VBAの将来性は?概要やマクロとの違い・仕事での活用法も解説

最終更新日:2024年3月29日

Microsoft OfficeのアプリケーションであるExcelやWord、PowerPointはさまざまな仕事で日常的に使われています。VBA(Visual Basic for Applications)とは、これらOffice製品の機能を拡張し、仕事の効率化や自動化を行えるプログラミング言語です。「VBAは時代遅れ」「VBAに将来性はない」といった言葉をインターネット上で目にすることもありますが果たしてそうなのでしょうか?

この記事ではVBAの学習を検討している方へ向け、VBAを身に着けるメリットやデメリット、将来性、勉強方法などについて詳しく解説します。

簡単!年収診断 レバテックのデータベースから あなたの市場価値を算出! 無料診断 START

この記事のまとめ

  • VBAとは、WordやExcelなどのMicrosoft Office製品に標準搭載されているプログラミング開発環境
  • プログラミング初心者でも学びやすく、覚えやすいという利点がある
  • 世界中の企業に最も普及しているビジネスツールであるOffice製品がすたれない限り、VBAの需要もあり続ける

VBAとは

VBA(Visual Basic for Applications)とは、WordやExcel、PowerPoint、AccessといったMicrosoft Office製品に標準搭載されているVisual Basicをベースにしたプログラミング開発環境です。

VBAを活用することで、複雑な手順の操作を自動化したり、大量のデータを高速に処理したりできます。特にExcelやAccessのような数値データを扱うアプリケーションでは、VBAを導入することで非常に業務を効率化できます。ちょっとしたプログラミングに留まらず、Office製品を利用した本格的なシステム開発にもVBAは用いられています。

マクロとの違い

VBAと同様のことができる機能としてマクロがあります。マクロとは定型的な作業を記録して自動で実行させるための機能のことです。たとえばExcelの場合、マクロ記録を開始して一定の操作を実行し、マクロを終了させると、その一定の操作がマクロとして記録されます。記録されたマクロは必要なときに再生させられます。

しかしながら、記録できる操作や内容に制限があります。しかしVBAを利用すれば、マクロのような機能をプログラミングで制御できるため、操作や内容に制限がありませんし、実行条件なども細かく制御可能です。

関連記事:VBAとマクロの違いは?できることから基本コードまで徹底解説

VBEとの違い

VBEはVBAのコードを記述するためのエディタです。たとえばExcelでVBAのコードを書きたい場合、ExcelからVBEを立ち上げて、そこにVBAを書いていく流れです。VBEに書いたコードは、VBEの機能から実行できます。

VBとの違い

VBとVBAは概ね同じものです。VBを特定のアプリケーション用に変換して作ったものがVBAです。VBはVB用の開発環境が必要ですが、VBAはExcelなどVBAが使えるアプリケーションがあればそのままプログラミングができます。

VBAに将来性があるといわれる理由

VBAに将来性があるといわれる理由として、以下が挙げられます。


  • ・VBAを習熟している人が少ないため

    ・簡単にシステム開発ができるため

    ・Officeを導入している企業が多いため

    ・VBAエキスパートによりスキルを証明できるため

    ・業務効率化を図る企業の増加で需要が増えているため


それぞれ解説していきます。

VBAを習熟している人が少ないため

VBAに習熟している人は少ないです。VBAは事務作業の自動化などには役立ちますが、エンジニアはより大規模な開発やWeb開発、スマホアプリ開発で使用する言語を選ぶ傾向があるからです。結果的に、VBAは利便性が高いわりには習熟している人が少ないということになっています。VBAも扱えると、エンジニアにとっては役立つスキルとなるでしょう。

簡単にシステム開発ができるため

VBAは簡単にシステム開発できて、簡単に事務処理を自動化できます。現状は簡易的な事務処理の自動化ツールの需要も伸びているため、VBAにも需要があります。エンジニアはもちろん、エンジニア以外で事務処理が必要な人が学習するケースも増えていくでしょう。

Officeを導入している企業が多いため

VBAはOffice製品で使える言語で、Office製品を便利に使えます。Office製品を導入している企業は多いので、VBAを扱えれば多くの企業で重宝されます。

VBAエキスパートによりスキルを証明できるため

VBAには、VBAエキスパートというオデッセイコミュニケーションズが運営している有名な資格があります。VBAエキスパートを取得することで、VBAのスキルを客観的に証明できます。企業からの評価アップにもつながるでしょう。

業務効率化を図る企業の増加で需要が増えているため

多くの企業で、無駄な事務作業等を排除する動きが強まっています。作業を効率化して業務を早くこなし、プライベートの時間を確保している人も増えているでしょう。そして特に事務作業の効率化にはVBAが欠かせません。今まで手作業でデータを入力して処理していたのを、VBAによってボタン1つで入力から出力まで完結させている、といった事例は多々あります。

VBAには将来性がないといわれる理由

VBAは利便性が高く習得もしやすい言語ですが、将来性がないと言われることもあります。それには以下のような理由があります。


  • ・大量のデータを処理するのには不向きなため

    ・用途が限られているため

    ・事実上、長年アップデートされていないため

    ・ブラウザベースのサービスが普及してきているため

    ・VBA以外のプログラミング言語の知識も求められるようになっているため


それぞれ解説していきます。

大量のデータを処理するのには不向きなため

Office製品は便利ですが扱えるデータ量などには限度があります。そのため、VBAで処理できるデータにも限度があります。大量データを扱うシステムを構築する場合、大量データ処理に向いている言語を使った方が良いです。

用途が限られているため

VBAはOffice製品で使用する言語なので、用途が限られています。Office製品の用途は事務処理などなので、VBAの用途も同様です。たとえば、AI開発、Web開発、大規模システム開発、スマホアプリ開発などにVBAを使用するのは困難です。

事実上、長年アップデートされていないため

Excelがアップデートされれば、VBAも一部アップデートされます。しかしVBAが大幅アップデートされるわけではなく、またExcelのアップデートもそれほど頻繁に行われるものではありません。結果的に、VBAは長年本格的なアップデートが行われていません。

ブラウザベースのサービスが普及してきているため

Office製品は個々の端末にインストールして使用するものですが、最近はブラウザベースのサービスが普及してきています。たとえば、Googleスプレッドシートなどが挙げられます。これらのサービスの人気が増していくとOffice製品のシェアが下がり、結果的にVBAの使用頻度も下がります。

VBAだけでプログラマーやエンジニアとして働くのは難しいため

基本的にVBA単体でプログラマーやエンジニアとして活動するのは困難でしょう。VBAは事務作業を便利にする言語という位置づけなので、たとえば業務用の本格的なシステム開発に用いることは少ないです。そのため、プログラマーやエンジニアはVBA以外のプログラミング言語スキルも身につける必要があります。VBAのスキルは補助的なものと考えた方が良いでしょう。

VBA以外に学びたい将来性の高いプログラミング言語5選

VBAだけではプログラマーやエンジニアとして働くのが厳しいということでした。事務や経理の担当者がプラスのスキルとしてVBAを身につけているのはアピールポイントになりますが、プログラマーやエンジニアの場合はVBAはむしろ簡易的なスキルです。では本スキルとしてはどのようなプログラミング言語スキルを身につければ良いのでしょうか。

1.PHP

PHPは主にWeb開発のサーバーサイドで使用されます。小規模から大規模まで幅広いシステム開発で使用されている人気のプログラミング言語です。WordPressというインターネット上で圧倒的なシェアを誇るCMSでもPHPはメインで使用されているので、WordPress関連だけでもPHP案件は豊富です。

2.Ruby

RubyもWeb開発のサーバーサイドで主に使用されているプログラミング言語です。日本人が開発したので日本語での情報が多く、特に日本のプロジェクトで人気があります。またRubyにはRuby on Railsという人気のフレームワークがあり、Ruby on Railsに慣れておけばフレームワークの違いに困らないという点もメリットでしょう。他の言語はフレームワークの人気が分散しているので、複数のフレームワークに慣れる必要があります。

3.Flutter(Dart)

FlutterはフレームワークでDartはプログラミング言語です。この2つはセットで使用されるので、Flutterがプログラミング言語と勘違いされてしまうことも多いようです。Flutter(Dart)はiOSとAndroidのクロスプラットフォーム開発で使用されることが多いです。従来はiOSアプリはSwift、AndroidアプリはKotlinで開発されることが多かったのですが、Flutter(Dart)でまとめて開発されることが増えています。

4.Go

GoはGoogleが開発したプログラミング言語で、幅広い開発に対応できます。メインはWebのサーバーサイドですが、スマホアプリやツール開発で使用されることもあります。Goはコードがシンプルでわかりやすく、開発のしやすさに定評があります。Googleという知名度が高い企業が開発したことも相まって、今後需要がより伸びていくと考えられるでしょう。

5.Scala

ScalaはJavaの後継言語として開発されたプログラミング言語です。Javaとの互換性があり、さらにJavaの後継言語として誕生しただけあってJavaよりも開発効率が良いです。Javaがオブジェクト指向に特化しているのに対し、Scalaはオブジェクト指向と関数型のハイブリッドです。その分学習の難易度は高いのですが、スキル習得すれば複雑なシステムを効率的に開発できます。

学ぶ前に知っておきたいVBAの実情

VBAの実情について以下3つのポイントから検証していきます。


  • ・機能性

    ・学習難易度

    ・求人状況


プログラマー、エンジニアにとってVBAをメインにすべきではないことは上述のとおりですが、そもそもスキルの一環としてVBAを身につけるべきかどうかという疑問があるかもしれません。本格的な開発だけでなく自分自身の作業効率化にも便利なのである程度慣れておくのがおすすめですが、以下に実情を紹介します。

1.VBAの機能性

VBAはOffice製品に特化したプログラミング言語なので、用途としては限定的です。ただしOffice製品は使用頻度が高く、またVBAで自動化できる処理は日常の業務を大きく利便化するケースも多いです。特に事務作業においては、VBAの機能性は高いといえます。

2.VBAの学習難易度

VBAの学習難易度は低めです。Excelなどのソフトで使用するので環境構築が不要、言語仕様がわかりやすい、書籍などの学習環境が充実している、といった状況だからです。初めてのプログラミング学習に選ぶ言語としてもありでしょう。

3.VBAエンジニアの求人状況

2024年2月の時点で、レバテックキャリアのVBA求人は312件です。案件数的にはそれなりに多い印象かもしれませんが、この数字はVBA単体で募集している求人とは限りません。VBAを含む複数の言語ができる人の求人も含まれます。そのため、VBAの単体スキルでエンジニアとして活躍するのは厳しいでしょう。

VBAが仕事で役立つシーン

VBAはWordやExcelなどのアプリケーションの標準機能を拡張して、仕事の効率化や自動化に使われます。VBAがどのように仕事に活かされているのか、具体例を挙げて解説します。ここで紹介するのは代表的なものですが、個人で使用しているものも含めると使い方は多種多様でしょう。

Excelの機能拡張(ExcelVBA)

VBAをExcelの仕事で活用する例として、複数のシートを同時に作成するケースを紹介します。

たとえば住所や年齢、職業など多くの項目から構成されている顧客情報の一覧を保存しているファイルがあるとします。Excelには標準で外部ファイルを読み込む機能が搭載されていますが、この機能は1つのファイルのデータを1つのシートに展開する機能だけを持ちます。

しかしVBAを使うことで、複数の顧客情報を持つファイルから、顧客1人ずつの伝票などの帳票を各シートに連続して作成できます。VBAを使わない場合、顧客ごとの伝票を作成するために、顧客情報の一覧から、1人ずつ項目をコピーアンドペーストして作成する必要がありますが、VBAを使うことで、そのような作業をしなくても、単純にデータを読み込むだけで、複数のシートに分けて作成できるのです。

またExcelにはAccessなどの外部のデータベースからデータを読み込む機能もあります。大量のデータをExcelに保存してしまうと、Excelが重くなることがあるため、大量データの保存には専用のデータベースを持つAccessなどを使うべきです。そしてExcelのデータを表示するだけのインターフェースとして使えば、動作が重くなることもありません。

Accessの機能拡張(AccessVBA)

大量の商品データや顧客データの管理、またそれらのデータを活用した予約管理や在庫管理など、データベース管理ソフトであるAccessはさまざまな場面で活用されています。AccessもExcel同様にVBAを使うことで機能拡張が可能です。(ExcelVBA、AccessVBAとそれぞれ呼ばれることがありますが、書き方のルールは同じです)

データの取り込み処理の自動化、検索フォームの作成、またExcelと同様にAccessでもVBAを使うことで外部アプリケーションの呼び出しや操作なども行えます。

以下、Microsoft Office製品においてVBAができることの具体例をご紹介します。

専用の入力フォームの作成

ExcelやAccessには入力するデータを逐一チェックできる専用の入力フォームを作成できます。

たとえばExcelにデータを入力する場合、通常はセルに直接、数値や文字列を入力します。しかし、セルに入力されたデータが適切なものであるかどうか保証できません。数字を入力すべきセルに文字列が入力されている場合、そのセルのデータを利用して関数を動作させてしまうと、関数によってはエラーが発生することもあります。

VBAにはWindowsのアプリケーションでよく見かける専用の入力フォームを作成できる機能があり、その入力フォームにデータを入力させると、VBAのプログラムで入力データのチェックが可能です。

さらにVBAにより不適切なデータを自動で訂正させたり、警告のメッセージを表示させたりできます。不適切なデータ入力によるエラーも防げるため、仕事の効率や精度が大幅に上昇します。

ファイルからデータを抽出してメールを自動送信

VBAを使うと、様々な項目から構成されている顧客情報の一覧から、氏名とメールアドレスを抜き出して、自動的にメールを送信させられます。

抜き出した氏名とメールアドレスを送信先情報として利用し、メールの件名や本文には自由な文字列を設定できます。抜き出した送信先のメールアドレスに応じて、本文や件名を変えることもVBAのプログラムで制御できます。

Office製品のメールソフトであるOutlookをVBAで連携させれば、Outlookに設定されているメールアカウントの情報を使って、VBAでメールを送信できます。

これにより大量の送信先にメールを送信する仕事を効率化できます。1件ずつメールを送信するときに発生しがちな送信先メールアドレスの入力ミスなども、VBAを使った自動のメール送信ならば完全に防げるのです。

グラフを自動作成するレポーティングツールの作成

Excelにはデータから様々な形式のグラフを作成する機能があります。しかしグラフを作成するためには、グラフ化するデータを選択したり加工したりしなければなりません。また同じデータを使って、多角的な分析をするための集計作業も必要でしょう。

しかしExcel VBAを使えば、このような仕事も簡単にできます。Excel VBAであらかじめプログラムを作っておけば、データを入力するだけで集計やグラフ作成などの仕事を自動化できます。

そのほか仕事で使えるマクロ(業務改善事例)

一定の手順を記録して再生する機能であるマクロは、VBAによってその処理内容を編集できます。それによって、通常のマクロではできなかった、複雑な処理を実行させたり、繰り返し実行させたりなどブラッシュアップが可能です。

たとえばインターネットでは、業務の改善に役立つ特定の操作に特化したマクロが公開されていますが、そのマクロをVBAで編集すれば、自社の業務に特化させたマクロとして利用させることも可能です。

関連記事:初心者必見!VBAで何ができる?マクロ、関数についても解説

VBAエンジニアの年収例

2024年2月時点で、レバテックキャリアに掲載されているVBA関連求人の年収は330万円~580万円が平均額となります。Office製品のバージョンアップ対応や古いVBAの改修のほか、ほかの言語によるシステム開発の経験を必要とする求人もあり、仕様書の作成スキルや、外部設計・内部設計の実務経験などにより年収が高くなる傾向にあります。

また高いスキルと豊富な経験を身につけて、フリーランスになることで、年収1000万円以上を得ることも可能です。VBAエンジニアが年収アップを狙う方法としては、VBA以外の言語を習得して、複数のプログラミング言語が必要となる求人へ応募したり、VBAエキスパートといった資格を取得し、VBAエンジニアとしての客観的なスキルを示したりする方法が有効です。

VBAの求人例をチェック

レバテックキャリアの求人データを参考に、VBAのスキルが必要な募集求人例を紹介します。このような求人ではVBAのスキルは仕事を進める上での必須条件という扱いが多く、VBAのスキルを活かしながら、社内でさまざまな業務を進めていくという会社が多いようです。

【業界】
IT・通信

【業務内容】
社内の管理システムの開発、運用、保守

主に売上や書類に関する管理システムの開発、運用、保守に携わっていただきます。ゆくゆくは新規システムの企画や開発にも関わっていただく予定です。

・社内データの管理
・売上に関する管理システムの運用、保守
・書類などに関する管理システムの運用、保守
・新規システムの企画、開発、運用

【求められるスキル・経験】
・VBAを使用した開発経験(1年以上)
・管理システム運用・開発経験(2年以上)
・ポジティブ思考な方
・論理的に物事を考えられる方

【想定年収】
350~600万円

【福利厚生】
健康保険/厚生年金/雇用保険/労災保険/通勤手当/残業手当/慶弔休暇/年末年始/有給休暇/育児時短勤務制度

【勤務地】
東京都

VBAの求人を探す>

VBAの勉強法

VBAを仕事で使えるようになるための勉強法を紹介します。まずは手ごろなオンライン教材を使って、VBAの概要をざっと掴んでから、書籍による本格的な学習に進むのがおすすめです。体系的に学ぶことも重要ですが、まずは好きなところから断片的に学んで書いて実行してみて、どのようなものか把握する、といったやり方もおすすめです。

おすすめのオンライン教材

インターネットにはVBAを学習できるオンライン教材がいくつかあります。たとえば動画で学びたい人は、ドットインストールがおすすめです。

ドットインストールはプログラミングスキルを短い動画を使って効率良く学べる学習サイトです。様々なITスキルの学習ができますが、そのうちの1つに「Excel VBA入門」があります。

全19回の講義のうち、最初の4回は無料で閲覧できますが、残りの15回は有料のプレミアムプランに加入する必要があります。4回目までの動画を見て、自分にあっていると思ったら、プレミアム会員になり続きの動画で学習すると良いでしょう。

VBAの応用を本格的に学びたい人は、Udemyがおすすめです。Udemyではさまざまな講師がExcel VBAの講義を公開しています。初心者から上級者まで、自分のレベルにあった講義を選んで学習できます。

Udemyでは一度講義に課金すると、永久にその講義を閲覧できる買い取り型の課金システムを採用しています。動画で講義を学べるだけでなく、掲示板で講師に質問できるシステムも用意されています。

エクセルVBAプログラミングを学べるおすすめの書籍

Excel VBAに関する書籍も販売されています。初心者向けと中級者向けにそれぞれ1冊ずつ紹介します。ここで紹介する書籍以外にもVBAに関する書籍は多々存在します。ある程度人気のある書籍ならVBAの基本を身につけられるはずなので、下記以外のものでも問題ありません。

『たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書【増強完全版】』

『たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書【増強完全版】』は、初心者が最初に学ぶ1冊としておすすめです。本書はExcel VBAを使って様々な業務を自動化する方法を解説している1冊です。単純なVBAの文法の解説に留まらず、VBAの開発環境の使い方や、効率的なデバッグ方法などについても詳細に説明しています。

『新装改訂版 Excel VBA 本格入門』

中級者向けには『新装改訂版 Excel VBA 本格入門』を勧めます。VBAの詳しい文法の解説に加えて、ユーザーフォームやコントロールの使い方など、Excel VBAを実務レベルで使いこなしたい人にとって有用な1冊です。基礎編ではVBAプログラミングの文法や制御構造を学び、実践編では様々なコントロールやVBA関数の使い方を詳しく学べます。

プログラミングスクールに通うのもおすすめ

プログラミングスクールに通ってVBAのスキルを身につける方法も有効です。スクールに通うといっても今はオンラインプログラミングスクールが主流になっているので、自宅にいながらスクールを利用してスキル習得できます。スクールは効率的なカリキュラムが提供されるだけでなく、講師に質問できる点もメリットです。

VBAの資格「VBAエキスパート」について

VBAのスキルを身につけられる資格に「VBAエキスパート」があります。この資格を取得すると、マクロやVBAのスキルを証明することができます。資格の勉強を通してスキル習得もできるので、資格取得は一石二鳥でしょう。

VBAエキスパートの種類

VBAエキスパートには以下の4つの種類があります。


  • ・Excel VBAベーシック

    ・Excel VBAスタンダード

    ・Access VBAベーシック

    ・Access VBAスタンダード


VBAエキスパートが対象としているのは、上記の通りExcelとAccessのみです。VBAは他のOffice製品でも使用できますが、多くの場合はExcelとAccessで使用します。そのため、ExcelかAccessの資格を取得すればスキルとして役立つでしょう。事務処理で多く使用されるのは特にExcelのVBAです。

VBAエキスパートの難易度

VBAエキパートでは、初心者向けが「ベーシック」中級者向けが「スタンダード」という位置づけです。試験の合格ラインを目指す場合、ベーシックは1カ月程度、スタンダードが3か月程度の勉強期間が必要でしょう。

もともとIT系の仕事をしている方や、ExcelやAccessの機能に詳しい方でしたら、それほど時間はかからないかもしれません。一方、ExcelやAccessの初心者の方ですと、まずはそれらの基礎的な機能から身につける必要があるため、さらに時間がかかると思われます。

VBAエキスパートの需要

VBAエキスパートの資格を取得することで、就職や転職時のスキルの証明に役立てられます。自分からそのような資格を取得したことで、スキルアップしようとする意欲も評価してくれるでしょう。特に経理や総務などの事務職やマーケティング職など、ExcelやAccessの利用頻度の高い職種における転職では、VBAエキスパートの取得が有利に働く可能性が高くなります。

そして何よりVBAを身につけられれば、業務の作業効率も圧倒的に向上します。これまで膨大な時間を必要としていた作業もVBAによって自動化させれば、空いた時間で別の仕事を進められるでしょう。

VBAエンジニア、VBAプログラマーとしてのキャリアを目指すのであれば、中級者向けである「VBAスタンダード」を取得しておきたいところです。

VBAエンジニアとしてのキャリアアップ

VBAのスキルを身につけることでVBAエンジニアとして活躍できますが、さらにそこからキャリアアップを目指せるでしょう。では具体的に何をすればキャリアアップにつながるのか解説します。ここで紹介する以外にも方法はあるので、代表的な事例とお考えください。

ほかの言語を学ぶ

VBA以外の言語を学ぶことでスキルの幅を広げられます。具体的には上でも紹介した以下のような言語です。


  • ・PHP

    ・Ruby

    ・Flutter(Dart)

    ・Go

    ・Scala


ただしその時々で市場で人気のある言語は変わってくるので、トレンドを意識して学ぶのが大切です。

上流知識やマネジメントスキルを習得する

さらに上流工程の知識やマネジメントスキルを習得することで、プロジェクトマネージャーなどの職種にチャレンジすることもできます。上流工程の知識とは、要求定義や外部設計、内部設計などです。

マネジメントスキルとは、進捗管理や品質管理などのスキルです。上流工程の知識やマネジメントスキルは、社会人として経験を積むことで、自然と求められるスキルですので、自社だけでなく転職活動時にも高い評価を得られるスキルと言えるでしょう。

VBAに関するよくある質問

VBAに関するよくある質問と回答を紹介します。VBAでできることやほかのプログラミング言語と比較しての立ち位置などを把握しておくことで、どの程度スキル習得すべきかの判断などに役立つでしょう。プログラミング言語はツールなので、開発対象や目的等を明確にして学ぶことも重要です。

Q1. VBAで何ができますか?

VBAを活用することで、複雑な手順の操作を自動化したり、大量のデータを高速に処理したりできます。特にExcelやAccessのような数値データを扱うアプリケーションでは、VBAを導入することで非常に業務を効率化できます。

Q2. VBAの将来性を教えてください。

将来性は十分にあります。一般的な会社のエンジニア以外の人であれば、ほとんどの人がエクセルを多用しています。VBAを活用して効率化できる業務が探せばいくらでもありますし、VBAのスキルは基本的にどこの会社でも役に立ちます。VBAを習得すればスキルの差別化にもつながります。

Q3. VBAは評価されないですか?

エクセルは使いこなしている人が多いのに対して、エクセルVBAを理解している人は少ないのが現状です。そのため、エクセルVBAのスキルを習得すれば、社内でも転職市場でも重宝される人材になることができます。

関連記事:VBAは転職で有利になる?事務職・エンジニア職のスキルの違いとは

まとめ

この記事では、VBAを活かせる仕事や将来性について解説してきました。VBAはOffice製品を利用するうえで、非常に便利なプログラミング言語です。VBAを使いこなせれば、Office製品の機能を拡張して、仕事を大幅に効率アップさせられます。

VBAはエンジニア以外でも学びやすい言語です。普段、WordやExcelを使った仕事をしている事務系職業の方などは、ステップアップのためにVBAを習得してみてはいかがでしょうか。

ITエンジニアの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア職を専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通しており、現状は転職のご意思がない場合でも、ご相談いた だければ客観的な市場価値や市場動向をお伝えし、あなたの「選択肢」を広げるお手伝いをいたします。

「将来に向けた漠然とした不安がある」「特定のエンジニア職に興味がある」など、ご自身のキャリアに何らかの悩みを抱えている方は、ぜひ無料のオンライン個別相談会にお申し込みください。業界知識が豊富なキャリアアドバイザーが、一対一でさまざまなご質問に対応させていただきます。

「個別相談会」に申し込む

転職支援サービスに申し込む
※転職活動を強制することはございません。

レバテックキャリアのサービスについて

この記事の監修

レバテックキャリア編集部

レバテックキャリアは、IT/Web業界のエンジニア・クリエイター向けに特化した転職エージェントです。当メディアでは、エンジニア・クリエイターの転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務に活かせる情報まで、幅広いコンテンツを発信しています。

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

関連する記事

人気の求人特集

内定率が高い

VBAの求人・転職一覧

あなたの市場価値がわかる 簡単!年収診断 無料 診断 START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?