AIやIoT、ビッグデータ解析などの開発で多用されるPythonは、今後も需要が伸びていく言語Pythonエンジニアに就職するステップとそのメリット

最終更新日:2020年9月16日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

Pythonは言語仕様が簡潔であるため、初めてプログラミングを学ぶ際にも推奨されるプログラミング言語の1つです。近年では、Webアプリケーションから人工知能技術まで、Pythonはさまざまな用途に利用されるようになりました。このような背景からPythonエンジニアの需要も堅調なため、Pythonを学びエンジニアとして就職したいと考える人も多いのではないでしょうか。この記事では、Pythonエンジニアの仕事内容や、Pythonを習得するメリット、未経験からPythonエンジニアになるためのステップについて解説します。

1. Pythonエンジニアの仕事内容

まず、Pythonエンジニアの仕事内容について簡単に解説します。

Pythonエンジニアの仕事内容

詳細設計
定められた要件を実現するために、プログラムをどのように作成するかを決定します。具体的なコードに落とし込めるよう、処理の流れを文書化したり、図示したりする作業です。Pythonには便利なライブラリが多数用意されているので、どのライブラリを使用するのか選定する作業も含まれます。経験豊富なPythonエンジニアは、詳細設計より前工程の基本設計から担当する場合もあります。

コーディング
実際にプログラムを書いて、機能を実装します。Pythonは文法がシンプルであることから、短い行数で多くの機能を実装できます。そのため、生産性の高い開発が可能です。

テスト
作成した機能が想定通りの挙動をしているかを検証します。プログラムを小さく分割し、その機能に不具合がない点を確認する作業は、システム開発には欠かせないものです。テストを実行するプログラムを作り、さまざまな条件での振る舞いを自動的に検証できる仕組みを構築します。

Pythonが頻繁に使われている開発分野

Webアプリケーション
Pythonは、Webアプリケーション開発で多用されています。Webアプリケーション開発を効率化するフレームワークやライブラリが豊富で、それらを活用することでスピーディーに開発することができます。

データ分析
Pythonは以前から科学技術計算の分野で頻繁に使われており、統計解析のライブラリが豊富に揃っています。グラフの作成やデータの可視化を含め、データ分析の分野におけるPythonの利用が多く見られます。近年では、取得されるデータが増えるにつれ、マーケティング向けの分析やシミュレーションなどへとデータ分析の範囲が広がっています。

人工知能
人工知能の分野では、音声認識、生体認証、レコメンド、画像加工、自動運転などの開発が盛んです。これらのアプリケーションには、機械学習、ディープラーニングといった技術が用いられています。Pythonはこれらの開発に必要なライブラリが豊富なため、Pythonを用いて実装されるケースが多く見られます。今後も成長が期待される分野です。

2. Pythonの習得は就職で有利に働くか

未経験からエンジニアへの就職を目指す上で、プログラミング言語をあらかじめ学んでおくと就職に有利になります。ここでは、学ぶべき言語としてPythonを選択する利点について解説します。

市場が拡大している

人工知能、IoT、ビッグデータ解析、ブロックチェーン、仮想通貨など、先端技術でPythonが多用されており、その市場が拡大しています。これらの技術を開発する大手企業並びにベンチャー企業で、Pythonエンジニアの需要は今後さらに伸びると予測されています。

技術者が不足している

Pythonは比較的新しい言語であり、経験のある人材が需要に追い付いていません。特に、データ分析や人工知能といった分野では、高スキルのPythonエンジニアが不足していると言われています。先端技術開発に強いPythonエンジニアとして成長できれば、中長期的に安定したキャリアパスを構築できるでしょう。

利用用途が広い

Pythonは、Webサービスから人工知能まで幅広い領域で活用されています。したがってPythonを習得していれば活躍できる場の幅が広がります。

3. Pythonを習得するメリット

次に、Pythonを習得するメリットをまとめます。

初学者でも学びやすい

Pythonは言語仕様がシンプルなため、業務システムの開発などで利用されているJavaなどのプログラミング言語と比較して理解しやすいという特徴があります。そのため、初めてプログラミングを学ぶ場合でも、敷居が低いプログラミング言語と言えるでしょう。

生産性が高い

言語仕様がシンプルなことは、少ないプログラムで多くの機能が実装できるということでもあるため、高い生産性につながります。短い時間でさまざまな手法を試し、最適な実装方法を見出すことは、初学者が上達するのに有効です。

将来性がある

Pythonは先端技術で多用されているため、IoT開発などのニーズの高い分野で経験を積めば、今後のキャリアアップにつながります。需要の高い分野でスキルを高めれば、社内外から高い評価を得られるでしょう。さらに、IoTやAIなどはAWSやAzureなどのプラットフォームを使って開発するケースも多いため、これらを扱うスキルを習得すると、より希少価値の高い人材として評価を得られます。

4. 未経験からPythonエンジニアになるためのステップ

最後に、未経験からPythonエンジニアになるためのステップを解説します。

ステップ1:業界の知識を深める

Pythonは幅広い領域の開発で活用されているため、どの領域で働くPythonエンジニアになりたいのか、目標を設定することが第一歩です。Pythonを使えばどのようなシステムが作れるのかといった基礎的な事項を調査して、働きたい領域を検討しましょう。また、自分はどんなシステムを作りたいのかといった興味・関心を確認することも大切です。

ステップ2:プログラミングスキルを身につける

プログラミング未経験の場合、プログラミングスクールでの学習が一般的です。プログラミングは環境構築が難しく、プログラミングにたどり着くまでに敷居の高さを感じてしまうケースがあるからです。順を追ってプログラミングに必要な知識を獲得し、実践的な内容を学べるプログラミングスクールには高い学習効果が期待されます。オンラインでもPythonを学べるスクールがあるので、積極的に活用しましょう。

ステップ3:求人に応募する

未経験からPythonエンジニアを目指す場合、自分にあった企業や開発領域などを判断するのが難しいかもしれません。したがって、IT業界に強い転職サービスを積極的に活用し、リスクを最小化すると良いでしょう。また、採用面接ではスキルだけでなく熱意や学習意欲も重視されるため、スクールでの学習経験や開発したプログラムなどを用いてアピールすると良いでしょう。

5. まとめ

この記事では、Pythonエンジニアの仕事内容や、Pythonを習得するメリット、未経験からPythonエンジニアになるためのステップについて解説しました。Pythonは先端技術で多く用いられ、初学者でも学びやすいシンプルな言語仕様が魅力です。そのため、Pythonエンジニアに対する需要は堅調であり、転職できるチャンスも広がっています。未経験であっても、スキルと熱意があれば採用の門戸が開かれています。まずは、スクールなどを活用してPythonスキルの習得を目指しましょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

Pythonの求人・転職一覧