フロントエンドエンジニアのキャリアパス5選!仕事概要と向いているタイプの解説もフロントエンドエンジニアのキャリアパスとそれに役立つスキルを一挙紹介!

最終更新日:2021年6月22日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

フロントエンドエンジニアは、Webサイトやアプリケーションのユーザーインターフェイス(UI)を構築するエンジニアです。フロントエンドエンジニアがその先のキャリアパスを考えるときは、各キャリアパスに必要なスキルを把握し、計画的にスキル習得していく必要があります。この記事では、フロントエンドエンジニアのキャリアパスと、各職種を目指す上で必要なスキルについて解説します。

1. フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアはWebサイトのフロント部分の制作を担当するエンジニアです。フロント部分とは、Webサイトを閲覧した時に、ブラウザ上で動作する機能を指します。具体的にはHTMLやCSSなどのコーディングや、JavaScriptなどのプログラミングを担当します。

Webサイトのデザインや機能だけに注目するのではなく、Webサイトの使い勝手であるユーザビリティやアクセシビリティに考慮して実装を行います。

フロントエンドエンジニアの業務は、毎日のように新しい技術やツールが誕生しています。HTMLやCSSの新機能や、JavaScriptの新しいフレームワーク、プログラムのバージョン管理システムなど、フロントエンドエンジニアとして、新しい技術やツールの情報を追いかけることは、もはや業務の一部と言ってもいいでしょう。

またWebサイト制作の他の工程を担当するスタッフと協力するためのコミュニケーションも重要です。Webサイト制作の全体を管理するWebディレクターや、Webサイトのデザインを担当するWebデザイナーなどと連携して、クライアントのために一丸となってWebサイト制作に取り組む必要があります。

2. フロントエンドエンジニアのキャリアパスと必要なスキル

Webサイトの複雑化や高機能化にともない、フロントエンドエンジニアが担当する業務は広がり続けています。そのような状況のため、フロントエンドエンジニアには様々なキャリアパスが考えられます。フロントエンドエンジニアからはどのような職種が目指せるのでしょうか。その種類と磨くべきスキルを詳しく解説します。

フロントエンドエンジニアとしてスペシャリストを目指す

まずはフロントエンドエンジニアとしてスペシャリストを目指すという道です。HTMLコーダーやマークアップエンジニアの上位職であるフロントエンドエンジニアとして、今よりもさらに技術を磨くことでスペシャリストとして活躍できます。

フロントエンドエンジニアのスペシャリストとなるためには、現在のスキルを高めるための努力を惜しまず、さらに新しい知識や技術を積極的に身につけようとする努力が必要です。

フロントエンド全体への理解を深めるのに必要なスキル

フロントエンド全体への理解を深めるためには、まず基本となるHTML・CSS・JavaScriptの習熟が必須です。これらは基本的かつ古い技術ですが、現在でもバージョンアップが続けられており、数年おきに新しい仕様が策定されています。

特にJavaScriptはHTMLやCSSとは異なり、高度な知識が求められるプログラミング言語です。これまでもjQueryやReact.jsなどのライブラリやフレームワークが流行したことからわかるように、今後も新しい技術が誕生する可能性があります。特にJavaScriptの周辺技術の動向には目が離せません。

関連記事
フロントエンドエンジニアに必要なスキル|勉強法も一挙紹介
フロントエンドエンジニアの転職で求められるスキルとは?
フロントエンドエンジニアに役立つ資格

Webデザイナーに転職する

フロントエンドエンジニアからWebデザイナーに転職するのもキャリアパスの一つでしょう。フロントエンドエンジニアは、Webデザイナーが制作したデザインデータをもとにしてHTMLやCSSを記述する仕事ですが、「自分もデザインの仕事をやりたい」とWebデザイナーに興味を示すケースは少なくありません。

求められるスキル

Webデザイナーに求められるのは、PhotoshopやIllustratorのようなグラフィックソフトの操作スキルと、デザインに関する一般的な知識です。2020年ごろからAdobe XDやFigmaという新しいグラフィックソフトを使うことも増えてきました。

Webサイトの目的や業種によって、デザインに取り入れる傾向はある程度決まっています。例えば女性向きのWebサイトであれば、女性らしさを感じるデザインや、少し堅い業種のWebサイトであれば、しっかりとしたレイアウトでスッキリとまとまったデザインなどです。

Webデザイナーとしてのセンスはもちろん重要ですが、クライアントのニーズや業種にふさわしいデザインを制作するために、常にデザインの引き出しを増やす努力も必要です。

必要な適性

まずはWebデザイナーに必要な適性の一つに、他のWebデザイナーが制作した豊富なデザインを見て、新しいことを積極的に取り入れる柔軟さがあげられます。

WebデザインはWebサイトの訪問者が最初に見るポイントです。訪問者は自分が制作したWebサイトだけでなく、様々なWebサイトを見ています。訪問者に違和感を覚えさせたり、なんとなく使いづらい印象を与えたりすると、訪問者はすぐにそのWebサイトから離脱してしまいます。

流行りのデザインや使いやすいデザインを追求して、自分の仕事に取り入れることで、Webデザイナーとしての感性が磨かれて良い仕事ができるようになります。

UI・UXエンジニアに転職する

UI・UXエンジニアはWeb制作業界の中でも比較的新しい職種です。UIとはユーザーインターフェースのことです。人とWebサイトをつなぐ接点を表しています。Webデザインの見た目のデザインだけでなく、ボタンやテキストなど様々な要素を含めた情報をUIと言うことが一般的です。

UXとはユーザーエクスペリエンスのことです。Webサイトの訪問者がWebサイトを操作して得られる経験や体験を表している言葉です。使いやすいWebサイトを訪問した時に、「使いやすい」と感じることや、必要な情報を得られた時に「わかりやすい」と感じる体験をUXという言葉で表しています。

UI・UXエンジニアとは、Webサイトの視覚的な表現に加えて、情報へのアクセスや使い勝手を実装するエンジニアのことを言います。

求められるスキル

UI・UXエンジニアはWebデザイナーのようにPhotoshop®やIllustrator®といった定番のグラフィックソフトに加えて、Adobe XDやSketchなどのプロトタイピングツールを使用することもあります。さらにこれらのグラフィックソフトの操作方法だけでなく、優れたUIを設計し、リッチなUXを実現するためのスキルが求められます。

WebサイトのUI・UXは静的なデザインだけでなく、アニメーションなどの動的なデザインにも関わります。Webサイト上でキーボードやマウスを操作した時に、Webサイト上で要素がどのように変化するのか、ちょっとした動き一つをとっても見過ごすことはできません。

またUI・UXの改善により、コンバージョンにどのように影響したのか測定するのもUI・UXエンジニアの業務です。ツールとしてGoogle Analyticsを使ったユーザーの行動分析を行うため、セグメント抽出やカスタムレポートなどのGoogle Analyticsの高度なスキルも求められるでしょう。

一つ一つの改善は地道な仕事ですが、それを積み重ねることで大きな成果をあげられます。

必要な適性

UI・UXエンジニアにはWebサイトのパーツに過ぎない一つのボタンに対しても、「よりクリックされるボタンにするにはどうするべきか」を考えて改善を続ける根気強さが必要です。きれいなデザインやかっこいいデザインのWebサイトと、目的を達成して高い成果を上げるWebサイトは少し異なることを意識しなければなりません。

フルスタックエンジニアに転職する

フルスタックエンジニアとは、Webサイト制作の全工程を任されるほどの広い範囲の技術と知識を持ったエンジニアです。Webサイトのデザインからコーディング、プログラミング、ディレクション、マーケティングなど幅広く担当するため、非常に希少価値の高いエンジニアと言えるでしょう。

求められるスキル

フロントエンドエンドエンジニアからフルスタックエンジニアを目指す場合、まずはWeb制作に必要なスキルを1つ選んで学習し、それがある程度身についたら、さらに別のスキルを目指す、というやりかたでスキルを高めるのがおすすめです。

具体的にはPhotoshop®やIllustrator®のようなグラフィックソフトの操作を覚えてWebデザインの仕事からスキルを身につけて、ある程度、業務で通用するようになったら、今度はPHPやRubyなどのプログラミング言語を覚えるという要領です。

またサーバーサイドのスキルもフルスタックエンジニアには必要です。サーバーサイドで動作するOS(特にLinux)に関するスキルが重要です。NginxやApache等のサーバーソフトウェアや、MySQLやRDS等のデータベースを扱うスキルも求められるでしょう。

また、PHP、Ruby、Javaなど、サーバーサイドで使用する言語を習得する必要もあります。近年では、クラウドサービスを使ってサーバーを構築するケースが多いため、AWSやAzureのスキルがあるとさらに高い評価を得ることができます。

他に求められるスキルとしては、Webマーケティングのスキルや、Web制作の上流工程であるWebディレクターのスキルなどです。

必要な適性

フルスタックエンジニアになるために必要な適性の一つは、Web制作業界全体を俯瞰できる視点を持てるかどうかです。Web制作に関する技術は、この仕事が好きな人にとってはどれも魅力的ですが、自分が好きな技術や身につけたい技術をやみくもに学習するのは効率が悪くおすすめできません。

Web制作業界を冷静に捉えて、現在の市場や将来に流行りそうな技術動向を見極めて、市場ニーズの高い技術から優先して身につけましょう。Web制作に関するする技術は多数あるため、それらのスキルを幅広く身に付けるための勤勉さも求められます。

Webディレクターに転職する

Webサイト全体の進行管理を行うWebディレクターへ転職する道もあります。Webディレクターは、プロジェクト計画の立案・提案、顧客との折衝、マネジメントなどの業務を行うプロジェクトの責任者です。フロントエンドエンジニアのスキルを活かせる業務に従事するだけでなく、Webディレクターとして新しいスキルを身につける必要があります。

求められるスキル

WebディレクターはWebサイト制作における多くのスタッフを取りまとめてプロジェクトを推進する仕事です。スケジュール管理、品質管理、人員管理などのプロジェクトマネジメントスキルに加えて、Web開発の技術動向やデザイン動向の知識や提案力、交渉力なども求められるでしょう。

必要な適性

WebディレクターにはWebサイト制作に関わるクライアントやクリエイターとの円滑なコミュニケーションが必要なので、人付き合いを苦痛に感じないことが適性として必要です。多くのWeb制作者がパソコンに向かってHTMLを書いたりグラフィックソフトを操作したりしているので、中には人付き合いが苦手なWeb制作者もいます。

特に高度なWeb制作スキルを持つフロントエンドエンジニアならなおさらかもしれません。もしこれからWebディレクターを目指すのであれば、Webサイトの技術面だけでなく、他のクリエイターやクライアントとのコミュニケーションを大切にする姿勢が求められることは意識しなければなりません。

3. フロントエンドエンジニアの将来性

インターネットの発展により、Webサイトの高機能化が進んでいます。HTMLとCSSに加えてJavaScriptによる動的な機能や、サーバープログラムと複雑に連携したWebサイトが続々と登場しています。さらにブラウザのバージョンアップやHTMLとCSSの進化も無視できません。

このような状況に適応できるフロントエンジニアの需要は、これからもますます増えていくでしょう。しかし適応すると言っても一筋縄では行きません。フロントエンドエンジニアとして経験を積むほど、周囲から求められるスキルも高くなりますし、新しく参入する若手のエンジニアとの競争も避けられません。

将来性があるとはいえ、現在のスキルを維持するだけでは不十分です。続々と登場する新しい技術を身につけ、第一線で活躍し続けるためには、フロントエンドエンジニアとしてスキルアップにのめりこむことができる適性が必要でしょう。

4. まとめ

この記事では、フロンエンドエンジニアの仕事内容やスキルから考える、5つのキャリアパスと必要なスキルについて解説しました。フロントエンドエンジニアのキャリアパスはいくつかありますが、フロントエンドエンジニアとしてスキルアップをすることでも高い年収を得ることができるため、必ずしもキャリアチェンジをする人ばかりではないでしょう。

しかし、フロントエンドエンジニアに限らずITエンジニアのニーズは日々変化しているため、市場動向を確認しながら、定期的にキャリアパスは見直すことをおすすめします。

5. フロントエンジニアに関するQ&Aはこちら

Q1. フロントエンジニアにはどんな典型的なキャリアパスがありますか?

フロントエンドエンジニアの主なキャリアパスとして、スキルアップ後リーダー職につく以外に、Webデザイナーとして転職するキャリアプランや、UI/UXエンジニアに転職するキャリアプランが考えられます。

Q2. フロントエンジニアがキャリアプランを立てる際に注意すべきことは何ですか?

キャリアプランを立てるに際して、目指す職種に必要なスキルや、当職種の将来性について前もって確認したほうがいいでしょう。また、新しいスキルの習得が必要であれば、勉強時間も合わせて確認しておきましょう。

Q3. フロントエンジニアのキャリアアップに役立つスキルは何ですか?

リーダー職(PM)を目指すのであれば、マネジメントスキルは必須になります。UI/UXエンジニアへの転職を目指すのであれば、デザイン力、ユーザーデータの分析スキルを身につける必要があります。

Q4. フロントエンドエンジニアの年収レンジはいくらですか?

レバテックキャリアに掲載されている求人情報によると、フロントエンドエンジニアの年収は350~700万円程度となっています。経験とスキルによって年収は変わりますが、プログラミングだけでなく、企画や設計など上流工程に関するスキルがあると、年収が高くなる傾向にあります。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

フロントエンドエンジニアの求人・転職一覧