この求人は既に募集を終了しています

弥生株式会社

【アプリケーションエンジニア】「弥生シリーズ」のデスクトップ版/クラウド版の開発

年収
400~800万円
雇用形態
正社員
最寄り駅
秋葉原駅 (東京都)

業界シェアトップクラスの自社サービス、会計・申告・給与ソフト「弥生シリーズ」製品の開発を行っていただきます。もともとあったデスクトップ版に加え、クラウド版も手がけているため、新しい技術に触れながら企画・要求定義から要件定義・設計・開発・テスト・運用と、上流から下流工程までの幅広い開発フェーズに携わることができます。
会社として、「新しい挑戦」をしながら「現場で開発する人間の負担軽減」や「安定的な品質の担保」を図るため、時期を問わず、常にエンジニアを積極的に採用しています。

この会社が取扱う技術

レバテックのキャリアアドバイザーがおすすめするこの求人のポイント
人数はプロジェクトによって異なります。 プロジェクトは、PM、テクニカルリーダー、QL(品質リーダー)の体制で進めていき、テクニカルリーダーの下にエンジニアがいます。 プロジェクトごとに5~20名ぐらいのチームとなります

最終更新日:2020年08月08日

業務内容について

「弥生会計」をはじめとした「弥生シリーズ」製品の開発を行っていただきます。複数の製品があり、またデスクトップ版/クラウド版といった区分もあるため、状況に応じて担当プロジェクトが変わる可能性があります。

<具体的な業務内容>
・「弥生シリーズ」のデスクトップ版/クラウド版の製品開発
・クラウドサービス開発(FinTech/業務支援)
・各種業務支援ソフト開発(会計/給与/販売/顧客管理etc)
・要求の具現化から、設計書の作成、実装、テストまで

【仕事の特色】
プロジェクトはPM、テクニカルリーダー、QL(品質リーダー)が主となり、技術的・品質的な観点を考慮しながら進めています。
開発プロセスのベースとなるのはTDDです。そこにアジャイルの考え方も取り入れ、弥生独自のものを作り出しています。使用する言語やツールは、プロジェクトによって異なりますが、最新の技術を用いることでより良い開発をおこなうのが信条。常に、最終的な目標である「お客様の業務をいかにして効率化できるか」「どのようにしたら使いやすくなるか」にいかに近づけるかということを考えながら作業を進めています。

<配属予定の担当領域/サービス/職種の代表例>
クラウドサービス開発(FinTech/業務支援)
各種業務支援ソフト開発(会計/給与/販売/顧客管理etc)

基幹システム    ・・・・・・ 社内用基幹システム開発/CRM/BIツール開発
インフラエンジニア ・・・・・・ サーバ/ハード/ミドルウエア
テストエンジニア  ・・・・・・ プロジェクトの品質管理/テスト計画/テスト設計

募集要項

担当する工程
  • 画面設計
  • 結合テスト
  • 要件定義
  • 運用テスト
  • 詳細設計
  • 運用設計
  • 実装
  • 改善
  • 単体テスト
  • 運用
  • 総合テスト
  • 基本設計
  • デバッグ
  • インフラ構築
  • 保守
  • テスト設計
業界
  • IT・通信
  • ソフトウェア/インターネット
  • サービス
  • コンサルティング
必須条件

・IT業界での開発経験が2年以上ある方
(開発言語不問: 開発環境記載の開発言語を中心にいずれかの経験があれば応募可)

・もっとプロジェクト全体が見えるポジションや上流を経験したい方
・自社開発の環境で製品やサービスに責任を持って働きたい方
・もっとユーザの声を聞きながらシステムに反映させたい方
・常に新しい技術に触れていたいエンジニアの方

雇用形態

正社員

想定年収

400~800万円 (給与形態:月給)

■賞与・昇給
賞与:年3回(4月・10月・12月)
※年間約4ヶ月(業績連動)
※入社日から算定期間における出勤日数により期間按分の上支給いたします。
昇給:年1回(10月)

■募集職種の年収例

・25歳500万円
・29歳540万円(残業代除く)

※上記年収は一例です。
ご経験・スキルおよび現職の年収を鑑みてご提案致します。
※残業代:年俸制の場合は30時間/月の残業代が年収に含まれています。

■給与・評価等備考
・給与:想定の為、現職の給与を加味いたしまして、最終的にオファーいたします。
・通勤手当:規定内にて全額支給

<給与テーブル>
・年収320~480万円:残業代制(固定残業時間無し)
・年収550~1000万円:30時間相当分の残業代を含む
・年収1075~2500万円:管理監督者の為固定残業時間無し(役職手当有り)
※上記外の給与レンジは存在しない(例:年収490万円 等)

■手当
通勤手当、残業手当、役職手当

予定勤務地
東京都千代田区
就業時間
09:00~17:30 
平均残業時間
10~30時間
年間休日
127日
服装
私服
福利厚生

健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 / 通勤手当 / 夏季休暇 / 有給休暇

■備考
<福利厚生制度>退職年金制度、資格取得・研修受講の補助制度、休職制度、育児介護による短時間勤務制度、リフレッシュ休暇補助金、団体定期保険加入、社内親睦会制度、永年勤続表彰制度、慶弔見舞金制度、従業員向け福利厚生サービス、FinTech、書籍経費購入、社員総会(毎年10月)、フリードリンク、異動希望申請可<教育制度>勉強会、自己啓発支援、日商簿記検定3級の取得推奨

研修制度・
社内勉強会
繁忙期の波などにもよりますが、2,3ヶ月に1回程度のスパンで勉強会が開催されています。社内で自発的に発生するものもあれば、外部からの依頼で登壇することもあります。また、外部のLT(ライトニングトーク)イベントなどで弥生の会議室を場所貸しすることもあり、社内外のエンジニア同士の交流もバックアップしています。

想定年収の上限額を出せるのはこんな人

想定年収

800万円

・主体性を持ち、自分チームの範囲だけでなく、相手チームの範囲に踏む込んで改善や提案ができ、成果がでている方
・開発本部全体のことを考え行動できている方

弥生株式会社の事業内容

【創業】1978年
【資本金】5千万円
【代表取締役社長】 岡本 浩一郎
【株主】オリックス株式会社
【決算】9月30日
【従業員数】683名(派遣・契約社員含む、2016年10月現在)
【平均年齢】尚可
【グループ会社】株式会社Misoca、ALT株式会社
【事業内容】
日本企業の99.7%を占める中小企業様・個人事業者様の「会計」や「給与」などの業務を、
「弥生シリーズ」のソフトウェアを通じて効率化し、さらに業務そのものを変えることを目指しています。

また、常に進化する製品とより発展する事業戦略によりマーケットシェアは60%に達し、
現在は登録ユーザー数が160万※1を超え、お陰さまで18年連続シェアNo.1※2の実績を誇ります。

■社風について
チームワークを大切にしています。
製品開発も販売も弥生はみんなの力を結集して効果の最大化を目指します。
そこには自由で積極的な意見が必要であり、チーム内でお互いを助け合うことも必要です。
個々人の力の結集が、より大きな力になることを認識して全社行動していますので、是非、チームの一員として大きな力の原動力になってください。


■受賞実績
・BCN AWARDにて、業務用ソフト部門で18年連続最優秀賞受賞(BCN調べ)
・BCN AWARDにて、申告用ソフト部門で13年連続で最優秀賞受賞(BCN調べ)
・全国約4000店の家電量販店販売実績で12年連続BEST1受賞(GfK Japan調べ)
・Microsoft Japan Partner of the Year 2017において
 日本で優れたアプリケーション開発を行った企業に贈られる
 「Application Development Award」を受賞(日本受賞)
・Microsoft Worldwide 2011において世界各国から1社のみに贈られる
 「Partner Conference Award」を受賞(グローバル受賞)

企業情報を見る

社員インタビュー

配属先リーダーに聞いたチーム体制

開発本部システム開発部 テクニカルリーダー
津輕 真澄氏  (30代後半)

■チームの文化・特徴
「YAYOI SMART CONNET」に関わるエンジニアは14名で、テストやコンテンツを担当する方も含めると20名程度の規模になります。メンバーは、スキルはもちろん、高いコミュニケーション能力も持っています。何気ない会話から気づきがもらえるチームです。そのため、きっちり制度を設けるというよりも、「最近この人と話してないな」と感じたらフラっと席に行き世間話をするような形で、ファジーにやっています。
他にもチーム作りのための取り組みとして、誰もがジェネラリストとしてプロジェクトにアサインできるように、メンバーが初めての領域へチャレンジする機会を設けています。この繰り返しによって、あらゆる事態にも柔軟に対応できるチーム作りを目指しています。

■メンバーに求めるもの
メンバーに求めるマインドとしては、「新しいことに気付き、自ら発信して定着させたい」という気概ですね。「YAYOI SMART CONNET」はまだ新しい試みなので、言われたことをただやるのではなく、積極性を持って業務に臨んでほしいです。

■応募者へのメッセージ
弥生というと「業務用ソフトウェア開発」のような固いイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。やりたいことをやれる自由な環境なので、web系企業でフルスタックエンジニアとしてやっていたような方でしたら、きっと活躍してもらえるでしょう。

プロフィール

web広告業界の営業職からDBエンジン開発ベンチャーのエンジニアに転身し、同社で約10年間勤務。その後、「新しいことにチャレンジしたい」という思いから転職活動を行い、「クラウドサービスを新たに始める」という点に惹かれ、2013年12月に弥生へ入社。現在は、仕訳の自動取込サービス「YAYOI SMART CONNECT」のテクニカルリーダーを務め、主な業務として要求定義の確認や要件定義の策定などの上流工程や、チームメンバーが作成した成果物のレビューや作業指示などを担当する。

チームメンバーに聞くこの仕事の面白さ

開発本部システム開発部エンジニア
寺崎 大樹氏  (20代後半)

■この仕事の面白さ
現在担当している「クラウド版・弥生会計」は、シェアだけでいえばNo.1になりましたが、クラウド会計ソフト自体の利用率がまだまだ低い状態なので、自分たちで利用者を増やしていく必要があります。クラウド版の場合、パフォーマンスの問題などで載せられる機能に制約がありまして。そういったところを改善し、使い勝手を上げていくことで、サービスの利用者を増やし、ひいてはクラウド会計ソフト市場の成長につながるというところにやりがいを感じています。

■今後のキャリア
とはいえ、私自身もまだまだ技術者としては未熟なため、開発スキルを磨いていく必要を感じています。例えば、社内にデータベース周りを扱える人があまりいないため、そこを伸ばして自分の強みにしようと考えています。そのため、現在はデータベーススペシャリスト試験に向けて勉強中です。一方で、社内的にはそろそろ中堅社員という立場になります。そのため、技術者としてだけではなく一社会人として後輩への指導や教育をできるになることも目標ですね。

■応募者へのメッセージ
弥生ではさまざまなことに挑戦する機会があります。そして、その機会をものにできるのは、自ら考え行動できる人だと思います。ぜひ新しいことに一緒に挑戦しましょう。

プロフィール

「自分が作ったものを、ひとりでも多くの人に使ってもらいたい」という思いから、会計ソフト業界シェアNo.1の魅力に惹かれ、弥生へ新卒で入社。これまで、「デスクトップ版・弥生会計」の所得税確定申告モジュール、「やよいの見積・納品・請求書」や「クラウド版・弥生会計」など、さまざまな新規機能・製品の開発プロジェクトに携わる。入社7年目となる現在は、クラウドチームのエンジニアとして、「クラウド版・弥生会計」の設計・開発を主に担当。

開発体制

プロジェクト規模
人数はプロジェクトによって異なります。 プロジェクトは、PM、テクニカルリーダー、QL(品質リーダー)の体制で進めていき、テクニカルリーダーの下にエンジニアがいます。 プロジェクトごとに5~20名ぐらいのチームとなります
担当部署

男女比

…男性 80%

…女性 20%

開発手法
アジャイル, TDD
設備
<PC>
OS : Windows 7,10
CPU : Intel Core i7-4790 Processor (Quad Core, 3.6GHz)
メモリ : 16GB
ストレージ(HDD / SSD) : SATA 1TB×2本
液晶サイズ: 24型、17型
<ディスプレイ>
U2412M
<キーボード、マウス>
標準

キャリアアドバイザーからのおすすめポイント

弥生は「単なる業務ソフトウェアを開発販売している会社」ではありません。 弥生社が目指しているのは「事業コンシェルジュ」です。

その実現のために、お客様の事業を効率的かつ円滑に進めるべく、あらゆるニーズや悩みにお応えしています。
また、お客様さまへ対し能動的に貢献しつつ、進化に対し積極的に後押しすることを重視。
業務ソフトウェアという枠にとどまらず、お客さまの事業全体で付加価値があがるようなサービスを提供しています。
事業コンシェルジュの進化、つまり「ソフトウェアインフラ」から「ビジネスインフラ」への発展に注力中です。

さらに、ITの進化にスモールビジネスの経済・経営環境を掛け合わせることにチャレンジ。その挑戦を通して、 新たな価値を提供していくことを同社のミッションとしています。

<社内の取り組み>

■安心して働ける環境
弥生株式会社はワークライフバランスを意識しており、 月間の平均残業時間は約26時間とIT業界の中でも比較的少ない部類になり、 メリハリを持って働く事が出来ます。
また、有給休暇やリフレッシュ休暇に加え退職金制度なども整っており、 2014年にはオリックスグループのグループ会社になりました。

■充実した開発環境
正社員の約3人に1人が開発職という構成のため、 エンジニアが働きやすい環境作りに力を入れています。
ハイスペックなPC、デュアルモニター、快適なスペースとリラックス出来る環境を用意して頂いており、 集中して開発をする事が出来ます。

■スキルアップ出来る環境
自社サービスを提供している企業になるので、 上流から下流まで一貫して携われるチャンスがあります。
また、社内では技術スキルアップに力を入れており下記のような制度があり、 スキルアップをしたいという思いを持っている社員を最大限支援されています。
・技術書、IT系雑誌は稟議が通れば会社の経費で購入出来ます。
・セミナーやDevelopers Summitなどのイベントに参加する際、会社で経費として扱われます。
・ご自身の意志で資格取得や研修などを受講される際は、 申請が承認されれば最大で費用の80%を会社が負担します。

■FinTech・最新技術への取り組み
最近話題になっている「FinTech」ですが、 2015年に「弥生クラウド」のサービス提供を開始、 2016年にはクラウド請求管理サービスを開発している株式会社Misocaをグループ化しており、 積極的に力を入れております。
また、機械学習・AI・品質分析など最先端の技術については大学と共同研究を実施しており、 より良い製品作りのために取り組まれております。

キャリアアドバイザー大伯 亮介

弥生株式会社が募集している求人・転職・採用情報

弥生株式会社のインタビュー記事

サイトでは公開していない、レバテック独自の求人情報をお伝えします

ご要望に合わせてプロが求人情報をご紹介します

あなたにおすすめの求人弥生株式会社の求人・転職・採用情報に関連した求人

あなたにおすすめの企業弥生株式会社の求人・転職・採用情報に関連した企業

開発風景

執務エリア

MTGの風景

エントランス

MTGルーム

会議室

執務室から見た外の景色

社内イベントの様子

専門書が詰まった本棚

フリードリンク