたらこの終了タグの記述が原因の一つとなっているかもしれません。
詳しい内容については、ぜひ記事内で確認してみてくださいね。
しっかり読み込むことで、納得できるPHPコードを記述するためのヒントを得られることでしょう。

【参照元】https://thesaibase.com/php/end-tag

 

(3)PHPで301リダイレクトする時の注意点

ホームページ制作やシステム開発、DTP制作などを手がけているのは、仙台市にある株式会社アド・エータイプ。
クライアントの要望にしっかりと耳を傾けながら、満足のゆくサービスを作り出している会社です。

自社のサイト『アド・エータイプ』には、これまでの制作実績が数多く公開されているので、興味のある方はぜひ覗いてみてはいかがでしょう?
またスタッフブログでは、スタッフが業務の中で感じたことや学んだことなどが数多く発信されているので、併せて注目してみてください。

今回紹介するのは《PHPで301リダイレクトする時の注意点。ブラウザのキャッシュで意図しないページにリダイレクトされる》の記事。
ここでは、301リダイレクトの特徴や注意点が詳しく書かれています。

記事によると、301リダイレクトは一時的な転送を設定する場合には向いていないのだとか。
URLが恒久的に変更される場合は301リダイレクトで処理をし、そうでない場合は一時的な転送を得意とする302リダイレクトを選んだ方が無難かもしれません。
「URLを新しいものに変更したのに、意図するページが表示されない」という場面に遭遇したら、ぜひこちらの記事を思い出してみてくださいね。

【参照元】http://www.dataplan.jp/blog/php/1539

 

(4)WindowsにPHP開発環境をシンプルに構築する方法

『純規の暇人趣味ブログ』は、HimaJyunさんが運営するブログ。
JavaやPHP、C#など複数のプログラミング言語を駆使したコード記述の他、Linuxなどサーバー構築や運用も行なうHimaJyunさんのITノウハウがぎっしり詰まっています。
数ある記事の中から、今回はこちらの《WindowsにPHP開発環境をよりシンプルに構築する(XAMPPなし)》をご紹介しましょう。

ここに記載されているのは、PHP開発環境の構築方法。
しかも、HimaJyunさんが提案する方法だと、かなりシンプルに構築できるのだと言います。
その方法とは、「XAMPPを使わずに公式でダウンロードしたバイナリを展開してPATHを通す」というもの。
この操作だけでPHPが動くようになるそうです。

かなりシンプルな方法ですが、記事にはPHPを使えるようにするまでの手順や気になる機能の設定についてもしっかり記されています。
ぜひ隅々まで読み込んでみてくださいね。
また、記事で紹介されているXAMPPなしの方法を実行した場合に想定される事柄についても触れてあるので、併せてチェックしてみることをオススメします。

【参照元】https://jyn.jp/php-simple-install-windows/

 

(5)【感想】PHPフレームワーク Laravel入門

ブログ『Rのつく財団入り口』は、ITエンジニアのいわしまんさんが管理人を務めるブログです。
IT、プログラミング、開発、技術ネタなど、エンジニアさんにとって大変興味深い内容の記事が多く掲載されているので、ぜひ注目してみてくださいね。

《【感想】PHPフレームワーク Laravel入門》の記事では、いわしまんさんが読んだ書籍「PHPフレームワーク Laravel入門」の内容が分かりやすくまとめられています。
「本を購入する前に、その概要を予め知っておきたい」という方は、ぜひ目を通してみてはいかがでしょう?
Chapterごとの内容をしっかりと把握することができるはずですよ。

いわしまんさん曰く、こちらの本は初心者向けの内容になっているそうなので、PHPを触り始めたばかりの方もスムーズに学習を進められるかもしれませんね。また、フレームワークを用いての開発経験が少ない方も参考にしやすいのではないでしょうか?
他にも参考になるレビューが丁寧にまとめてあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【参照元】http://iwasiman.hatenablog.com/entry/2018/01/09/200000

 

(6)if文を使った条件分岐 

 

『Design record』に掲載されている記事《〜【PHP】if文を使った条件分岐〜WordPressのためのPHP》では、「if文をつかった条件分岐」について取り上げられていましたよ!
この記事は初心者にもわかりやすいようにまとめられているので、PHPを勉強中のビギナーの方にぜひ一読していただきたいです。

記事に綴られているのは、以下の5項目。
■if文の概要
■if文の記述方法
■複数の条件分岐のポイント
■「:」(コロン)を使った記述方法
■Wordpressでif文を使用した例

どれも項目ごとに基本的な説明とコードの例文を交えて紹介されているので、視覚的にもスッと頭に入ってきやすいのではないでしょうか。
if文での条件分岐について詳しく知りたい方は、内容を確認してみてくださいね。

今回紹介した記事以外にも、サイト内にはコーディングやWebデザイン、WordPressといったカテゴリーの記事が豊富にアップされています。
こちらも一緒に読み併せてみてはいかがでしょう。

【参照元】http://design-record.info/archives/994

 

(7)BracketsでPHPデバッグがサクサク捗る方法

『ARROWN』を運営しているコスゲタツヤさんは、コーディングやプログラミングの制作に携わった経験、人を指導するポジションに従事した経験を活かし、教育現場やイベントの場で活躍されています。

サイト内の"プログラミング"のカテゴリーでは、Google Apps Script、JavaScript、PHP、WordPressなどに関する内容に加え、制作ツールについても言及されているので、時間をみつけて熟読してみてくださいね!

今回、その中からピックアップしたのが《BracketsでPHPデバッグがサクサク捗る!PHP debuggerの設定方法》という記事です。
こちらでは、コードエディタ"Brackets"の中で使えるプラグイン・拡張機能の"PHP debugger"について書かれていました!

"PHP debugger"を使えば、Brackets上でGoogle ChromeのデベロッパーツールのConsole機能、ブレイクポイント機能を使っているかのように、PHPのデバッグができるのだそう。
デバッグしたいファイルの行を指定してPHPの動きを止めて、その行の時点でPHPの各変数、そして$_GETや$_POSTのサーバ変数の中身がどうなっているかなど、様々な情報を見ることが可能になると記述されています。
PHPのデバッグで四苦八苦していた方にとって、大変心強いツールだといえますね。

"PHP debugger"の導入方法とデバッグ方法については、記事にわかりやすく記されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

【参照元】https://arrown-blog.com/brackets-phpdebugger/

 

(8)PHPプログラムをローカルで動作確認するための環境構築法

『HPcode』の管理人・はにわまんさんは、ホームページ制作、サイトカスタマイズ、コーディング代行など、Web関連の幅広いサポート及び問題解決に注力されています。
確かな実績・知識を持つ彼のブログには、仕事の効率化、言語、WordPress等に触れたお役立ち情報が満載です!
ブログ全体に目を通して、知りたいTipsをリサーチしてみてはいかがでしょう?

そんな中、PHPに関する内容として注目したのが《超簡単!PHPプログラムをローカルで動作確認するための環境構築方法》という記事。
ここでは、ローカル環境でPHPプログラムを動作確認する方法が紹介されています。

ローカル環境での動作確認を可能にしてくれるのが、"XAMPP"というソフトウェア。
はにわまんさんは、この"XAMPP"をダウンロード・インストールする方法、そしてPHPの動作確認の手順をわかりやすく説明してくれています。
「PHPのプログラミング業務を効率化させたい」と感じている方は、参考にしてみてくださいね。

【参照元】https://haniwaman.com/local-apache/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

無料"個別相談会"実施中-平日の夜、土曜も実施しています!-

関西求人特集 みんなの年収UP公開中

九州求人特集 福岡での転職をサポートします!

転職・求人・採用情報を探す

プライバシーマーク

レバテック株式会社は、
「プライバシーマーク」
使用許諾事業者として
認定されています。