Unityとは?言語の特徴や将来性、活用事例について解説

最終更新日:2024年3月19日

Unityは、主にゲーム開発用のツールであるゲームエンジンとして利用されていますが、3Dコンテンツの開発など、ゲーム以外のさまざまな業界でも活用が広がっています。本記事では、Unityの特徴や需要、将来性、さまざまな業界での活用事例について解説します。Unityや3Dコンテンツ制作に興味のある方は参考にしてください。

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

この記事のまとめ

  • Unityは世界中で使用されているゲームエンジンで、ゲーム開発においてUnityは主流のツール
  • Unityはノンプログラミングでもゲーム開発が可能なので、まずは感覚的に操作してみるのがおすすめ
  • 本格的なUnityスキルを身に付けるにはプログラミング学習が必要になる

Unityとは

Unityとは、世界中で使用されているゲームエンジンです。つまりゲーム開発において土台となるシステムということです。世の中の多くのゲームはUnityで開発されていて、Unityなしにゲーム開発はないと言っても過言ではないほど知名度、人気のあるツールです。

Unityの概要

Unityとは、Unity Technologiesが開発するゲームエンジンです。モバイルやPC、コンソール向けなどゲーム全体の半分以上がUnityで開発されています。世界の45を超える拠点で事業を展開し、Unityのクリエイターは190以上の国と地域に存在するなど、世界中にUnityの技術が浸透しています。豊富なライブラリや素材を提供しており、高品質なグラフィカルのゲームを作れることが魅力です。

Unityの用途はゲームだけではありません。産業用途のロボットや、自動運転のアプリケーションにおいてもUnityが活用されています。現場のロボットで収集したデータをもとにシミュレーションを作成した事例や、自動車に搭載するセンサデータや車両の挙動をシミュレーションした事例があります。そのほかにも、ARやVR、建築物などの分野向けのソフトウェアが販売されています。

※参考:
産業用ロボットにおけるUnityとAI技術の活用
Unity x 自動運転シミュレーション、自動運転におけるGame Engineの役割

ゲームエンジンとは

ゲームエンジンとは、ゲーム開発に用いられるIDE(統合開発環境)のことで、UnityとEpic GamesのUnreal Engineの2つが大きなシェアを握っています。コンピュータグラフィックスのアプリケーション開発に必要なライブラリやツールがまとまっており、3Dグラフィックスによる映像や音声の処理などの開発を進められる環境が用意されています。

また、産業機器や自動車、都市モデルといった3Dデータをゲームエンジンに取り込み、3Dによるデザインレビューや景観シミュレーションに活用する事例もあります。近年では、DXやデジタルツインなどが注目を集め、コンピュータ上で3Dデータを活用したいというニーズが増えています。

Unityの特徴・メリット

市場で高いシェアを誇るUnityは制作できるコンテンツの幅が広く、初心者でも取り組みやすい環境が整っています。ここでは、Unityの主な特徴・メリットを紹介します。

マルチプラットフォームに対応している

Unityの対応プラットフォームは20以上と豊富で、多様なコンテンツを制作できます。デスクトップPC向けであればWindowsやMac、Linuxに対応、モバイル向けならiOSとAndroid、家庭用ゲーム機向けならPS5やPS4、Nintendo Switch、Xbox Oneに対応しています。ほかにもXR向けにARKitやARCore、Oculus、PlayStation VRなども対応するなど、制作したゲームを多くのユーザーに届けられるでしょう。

※参考:Unity はどのプラットフォームをサポートしていますか?

初心者でも使いやすい

Unityのエディタを用いるとコードを書く必要がないため、ゲーム開発の際にプログラミングの知識は必須ではありません。キャラクターや小道具、背景などのオブジェクトを配置し、GUIの操作で大きさや外観、振る舞いなどを設定する、という流れでゲームを作成できます。UnityはC#をサポートしていますが、基本的な機能に関するスクリプトや拡張機能などが用意されています。Unityの機能を用いると、C#のみで進めるよりも楽にゲーム開発ができるでしょう。

※参考:
Unity ユーザーマニュアル
プログラミング経験がある方の UNITY でのスクリプティング

学習コンテンツが充実

Unityはユーザーマニュアルがインターネット上で公開されており、これからUnityを学ぶ初心者向けのチュートリアルや、上級者向けのガイドが用意されています。エディタ―の使い方やスクリプトの書き方、グラフィックやビジュアルエフェクト、2D、XRなど、習得したいスキルを学べる環境が整っているため、興味のある方は活用してはいかがでしょうか。

チュートリアルを通してUnityの仕組みを学べば、いずれオリジナルのゲームを作れるようになるでしょう。ただし、英語版コンテンツを機械翻訳しただけで、日本語の監修が未実施のコンテンツもあるためご注意ください。

※参考:Unity Learnへようこそ

目的に応じたライセンスを選択できる

Unityを利用するには、目的に応じたライセンスを購入しなければなりません。ライセンスには以下の4種類があり、それぞれ金額や利用条件が異なります。(※2023年11月現在)

Personal
・個人開発者および小規模企業向け、無料
・年間の収益や調達資金が10万ドル未満であること

Pro
・プロ向け、267,960円/年(税込、年間プラン)
・収益や調達資金の制限なし

Enterprise
・大規模チーム向け、営業窓口から販売

INDUSTRY
・3D開発向け、653,400円/年(税込、年間プラン)

また学生向けのUnity Studentプランもあり、学生の間は無料で使用できます。

関連記事:未経験からUnityエンジニアとして就職・転職する方法とは?

パソコンとインターネット環境さえあれば使用できる

Unityはパソコンとインターネット環境さえあれば使用できます。ダウンロード、インストールの方法も難しくありません。本格的にプログラミングする場合は勉強が必要ですが、予備知識がまったくない状態でも今すぐにUnityを始めることは可能です。

プログラミングの知識がなくても開発しやすい

Unityは感覚的な操作でゲーム開発ができます。つまりプログラミングは不要です。細かい処理の実装にはプログラミングが必要ですが、ゲームとして完成させるだけならプログラミングする必要はありません。まずはUnityを感覚的に操作してみて、そこから必要なプログラミングスキルを選定して身に付けていくのがおすすめです。

アセットストアで多くの素材が提供されている

Unityにはアセットストアが用意されています。アセットストアはオンラインで素材を購入できるショップです。素材の種類は数多く、3D、2Dのグラフィック、エフェクト、サウンド、まとまった処理が実装されたプログラムなどがあります。

アセットストアには無料で利用できる素材も多数用意されています。そのため、Unityの開始から素材の利用まで無料でできます。

Unityが活用されている事例

Unityはゲーム開発に限らず、3Dモデリングを必要とするさまざまな業界で活用されています。各分野に関して代表的な用途を紹介します。

ゲーム開発

Unityの代表的な用途はゲーム開発です。個人開発者から大手企業まで、多くのクリエイターがUnityを利用しています。ジャンル別でみると、パズル、カード、レージング、カジュアル、スポーツでUnityは高い収益を上げています。また、中国と日本は広告収益が高く、その他の地域はアプリ内課金の収益が高い傾向があることも特徴です。

近年ではユーザー数増加のため、同一タイトルのゲームを複数のプラットフォームで開発するケースが増えてきました。さまざまなプラットフォームに対応しているUnityは、別のプラットフォームへのインポートも実行しやすいメリットがあります。また、多種多様なゲーム開発に対応しており、古くからあるドット絵を用いた2Dゲームから最新の3Dまで制作可能です。アセットストアに用意された豊富なライブラリや素材を活用してもよいでしょう。

※参考:Unityゲーミングレポート2022

AR/VR

ARやVRを活用したゲームでもUnityが活用されており、コンテンツのシェア率は60%を超えました。今後5年間で、2.16億人のプレイヤーが増える見込みです。Unityが提供するオンライン学習プラットフォームのUnity Learnで、VRコントローラを用いた操作やユーザーインタフェース要素などの開発スキルを学べます。

また、製造業やアパレル業界などで商品を販売する場面においても、ARやVR体験を活用するケースが増えています。立体的な3Dモデルを用いることで試作品の印象をより強くし、顧客へのプレゼンテーションに活用できるためです。さらに、AR技術を用いて機器にチュートリアルを重ねて表示したり、重要な手順を強調したりなど、操作方法の解説にも活用されています。詳細は後述しますが、ARやVR技術は他業界でも広く取り入れられています。

※参考:
Unityゲーミングレポート2022
Unity で AR/VR アプリを作成する方法を学ぶ

デジタルツイン

デジタルツインとは、物理世界で収集したデータを用いて3Dモデルを構築した仮想世界を作り、仮想世界上でのシミュレーションを通して物理世界での課題を解決するという概念です。デジタルツインは工場の製造ラインの効率的運用や、都市の防災シミュレーションなどを目的に開発が進められています。

デジタルツインの開発ツールとして、3Dモデルのシミュレーションが可能となるUnityのようなゲームエンジンが注目されるようになりました。デジタルツインは、IoTやビッグデータ、AIなどの技術と相性が良いといわれています。現場にある多数のセンサーで収集したビッグデータを用いてAI学習モデルを設計し、より高度なシミュレーションを実現できると期待されています。

※参考:デジタルツインとは?

建築

建築業界においても、Unityの3Dモデル技術によるARやVR技術が活用されています。AR技術で建設予定地に設備や建物の構造を映し出し、イメージを共有しやすくして効率的な情報伝達や意思決定につなげていくものです。

複雑な作業工程に関する手順を表示したり、トレーニングを用意したりすることで、短期間でのスキルアップを目指せます。また、現場の作業員が見ている情報をARゴーグルで共有し、ベテランの作業員が遠隔から指示するという活用方法もあります。ARやVR技術の活用で迅速な情報共有や作業員のスキルアップを実現すれば、現場作業の品質や生産性の向上が期待できるでしょう。

※参考:建築設計、エンジニアリング、建設

自動車

自動車の開発や製造プロセス全般においてUnityを活用できます。製品のデザイン検討を行う際は、バーチャル空間に試作品を作成し、ARやVRを用いて実際に車を操作するなど、インタラクティブなデザインレビューを実施できます。

製品設計時には、機械学習で走行シミュレーションをしたり、車内のディスプレイに車の3Dモデルや地図を表示して現在の状態を表したりする活用方法があります。セールス活動において、バーチャル空間上でイベントやショールームを開催することも可能です。また修理やメンテナンスの場面では、AR技術で手順を示すなど、作業者をアシストするシステムが検討されています。

※参考:
自動車&製造分野での活用
「スクリーンは新しいホースパワー」:大手高級自動車ブランド、Unity でイノベーションを起こす

医療

医療分野でUnityが活用されている事例もあります。医療機器業界は世界規模で55兆円の市場がありますが、医療シミュレーション分野に限定すると全世界で1,400億円ほどであり、今後の成長が期待される分野といえるでしょう。

例えば、医者が手術前に参照する画像データは数千枚におよぶことも少なくありません。Unityを活用して画像から3DCGデータを作成できれば、手術前の短時間でも理解しやすくなります。また、手術シミュレーションは3DCGで手術の仕方を教えてくれるだけではなく、ベテラン医師と新米医師の操作データを比較したり、参考にしたりすることもできます。

※参考:Unityの医療と教育への応用 ~ちょっと人を助けてみませんか?~
関連記事:Unityでできることとは?ゲーム分野以外の活用例も紹介

アニメーション

アニメーション制作でもUnityが使われることがあります。たとえば、大勢の人が同時に歩いているシーンをUnityでは効率的に処理できます。「歩行パターン」の設定が可能なので、たとえば歩いている人ごとに歩行速度や歩き方などをプログラミングする必要がないということです。

他にも、キャラクターの影なども自動で計算して違和感がないように処理できます。またより細かい部分をプログラミングで独自に実装することももちろんできます。

Unityの使い方の学習方法

Unityは無料で手軽に始められるということでした。しかし、より高度な制作物に仕上げていくためにはある程度学習する必要があります。では具体的にどのように学習を進めれば良いのか、基本的なものを紹介します。

関連記事:
未経験者におすすめのUnity勉強方法!Unityを学ぶメリットも紹介
未経験からUnityエンジニアを目指す人向け|学ぶべきこと・学習ステップについて解説

公式のマニュアルを見て学ぶ

Unityには公式マニュアルが用意されています。公式マニュアルは操作内容ごとに細かく情報が整理されています。まずはどのような内容かざっくりと把握し、あとは実際に必要になったときに辞書的に見ていくのがおすすめです。

公式のチュートリアルを見ながら手を動かす

Unityには公式チュートリアルも用意されています。公式チュートリアルは実際に簡単なゲームを作りながら学べるようになっています。Unityを起動すると公式チュートリアルが表示されるので、試してみると良いでしょう。

解説サイトを参考にして学ぶ

Unityは人気のあるツールなので、公式以外にもいろいろな解説サイトがあります。文字媒体のものもあれば、動画媒体のものもあります。ある程度コンテンツを見たら実際に手を動かし、わからないことがあれば情報収集するという流れがおすすめです。

Unityの需要と将来性

ゲームエンジンおよびゲーム市場全体の将来性と、Unityの需要について解説します。新型コロナウイルスの影響による巣ごもり需要があり、2020年にはゲームエンジンおよびゲーム市場が急速に拡大しました。2021年もその傾向は続いており、今後もUnityの需要は拡大すると見込まれます。

ゲームエンジンおよびゲーム市場の将来性

ゲームエンジンの主力分野であるゲーム市場に注目すると、2022年における世界市場は、前年比7.0%減の26.8兆円です。最大の市場は中国を中心とする東アジアで、40%以上を占めています。傾向としては、ネットワーク接続が前提となるオンラインプラットフォームの割合が大きいです。

日本国内の市場を見ると、2022年は前年比1.4%増の2兆316億円規模となりました。国内ゲーム人口の5,400万人のうち、スマートフォンアプリのゲームユーザーは最も大きく3,959万人です。

※参考:
ゲームアプリは1.7兆円 世界ゲーム市場は足踏みも国内は成長続く
ゲーム業界データ年鑑『ファミ通ゲーム白書 2023』発刊!国内外のゲーム市場を最新データで分析

Unityの需要は拡大

Unity Technologiesの発表によると、2021年にUnityプラットフォームにて制作されたゲーム数は、前年より93%増加しました。Unityを活用するゲームクリエイター数も前年より31%の増加です。特に広告収入で収益化されるようなスマートフォン向けゲームが多く制作されています。

2020年に発生した新型コロナウイルス感染拡大の影響でゲームの収益は伸びており、パンデミック発生以前よりもゲームのプレイヤーが多い状況です。特にスマートフォン向けゲームはユーザー数が多く、2021年におけるアプリ内課金による収益の伸び率は162%を超えるほどでした。しかし、中国では2021年8月に18歳未満の子どもに対するゲームの規制が強化され、プレイヤーのリピート率が極端に落ち込みました。

※参考:Unityゲーミングレポート2022

関連記事:
Unityエンジニアとは?仕事内容や将来性、年収事情を解説
Unityエンジニアに転職するには|必要なスキルやアピールしやすいポイントについて解説
Unityエンジニアの年収は?仕事内容や向いている人の特徴も解説
Unityエンジニアの需要は高い?VR制作にもチャンス

Unityに関するよくある質問

Unityに関するよくある質問と回答を紹介します。

Q1. Unityの優れている点はなんですか?

Unityは2Dも3Dも扱うことが可能で、現実に即した正確なシミュレーションも可能です。そのためゲームにリアリティが生まれ、また業務用としても優秀なツールです。クロスプラットフォームに対応していることも大きな魅力でしょう。あらゆるOS、媒体に対応したゲームを開発できます。

Q2. Unityの問題点は何ですか?

Unityの問題点は、アプリケーションの動作が遅いことです。特にゲームの規模が大きくなると処理の遅さが目立ちます。そのため、大規模なゲーム開発ではUnityを使用せず、独自プラットフォームですべてプログラミングするケースもあります。

Q3. Unityはどこまで無料で使えますか?

Unityはほとんどの機能を無料で使えます。そのため、個人でのゲーム開発などは完全無料でできます。商用の場合は事業収入が年間10万ドルを超えると有料プランへの移行が必要で、また有料の素材が欲しい場合などもお金がかかります。

まとめ

Unityはゲーム開発でシェアの大きいゲームエンジンです。そして最近はUnityがゲーム開発以外にも使用されるケースが増えていて、今後はよりいろいろな業界で業務用にUnityを使用するケースが増えていくでしょう。

Unityはノンプログラミングでゲームを開発することが可能で、予備知識がなくても感覚的な操作である程度ゲームを作れます。まずはUnityを操作してみることから始め、必要に応じてプログラミングをやっていくのがおすすめです。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

Unityの求人・転職一覧

×

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×