セキュリティエンジニアに求められるスキルや年収、現在の需要についてセキュリティエンジニアの転職で知っておきたいこと

最終更新日:2020年8月7日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

不正アクセスやマルウェアなど、インターネット上のさまざまな脅威によって発生するセキュリティ事故が後をたちません。これらのセキュリティ事故は、対応を誤ると企業の存続にも関わるような大きな問題になるリスクを孕んでいます。

こういった状況の中、多くの企業でセキュリティ人材の需要が高まっています。
そこでこの記事では、セキュリティエンジニアの需要動向や年収、ステップアップ方法について解説します。

1. セキュリティエンジニアの需要状況

まずはセキュリティエンジニアの需要状況について解説します。セキュリティエンジニアの需要は、情報漏えいや不正アクセス等さまざまなセキュリティリスクを踏まえて年々高まっています。

セキュリティエンジニアは、今後大きく不足するエンジニア領域とされており、現在でも非常に高い年収水準になります。セキュリティの重要性が増している理由は主に以下などが代表的です。
 
・マルウェア、ランサムウェアなどインターネット上の脅威が年々悪質化、巧妙化している
・情報漏洩などのセキュリティ事故は一旦発生すると非常に重大な問題となるケースがある
・インターネットを活用したサービス利用が急速に拡大している

 
セキュリティ事故は、一旦発生すると企業の信用の低下のみならず、顧客の喪失や賠償金の支払いなど企業の存続に関わるような重大な問題となるケースもあります。
こういった問題について企業側も事前対策すべき重要な課題と認識しています。そのため、今後もセキュリティエンジニアは高い需要が続くと言われています。

2. セキュリティエンジニアになるには

セキュリティエンジニアは今後も大きく需要が伸びる領域です。では、セキュリティエンジニアになるにはどうすれば良いのでしょうか?ここでは、セキュリティエンジニアになる方法について解説します。

セキュリティエンジニアになるには、インフラエンジニアからステップアップする方法が一般的です。なぜなら、セキュリティは以下のようにインフラと密接に関係しているからです。
 
・不正プログラムはサーバーやパソコンといったインフラ上で動く
・セキュリティ対策にはネットワーク上での対応が重要(ゲートウェイ対策など)
・更新プログラムの適用などインフラ上で対応すべき問題が多い

 
セキュリティ対策はサーバーやネットワーク、ゲートウェイなどインフラ全体で包括的に行う必要があります。そのためには、基礎としてインフラ全体の総合的な知識を持っている必要があります。こういった点で、インフラエンジニアがセキュリティエンジニアを目指すというのは理にかなったものであり、優秀なエンジニアへとスキルアップしていくひとつの道とも言えるのではないでしょうか。逆に、プログラマーなどインフラ経験がないエンジニアがセキュリティエンジニアをいきなり目指すのは非常に難しいと言えます。

3. セキュリティエンジニアの年収例

ここでは、レバテックキャリアを利用して転職に成功した方の実績を参考に、セキュリティエンジニアの年収について解説します。セキュリティエンジニアは、エンジニアの中でも高い年収を得られる職種です。中長期的に需要が高まると予測されており、次世代の花形職業と言えるでしょう。

経済産業省の統計結果

経済産業省が平成29年に公表した「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によると、セキュリティエンジニアはIT技術スペシャリストに属され、エンジニアの中でも非常に高い年収となっています。例えば、SE・プログラマ(顧客向けシステムの開発・実装)の平均年収が593.7万円に対して、IT技術スペシャリストでは758.2万円と150万円以上の開きがあります。
 
※出典:経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査」P6より(2018-7-12)

セキュリティ担当者

セキュリティ担当者の年収は400万円〜600万円が一般的です。セキュリティ担当者は、ネットワークの設定やファイアウォールの設計・設定、セキュリティ製品の選定などの業務を中心に携わります。近年は、様々な方面からの攻撃に備えるスキルが必要となるため、インフラに限定したセキュリティ担当者の評価は下降傾向にあります。年齢は20代後半〜40代と幅広い層が活躍しています。

セキュリティベンダーに勤務するセキュリティエンジニア

セキュリティベンダーに所属するセキュリティエンジニアは、年収400万円〜700万円の層が多いでしょう。保有するウイルス検知ソフトを用いた脆弱性の診断や、診断結果をもとにしたソフトの提案から導入まで幅広い業務に携わります。自社のセキュリティソフトの問い合わせや設定をするサポートメインのセキュリティエンジニアの場合は、350万円~550万円程度と年収は下がる傾向にあります。ユーザー対応のみの場合は年収が低く、携われる領域が広がるにつれて年収が上がっていきます。

事業会社に勤務するセキュリティ管理者

セキュリティ管理者は、セキュリティーポリシーの定義や会社のセキュリティ管理全般を担います。年収は500万円〜1,000万円と高い水準にあります。

一般的にはインフラエンジニアとしてセキュリティ領域を経験した後に管理者へとキャリアアップするケースが多いでしょう。大企業の場合は、セキュリティ管理者とセキュリティ担当者が分かれている場合もありますが、兼務している企業も多い状況です。年齢は30代後半〜40代と他のエンジニア領域に比べて高い年齢層となります。

4. セキュリティエンジニアがスキルアップ転職を成功させるには

セキュリティエンジニアは高い年収水準の職業です。しかし、前述したように年収ゾーンは400万円〜1,000万円と広い分布となっています。この章では、セキュリティエンジニアとして高い評価を得るためのポイントについて解説します。
 
セキュリティエンジニアとして高い評価を得るには以下の知識・スキルが求められます。
 
・法律や制度に関する知識
・不正アクセス行為に関する法律の知識
・電子署名及び認証業務に関する法律の知識
・個人情報の保護に関する法律の知識
・プライバシーマーク制度の知識
・情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)適合性評価制度の知識

 
セキュリティエンジニアで最も高い年収ポジションにあるのはセキュリティ管理者です。セキュリティ管理者は、全社的なセキュリティポリシーなどの提案・設計を行うポジションですから上記の法律や制度に関する知識が必須となります。
 
・IoTなど最新テクノロジーに関するセキュリティの知識・スキル

今後、IoTテクノロジーの進化は一層加速すると言われています。IoTはネットワークを通してさまざまな機器がつながります。このIoT時代においては、ケーブルや電波などいわゆる「物理層」に強いセキュリティエンジニアがより重要になると言われています。 

5. まとめ

この記事では、セキュリティエンジニアの需要動向や年収、ステップアップする方法について解説しました。マルウェアやランサムウェア、不正アクセスやなりすましなどインターネット上の脅威は年々巧妙化しています。セキュリティニーズの高さから、セキュリティエンジニアはエンジニアの中でも高い給与水準となっています。
 
しかしその反面、専門性が非常に高く簡単になれる職業ではありません。この記事で紹介した、セキュリティエンジニアへのステップアップ方法や市場価値を上げる方法を参考にしながら、スキルを磨いてみてはいかがでしょうか。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

セキュリティエンジニアの求人・転職一覧