プロジェクトリーダーとは?役割や役立つ資格、年収相場を紹介

最終更新日:2024年4月19日

一般的にプロジェクトリーダーとは、ITシステム開発などのプロジェクトを遂行する際のサブチーム単位の現場責任者にあたります。つまり、ソフトウェア開発やシステム構築といったIT関連プロジェクトの現場でチームを率いて指揮を取りながら、進捗や品質などを管理し遂行するリーダーです。

職種や役職というよりはプロジェクト上のポジションであり、多くのITエンジニアがキャリアパスの一ステップとして目指しています。

この記事では、プロジェクトリーダーを目指すエンジニアに向けて、仕事内容や役割、求められるスキル、仕事に役立つ資格などについて解説します。キャリア向上に向けたスキルアップの方針の参考になれば幸いです。

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

この記事のまとめ

  • プロジェクトリーダーは、プログラマーやシステムエンジニアの中のリーダー的な役割
  • プロジェクトリーダーは、プロジェクトマネージャーと比較すると小規模なチームの責任者
  • プロジェクトリーダーになるには、設計やプログラミングなどの開発スキルと、マネジメントやコミュニケーションなどの対人スキルの両方が必要

プロジェクトリーダー(PL)とは

プロジェクトリーダーとは、ソフトウェア開発やシステム構築のプロジェクトにおいて「現場のチーム単位のリーダーとして、プロジェクトを遂行し、完成させる」という役割を担うポジションです。プロジェクトマネージャーの責任のもと、担当する領域のチームが最大限のパフォーマンスを出せるよう進捗管理や品質担保を行います。

プロジェクトマネージャーがプロジェクト全体を統括するのに対し、プロジェクトリーダーは、技術的な専門知識を持ち、チームを指揮・統率する役割です。チームメンバーの技術的な面をサポートしつつ自身もエンジニアとして業務をこなし、さらにプロジェクトマネージャーと協力しながら、プロジェクトの目標達成に向けてチームを導きます。

多くの場合、プロジェクトリーダーはプロジェクトの中で一人のエンジニアとしての業務も割り当てられ、プレイヤー兼管理者として両方の成果が問われます。

関連記事:プロジェクトリーダーの仕事内容と役割、平均年齢や年収を解説

プロジェクトリーダーの役割

プロジェクトリーダーの主なミッションは下記の2つが挙げられます。


  • ・現場でチームをまとめ、プロジェクトを遂行し、完遂させる

    ・クライアントの要求を把握し、納品物として実現させる


言葉にすると簡単に見えますが、これらを完遂するためにはさまざまな仕事をこなす必要があり、開発やマネジメントに関する幅広いスキルと経験が求められるポジションです。

取りまとめる対象も、アプリケーション/インフラといった大きな分野から、アプリケーションの中でも機能やサブシステムごとに分かれたグループなどプロジェクトによってさまざまです。例としては、サブシステムAチームのプロジェクトリーダー、機能Xチームのプロジェクトリーダー、インフラ担当のプロジェクトリーダーという形をとります。

さらには、クライアント側から見ればチームのアウトプットを約束し、プロジェクト内ではチームの業務遂行に責任を負う立場ともいえます。一人の開発者という立場を超えた、より責任範囲の大きなエンジニアです。

また、過去にレバテックキャリアがインタビューをしたプロジェクトリーダーの男性は自身の業務について次のように話していました。

K.Sさん(29歳 男性)/ 大手メーカー系SIer

─転職先での、具体的な仕事内容についてはどのように聞いていますか?

非常に多岐にわたる事業を手がけている会社です。私は官公庁向けの事業部に入ることになりました。
具体的には警視庁や警備会社向けのシステム開発に関わることになると思います。社会の安全を支える基盤となる仕事に携われるので楽しみです。


【転職体験記】29歳プロジェクトマネージャー、大手印刷会社からの転身より抜粋

プロジェクトリーダー(PL)と他職種との違い

プロジェクトリーダーと名称などが類似し混同されやすいポジションとして、チームリーダー、プロジェクトマネージャーなどがあげられます。本項では、プロジェクトリーダーとの違いについて解説します。

プロジェクトリーダーとチームリーダーの違い

プロジェクトリーダーと混同されやすいポジションにチームリーダーがあります。この二つのポジションは企業の組織構造による呼称の違いであることが多いです。

一般的にはプロジェクトを推進する際、チームにいるメンバーをまとめる立場の人をチームリーダーと呼びます。職務や役割は企業や現場によって変わるため、場合によってはプロジェクトリーダーとチームリーダーがイコールとして取り扱われるケースもあります。所属組織の構造についてはしっかりと把握しておくようにしましょう。

プロジェクトリーダーとチームリーダーが異なるケースとして、チーム構成が異なる場合が挙げられます。プロジェクトリーダーはプロジェクトに焦点を当て、プロジェクトの目的に沿って構成されたチームにおいて進捗や品質を管理します。

チームリーダーは特定の部門や機能に特化したメンバーで構成されたチームを率います。長期的な目標を達成するためにメンバーと協力し、継続的に業務を行います。

プロジェクトリーダーとプロジェクトマネージャーの違い

プロジェクトマネージャーもプロジェクトリーダーとよく混同されます。両方ともその企業に役割として定着している場合は、プロジェクトリーダーは大きなプロジェクトを分割したチームのリーダーと同じような意味合いで呼ばれることが多いです。

ただし、企業によって権限ごとに呼称が違っていたり、業務ごとに呼称が定められていたりとさまざまです。こうした用語は企業組織によって定義が異なることが多いので、呼称による思い込みにとらわれず、企業組織の理解・コミュニケーションにより、自身に求められていることを正しく把握しましょう。

上記を踏まえた上でざっくりといえば、プロジェクトリーダーは自身も開発も行いながらチームを引っ張る立場、プロジェクトマネージャーは開発自体は行わずにプロジェクトの取りまとめに専念する立場になります。

関連記事:
プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違いは?
プロジェクトマネージャーとディレクターの違いとは?
プロジェクトマネージャーとは?役割・仕事内容・必須スキルを解説
プロジェクトマネージャーの転職を成功させるコツ|年収の上げ方や求人例も紹介
未経験からプロジェクトマネージャーになるには?資格や適性を解説

プロジェクトリーダーとテックリード・VPoTとの違い

テックリードとは、プロジェクトチーム全体の中での技術的な方針決定や課題解決を図る、高度なスキルを持ったエンジニアのポジションです。プロジェクトを先導する立場ではありますが、特定のチームに責任を負うわけではなく、技術的な面でプロジェクト全体をリード、サポートする点がプロジェクトリーダーと異なります。

VPoTはVicePresident of Technologyの略で、企業における開発を技術的な側面から先頭に立って引っ張るポジションです。特にベンチャー企業などに多く見られ、もともとはCTOの役割の一部から分岐しているといわれています。技術的な方針策定、アーキテクチャ選定、レビューによる品質確保、DevOpsの陣頭指揮などにおいて活躍します。VPoTも、技術面でプロジェクトや企業内のサポート・支援を担当するため、プロジェクトリーダーのようにチームのマネジメントなどは行いません。

つまり、テックリードおよびVPoTは、プロジェクトを技術的に支援する役割を持ちます。しかしプロジェクトリーダーと違い、なんらかのチームをマネジメントする役割はありません。

プロジェクトリーダーの年収相場

レバテックキャリアに2024年3月18日時点で公開中の、職種「プロジェクトリーダー」についての求人・転職情報よりプロジェクトリーダーの平均年収を算出しました。30件を抽出し、年収の最大値と最小値の中間値の平均からプロジェクトリーダーの平均年収は約743万円と試算することができます。

プロジェクトリーダーはさまざまな年齢や役職の人が就くことがあり、またリーダー経験やスキルによっても変わるため、年収のバラつきも大きいです。また、プロジェクトマネージャーと同時に募集されるケースも多く、求人内にいずれかのポジションとされるケースも少なくないため、実際にはもう少し年収は少ない可能性があります。

しかし、プロジェクトリーダーは経験を積んでいる人が任せられるポジションであるため、全体の平均年収と比較すると高い水準にあります。

関連記事:プロジェクトマネージャーの平均年齢は?何歳まで目指せる?

プロジェクトリーダーの仕事内容とは

プロジェクトリーダーは、プロジェクトメンバーとして開発にも取り組みますが、本章では、プロジェクトリーダーとしての役割を果たすために行う業務を具体的に解説します。

プロジェクトリーダーの仕事内容としては、「プロジェクトの推進」「要件定義、設計」「トラブル対応」「他部門・他チームとの連携」などがあります。

プロジェクトの推進

プロジェクトリーダーのもっとも重要な仕事は、「プロジェクトの推進」といっても過言ではありません。どのようなプロジェクトであっても顧客への納期は決まっています。納期に間に合うようにチームをまとめ、計画どおりにプロジェクトが進行するよう現場を指揮するのがプロジェクトリーダーです。具体的には、スケジュール管理やチームメンバーのリソース管理、作成された成果物の品質管理などを行います。

プロジェクトマネージャーもプロジェクトの推進を行いますが、責任範囲および管理対象が異なります。

要件定義、設計

プロジェクトリーダーはチームの進捗やコストをコントロールしながら、作業メンバーとして要件定義や設計業務も担当します。要件や設計によって定義した内容をチームメンバーに展開し、チームメンバーをフォローしながら開発を行っていきます。さらに、チームメンバーの成果物を取りまとめてクライアントへの設計結果の説明なども業務の一つです。

このように、プロジェクトリーダーはSE業務に加えて現場の指揮官としてプロジェクトを推進していきます。一般的にプロジェクトマネージャーはプロジェクトに対して1名ですが、プロジェクトリーダーはアプリケーションチームのリーダー、インフラチームのリーダーといった具合に複数置かれることも少なくありません。

トラブル対応

システム開発のプロジェクトでは、必ずといって良いほどトラブルが発生します。大きなトラブルでなくても、スケジュールが遅れている、詳細設計の内容をプログラミングで実現するのが難しい、メンバーが体調不良になった、クライアントから急な仕様変更の依頼が来た、といったことはよくあります。こういったトラブルが発生した際、どのような対応を行うかはプロジェクトリーダーが決めることも多く、トラブルを解決に導き、プロジェクト推進の妨げをなくすことが重要な責務です。

チーム内で解決できないトラブルであれば、他チームやプロジェクトマネージャーに働きかけて解決に導き、プロジェクトを推進します。

他部門・他チームとの連携

プロジェクトリーダーは自チームをまとめるだけでなく、他チームとの連携も業務の一つです。たとえば、開発したアプリケーションを動作させるには、サーバーやネットワークなどのITインフラが必要です。そのため、アプリケーション開発チームのリーダーはインフラチームのリーダーと連携してアプリケーションが動作できる環境を準備します。

プロジェクトを円滑に進めるためには目の前の作業に集中することはもちろん重要なのですが、プロジェクトに関わる人同士の連携が円滑でなければなりません。プロジェクトリーダーは周囲の状況を見て立ち回る必要があります。

また、システムの連携部分やインフラとアプリケーションでは、設計に対し認識の齟齬が発生する可能性があり得ます。チームとしての見解を代表し、関係者との認識共有を行うことで、認識齟齬によるトラブルや品質低下を防ぐことも重要な仕事です。

プロジェクトリーダーに求められるスキルと知識

プロジェクトリーダーには、自分の担当するチームの領域における一人の開発者としての知識とスキル、チームとしての成果をあげるためのまとめ役としてのスキルが必要です。まとめると、開発者としてのスキルと、管理者としてのスキルの両方が求められるポジションということです。

以下では、プロジェクトリーダーに求められるスキルと知識を具体的に説明していきます。

プロジェクトに必要な技術スキルと知識

プロジェクトリーダーは、プレイングマネージャーとして実際に現場で顧客へのヒアリングや提案、設計書の作成といった作業を行います。加えて、リーダーとしてメンバーの作業内容の品質確認、技術的なフォローを適切に行うため、率いるチームが担当する技術領域に関する深いスキルと知識が求められます。たとえば、アプリケーション開発チームのリーダー、インフラ開発チームのリーダーであれば、以下のようなスキルが挙げられます。

アプリケーション開発リーダーの場合

  • ・要件定義、基本設計に関する知識

    ・ソフトウェア開発手法に関する知識

    ・プログラミングスキル

    ・データベースを扱うスキル

    ・テスト手法に関する知識

    ・品質管理に関する知識 など

インフラ開発リーダーの場合

  • ・要件定義、基本設計に関する知識

    ・ソフトウェア開発手法に関する知識

    ・サーバーの設計、構築スキル

    ・OSの操作スキル

    ・セキュリティに関する知識

    ・アプリケーションサーバー、データベースなどのミドルウェアに関するスキル

    ・ネットワークの設計、構築スキル など

コミュニケーションスキル

プロジェクトリーダーの重要な仕事の一つに、「チームをまとめること」があります。チームを率いて仕事を遂行するためには、チームの課題や進捗をスムーズにヒアリングするコミュニケーション能力が欠かせません。また、顧客とのヒアリングや交渉などでもコミュニケーション能力は不可欠です。

プロジェクトリーダーはチーム内の業務管理を行うため、チームメンバーと細かなコミュニケーションを行い、チームマネジメントをするスキルも必要です。さらには、プロジェクト全体に対しては、チームを代表した立場として進捗や成果の報告を行います。成果をまとめて、報告するスキルもコミュニケーションの一部として必要です。

プロジェクトマネジメントスキル

チームメンバーをとりまとめ、チームが担当する領域の進捗を管理しながら仕事を完遂するのもプロジェクトリーダーの仕事です。チーム全体の状況を把握しながら、遅れているところや課題があればプロジェクトマネージャーにエスカレーションして解決策の指示を仰ぎます。プロジェクトマネージャーほどプロジェクトマネジメントスキルは求められませんが、担当するチームの進捗管理やリソース管理を担うという点でプロジェクトマネジメントスキルの一部が必要です。

より具体的にはチームの仕事に対し、品質、コスト、進捗を担保するため、品質管理、コスト管理、進捗管理についてのスキルが求められます。

リーダーシップ

プロジェクトリーダーは、現場でプレイイングマネージャーとしてメンバーとともに仕事をしながら全体をとりまとめ、チームの士気を高めます。チームが一致団結して力を発揮するための雰囲気づくりや、課題が発生したときの方針判断などのリーダーシップが求められます。

危機管理スキル

プロジェクトリーダーには対象とする領域やメンバーの業務に対し、作業進捗を管理するスキルが必要となります。チームのアウトプットがプロジェクトリーダーの成果となるため、直接的に評価に影響するスキルです。チームメンバーの予定、実績、課題を把握し、問題発生時には対処方法の立案、プロジェクトマネージャーへのエスカレーションを行います。

問題解決スキル

プロジェクトリーダーはトラブルに対処する必要があると説明しました。トラブルに対処するためには、問題解決スキルが重要です。問題解決スキルは抽象的なものですが、問題を切り出す、メンバーに共有する、解決策を考える、メンバーに役割を割り振る、計画を立てつつも臨機応変に対応する、といった方法論はトラブルの内容が変わっても共通しています。

最新ITの情報収集力

システム開発において、大きな範囲に責任を負うには幅広い技術的なバックボーンが必要となります。チームでの業務で必要となる技術的な知識を持っていることは、スケジュールの作成や人員配置でも重要な要素です。

また、最新のIT技術・トレンドに関する知識は開発効率の向上や顧客の希望を叶える上で求められるスキルの一つです。多くの選択肢を持つためにも、プロジェクトリーダーは最新の技術情報を収集しておく必要があります。

臨機応変に対応できる柔軟性

チームでの成果をあげるためには、開発者が効率的に業務を行えるようプロジェクト上で発生する課題を解決し、推進の妨げを取り除く必要があります。とはいえ、課題やトラブルがどのように起こるかは予測できず、また解決に向けた方法や手段は一つとは限りません。問題解決スキルとも関係がありますが、プロジェクトリーダーは臨機応変な対応ができる柔軟性も重要です。

技術的な課題であれば自分で正解を見つけるだけでなく、有識者の意見を聞くことで課題解決へのコストと時間を節約できるかもしれません。ソフトウェアの性能に関する課題としてあがった問題に、ハードウェア的な対処が効果的な場合もあります。多くの選択肢をもち、柔軟に最適な判断ができるスキルが求められるポジションです。

プロジェクトリーダーの業務に役立つ資格

プロジェクトリーダーの仕事に役立つ資格を紹介します。プロジェクトリーダーには開発者としてのスキルと管理者としてのスキルが求められるため、両分野の資格を対象としています。

資格取得は、客観的なスキルの証明になるため転職などにも有効です。プロジェクトリーダーにキャリアアップしたい、転職したいと考えている方は参考にしてみてください。

関連記事:
プロジェクトリーダーの資格について|必要なスキルと適性も解説
プロジェクトマネージャーに役立つおすすめの資格と難易度を解説

応用情報技術者試験(AP)

応用情報技術者試験は、IPAが運営する情報処理技術者向けの国家資格です。高度で専門的なIT技術を持つ人材として、システムの開発や運用だけでなく、経営に関わるIT戦略の立案など幅広いスキルを証明するものです。プロジェクトリーダーはSE業務も担うため、技術力を証明するために取得しておくと良いでしょう。令和5年秋期の合格率は23.2%とやや難易度の高い試験です。

高度情報処理技術者試験

IPAが運営する国家資格試験「情報処理技術者試験」の中でも、高度な知識と技能が必要となるのが高度情報処理技術者試験です。以下の9つが該当します。

  • ・ITストラテジスト試験

    ・システムアーキテクト試験

    ・プロジェクトマネージャ試験

    ・ネットワークスペシャリスト試験

    ・データベーススペシャリスト試験

    ・エンベデッドシステムスペシャリスト試験

    ・ITサービスマネージャ試験

    ・システム監査技術者試験

    ・情報処理安全確保支援士

以降で紹介するシステムアーキテクト試験や、プロジェクトマネージャ試験も高度情報処理技術者試験に該当します。応用情報技術者試験の上位の位置づけです。いずれもIT業界で評価が高く、プロジェクトリーダーにとっても役立つ資格です。

システムアーキテクト試験(SA)

システムアーキテクト試験はIPAが運営する国家資格で、応用情報技術者試験の上位に位置する難易度の資格試験です。システム開発の上流工程を主導する立場の者を対象としており、プロジェクトリーダーの役割と非常にマッチしています。上流工程のスキル・知識だけでなく、プロジェクト推進体制の策定などの知識も問われます。令和5年春期の合格率は15.8%と難易度の高い試験です。

プロジェクトマネージャ試験(PM)

プロジェクトマネージャ試験はIPAが運営する国家資格で、高度IT人材として開発するソフトウェアやシステムの品質、スケジュールなどを守りながらプロジェクトを完遂するための能力を認定するものです。プロジェクトマネージャーを対象としておりプロジェクトリーダーにはややハードルが高い資格ですが、プロジェクトマネージャーへのキャリアアップを見据えて学習すると良いでしょう。令和5年秋期の合格率は13.5%と難易度の高い試験です。

PMP

PMPは高度なプロジェクトマネジメントスキルを証明する国際資格で、国内・海外において高い評価を得られます。プロジェクトマネージャー試験と同様にハードルが高い資格ですが、知識領域が明確に分かれているため、まずはプロジェクトで必要な領域のみ学習してみても良いでしょう。合格率は非公開です。

プロジェクトリーダーになるには

プロジェクトリーダーになるには、開発者としての高いスキルとプロジェクトマネジメントスキルの習得が必要です。そのため、プログラマーやシステムエンジニアとして業務経験を積み、その先のステップとしてプロジェクトリーダーを目指すキャリアパスが一般的です。現場の開発者として業務に従事することで、技術的なスキル向上を図り、なおかつ、積極的にマネジメント業務に関わりプロジェクトマネジメントスキルの習得を目指します。

プロジェクトリーダーはプログラマーやシステムエンジニアを束ねるリーダーにあたるポジションです。プロジェクトマネージャーを目指すキャリアパスでも、その前のステップにプロジェクトリーダーを置くと良いでしょう。

関連記事:
SEからプロジェクトマネージャーを目指す方法
初めてのプロジェクトリーダーに抜擢!業務に役立つ本を6冊ご紹介

プロジェクトリーダーに関するよくある質問

プロジェクトリーダーを目指すエンジニアの中では、必要なスキルやプロジェクトマネージャーとの関係、向いている人の特徴などが気になる方が多いようです。

以下では、プロジェクトリーダーというポジションに関して、よくある質問と回答をまとめました。これからプロジェクトリーダーを目指す方の参考になれば幸いです。

Q1. プロジェクトリーダーに必要なスキルは何ですか?

プロジェクトリーダーに必要なスキルは、エンジニアとしての技術的なスキルに加え、下記があげられます。


  • ・チームを団結させるリーダーシップ

    ・メンバーへのヒアリング能力

    ・トラブルを対処する問題解決力

    ・スケジュールを厳守する管理能力

Q2. プロジェクトマネージャーとリーダーはどちらが上ですか?

日本国内の企業のプロジェクト体制上では、プロジェクトマネージャーのほうがプロジェクトリーダーよりも上位に据えられます。プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーは役職というよりはプロジェクト内のポジションですが、多くの場合に企業内の役職についても同様の位置関係となります。

Q3. プロジェクトリーダーに向いているのはどのような人?

プロジェクトリーダーに向いている人として、向上心がある人、リーダーシップがある人などが挙げられますが、特に重要なのは、適切なコミュニケーションが取れる人でしょう。チームメンバー同士との円滑なコミュニケーションをとり、安定したチームを維持できることが重要だからです。

まとめ

プロジェクトリーダーは、プロジェクト内のサブチームにおいて責任者となるポジションです。チームをまとめて成果を出すことがミッションとなります。

チームの成果にコミットするためには、開発者としての技術的スキルに加えて、プロジェクトマネジメントスキルが必要となります。プロジェクトに従事する中で、技術的なスキルの向上を図り、マネジメント業務へ参加して知見を育むことが、プロジェクトリーダーを目指すエンジニアの定番のスキル向上に向けたプランです。

プロジェクトリーダーとなるためには、資格の取得によるスキル向上も一つの策となります。プロジェクトマネジメントスキルと関連する資格の取得も、キャリアアップに役立ちます。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

プロジェクトリーダー(PL)の求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?