OSS開発で将来の可能性を広げようOSS開発に参加するには?OSS開発のやり方がわかる記事10選まとめ

最終更新日:2021年4月21日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

OSS(オープンソースソフトウェア)開発への参加実績は、キャリア形成をしていく上での武器のひとつとなります。
スキルアップやキャリアアップのために、オープンソースプロジェクトに参加したいと考えている方は少なくないのではないでしょうか。そこで今回は、既存のOSS開発に参加する際に読んでおきたい記事を10個ご紹介します。

OSS開発の参考になる記事

OSSコミュニティの種類と特徴、参加方法 / 日本OSS推進フォーラム

Webサイト「日本OSS推進フォーラム」。OSSコミュニティの種類と特徴、参加方法の画像

http://ossforum.jp/node/491

日本Rubyの会、Seasarプロジェクト、日本Apacheユーザ会、日本PostgreSQLユーザ会といったOSSコミュニティの種類と特徴、コミュニティへの参加方法を解説しています。
この記事を参考に、自分が貢献できそうなコミュニティを探してみてください。

意外ととっつきやすいOSS開発参加方法まとめ / Qiita

Webサイト「Qiita」。意外ととっつきやすいOSS開発参加方法まとめの画像。

http://qiita.com/shunsuke227ono/items/94dd6e707d34a1da2617

OSS開発の手順をまとめた記事です。
OSS開発に参加してみたいけれど、何からはじめればいいのか、どうすればいいのかわからないという方の参考になる情報が掲載されています。

オープンソースソフトウェア開発ことはじめ

Webサイト「Qiita」。オープンソースソフトウェア開発ことはじめの画像

http://qiita.com/satoru_takeuchi/items/748ea144aaa61e07fda9

筆者の体験を元に、OSS開発に参加する具体的な例を紹介しています。
本記事で紹介しているのはOSS開発の参あくまでもが、OSS開発に携わるまでの流れを知る参考になるでしょう。

オープンソースプロジェクトでバグを修正する方法 : あるNodeJSモジュールへの修正を例に / POSTD

Webサイト「POSTD」。オープンソースプロジェクトでバグを修正する方法 : あるNodeJSモジュールへの修正を例にの画像

http://postd.cc/how-to-fix-a-bug-in-an-open-source-project/

筆者がNode.jsのバグ修正をした経験を元に、オープンソースプロジェクトにおいてバグを修正する際の流れを解説しています。
バグの修正はオープンソースプロジェクトに参加するきっかけとなりますので、OSSを利用しているときにバグを見つけたら、この記事を参考に修正にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

オープンソースプロジェクトで上手いことやってくための10の方法

Webサイト「Qiita」。オープンソースプロジェクトで上手いことやってくための10の方法の画像

http://qiita.com/vvakame/items/6dd8937806e5fab5b0b7

contribute(コントリビュート:貢献)する側、される側の両方の立場から、オープンソースプロジェクトに参加する上で気をつけておきたいことをまとめた記事です。
オープンソースプロジェクトに初めて参加するときは勝手がわからず不安を感じるかと思いますので、本記事を読んでどういったことに注意すればいいのか知っておきましょう。

オープンソースで商用クラウドサービスを作るためのチームビルディング。NTTコミュニケーションズ / Publicky

ブログ「Publicky」。オープンソースで商用クラウドサービスを作るためのチームビルディング。NTTコミュニケーションズ(前編)の画像

http://www.publickey1.jp/blog/13/ntt_3.html

NTTコミュニケーションズの川口 克則氏がOSSで商用サービスを開発した際、チーム開発で試行錯誤したことや効果について講演した内容を紹介している記事です。
トラブルに見舞われながらもリリースにたどり着くまでの経緯を紹介している貴重な講演ですので、OSS開発に携わる方はぜひご一読ください。

本講演内容はスライドでも閲覧できます。

オープンソースライセンスの基礎と実務


オープンソースライセンスの基礎と実務 from Yutaka Kachi

OSSの概要、著作権とソフトウェアライセンス、各オープンソースライセンスの概略・特長などを解説しているスライドです。
OSSを利用するにしても開発するにしてもライセンスが関わってくるので、OSS開発参加するなら目を通しておくことをおすすめします。

Githubによる、オープンソースライセンスの選び方 / オープンソース・ライセンスの談話室

ブログ「オープンソース・ライセンスの談話室」。Githubによる、オープンソースライセンスの選び方の画像

http://www.catch.jp/oss-license/2013/09/10/github/

Githubによるライセンス選択サイト「Choose a License: Choose an open source license」を解説している記事です。
ライセンスを明示しない場合の注意点についても触れていますので、GithubでOSSを公開する前に読んでおきましょう。

オープンソースコミッタへの道:「使う」から「公開する」へ / @IT

Webサイト「@IT」。オープンソースコミッタへの道:「使う」から「公開する」への画像

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1211/28/news006.html

自ら開発したコードをOSS化することのメリットを紹介している記事です。
「使う側」の立場から「開発する側」になるメリット、ソフトウェアをオープンソース化することのメリットについて解説しています。
OSS化に対する見解は人によって異なりますので、本記事を読んだ上で自分なりにメリットを考えてみてください。

OSSで商売をする4つのビジネスモデル / ZDNet Japan

Webサイト「ZDNet Japan」。OSSで商売をする4つのビジネスモデルの画像

http://japan.zdnet.com/article/35079152/

「OSSの開発ができるようになったとして、無料で配布するOSSがビジネスにつながるのか?」と疑問を持たれている方もいるでしょう。
本記事はOSSで収益を得るための4つのビジネスモデルを解説しています。
4つのビジネスモデルを組み合わせたケースも登場しているため、OSSのビジネスモデルはこれから多様化していく可能性も考えられます。

まとめ

OSSコミュニティやオープンソースプロジェクトはOSSの開発や改善という共通の目的を持った人たちが集まっている場であり、参加者のcontributeによって成り立っています。
初めてOSS開発に参加するときは少し緊張するかと思いますが、思い切って一歩を踏み出してみましょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

まだ転職を迷っているあなたに情報収集から始めませんか?

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ