スキルアップ記事

レバテックキャリアではIT・Web業界のエンジニア、デザイナーのスキルアップに役立つコンテンツをお届けいたします。
転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務で使える記事等幅広く掲載していきます。

転職支援サービスをご希望の方はこちら

年間300人の転職希望者と接する転職エージェントが徹底解説未経験の分野への転職でも成功するエンジニアの3つの共通点

エンジニアの転職市場において、「新しい技術を使って開発をしたいから」「●●業界に興味があるから」という動機で未経験の領域に転職を志すエンジニアの方がしばしばいます。一方の企業側は、中途採用の社員に求めているのは即戦力です。それでは、実務未経験の領域への転職を叶えた方々は何が要因で成功したのか?レバテックキャリアで転職を希望する多くのエンジニアを見てきたキャリアアドバイザーに話を聞きました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「未経験での転職に挑戦し、成功させた方々に見られる共通点」として挙がったのは、以下に記した3つのポイント。それぞれの説明とともに、未経験人材でも歓迎する企業側の事情も併せて解説します。

1.客観的な成果を語れる
2.行きたい業界へのアンテナを張りアウトプットしている
3.人とのつながりを積極的に作っている


■業界を変えた転職をお考えの方へ
「はじめての転職」を考える方の個別相談会
SIerからWeb業界への転職個別相談会
市場価値を知りたい方の個別相談会


共通点その1:客観的な成果を語れる

 

これは未経験での転職に限らず、転職全般における普遍的セオリーとしつつ、キャリアアドバイザーは次のように述べます。
 
「エンジニアの方でしたら『こんなシステムを設計・開発しました』という明確なアウトプットがあれば、ひと目で実力が伝わりますよね。客観的に『これはすごいな』という成果を意識して、行動に落とし込めている人は転職市場で歓迎されやすい人材です」
 
このことは、システム開発のような明確な成果物がない業務を担当していても、これは同様だとキャリアアドバイザーは続けます。
 
「営業職における売上額のようにわかりやすい数値を用いて定量的な成果をアピールできることが好ましいですが、他の人からいい評価をもらったといったものでもいいんです。
 
例えば、プログラミングよりも管理業務がメインのような方でも、マニュアルやドキュメントなどを作成して『わかりやすい』と言ってもらえた、などは立派な成果です。SIerの方でしたら『出向先の企業から指名で案件をもらう』などは、エンジニアとして結構な評価ですよね。ですので、普段から成果を意識して行動できると転職の成功率がアップするはずです」

共通点その2:行きたいジャンルへのアンテナを張り、アウトプットしている

 

次に述べたのは、「アンテナを張ること」「アウトプットすること」の重要性について。
 
「未経験での転職を可能にするエンジニアの方々には、皆さん積極的に情報のキャッチアップを行う傾向がありますね。興味があるジャンルだから情報収集を苦ともしないし、自分でアプリを開発したり、ブログで発信したりといったアウトプットまで自発的に行ってますね。そしてアウトプットを行うことは2つメリットがあります。
 
1つ目は、アウトプットすることで理解も深まるという点。GitHubやBitbucketなどで自分のソースコードを公開して、フィードバックをもらえたりできれば大きく成長しますよね。2つ目は、前述した成果の観点から自分がその仕事へ興味を持っていることのアピールになる点です。特に2つ目の点は大切で、未経験で転職しようとする方に対して、企業は本当に興味があって志望しているのかをチェックしているからです。
 
逆の事例を想像していただくとわかりやすいのですが、『アドテクに興味があるんです』という方が『機械学習?なんですかそれは?』と答えたら本当に興味あるの?となりますよね。
 
このご時世、情報はいくらでもWebにあります。その過程で自分にとって必要な情報やアクションを把握できるはずです。まずは情報収集から始めてみてください」

興味を持った理由をはっきり説明できることが重要

キャリアアドバイザーによると、興味を持ったジャンルに対してなぜ興味を持ったのか?が明確でなければならないのだと言います。
 
「例えばRubyでのプログラミングに興味があるということ説明する際に、『新しくて、カッコイイから』では十分な説明になっていません。もちろんきっかけは気軽な気持ちでいいのですが…。
 
Rubyでしたら作られた背景や経緯、特性や強み、世間での使われ方などを踏まえた上で、『だから自分はRubyでこういうWebアプリを開発したい』などと説明しないと相手に伝わりません」
 
この「なぜ」という問いかけは面接での逆質問でも有効な方法だとキャリアアドバイザーは語ります。
 
「『なぜこのシステム開発に、この技術を導入したのか?』などの質問を面接で投げかけてみると、自分が興味・知識があることのアピールにもつながるし、導入の過程などから現場の空気感なども分かってくる。
その際は『自分としてはこう考えているのですが、どうでしょうか?』と自分の考えとセットで提示してみてください。ただしそういった情報を勉強会などで公表していることもありますので、事前の下調べは必須ですが」

共通点その3:人とのつながりを積極的に作っている

 

3つ目に挙がったのは「人とのつながりを積極的に作っている」という点。
 
「Webや本での情報収集や関連する資格の勉強などは大切ですが、現場のエンジニアや知見を持つ方から直に情報を得ることも価値があります。実際のプロジェクトに基づくリアルな事例を聞けるだけでなく、自分のアウトプットを提示すればフィードバックをもらえたりすることもあり、人とのネットワークから得られるメリットはとても大きいです。
 
ですので勉強会やFacebookのコミュニティに参加するなどして、興味ある業界の人とのネットワークを築くようにするのはいい方法ですね。積極的に話しかけていくということは、意欲の表れとして受け取られることもあり、場合によっては社員としての直接採用につながることすらあります
 
中には普段の業務が忙しく、社外活動の時間を取れないという方もいるのでは、という疑問に対しては、次のように述べます。
 
「担当プロジェクトの炎上や顧客とのトラブルなど、仕事の都合がつかないタイミングは誰にでもあります。とはいえ、365日フルに忙しいというケースもあまりないのではないでしょうか。プログラミングの事情などで何らかの勉強会に参加できなかったとしても、他にもエンジニア向けの有用な勉強会はいくらでもあります。参加しただけの価値はあるはずですので、時間管理をうまく行って参加する機会を捻出してみてください」

企業が正社員に求めるものは「長く働いてくれること」

 

ここまでで述べてきたのは、未経験でも転職に成功するエンジニアのポイント。ここからは、未経験でも採用にOKを出す企業側の事情からも解説します。
 
「企業が正社員を採用する場合、採用した人に長く続けてほしいという思惑があるのではないかと、個人的に感じています。長く続けてほしいからこそ、『なぜ興味を持ったのか?その中でもウチを選んだ理由はなぜなのか?』を企業は知りたいのだと。そこがあやふやだと『すぐ他の会社に行ってしまうのでは?』と不安に思うわけですね。
 
求人募集では即戦力のエンジニアが欲しいという声は多いですが、一方で『即戦力だけ』でいいのならば、求める職種の派遣やフリーランスに仕事をお願いするという選択肢があります。正社員を採用する場合は、設計やプログラミングといった職種に関連する能力だけでなく、一緒に働く仲間として長くやっていけそうかという点も考慮されるのだと思います。たとえば、大手と比べて社員の少ないベンチャー企業ですと、1人の入職でも職場に与える影響は大きいので、社風にマッチするかどうかも重要になりますよね。
 
選考で実務経験のあるAさんと、未経験のBさんが残った場合に、Bさんが選ばれるケースはしばしばあります。『Aさんは活躍してくれそうだけど、すぐやめてしまうかも。長く続けてくれそうなBさんを教育・研修すれば、結果的に社員として価値を出してくれそうだから歓迎したい』という判断が、未経験でもOKが出る一因ではないでしょうか。
 
また転職した社員の方の話を聞いてみても、3ヶ月程度すると皆さんキャッチアップされているようですし、企業からしてみても『長く社員として勤めてくれるのなら3ヶ月はさほど長いものではない』という考えもあるように感じます」

「実務経験▲年」はあくまで目安としている企業が少なくない

中途採用求人の募集要項では、「○○職としての実務経験▲年以上」という条件を掲げる記述をよく見かけます。いくら独学でスキルを身につけたところで募集職種の実務が未経験では通用しないのでは、という疑問に対し、次のように述べます。
 
企業が『実務経験▲年以上』と打ち出していても、全ての企業が厳密な条件に設定しているとは限りません。このくらいの経験があればこのくらいののスキルレベルだろう、という目安として出しているところが少なくないんです。
 
そのため、独学でも実際にプログラミングを行ったなどのアウトプットがあればそれをアピールして、尻込みせずに応募してみることをおすすめします。もちろん、現場の仕事でしか学べない経験もたくさんありますので、独学だけで完璧ですとはなりませんが、スキル感や意欲を評価をしてもらえますし、実際に選考を通過した事例はいくつもあります」

最後に

キャリアアドバイザーの話から、エンジニアが未経験の業界へ転職する際はどういったことを意識し、どういった行動をとればいいかを示していただきました。未経験での転職に挑戦する以外にも、今回の内容を転職求人に応募する際の参考にしていただければ幸いです。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

未経験での転職でお悩みの方、以下よりご相談ください!

■求人をお探しの方へ
プログラマーの求人・転職情報
第二新卒 エンジニアの求人・転職情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

無料"個別相談会"実施中-平日の夜、土曜も実施しています!-

関西求人特集 みんなの年収UP公開中

九州求人特集 福岡での転職をサポートします!

転職・求人・採用情報を探す

プライバシーマーク

レバテック株式会社は、
「プライバシーマーク」
使用許諾事業者として
認定されています。