大学卒でなくともなれる!サーバーエンジニアになるために必要なスキルなどを紹介サーバーエンジニアになるには|目指すための3ステップを解説

最終更新日:2022年7月12日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

サーバーエンジニアとは、サーバーの設計や構築、運用・保守などを担当する技術職です。扱うサーバーはアプリケーションサーバーやDNSサーバー、メールサーバーなどさまざまで、それぞれに対応した知識とスキルが求められます。

一見すると未経験者が目指すにはハードルが高そうな職種ですが、適切なステップを踏むことで未経験からでも十分に目指すことができます。この記事では、サーバーエンジニア未経験のエンジニアに向けて、サーバーエンジニアに求められるスキルや目指し方を解説します。

1. サーバーエンジニアとは?

サーバーエンジニアは企業のシステムの基盤となるサーバーの運用や保守、構築、設計を担う仕事です。サーバーは24時間稼働させ続けることが一般的であるため、停止しないようにする仕組みや効率的に利用するための性能向上、不正アクセスに対するセキュリティなど様々な知識を求められます。

サーバーエンジニアの仕事内容

サーバーにもメールサーバーやWebサーバーなど様々な役割を持たせる事ができます。パソコンでWebサイトを見るだけであれば高性能なものは必要ないことと同じように、サーバーでも役割に応じて必要となるスペックが変わります。

そのため、どのような用途で使用するのかを設計、構築します。その際にはコストや保守のしやすさなどのバランスを社内や顧客とすり合わせていく必要があります。

また、運用が開始したサーバーの保守もサーバーエンジニアの仕事です。
OSのアップデートが公開されれば必要となるサーバーの数だけアップデートをすることになります。
加えて、トラブルが発生すれば時間を問わずに駆けつける必要があります。

関連記事:サーバーエンジニアの仕事内容とは?必要な知識とスキル、平均年収も解説

サーバーエンジニアのやりがい

サーバーを設計して構築するまでには数多くの課題に当たります。
その課題の一つ一つを乗り越えてプロジェクトを完遂させた際には大きなやりがいを感じられます。

構築したサーバーは企業や社会を支えるシステムの土台となるものです。
そのため、想定されるトラブルなどを事前に対策しておいて稼働し続けられるようにします。
決して目立つことはない仕事ではありますが、社会を支えていると感じることができます。

ネットワークエンジニアとの違いは?

サーバーエンジニアがサーバーの設計や構築などを担当するのに対して、ネットワークエンジニアはサーバー同士やサーバーにアクセスするクライアントとのネットワークの設計や構築などを担当します。
サーバーを構築して置いておくだけでは使うことはできないため、ネットワークエンジニアは利用者が使えるようにルーターやスイッチ、ファイアウォールなどの設定を行います。

2. 未経験からサーバーエンジニアになるには?求められるスキル

まず、サーバーエンジニアに求められるスキルを解説します。

サーバーエンジニアといっても、上流工程(設計・構築)を担当するサーバーエンジニアと、下流工程(運用・保守)を担当するサーバーエンジニアとでは求められるスキルが異なります。

上流工程・下流工程の両方で必要になる知識とスキル

工程を問わず求められる知識・スキルを解説します。

IT全般の基礎知識

IT全般の基礎知識は、サーバーエンジニアに限らずあらゆるITエンジニアが身につけておく必要があります。具体的には以下の通りです。

 
  • ・ウォーターフォールやアジャイルなどシステム開発手法の知識

    ・ソートアルゴリズムや探索アルゴリズムなどのアルゴリズムの知識

    ・効率的なコーディングをするためのプログラミング理論

    ・ネットワーク機器や通信手法などネットワークに関する知識

    ・ストレージやCPUなどサーバーを構成するハードウェアの知識

    ・ソフトウェアの仕組みに関する知識

    ・ミドルウェアの仕組みに関する知識

    ・データベースの仕組みSQLに関する知識

    ・サイバー攻撃の種類とセキュリティ対策手法に関する知識

    ・テスト設計やバグ管理などテスト技法に関する知識

    ・リスク管理やリソース管理などプロジェクトマネジメントに関する知識

    ・システム運用などサービスマネジメントに関する知識 など

サーバーOSを扱うスキル

サーバーには、アプリケーションサーバーやメールサーバーなどさまざまな種類がありますが、そのOSはWindows Server、Linux、Unixのいずれかになります。

現場によってどのOSを扱うかは異なりますが、いずれかのサーバーOSを扱うスキルが求められるでしょう。

下流工程で必要な知識とスキル

下流工程の業務は、マニュアルに則った対応やOJTで学べる機会が多いため、未経験からでもスキルを習得しやすいといえます。

サーバー運用スキル

サーバー運用とは、サーバーのメモリやCPUの状況を監視して、障害が発生する前に事前対応したり、障害発生時に応急対応したりする業務です。

サーバーの監視はツールを使う場合がほとんどで、監視ツールに設定された閾値を超えると運用担当者にアラートが発信される仕組みになっています。

運用担当者はアラートの内容からサーバーの状況やログを確認し、どのような処理をすべきか選択します。多くの場合、運用マニュアルが用意されているため、0から運用担当者が対応方法を考えることはありません。

サーバー保守スキル

サーバー保守とは、継続的・安定的にサーバーを利用できるようメンテナンスする業務を指します。具体的には、OSやミドルウェアのアップデートやライセンスの更新、老朽化した機器の入れ替えなどを行います。サーバー保守も基本的にマニュアルに沿った運用となるケースがほとんどです。

上流工程で必要な知識とスキル

上流工程の知識やスキルは、下流工程のスキルを身につけた上で習得を目指しましょう。

サーバー設計スキル

サーバー設計スキルとは、主に以下を設計・選択するスキルです。
 

  • ・サーバーの構成(アプリケーションサーバーやデータベースサーバーなど、構築するシステムに必要なサーバーの台数と組合せ)

    ・サーバーのスペック(ハードディスク容量、メモリ容量、CPUなど)

    ・サーバーのOS

    ・セキュリティ対策

    ・負荷分散方法

    ・冗長化方法 など


設計結果によってシステムのパフォーマンスやセキュリティなどに影響が出るため、設計は構築工程を実務で経験してきたサーバーエンジニアが担当することが多いでしょう。

サーバー構築スキル

設計書に従ってサーバーを構築するスキルです。

サーバーOSの設定を行うだけでなく、データベースソフトやセキュリティソフトといったミドルウェアや業務システムなどのソフトウェア、運用監視ツールなどをインストールし、その設定も行います。

クラウドサーバーを扱うスキル

クラウドサーバーとは、その名の通りクラウド上に作られたサーバーです。昨今、サーバー構築はクラウドが主流となっているため、クラウドサーバーを構築するスキルが必須です。代表的なクラウドサービスには、Microsoft Azure、AWS、GCP、IBM Cloudなどがあります。

3. サーバーエンジニアにプログラミングスキルは必要か

サーバーエンジニアは、サーバーOSごとに異なるコマンドやシェルスクリプトなどを使って業務を行います。よって、プログラミングスキルは現時点では必須ではありません。

しかし、サーバーを含めたインフラの設定をコード化する概念「Infrastructure as Code」の普及に伴い、今後サーバーエンジニアにもプログラミングスキルが必須となっていく可能性もあるでしょう。

4. サーバーエンジニアを目指すための3ステップ

サーバーエンジニアは技術職ですが、文系・理系問わず適切なステップを踏むことでエンジニア未経験者でも目指すことができます。

ステップ1:IT全般の知識とサーバーOSのスキルを身につける

まず、第1章で解説したIT全般の知識とサーバーOSを扱うスキルを習得することが第一歩です。書籍、学習サイト、スクールなど選択肢はいくつかありますが、未経験者が学習するのであればスクールを利用する方法が効率的です。以下は、サーバースキルを学べるスクールです。
 

  • ・KENスクール(Linuxレベル1取得講座、Linuxサーバー構築講座)

    ・Winスクール(ネットワーク・サーバー分野)

    ・リナックスアカデミー(LAネットワークエンジニアスクール)

ステップ2:資格を取得する

技術職として採用されるには、どのような職種でも何らかの形でスキルを証明する必要があります。資格制度を活用することで、知識やスキルの習得に役立つだけでなく、スキルの証明にも繋げることができます。まずは、以下の資格の取得を目指すと良いでしょう。

基本情報技術者試験

IPAが主催する国家資格試験で、エンジニアに求められるIT全般の基礎知識を身につけていることを証明できます。出題される範囲は非常に広範なため、一つの分野を深く理解するよりも出題される分野を包括的に学んでいく必要があります。サーバーやミドルウェア、セキュリティ、ネットワークといったサーバーエンジニアに必須の知識も身につけることが可能です。

LinuC(Linux技術者認定資格)

サーバーOSとしてシェアの高いLinuxを扱うスキルを証明できます。スキルレベルに応じて3つの試験が提供されているため、まずは初心者を対象としたレベル1から取得すると良いでしょう。合格率は非公開ですが、勉強期間の目安が1~3ヶ月とされていることから、比較的合格しやすい試験と考えられます。

ステップ3:運用・保守の求人に絞って就職活動をする

サーバーエンジニアのキャリアパスは、一般的に運用・保守からスタートするケースがほとんどです。よって、業務内容がサーバーの運用・保守の募集に絞って就職活動をしましょう。

就職活動では他の応募者と差をつけるため、サーバーの構築実績と保有スキルをまとめたポートフォリオを準備しましょう。レバテックキャリアを含む、IT業界特化型の就職支援サービスを活用すると、ポートフォリオの作成方法や面接訓練、転職に関する不明点の解決などができ、就職活動もスムーズに進みやすいでしょう。

関連記事:サーバーエンジニアの転職で知っておきたいこと
関連記事:未経験からサーバーエンジニアを目指す方法

5. サーバーエンジニアに向いている人は?

どのような人がサーバーエンジニアに向いているのでしょうか。

緻密な作業が得意な人

サーバーの構築にはケーブルの接続やハードウェアの組み立てなど細かな作業が発生することがあります。
そのため緻密な作業が苦にならない人のほうが良いでしょう。

責任感がある人

サーバーが想定と違う動作をしてしまうと、求めている機能が満たされません。
障害などが発生すれば、休日でも対応を求められますので、責任感がある人が向いています。

学習意欲が高い人

ネットワークやセキュリティなどの技術は日々新たなものが世に出ています。
その技術に興味を持って取り入れていける人は長く続けられる人でしょう。

課題解決力がある人

サーバーエンジニアとトラブルは切っても切り離せない関係にあります。
そのため、トラブルの原因を究明して、対処していくことにやりがいを感じる人のほうが向いています。

柔軟に考えられる人

サーバーの構築にはスペックやコスト、顧客の要望などをひっくるめて考える必要があります。
そのため、顧客の意向や性能などを考慮したものを実現するために柔軟な思考が求められます。

6. サーバーエンジニアの将来性

多くの企業で何らかのサーバーが運用されており、まだ需要が高いといえます。
近年ではサーバーを置かずにクラウドで運営する企業も増えており、クラウドサーバーを扱えるサーバーエンジニアは今後もっと需要が期待できます。

また、サーバーエンジニアとしてのスキルを突き詰めてスペシャリストになったり、マネジメントスキルを磨いてコンサルタントポジションを取りに行くことも可能です。

関連記事:サーバーエンジニアの将来性|活躍し続けるために身につけるべきスキルも紹介

7. サーバーエンジニアの年収

サーバーエンジニアの平均年収は約467万円と一般的な平均年収と比較すると高めの水準と言えます。
また、30代の平均は約509万円とさらに高い水準です。賞与面では平均で70万円前後となっています。

フロントエンドやデータベースなどの知識をつけることでさらに収入アップに繋がるでしょう。

関連記事:サーバーエンジニアのキャリアパス

8. まとめ

この記事では、サーバーエンジニアに必要な知識とスキルをもとに、未経験からの目指し方を解説しました。

必要なスキルを短期間で習得するには、スクールで基礎を学習した後に資格を取得するやり方が効率的です。また、将来的に上流工程を担当するサーバーエンジニアを目指すのであれば、運用・保守から上流工程へキャリアアップできる職場を選ぶことも重要になるでしょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

サーバーエンジニアの求人・転職一覧