採用を勝ち取るための自己PRのコツとは?自己PRで迷ったときに!読んで参考にしたい記事特集

最終更新日:2019年11月21日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

就職や転職活動の場で欠かせないのが自己PR。面接では、自分の能力や魅力を伝え、企業にとって戦力となる人材だとアピールしなければなりませんが、それにはコツがあるようです。そこで今回は、自己PRで採用担当者に好印象を与えるためのアドバイスが書かれた記事を紹介します!採用を勝ち取るためのヒントにしてくださいね。

(1)自己PRのポイント

有限会社ヴィーナスアソシエイションのブログ「元気と勇気と信頼の回復のために」。自己PRのポイントの画像

『有限会社ヴィーナスアソシエイション』のサイト内に開設されているブログ『元気と勇気と信頼の回復のために』に、気になる記事を見つけました。

就職活動や転職活動をする場合、誰もが自分自身の最も強みである部分を採用担当者へ猛アピールすることでしょう。
しかし、この《自己PRのポイント》という記事には、その人が現在有している能力やスキルはさほど重視されないと書かれています。
その理由は、企業側が重視するのは、その人自身の潜在性や将来の可能性であり、採用後にどんな形で会社へ貢献してくれるのかという点だから。
つまり、ただ単に得意分野や持ち合わせているスキルのみをアピールするのではなく、プラスアルファの回答が求められているというのです。
また、具体的にどのような自己PRが有利となるのか気になるところですが、その答えも本文に記載されています。

他者との差別化を図り、自分をアピールするコツを掴みたい方は、記事をしっかり読み込んで、採用へ近づくための参考にしてみてはいかがでしょうか?

【参照元】https://venus-association.com/v-blog/2011/06/post-427.html

 

(2)SE転職の履歴書はこう書け!強みが見つかる自己PRのコツ

Webサイト「SE転職大全」。SE転職の履歴書で自己PRはこう書け!強みが見つかる自己PRの作り方の画像

『SE転職大全』は、システムエンジニアとしての経験を積んだ後、Webライターとして独立したヤマダさんが運営するサイトです。
こちらのサイトには、システムエンジニアの転職について細分化された記事が掲載されています。
転職で悩んでいる同業者の方はもちろん、これからシステムエンジニアを目指す未経験者もぜひチェックしてみてはいかがでしょうか?

さて、今回はその中から、こちらの記事《SE転職の履歴書で自己PRはこう書け!強みが見つかる自己PRの作り方》をピックアップしてみました。

ヤマダさん曰く、自分という商品を売り込むことを意識して自己PRをすると、面接官の心に響く可能性が高まるとのこと。
しかし、それにはまず自分の強みを知っておかなければなりません。
その際、もし長所ではなく短所しか思い浮かばないのであれば、見方を変えることが大切だといいます。
何故かというと、見方を変えることによって、短所が長所になる可能性があるからです。
また、見つけた自分の強みを経験に紐付けたり、具体例や客観性を入れて根拠を強めたりすることも大切なのだとか。
そうすることで、自己PRにより深みが出てくるのだそうですよ。

自己PRは、転職を成功させるうえで欠かせないポイントの1つ。
上記の記事をよく読んで、自分の納得がいく自己PRを完成させてくださいね!

【参照元】https://itjobjapan.com/pr

 

(3)自己紹介と自己PRの決定的な違いと、受かる回答例

ブログ「キコリヤ」。【転職面接】自己紹介と自己PRの決定的な違いと、受かる回答例の画像

面接で注意したいのが、自己アピールが単なる自己紹介になってしまうこと。
築いてきた功績があるのに、自分の良さを相手に伝えられないのは非常にもったいないことです。

そこで、目を通してほしいのがこちらの記事、《【転職面接】自己紹介と自己PRの決定的な違いと、受かる回答例》です。
筆者が自己紹介と自己PRの違いを丁寧にまとめてくれています。

記事によると、自己紹介は最終学歴や携わった仕事など、これまでの経験の説明がメインになるとのこと。
そのうえで、自己PRにつなげられる内容にすることが重要だといいます。
一方で自己PRは、業務経験を通して企業に貢献できる点の説明がメインとなり、経験したエピソードを盛り込むことが大切なのだそうです。
記事の後半には、自己紹介と自己PRの例文も書かれているので、ひと目で双方の違いや具体的な伝え方が把握できますよ。
自己紹介と自己PRの違いを知り、上手く伝えるコツをマスターするためにも、ぜひ詳細をチェックしてみてくださいね!

また、今回紹介した上記の記事が掲載されているブログ『キコリヤ』には、他にも転職をはじめ、仕事や生活の豆知識、健康といった幅広いジャンルの記事が勢揃いしています。
気になるジャンルがある方は、他の記事も併せて読んでみてはいかがでしょうか。

【参照元】https://kicoriya.com/907

 

(4)自己PRは会社に合わせて変えるべき?メリットとデメリット

ブログ「面接苦手克服.com」。自己PRは会社に合わせて変えるべき?メリットとデメリットを徹底解説の画像

自己PRをする際には、面接を受ける企業によって異なる内容を準備するという方も多いのではないでしょうか。
しかし、それにはメリットがある一方で、デメリットもあるのだそうです。
そのことについて書かれているのが、《自己PRは会社に合わせて変えるべき?メリットとデメリットを徹底解説》という記事。

まず、自己PRを変えるメリットとしては、「企業に合わせた自己アピールができる」「入社意欲が伝えやすい」という点が挙げられています。
これは、自己PRをその都度変えることで、企業が求める人材に近付けるためであり、企業のことを調べる手間がかかる分、意欲が高く見えるからです。

一方、デメリットには「ブラッシュアップができない」「一貫性が保ちにくい」という点が挙げられています。
筆者のY.Yさんによると、自己PRは回数を重ねることによって洗練されるとのことですが、企業によって内容を変えてしまうと、どこが駄目だったのかがわかりにくくなるため、ブラッシュアップができなくなるのだそうです。
また、自己PRは良くても他の質問とのズレが生じてしまうこともあり、信憑性もなくなってしまうのだとか。

そこで、Y.Yさんは、企業ごとに自己PRをカスタマイズする方法を教えてくれています。
転職や就職で複数の企業に応募を検討中の方は、記事を熟読してみてくださいね。

こちらの記事は、Y.Yさんが運営している『面接苦手克服.com』に掲載されています。
転職活動で活かせる内容が充実しているので、きっとあなたの役に立つことでしょう。
他の記事にも目を通しておくと、耳寄りな情報が得られるかもしれませんよ。

【参照元】https://shukatsu-blog.com/jikopr-kaeru/

 

(5)就職活動の自己PRで話すべきこと 話してはいけないこと

ブログ「ライフをハックしたい」。就職活動の自己PRで話すべきこと 話してはいけないことの画像

ブログ『ライフをハックしたい』からは、《就職活動の自己PRで話すべきこと 話してはいけないこと》という記事をご紹介しましょう。

この記事で注目したいのが、就職活動や転職活動の際の自己PRでは、いかに取捨選択をして的を得た自己アピールをするかということ。
まず、面接の場面で採用担当者へアピールすべきこととして、実績や資格が挙げられています。
そして、他人からの評価や役職も付加するとなお良いようですが、その経験を踏まえて何を学んだのかまでを伝えることが重要なのだとか。
将来、自分の経験が会社にとってプラスに働くことをイメージできるようなアピールが好ましいようです。

しかしその一方で、自己PRとしてそぐわないワードもあるのだとか。
本文の中にはNGワード集も掲載されているので、しっかりチェックしてみてくださいね。

また、ブログ内には、プログラミング関連や就職活動などについて取り上げた記事も掲載されています。
エンジニアライフに役立つその他の記事の中にも、あなたの興味をひく情報があるかもしれませんよ。
ぜひスキマ時間を利用して、他の記事も読んでみてはいかがでしょうか。

【参照元】https://www.lifehackit.work/entry/就職活動の自己PRで話すべきこと話してはいけないこ

 

(6)自己PRで意識したい3つのポイント

ブログ「もっこもこっ」。なかなか採用されないのは自己PRが下手だから?―自己PRで意識したい3つのポイントの画像

複数の就職希望者の中から、「この人がいい!」と思わせるためには、企業側のニーズに沿ったアピールをすることが必須になってきます。
そこで今回は、ブロガーのこもこさんが運営している『もっこもこっ』の中から、自己アピールのキモとなる要素が書かれた記事、《なかなか採用されないのは自己PRが下手だから?―自己PRで意識したい3つのポイント》をピックアップしてみました。

筆者のこもこさんは、この記事で、自己PRには3つの意識すべき要素があると指摘しています。
その要素とは以下の通り。

・自分という人間がどういう人間か伝えることができる
・資格や経験等、自分を売り込むことができる
・自分を採用するメリットを感じてもらえる

これらを意識しつつ自己PRをするときは、具体的なエピソードもあった方が良いと述べています。

さらに記事内には、上記の3つの要素が必要とされる背景や、面接官側の本音を推測した見解も語られているので、自分をアピールする方向性を探るときの参考にしてみてくださいね。
転職や就職活動では、短時間で採用担当者に良い印象を残さなければなりません。
自己PRに苦手意識のある方は、ぜひこもこさんのアドバイスを取り入れてみてはいかがでしょう。

【参照元】http://komoko.hatenablog.com/entry/20120112/p1

 

(7)自己PR、自己アピールの話

ブログ「変わった僕の、変なブログ。」。自己PR、自己アピールの話の画像

『変わった僕の、変なブログ。』は、たっつーさんが運営するブログです。
彼の日常において気になることや自身の考え、アイデアなどが包み隠さず綴られています。

さて、その中から今回紹介するのは、こちらの記事《自己PR、自己アピールの話》
本来だと講演会やセミナーといった公の場で話したい内容を、記事の中で惜しみなく情報提供してくれています。

就職や転職経験者であれば、誰もが一度は悩む自己PRの仕方。
この自己PRについて、たっつーさんは「自分をアピールするためには、まず自分を知ることが大事」だと語っています。
また、そのためには、自分の良し悪しを掘り下げていくことがポイントになるのだとか。

この方法は、自分の長所と短所を理解し、自分のことを的確に採用担当者にアピールするためのヒントになりそうですね。
その他、本文には自己PRを成功させるためのポイントがいくつか記載されているので、隅々までチェックすることをおすすめします。

【参照元】http://ryu583.hatenablog.com/entry/2017/09/27/033801

 

(8)自己PRのNG例と改善のための5つの工夫

ブログ「倍率1000倍の超人気企業に内定する外資コンサル流 時短就活法」。あなたのPRは何で通用しない?自己PRのNG例と改善のための5つの工夫の画像

一度は就職活動に失敗をしたものの、後に倍率1000倍超えの外資企業をはじめ、人気企業4社から内定を勝ち取ったことがある城戸恭平さんのブログ『倍率1000倍の超人気企業に内定する外資コンサル流 時短就活法』には、就活のノウハウや仕事術に関する記事が多数エントリーしています。

こちらの記事、《あなたのPRは何で通用しない?自己PRのNG例と改善のための5つの工夫》もその一つ。
ここには、就活で避けることのできない自己PRで陥りがちなNG例にフォーカスし、具体的なエピソードを混じえつつ、面接官に自分の長所を的確にアピールするためのコツが書かれています。

城戸さんによると、自己PRの失敗でよくあるパターンには、結論が見えなかったり、複数のエピソードを詰め込みすぎて伝えたいことがボヤけていたりすることがよくあるそうですが、相手の質問に対しては本来結論から述べるのがセオリーなのだとか。
そのうえで、エピソードは1つに絞り、わかりやすい言葉で簡潔に話すべきだと述べています。
上記の記事には、自己PRの例文も掲載されているので、詳細をチェックして、自身のアピールの仕方を見直すきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

就職活動の酸いも甘いも熟知している城戸さんの記事は読みやすく、ブログ内には他にも読みごたえのある記事が盛りだくさんです。
就職や転職に悩みを抱える方は、アクセスすると有益な情報をキャッチできるかもしれませんよ!

【参照元】https://jisy.jp/improve-tips-pr

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ