KotlinとJavaの違いとは?特徴やメリット・デメリットを比較

最終更新日:2024年3月8日

Kotlinは、GoogleがAndroidアプリ開発の公式言語として採用したプログラミング言語です。これからスキルを磨いて年収をアップさせたいエンジニアにとっては、気になる言語の1つではないでしょうか。

しかし、同じくAndroidアプリ開発ができるプログラミング言語にはJavaがあり、どちらを使用するべきか悩んでいる方も多いはずです。そこで本記事では、KotlinとJavaの違いや、それぞれのメリット・デメリットについて解説します。

今もらっている年収は高い?低い?

支援実績10年の登録者データを基にした エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START

この記事のまとめ

  • Kotlinは互換性の高さからJavaを習得済みのエンジニアにとっては馴染みやすく、同列に扱われることが多い
  • JavaとKotlinの違いはシンプルさや難易度、開発場面が異なるなどが挙げられる
  • KotlinとJavaそれぞれにメリット/デメリットが存在するため、どちらを習得すべきかは現状のプログラミングスキルを元に選ぶのがおすすめ

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

Javaとは

Javaは、1995年に登場した歴史あるプログラミング言語です。Googleが開発に用いることが多い三大言語(Java・C++・Python)の1つで、世界中で使用されています
Javaが人気の理由として、汎用性の高さが挙げられます。Web系の開発から組み込みシステム開発まで、幅広い分野に対応可能です。

関連記事:Javaとは?概要や特徴、メリット・デメリットをわかりやすく解説

Javaの特徴

Javaの主な特徴は、オブジェクト指向、ガベージコレクション、安定性、OSに依存しない、処理速度が速いなどが挙げられます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

オブジェクト指向

Javaはオブジェクト指向言語です。オブジェクトとは1つのモノを表し、プログラムをモノとしてみる考え方を基本としています。プログラミングは、上から順番に処理していくものです。あらかじめ使いたいモノの属性や動作を定義しておき、それを操作するという考え方です。

オブジェクト指向は、プログラムがモノとして分類されているため、複数人で開発する際も作業効率が良く、ソースコードの再利用や機能追加、修正などを簡単に行えるメリットがあります。そのため、さまざまな企業のシステム開発に使用されています。
また、メインの処理が複雑にならないため、可読性の向上につながり、バグの発生も容易に抑えられます。

ガベージコレクション

Javaには、ガベージコレクションという機能があります。ガベージコレクションとは、プログラムが確保したメモリ領域のうち、不要なものを自動的に解放してくれる機能です。

プログラムが動作するには、プログラム処理に使用する情報をメモリ上に読み込むステップが必要です。この読み込まれた情報は、処理が終了すると不要になります。つまり、何もしなければメモリ上にゴミが残された状態になります。

このゴミが溜まり続ければ、使用できるメモリを消費し尽くしてしまい、プログラムが動作不可能な状態に陥る恐れがあります。
しかし、Javaが持つガベージコレクション機能により、メモリ管理を常に意識する必要がなくなり、プログラミングの敷居が低くなりました

技術的に安定している

Javaは1995年に登場し、2023年11月現在の最新バージョンはJava 20(Oracle JDK 20)です。現在も新機能の追加をはじめとして活発なアップデートが行われています。
長い歴史をもつJavaは、世界中で高いシェアを誇っており、バグが発生しても修正しやすく安定しています。

OSに関わらず実行できる

Javaは、OSに関わらず実行できる言語です。Javaが登場する前は、実行するコンピュータやOSごとに別々のプログラミング言語でプログラムを実装する必要がありました。Javaはさまざまな環境で動作するように作られているため、WindowsやMac、LinuxのWebサーバでも、冷蔵庫や洗濯機など家電の組み込みコンピュータでも動作します。

処理速度が速い

コンパイル言語であるJavaは、登場したばかりの頃は処理速度が遅いといわれていました。しかし、年々改善されており、今では主要言語のなかでもかなりの処理速度を誇ります。
また、JITコンパイルの導入やコードの解析機能が言語に追加されたことによって、Javaの性能は大きく向上しています。

ライブラリが豊富にある

豊富なライブラリがあることもJavaのメリットです。ライブラリとは、プログラムを再利用可能な形で提供するもので、ほとんどのライブラリが無償で提供されています。ライブラリを活用すれば、作業効率の向上やコスト削減につながり、開発をスムーズに進められます

関連記事:
Java資格の最新一覧と各試験の難易度やおすすめの書籍を紹介
Javaエンジニアが転職するときの4つのポイント - 求人例も紹介

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

Kotlinとは

Kotlinは、2011年にAndroidアプリ開発をより簡単に行えるよう、Javaを改良して開発されたプログラミング言語です。GoogleのAndroidアプリ開発の公式言語として採用されています。
KotlinはJavaと同じ静的型付けのオブジェクト指向言語のため、JavaやC#を扱うプログラマーやエンジニアにとっては比較的なじみやすい言語です。

関連記事:Kotlinでできることは?特徴や事例を中心に徹底解説

Kotlinの特徴

Kotlinの主な特徴は、Googleの正式言語として採用されている、Javaとの互換性、安全性の高さ、処理速度が速いなどが挙げられます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

Googleが正式言語として採用している

Kotlinは、2011年に登場したプログラミング言語ですが、Google社がAndroidOS向けのアプリケーション開発の公式言語として採用したことにより、注目が高まっています。

Javaとの互換性がある

Kotlinは、Java仮想マシン上で動作するJVM言語であるため、Javaとの相互利用が可能です。Javaで開発されたアプリに、Kotlinで新しく機能を追加し、実装後Javaに変換することもできます

安全性が高い

Kotlinは、もともと産業利用を目的として開発された汎用言語のため、安全性に優れています。また、コードが簡潔であることも安全性の高さにつながっています。可読性が高いため、自然とバグが発生しにくい構造になるからです。

スピーディに開発できる

KotlinはJavaと比べてシンプルにコードを記述できるため、スピーディなアプリ開発につながります。トレンドなどを考慮して、市場への参入を早めたい場合などに重宝される言語です。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

KotlinとJavaの違い

KotlinとJavaは同じ静的型付けのオブジェクト指向言語であり、互換性もあるなど共通する点が多いです。ただし、同じAndroidアプリ開発ツールとはいえ開発分野や生産性、汎用性やコンパイル速度には違いがあるため比較して両者の特徴を掴んでいきましょう。
KotlinとJavaの違いを一覧で紹介します。

開発できるものを比較

KotlinとJavaでは開発できる対象について一例を確認しましょう。

共通して開発できる対象 Kotlinの開発対象 Javaの開発対象
・Webアプリ
・Androidアプリ
・サーバーサイド ・Webサービス ・PC向けアプリ
・基幹システム ・組み込みシステム
・ソフトウェア ・IoT

関連記事:未経験からJavaエンジニアに転職・就職する方法

生産性の比較

Androidアプリ開発のみに限定すると、KotlinとJavaではKotlinの方が生産性を高められます。KotlinはJavaよりもシンプルなコーディングのプログラミング言語であり、短時間のうちにAndroidアプリを完成させられるからです。

一方で、Javaは基本的にコーディングルールが複雑で、開発速度は決して早くありません。ただしKotlinよりもライブラリ数が多いといった特徴があるため、プロジェクトに合わせて両者を選ぶ必要があります

コンパイル速度の比較

JavaとKotlinでは、コンパイルに必要な時間に大きな違いがあります。開発するAndroidアプリの規模や内容にもよりますが、KotlinはJavaの2倍以上の時間が必要なケースも珍しくありません。これは、プログラミング言語の仕様上避けられないことでもあります。
ただし、レスポンスタイムに関してはJavaよりも若干Kotlinのほうが高速です。

汎用性の比較

JavaとKotlinはどちらも汎用性が高く、便利に活用できる言語であることに違いはありません。Javaは汎用性の高さからこれまで利用されてきた実績がありますが、汎用性のみを比較すると「大差ない」という答えになるでしょう。

関連記事:Javaの将来性は?需要が高い理由や平均年収も紹介

開発環境の比較

主要統合開発環境は、それぞれ以下の環境です。
 

  • ・Java…Eclipse

    ・Kotlin…Intellij


ただし、どちらも実行環境にはJDKが利用されており、Kotlinで実装されたものをJavaで実行することも可能です。大きく異なるわけではないため「エディタの種類が違う程度」と考えると良いでしょう。

難易度で比較

JavaとKotlinは、どちらもオブジェクト指向言語であるため、習得の難易度に大差はないでしょう。ただし、コードの書き方には違いがあり、Kotlinのほうが短くてシンプルなプログラムで実装できる利点があります。

Javaで数行必要だったコードも、Kotlinでは1行で済むこともあります。コード量が減ればエラーの削減にもつながるため、初めてAndroidアプリ開発をする人にはKotlinがおすすめです。

関連記事:未経験からKotlinエンジニアを目指す方法は?仕事内容やスキルも解説

言語仕様の比較

JavaとKotlinの言語仕様を比較してみましょう。

型推論

Kotlinでは、型推論が可能です。型推論とは、必要最小限の型を指定すれば、そこから推論できる型は自動的に指定してくれる機能です。すべての変数や関数に型を指定する必要がなくなり、エラーを早期にチェックできるメリットがあります。

・変数宣言のJavaの例

String str = “test”;
 final int value = 0;


・変数宣言のKotlinの例

var str = “test”
 val value = 0

文字列結合

Kotlinでは、文字列リテラルの中に式を入れることができます。

・Javaの例

String name = “Sato”;
 int age = 20
String text = “あなたの名前は” + name + “さん。あなたは来年” + (age + 1) + “になります。”;


・Kotlinの例

var name = “Sato”
 var age = 20
var text = “あなたの名前は$nameさん。あなたは来年${age + 1}になります。

オプショナル

Kotlinにはオプショナル型の考え方があります。安全になるように設計されており、デフォルトではNullが許容されていません。

以下の例では、コンパイルエラーとなります。

var a: String = null

もし、Nullを許容したい場合は、型の後ろに「?」を付与します。

var a: String? = null


オプショナル付きで定義された変数にアクセスする場合は、必ずNullチェックが入ります。以下はJavaとの比較です。

・Java

String a = null;
 a.contains(“hoge”); //Nullのため、エラーで落ちます

・Kotlin

var a: String? = null
a.contains(“hoge”) //コンパイルが通らない

年収の比較

レバテックキャリアに掲載されているJavaとKotlinを扱うエンジニアの求人を見てみると、年収相場にはやや違いがありました。
 

  • ・Java…約600万円

    ・Kotlin…約700万円


若干Kotlinエンジニアのほうが報酬を得ているため、年収の比較はKotlinの方が多いという結果です。
理由としては、Javaエンジニアは数多く存在するのに対しKotlinに特化したエンジニアは少ないことが挙げられます。プログラミング言語としてKotlinは希少性が高いため、その分単価が高いと考えられます。

関連記事:Kotlinの将来性が高い理由とは?できることやメリット・デメリットも紹介

求人件数の比較

2023年11月時点で、レバテックキャリアに掲載中のJava、Kotlinエンジニア求人数を比較しました。
 

  • ・Java…約7,000件

    ・Kotlin…約1,500件


Kotlinは後発言語であるため、求人件数もJavaと比較してかなり少なめです。
Kotlinだけに絞ってエンジニア職を探すのではなく、JavaとKotlinどちらも習得することで、転職や就職の選択肢を増やせると考えられるでしょう。

将来性の比較

Javaは現在でも非常に多くのシステム開発シーンで活用されており、この先もなくならないプログラミング言語とも考えられています。将来性は十分に高く、エンジニアとしては押さえておきたい主流言語の1つです。

一方でKotlinはこれから普及が期待できるプログラミング言語です。将来性がないとは考えられず、現在でもKotlinには希少性があります。
将来性を比較する場合はトレンドがどのように変化するかを注視しておく必要があるでしょう。また、将来性を問わず適切な場面でKotlinとJava双方を扱えるようになっておくと、エンジニアとしての活躍の場が広がります。

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

Androidアプリ開発でKotlinを利用するメリット・デメリット

Kotlinを利用するメリットとデメリットについて解説します。

Kotlinを利用するメリット

Kotlinを利用するメリットについて解説します。

関連記事:Kotlinエンジニアの資格とは?必要なスキルや勉強法を解説

可読性の高いコードで実装できる

Kotlinはコードの記述が簡潔になる言語仕様がいくつもあります。簡潔な記述は、安全性・安定性の向上につながります。Kotlinの元となったJavaと比較してコードがシンプルで分かりやすいため、システム構築の負担を軽減できるでしょう

エラーを減らすことができる

Kotlinを利用すると、エラーを減らすことができます。Kotlinは、Nullを許容する型とNullを許容しない型が分かりやすく区別されています。
「Null Safety」という仕様があり、Nullを参照した際に発生するエラーが発生しません。Javaで作られたコードをKotlinに置き換える際、Null許容とNull非許容の不整合があっても自然と防げる状態になり、高い安全性を保てます。

学習コストが低い

Kotlinは、文法がシンプルであることから、学習の難易度が比較的低いといわれています。
特にJavaを習得している人は、文法も似ている部分が多いためスムーズに習得できるでしょう。

関連記事:
Kotlinの勉強方法は?勉強するメリットや資格について徹底解説
Kotlinへの転職は未経験でも可能?求められるスキルを求人例とともに解説

Javaと共存できる

Javaとの相互運用性が高い点もKotlinのメリットです。KotlinからJavaを呼び出すことができ、その逆も可能です。相互に呼び出すことで、効率のよい運用につながります

言語のサポートが充実している

KotlinはGoogleがAndroidアプリ開発の公式言語に採用したことで、Androidアプリ開発者向けにGoogleからの手厚いサポートが受けられるようになりました。
Googleでは、Androidアプリ開発を行っているKotlinエンジニアの経験値を向上する活動を行っており、Android Studio 3.2でLintサポートやオンライン学習できる講義などを提供しています。
また、Jet Brainsが開発元であることもサポートが充実している理由の1つです。

Kotlinを利用するデメリット

一方で、Kotlinには以下のようなデメリットもあります。

関連記事:Kotlinのメリット・デメリットとは?今後も使われていく言語なのか解説

日本語の情報が少ない

KotlinはJavaに比べると、参考にできる日本語の情報が圧倒的に少ない状態です。

たとえば、Amazonで「Java 入門」と検索すると1,000件以上の書籍がヒットするのに対して、「Kotlin 入門」ではおよそ300件です(※2023年11月現在)。これはインターネット上の情報やドキュメントも同様です。

Javaに比べてまだ活用事例が少ない

Kotlinは2011年に登場した言語で比較的歴史が浅いため、まだそれほど多くの現場では使用されていません。転職情報を掲載しているレバテックキャリアの求人数を見てみると、Javaが約7,000件あるのに対して、Kotlinは約1,500件です(※2023年11月現在)。

関連記事:Kotlinとは?Javaとの違いや将来性、年収について解説

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

KotlinとJavaに関するよくある質問

KotlinとJavaの比較をするために、よくある質問をまとめました。本記事を振り返る意味でもチェックしていきましょう。

Q1.KotlinとJavaはどちらが良いですか?

KotlinとJavaは開発分野や機能性、安全性などに違いがあり、一概に「どちらかが良い」とはいえません。Kotlinは導入実績が少なくJavaより希少性の高い言語です。収入が高めですが、Kotlin自体のドキュメントや関連書籍、求人数は少なめなので、迷ったら習得目的をはっきりさせて検討しましょう。

関連記事:【2023年最新】中途採用市場から見るJavaエンジニアの年収とは

Q2.KotlinとJavaの違いを教えてください

KotlinとJavaは、以下のような違いがあります。

  • ・開発できる分野が異なる

    ・生産性の高さがプロジェクトによって異なる

    ・求人数や年収にも差がある

    ・言語仕様が異なる など

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

\ITエンジニア・クリエイター専門/

【無料】年収診断をする

まとめ

KotlinとJavaは、同列で語られることが多い言語です。Javaは開発場面において主流言語でもあるため、認知度や求人数、学習のために活用できる情報などは圧倒的にKotlinよりも多いです。ただし、KotlinもGoogleの正式言語として認められたことで知名度が高まり、この先注目しておきたいプログラミング言語でもあります。両者を使用するシーンや目的で比較し、適したほうを選び身につけられると活動の場を広げられるでしょう。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

Kotlinの求人・転職一覧

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

無料診断 START