KotlinとJavaの違いや学習環境などを把握して習得に挑戦してみようKotlinでできることは?特徴や事例を中心に徹底解説

最終更新日:2022年12月22日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

ここ数年で、コンビニや電車・バスなどでのキャッシュレス決済が急速に普及し、スマートフォンの活用はますます進んでいます。そのような状況のなか、スマートフォンアプリの開発に興味を持ち、転職を考えているエンジニアの方もいるでしょう。スマートフォンアプリのなかでも、Androidアプリ開発をしたい方におすすめのプログラミング言語がKotlinです。当記事では、Kotlinに興味があるエンジニア向けに、Kotlinの概要・特徴やできること、事例、学習するメリット・デメリット、学習方法などについて解説します。

Kotlinの概要・特徴とできること

はじめに、Kotlinとはどのような言語なのか、特徴やできることを解説します。

Kotlinとは

Kotlinとは、2011年に登場した、主にAndroidアプリを開発するためのプログラミング言語です。Kotlinが登場する前は、Androidアプリの開発にはJavaが多く使われていました。以下で、Kotlinの3つの特徴を見ていきましょう。

Javaに比べてコードの記述量が少ない

Kotlinは、Javaよりもシンプルなコードで記述できます。たとえば、Javaでは行末には必ずセミコロンが必要ですが、Kotlinでは改行することで“行末である”と判断されるため、セミコロンの省略が可能です。記述量を減らせるとともに記述ミスも少なくなるため、バグが起こりにくくなり、より質の高いアプリ開発につながります。

スピーディな開発が可能

コードの量が少なく素早く記述できる分、スピーディに開発を進められます。短期間でアプリを完成させ、いち早く市場に投入したい場合にもKotlinは重宝されています。

Javaとの連携が可能

Kotlinは、Java仮想マシン(JVM)上で動作するため、Javaとの共存・連携が可能です。すでにJavaで作られているアプリに、Kotlinで新規機能を追加することもできます。

Kotlinでできること

次に、Kotlinでできることを解説します。

Androidアプリ開発

Kotlinは、GoogleがAndroid開発の公式言語に指定しているため、Androidアプリの開発で多く使用されています。KotlinのオフィシャルサイトのAndroid Developersページには、Kotlinでのコードサンプルや開発事例などが紹介されており、「Twitter」「Yahoo!」「NETFLIX」「Kindle」「LINE」などが代表例です。

Webアプリの開発

Kotlinは、さまざまなフレームワーク(システム開発をサポートするツールや仕組み)を使うことで、Webやデスクトップなどのマルチなアプリ開発も可能です。

サーバーサイドの開発

サーバーサイドの開発でもKotlinは用いられます。現在サーバーサイドの開発にはJavaが広く使われていますが、追加や修正でKotlinが使用されるケースも多いです。Javaのフレームワークを活用することで、Kotlinを使ったサーバーサイドの開発がしやすくなります。

また、サーバーサイドをKotlinで開発すると、フロントエンドのAndroidのプログラミング言語と同じにできるため、エンジニアのスキルを統一できるメリットもあります。

Kotlinの採用事例

Kotlinはどのようなサービスで採用されているのでしょうか、採用事例とKotlinを採用したことによる効果を紹介します。

Twitter

「生産性とコードの信頼性が向上」

Twitter は、世界的に有名なSNSのひとつです。
Kotlinの使用により、アプリのコード量が削減され、プログラミングの生産性が大幅に向上しました。具体的には、データクラス、シールクラス、デフォルトパラメータなどの言語機能を使用することで、コードの記述量を減らして開発時間を短縮するとともに、メンテナンスの対応工数も削減できました。

また、コンパイル時のnullチェックなどの安全性機能によって、エラーを事前に処理できるようになり、コードの信頼性も向上しています。

スマートニュース

「コード行の20%減による効率化で開発チームの士気が向上」

スマートニュースは、最新のニュースや生活に役立つ情報をスマートフォンで手軽に見ることができるアプリです。

スマートニュースの開発にKotlinを採用することで、コード量が20%削減でき、生産性が向上しました。現在では、すでに約半分のコードがKotlinに移行しており、今後の機能もすべてKotlinでの実装が予定されています。
開発の効率化により、チームのモチベーションアップにつながり、メンバー一人ひとりがさまざまなアイデアを具現化できるようになりました。

Duolingo

「JavaからKotlin への完全移行でコード行が平均30%削減」

Duolingo は、世界中で高い人気を誇る言語学習アプリです。無料で利用でき、Google Playでのダウンロード数は2億回を超えています。

Duolingoは、当初Javaで作られていましたが、リリースから2年後にはKotlinへの移行を完了しています。移行後は、各プログラムのコード行数が平均30%減少しました。なかには90%減少したプログラムもあります。開発者の満足度も向上し、現在もアプリは進化・拡大しています。

参考:Android Developers Kotlinデベロッパーの事例

Kotlinは学習すべき?メリットとデメリットを紹介

Kotlinに興味はあるものの、学習すべきかどうか悩んでいる方もいるのではないでしょうか。Kotlinの学習にはどのようなメリット・デメリットがあるのかを解説します。

Kotlinを学習するメリット

求人数が多い

Kotlinの求人数は増加傾向にあり、レバテックキャリアのサイトでは約1,300件の募集があります。今後もますますKotlinの需要は高まっていくでしょう。他の求人サイトでも多くの募集がありますが、Javaや他の言語とともに募集されているケースがほとんどです。

Javaとの連携で使う機会が多い

前述のとおり、KotlinはJavaとの連携が可能です。Javaで開発されたプログラムの既存コードはそのままで、新規機能はKotlinで開発することもできます。今後、Javaで開発された多くのアプリに対する修正・追加に、Kotlinが活用される機会が増えていくでしょう。

Googleのサポートが充実している
Kotlinは、GoogleがAndroid開発の公式言語として採用したことで、Android開発者はGoogleからの強力なサポートを受けられるようになりました。具体的には、開発ツールAndroid Studioによるサポートや、オンライン学習コースなどが提供されています。

シンプルなコードで書きやすい
Kotlinは文法がシンプルで記述量が少ないため、開発の負担を軽減できます。初心者にもコードが読みやすく、比較的習得しやすいでしょう。

Kotlinのデメリット

Javaに比べると利用場面がまだ少ない

Kotlinは、Androidアプリの開発を主な目的としており、Javaのように利用場面は多くありません。また、海外に比べると日本ではAndroidのシェア率が低く、Kotlinを扱えるエンジニアもまだ少ないのが現状です。しかし、今後日本でもAndroidのシェアが高まったり、Androidアプリ開発以外にもKotlinが使用される機会が増えたりする可能性は十分にあります。

日本語の情報が少ない

Kotlinは2011年に登場した比較的新しい言語です。そのため、Javaに比べると日本語の情報サイトやドキュメントが多く存在しません。しかし、今後Kotlinでの開発事例が増え、Androidアプリ開発における主流言語になれば、日本語の情報も増えていくと予想されます。

Kotlinの学習方法

Kotlinは、もともとJavaを扱いやすいように改良して開発されました。比較的学習のハードルが低く、初心者にもおすすめの言語といえます。Kotlinのスキルを身につければ、Javaも覚えやすくなるでしょう。また、すでにJavaのスキルがある人にとっては、Kotlinは容易に習得できるはずです。ここでは、プログラミング経験者と未経験者別に、おすすめの学習方法を紹介します。

経験者向けの学習方法

何らかのプログラミング言語をマスターしている経験者であれば、書籍やGoogle公式サイトの活用がおすすめです。公式サイトには、さまざまな事例が紹介されているほか、Kotlin のプレイグラウンドという、実際のコードを入力・実行できる画面も用意されているため、すぐに実践できます。

未経験者向けの学習方法

未経験者がスキルをしっかりと身につけるためには、プログラミングスクールに通うことが近道でしょう。コストはかかりますが、提供されたカリキュラムに沿ってプロの講師が指導してくれるため、確実に短期間でスキルが身につきます。

プログラミング勉強会を活用して学習する

プログラミング勉強会を活用してKotlinを習得する方法もあります。勉強会では、プログラミングに詳しい方にコツを聞いたり、一緒に作業したりすることができるため、経験者・未経験者どちらにも役立つでしょう。

個人が主催し、connpassTECH PLAYといったサービスで募集されていることが多いです。費用・内容をよく確認し、自分に適した内容があれば、ぜひ参加してみてください。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いただければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

Kotlinの求人・転職一覧