スキルアップ記事

レバテックキャリアではIT・Web業界のエンジニア、デザイナーのスキルアップに役立つコンテンツをお届けいたします。
転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務で使える記事等幅広く掲載していきます。

転職支援サービスをご希望の方はこちら

Webディレクターに必要なスキル

Webディレクターにとって大切なスキルは、技術的なスキルに加えて人間的なスキルが必要とされます。いかにスムーズな進行ができるか、チームリーダーとして動けるかが鍵になる職種ですが、そんなWebディレクターになるには、特段必須な資格はありません。ですが、2つの資格を取得することで自身のスキルを証明し、さらにスキル向上を目指せるでしょう。他にも経営や権利に関する知識をもつことで、今後のキャリアパスをより広く描け、自身の将来性を見つめやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


■Webディレクターとして活躍したい方必見。必須スキルをご紹介

一言でいうと、Webディレクターをそつなくこなすには、複数のスキルを要します。これは経験に基づいたスキルや知識からプロジェクトが円滑に進むよう、チームリーダーとして動けるかどうかにかかっているのです。一般的に自社サービスでのWebディレクターは、主に専門部署や他社の仕事を監督するのが役割です。

それ以外では、所属する会社によって役割は様々あり、ときには専門分野を兼任する仕事もあるでしょう。そんなWebディレクターに必要なスキルを大きく2つに分けてご説明します。まずはテクニカルスキルといってサイト・Web関連業務を行うために必要とされる能力です。

こちらはネットワークの知識やマーケティング・広告関連の幅広い知識や経験をさします。そして、ヒューマンスキルは監督や他人とのスムーズな関係を維持するために必要な能力です。マネジメントやプレゼンテーションを行う機会が多いことから円滑なコミュニケーションが求められます。

仕事人として必要なスキルがあり、それから人との関わりが強い仕事ならではの素質・人間性なども重要視されています。

■テクニカルスキルについての具体的な知識や経験

・インターネットビジネスの知識
・フロントサイド言語 (HTML/CSS/JavaScript/CMS)
・サーバーサイド言語 (PHP/Prel/Ruby/Java/MySQL)
・UI/UX
・マーケティングや広告
・Webデザイン、Webライティング、文章作成
・解析や分析スキル

■ヒューマンスキルについての具体的な知識や経験

・コミュニケーションスキル
・リーダーとしての高い意識、実践力
・問題発見、解決能力
・プロジェクトマネジメントスキル
・情報のキャッチアップ力(常に高いアンテナを張っている)
・プレゼンテーションスキル

■資格を取得することで分かる、自身の力と今後の方向性や磨くスキル

Web環境や、HP制作の技術が日々高度化しているIT業界の将来性は、まだまだ未知数といえます。だからこそ、こういった環境に不安や足踏みをせず、積極性をもってチャレンジする姿勢が必要です。スキルアップすることを常に意識し、情報をキャッチアップするアンテナの張り方、ポジティブなスタンスを持っていればきっと明るいキャリアパスが見えてくるでしょう。

Webディレクターになる要件として、年齢の制限や資格の有無などはあまり問われません。しかしながら、これはWebディレクターとしての実力を示す判断材料がなかなかないとも言えるのです。自身の実力を知ってさらに知識や経験をアップさせるため、Webディレクターとしての実力がどれほどなのか、何が足りないのかなどを理解しておくことが大切です。

そこで、資格を取得するという方法が自身のスキル証明には有効です。Webディレクターにマッチする資格を2つご紹介します。Webディレクターの資格として、「Webディレクター試験」と「ネットマーケティング検定」があります。

まずWebディレクター試験は、社団法人全日本能率連盟登録資格(Web検)が実施しているWebディレクションスキルに関する資格試験で、Webディレクターに必要な専門知識や実践スキルを図れる内容がつまっています。

そして、もうひとつのネットマーケティング検定は、ネットマーケティングやWeb関連の知識をはじめ、スキル、Webブランディングのスキルといった、トータルな知識を証明できる資格です。

■プラスで身につけておくと自身の活躍の幅が広がるスキル

スキル・知識が増えるほど、Webディレクターのスキルも向上し、活躍の幅がどんどん広がっていきます。今後習得しておいてプラスになる知識をご提案します。

・権利にかかわる知識
文章やデータの引用を、正しい要件に則って行うことや、クリエイティブ・コモンズ・ライセンスを理解し、駆使できる力などが求められます。

・経営にかかわる知識
自社・クライアントの経営状態を把握できることや、自社・クライアントの経営状態に合わせた提案のスキルを求められます。

・英語、英会話スキル
海外のWebサイトを原文や新しい言語の仕様書を原文で読むことができると業務がよりスムーズになるでしょう。ほかにも、最低限最低限の英文ビジネスメールを作成できると、業務の幅を広げられます。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

Webディレクターとしての転職でお悩みの方、以下よりご相談ください!


■関連記事
Webディレクター求人の転職白書
Webディレクターとは
Webディレクターの仕事内容
Webディレクターにおすすめの資格
Webディレクターになるには

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Webディレクターの求人・転職一覧

無料"個別相談会"実施中-平日の夜、土曜も実施しています!-

関西求人特集 みんなの年収UP公開中

九州求人特集 福岡での転職をサポートします!

転職・求人・採用情報を探す

プライバシーマーク

レバテック株式会社は、
「プライバシーマーク」
使用許諾事業者として
認定されています。