ツールをフル活用してプロジェクト管理を効率化チーム開発が捗る!無料プランのあるプロジェクト管理ツール9選

最終更新日:2021年4月21日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

プロジェクトを円滑に進めるには、チーム内の情報共有やタスク管理の効率化が欠かせません。
プロジェクト管理ツールは、チームが抱えるこれらの課題を解決する手助けをしてくれます。

ひとくちにプロジェクト管理ツールといっても、機能や料金に違いがあるので、比較しやすいように人気&定番のツールを9つピックアップしてみました。
今回紹介するプロジェクト管理ツールは、いずれも無料プラン、および無料期間がありますので、まずは試してみてください。


【IT・Web業界のエンジニア・クリエイター転職は、レバテックキャリアへ】
履歴書・職務経歴書の書き方から面接対策まで丁寧にサポートします。
・転職支援サービスに申し込む


サイボウズLive

https://live.cybozu.co.jp/

「グループチャット」「掲示板」「ファイル共有」「ToDoリスト」など、プロジェクト管理に必要な機能が揃っていながら、無料で利用することができるプロジェクト管理ツールです。
無料でも全ての機能が利用できますが、1グループにつきグループメンバー数300名、グループ内のデータ保存容量1GBという制限があります。
グループ機能に特化したスマートフォンアプリ「サイボウズLive TIMELINE」(iPhone / Android)も無料で提供しており、アプリではグループチャット、掲示板、ファイル管理ができます。

Jooto(ジョートー)


Webサイト「Jooto」の画像

https://www.jooto.com/

「Jooto」は、20,000社以上に利用されている人気のプロジェクト・タスク管理ツールです。
クラウド型のツールなので、端末とネット環境があればどこでも利用できます。
「タスクごとに担当者を設定」「サブタスクの作成」「進行具合をバーで確認できるチェックリスト」など、プロジェクト管理に便利な機能が充実しています。
無料のプラン(機能と容量制限つき)がありますので、プロジェクトマネジメントツールをお探しの方はぜひ試してみてください。

Redmine(レッドマイン)

Webサイト「Redmine」の画像

http://redmine.jp/

「Redmine」はオープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアで、「タスク管理」「進捗管理」「工数管理機能」「情報共有」「ガントチャート」「RSSフィード・電子メールによる通知機能」「Wiki」「フォーラム」など、プロジェクト管理に使える機能が多数備わっています。
「チケット」と呼ばれるツールを使い、タスクを管理するのが特徴で、各チケットに進捗状況、担当者の割り当て、優先度、開始日、期日などを設定して管理します。

ToDous(トドゥス)

Webサイト「ToDous」の画像

http://todous.jp/

「ToDous」は3人まで無料で使えるタスク管理ツールで、プロジェクト管理ツールとしても使えます。
ベースはタスク管理ツールですが、進捗状態を確認したり、締め切り前にチームメンバー全員にメールで知らせてくれたり、プロジェクト管理に活用できる機能も備わっています。
他には催促メールを送信する機能、感謝の気持ちを伝える「ありがとうボタン」といった機能が備わっていて、各機能がチーム開発をスムーズにしてくれます。
3ユーザーまでは無料(最大データ量50MBの制限つき)で、有料プランは5ユーザーからとなります。

Wrike(ライク)

Webサイト「Wrike」の画像

https://www.wrike.com/ja/

「Wrike」は米国カリフォルニア州発のプロジェクト管理ツールで、Amazon、Paypal、MTV、Hootsuite、HTCといった有名企業が導入しています。
基本的なプロジェクト管理の機能はもちろん、「Excel「Word」「Googleドライブ」「Gmail」「Apple mail」「Dropbox」「Evernote」「Slack」「WordPress」など、さまざまな外部サービスとの連携が可能なので、幅広い使い方ができるツールです。
このプロジェクトマネジメントツールは5人以下なら無料(機能制限あり)で利用可能なので、気になった方はぜひ試してみてください。

Brabio!(ブラビオ)

Webサイト「Brabio!」の画像

http://brabio.jp/

「Brabio!」は5人までなら無料(ストレージは50MBまで)で利用できるプロジェクト管理ツールです。
プロジェクト管理を捗らせる工夫として、「タスクリンク」「達成率の表示」「マイルストーン」「プロジェクト横断ビュー」といった機能を導入しています。
「管理者」「スタッフ」「パートナー」「ゲスト」という権限の異なる4つのユーザーモードが選択できるので、社内だけでなく社外との情報共有にも使えます。

Producteev(プロダクティーブ)

Webサイト「Producteev」の画像

https://www.producteev.com/

「Producteev」は、ユーザー数の制限なしで使える無料のプロジェクト管理ツールです。
無料版は「Windows用のOutlookとの統合」「24時間サポート」「ネットワークの色とロゴのカスタマイズ」ができないという制限がありますが、ユーザー数だけでなくプロジェクト数も無制限なので、ある程度の規模のプロジェクトでも無料で使えます。
ただ、日本語対応していないので、UIやメニューなどはすべて英語となっています。

Backlog(バックログ)

Webサイト「Backlog」の画像

http://www.backlog.jp/

「Backlog」は「ガントチャート」「バーンダウンチャート」「課題(タスク)管理」「バージョン管理」「ファイル共有」「Wiki」など、チーム作業を円滑にする機能が揃ったプロジェクト管理ツールです。
「バーンダウンチャート」はプロジェクトの進捗状況をグラフで表す機能で、プロジェクトの状況を見える化してくれます。
全てのプランを30日間無料で試すことができ、一番リーズナブルな「ベーシックプラン」は月額2,000円です。
今回紹介するプロジェクト管理ツールの中では、唯一期間無制限の無料プランがありません。

ChatWork(チャットワーク)

 

Webサイト「ChatWork」の画像

http://www.chatwork.com/ja/

「ChatWork」はビジネスチャットツールですが、「タスク管理」「ファイル共有」の機能が備わっているので、プロジェクト管理ツールとしても使えます。
チャットがメインのツールなので、他のプロジェクト管理ツールと比べるとプロジェクト管理に関する機能が弱いですが、チャットとプロジェクト管理をひとつのツールで済ませたい方は、「ChatWork」の活用を考えてみてはいかがでしょう。
フリープランは、無料で14のグループチャット、1対1のビデオ会議、5GBのストレージが使えます。

最後に

プロジェクト管理ツールによって機能や使い勝手、料金が異なるので、自分やチームに合ったツールをお選びいただければと思います。
今回紹介したプロジェクトマネジメントツールは、いずれも無料プランや無料期間がありますので、気になったツールがあればぜひ試してみてください。
プロジェクト管理ツールを使うことで、チーム内の情報共有やタスク管理が促進されるので、「プロジェクト管理が煩雑になっている」「情報共有がうまくいっていない」といった課題を抱えているのでしたら、導入を検討してみてはいかがでしょう。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

プロジェクトマネージャー(PM)の求人・転職一覧