アプリケーションエンジニアを目指すならApple社製デバイス向け開発で万能なSwiftがおすすめSwiftを入門レベルから理解するための勉強法とは?

最終更新日:2021年1月19日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

SwiftはApple社が2014年に発表したネイティブアプリ開発用言語です。登場から6年余りと歴史が浅いものの、iOS上のアプリ開発に使われることから、徐々に知名度が上がっています。また、MacOSやLinux上でも動作することから、モバイルデバイス以外の分野でも需要が拡大しています。ここでは、Swiftの特徴や勉強方法などについて解説します。

1. 歴史は浅いが将来有望なSwift

まず、Swiftの歴史や将来性について解説します。

Swiftとは

Swiftは、2014年にApple社が発表したアプリケーション開発用言語です。iOS、MacOS、Apple TVやApple Watch向けのOS、Linux上でも動作します。Swiftは「Everyone Can Code」をテーマとしており、誰もがコーディングしやすい言語を目指しているといえるでしょう。
このことは、「Swift Playgrounds」という学習用アプリケーションが提供されていることからも推測できます。

Swiftの強み

Swiftの強みは以下の3つに集約されるでしょう。

ハードウェア制御開発が可能

Apple社製のデバイスに最適化された言語であることから、同社のデバイスであればハードウェアにかなり近い部分(ハードウェアの制御)の開発も可能です。また、近年は「SwiftyGPIO」などのハードウェア制御用ライブラリもリリースされており、サーバーサイド開発での活用も期待されています。

C言語およびObjective-Cとの連携

SwiftはC言語の関数や構造体をそのまま活用できるほか、Objective-Cのコードやライブラリも流用することができます。C言語やObjective-Cで作られた情報資産を有効活用しつつ、新しい機能を付与できることはSwift独自の強みと言えるでしょう。

処理速度の速さ

Swiftは軽量かつ高速な点も強みのひとつです。公式サイトの情報(※)によれば整数検索ではObjective-C比で最大2.6倍、Python比で最大8.4倍の速さで計算が可能という発表があるほどで、既存機能の高速化などにも活用できます。

※参考:Apple「Swift」 

2. Swiftを勉強するメリット

次に、Swiftを勉強するメリットについて解説します。

参入者が少ないためスキルの希少性が高い

2020年時点の状況でいえば、iOSやMacOS上での開発経験を持つエンジニアはあまり多くありません。また、MacOSを搭載したマシンの購入など、開発環境の整備にはある程度の投資が必要です。一般的なPCとしてはまだまだWindowsが強いことから、MacOS環境の構築自体が参入障壁になるわけです。

現状は数少ないSwiftプログラマーが複数の案件を行ったり来たりしている状態であり、新規参入者は決して多くありません。そのため、しっかりとスキルを身に着けられれば、希少性の高い人材として重宝されるでしょう。

マイグレーション需要をキャッチできる

SwiftはCやObjective-Cとの連携が可能で、なおかつ処理速度も速いことから、これら既存の言語で開発されたシステムの「移行・置き換え(マイグレーション)用言語」として期待されています。今後10年程度のスパンで見ると、レガシーシステムから新システムへのマイグレーション需要が大きくなると考えられるため、新規参入者でも経験を積める機会が増えると考えられます。

iPhoneの安定した需要で案件が多い

今や生活必需品となったスマートフォンのシェア(※)を見ると、日本ではiOS(iPhone)のシェアが65%弱となっています。また、オセアニアや北アメリカでもiPhone人気が根強く、iOSのシェアは40~60%程度です。したがって、iPhone向けのネイティブアプリ開発において、非常に安定した需要が見込めます。

さらに万が一Swiftに代わる言語が台頭してきたとしても、現状のSwift・Objective-Cの関係のように新旧言語間で連携・互換性が維持される可能性が高いため、Swiftのスキルは無駄になりにくいと考えられます。

※参考:アウンコンサルティング株式会社,「世界40カ国、主要OS・機種シェア状況 【2020年5月】」 

3. Swiftの勉強は難易度が高い?

このように勉強するメリットが複数あるSwiftですが、実際の学習難易度はどの程度なのでしょうか。一般的にSwiftは可読性の高さや直感的なコーディングが可能な点から、学習コストが低いといわれています。確かに言語自体の難易度はそれほど高くはありません。しかし、プログラミング初心者にとっては「簡単とも言い難い」要素があるため、以下の点に注意が必要です。

環境構築と「慣れ」のコスト

前述したようにSwiftの勉強にはMac環境の構築が必要です。特に「Xcode」という統合開発ツールは、Windows環境で使うことを想定していないため、事実上のMacOS専用ソフトウェアです。また、Windows環境に慣れた人間がMacOS環境に移行するコストは、お金だけではありません。あらゆるインターフェースの使い方に慣れ、違和感なく使えるまでの労力と時間が必要です。この労力と時間が、Swiftを勉強するうえでのハードルになりがちなのです。

周辺知識の習得

SwiftおよびXcodeを用いた開発では、通常「CocoaPods」と呼ばれるライブラリ管理ツールを使用します。CocoaPodsはLinux上で動作し、インストール作業やファイル操作においてLinuxコマンドを用いるため、基礎的なLinux操作の知識が不可欠です。「cdコマンド(ディレクトリ移動)」や「viコマンド(文字編集)」などはそれほど難しくはありませんが、WindowsのようなGUIベースの操作に慣れていると違和感を覚えるかもしれません。

日本語情報の少なさ

Swiftに限らず、プログラミング言語の勉強は、トライ&エラーの繰り返しです。エラーの解決方法や上手な記述方法のヒントを探るためには、インターネットの活用が欠かせません。したがって、「インターネット上にお手本となるコードサンプルが多い言語ほど、勉強しやすい」と言えます。一方、Swiftは誕生から間もない言語であり、インターネット上にコードサンプル、問題解決方法などの情報が少ないのです。

ある程度のプログラミング経験があるならばさほど問題ありませんが、初心者に近い人間が完全に独学で学ぶのは難しいかもしれません。そのため、独学にこだわりすぎず、オンライン学習サイトやスクール活用で問題解決のためのリソースを確保しながら、勉強を進める方法がおすすめです。

4. Swiftの学習ステップ

最後に、プログラミング初学者向けにSwiftの学習ステップを紹介します。学習の参考にしてみてください。

1. Mac実機の調達とXcodeの入手とインストール

Swiftは、MacOSを搭載した実機(PCなど)を保有していなくても、シミュレータ上でデバックが可能です。しかし、シミュレータではハードウェアデバイスを扱うコードのテストが実施できないという弱点があります。そのため、現場で使用するスキルが育たない可能性が高いのです。まずはMacOS搭載機を用意し、Xcodeなどの関連ソフトウェアをインストールして環境を作り上げましょう。

2. Apple公式リファレンスの読破

Apple社では、開発者に向けて公式リファレンス(※)を公開しています。公式リファレンスでは、学習用環境である「Swift Playgrounds」の演習や、食事追跡アプリの開発ステップがレッスンとして記載されており、実用的なアプリケーション開発の手法を学ぶことができます。

具体的には「基本的なUI構築」「UIのコード接続」「ビューコントローラの操作」「カスタムコントローラ操作」「データモデル定義」などの章立てに分かれており、それぞれ文章とスクリーンショットによるコンテンツが用意されています。まずはこの公式リファレンスを一通り読み込み、Swift開発の基礎を身に着けていきましょう。

※参考:Apple「Start Developing iOS Apps (Swift)」 

3. 基礎的な処理の実装

公式リファレンスを読むことと並行して、簡単なif文、ループ処理、クラス、クロージャなどの理解を進めます。このあたりから本格的なコーディング作業が始まるため、「壁」を感じる機会があるかもしれません。スクールやオンライン講義サイトを活用しながら、勉強を進めてみてください。

4. 簡単なアプリの開発

プログラミングの勉強は何よりも手を動かすことが大切です。ある程度の知識が身に付いたら、「電卓アプリ」や「todoリスト」など、比較的簡単なアプリケーションの開発にとりかかってみてください。同時に、開発者ライセンスも取得し、配布できる状態にしておきましょう。開発ライセンスはApple IDを持っていれば取得することができます。

ただし、開発ライセンスは有料で、個人・法人がApple Storeでアプリを配布できる「Apple Developer Program」は年間99ドル、社内用アプリを配布できる「Apple Developer Enterprise Program」は年間299ドルのライセンス使用料が必要です。個人の学習用であれば、年間99ドルのApple Developer Programで問題ないでしょう。

5. まとめ

SwiftはApple社が2014年に発表したネイティブアプリ開発用言語です。歴史は浅いものの、Apple社製のデバイスに搭載されるiOS上のアプリ開発に使われることから、徐々に知名度が上がっています。また、学習コストが低く、汎用性が高い点も特徴です。特にアプリケーションエンジニアとしての転職を検討している方には習得をおすすめします。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

Swiftの求人・転職一覧