要求水準は高いが年収も高い!ITコンサルタントへの転職を検討すべき人材の特徴とは?ITコンサルのやりがいとは?エンジニア出身者の経験を踏まえて解説

最終更新日:2021年1月15日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

ITコンサルタントは、IT業界の中でも年収が高い職種です。ただし、業務範囲が広く、スケジュールもタイトであるケースが多いため、長時間労働や激務になりやすい職種でもあります。厳しい環境に耐えるために「やりがい」を見つけることが、ITコンサルとしての成長に欠かせません。ここでは、ITコンサルタントの仕事内容や、やりがいを感じるポイント、適性などを一般論として解説します。

1. ITコンサルタントの仕事内容、スキル、経験

まず、ITコンサルタントの仕事内容と、必要なスキル・経験について解説します。

ITコンサルタントの仕事内容

ITコンサルタントの役割は、ITを用いて顧客企業のビジネス課題を解決することです。具体的には次のような仕事を担います。
 

  • ・顧客課題の解決に向けたITコンサルティング全般

    ・人事・販売・経理・在庫管理・製造など主要業務に関するIT企画立案

    ・顧客企業の「現状」と「あるべき姿」の明確化

    ・導入予定のシステムと現状の業務の差異分析(Fit & Gap分析、As is / To be比較など)

    ・ITデューデリジェンス(ITシステムに関する資産価値の測定、リスク評価など)

    ・システム導入、開発プロジェクト支援

    ・顧客企業にマッチするITシステムの提案

    ・RPAやAI領域など先端技術の導入・開発支援

ITコンサルタントに求められるスキル

ITコンサルタントには、IT以外の知識・スキルも求められます。例えば、「顧客企業の所属する業界特有の慣習」や「経理、人事領域における業務知識」などです。こうした知識は、顧客業務を理解し、ITシステムへ正しく落とし込むために必須のものです。また、ドキュメンテーションや分析・評価に関する業務も多いため、高度なビジネススキルも問われます。


  • ・経営一般に関する知識

    ・特定の業務に関する知識(金融、物流、製造など)

    ・IoT、ビッグデータ、AIなど先端技術に関する知識

    ・国内外の大手ベンダーのパッケージソリューションに関する知識

    ・顧客要求を適切なIT投資戦略、企画へと落とし込むスキル

    ・ビジネス、業務、情報システムから機能モデルを作成する能力

ITコンサルタントに求められる経験

IT業界におけるエンジニア経験があれば、評価の対象になります。ただし、IT業界未経験者であっても、マネジメント経験や専門職としての経験が活きることも多々あります。例えば、次のような経験です。


  • ・システム開発プロジェクトへの参画経験(リーダークラス以上)

    ・金融や物流、公共事業など特殊かつ専門性の高い業界での実務経験

    ・顧客折衝、マネジメントの経験

2. ITコンサルタント特有の「やりがい」とは?

次に、ITコンサルタントの「やりがい」について解説します。冒頭でも紹介したように、ITコンサルタントは長時間労働や激務の対象になりやすい職種です。業務範囲が広く、いずれも専門性が高いために、日々勉強が欠かせないことも特徴のひとつです。しかし、多くのITコンサルタントは、激務や勉強といった苦難を上回る「やりがい」を感じていることも事実のようです。

顧客と成功を分かち合える

ITコンサルタントは経営層や事業部門の長と直接向き合うことが多い職種です。エンジニアよりも顧客との距離が近く、共同作業も頻繁に発生します。そのため、ITシステムの導入が成功したときには、顧客から直接、感謝の意を伝えられることが多いのです。顧客と喜びを分かち合うことで、業務に対するモチベーションが向上していくでしょう。

ゼロベースのアイディアが形になる

ITコンサルタントは、顧客要望を実現するために、前例のない解決方法を提案することがあります。つまり「ゼロベース」で自ら考案した解決方法が具現化されるわけです。自分がゼロから考案したシステムが徐々に形になり、顧客に受け入れられる過程で、ビジネスマンとしての自信が形成されていくでしょう。

業務知識が身に付き、知見が広がる

ITコンサルタントが関与する業界は多岐にわたるため、各業界のビジネスモデルや問題点、実情などを間近で見ることができます。また、ビジネスの緊張感を肌で感じられるほか、特殊な業界の内部事情などを知る機会も増えるでしょう。

経営層、マネジメント層の考え方を学べる

ITコンサルタントは、経営層や事業部門長に対し、ITを用いた課題解決方法を提供します。経営者やマネジメント層と頻繁に接触するため、俯瞰的かつ全体最適を念頭に置いた考え方に触れる機会が増えていくでしょう。こうした経験は、ビジネスマンとしての成長を促す格好の材料に成り得ます。

年収の高さ

経済産業省による「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果(※)」によれば、ITコンサルタントの平均年収は「928.5万円」です。これはIT関連職種の中で最も高く、業務内容や業務環境に見合うだけの価値があると考えられます。

※参考:経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」

3. ITコンサルタントの仕事がつらいと感じるときは?

次に、ITコンサルタントの仕事で「つらい」と感じるときについて整理してみます。

暗中模索に陥ることがある

ITコンサルタントが勤務するコンサルティングファームでは、ロジック・メソッド・テンプレートなどを保持しており、これらを駆使して解決法を提示していきます。しかし、はじめて経験する業界・業種の案件などでこうしたノウハウが活用できない場合は、暗中模索が続き、出口の見えない作業に追われることもあります。

長時間労働になりがち

ITコンサルタントはプロジェクト内で責任ある立場におかれることが多い職種です。チームメンバーのミスをフォローしたり、顧客からの問い合わせに回答したりと、本来の業務のほかにも複数の仕事を抱えがちです。また、ミーティング用の資料や障害報告書作成などのドキュメンテーション作業も多く、深夜にまで作業が及ぶことも少なくありません。

常に学習が必要

ITコンサルタントは、会計・税制・法律などIT以外の知識も求められる職種です。特に会計や税など頻繁な法改正が行われる分野では、前年との差異を常にキャッチアップする必要があり、勉強が欠かせません。

4. ITコンサルタントに必要な適性

最後に、ITコンサルタントに必要な適性について解説します。主に以下4つの適性が備わっていれば、ITコンサルタントへの転職を検討すべきかもしれません。

整理・視覚化する力

顧客が抱える本当の課題は、顧客自身も認識していないことがあります。この状態で顧客の要求をヒアリングすると、内容が煩雑になりがちです。また、複数の業務部門にヒアリングを行った結果、情報に抜けや漏れがあったり、意見が衝突していたりといった事態にも遭遇するでしょう。こうした状況を「交通整理」し、わかりやすく視覚化していくのもITコンサルタントの仕事のひとつです。したがって、情報を整理・視覚化することが苦にならなければ、ITコンサルタントに向いていると言えるでしょう。

モデルベース思考

ITコンサルタントには、「漠然」や「抽象」を単純化して構造に落とし込む力が必要です。これは「モデルベース思考」と呼ばれる能力で、「概念モデル」の構築などが良い例です。ER図の作成などを通じてモデルベース思考に接する機会があれば、自分の適性を判断する良い機会かもしれません。

説明力

ITコンサルタントは、抽象的かつ概念的な課題を顧客やプロジェクトメンバーに理解させる役割も担います。したがって、説明力も重要な適性のひとつです。また、説明力は文書作成能力やプレゼンテーション能力にもつながります。もし、資料作成に自信があればITコンサルタントに向いている可能性があります。

精神的なタフさ、粘り強さ

ITコンサルタントは「知らない」「これまでやったことがない」といった周囲からの抵抗にさらされがちです。こうした抵抗を受け止めつつ、成果に結びつけるまで提示しつづける精神的なタフさがあれば、ITコンサルタントとして成長できるでしょう。

5. まとめ

ITコンサルタントは、一般的にはエンジニアなどを経験したのちに、キャリアアップの一環として選択されることが多い職種です。IT業界の中でも高年収の職種に分類されている一方で、長時間労働や激務になりやすいと言われています。「やりがい」を見つけることで、ITコンサルとして成長し続けられる環境をつくりましょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

ITコンサルタントの求人・転職一覧