無人飛行機ドローンは自作が可能!?自分でも作れる!ドローンの自作方法まとめ

最終更新日:2021年4月19日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

空撮、環境調査、レースなど、さまざまなシーンに活用できるドローンは、自作することが可能です。特に機械工学やプログラミングを学んだ方なら、これまで培ってきたスキルを活かして制作することができますよ!あなたも自作ドローンの魅力に注目してみませんか?

(1)ドローンのモータをArduinoから制御

学生ながらフリーエンジニアとしてアプリ開発を手掛けている迫佑樹さんは、VRハッカソンに参加されました。
しかし、VR映像を作成するときに、映像と同時に吹く「風」をいかにして表現するかという難題に直面。

それをクリアするためにドローンのモーターを使用したときのことを、自身のブログ『ロボット・IT雑食日記』の中に綴られています。

記事のタイトルは《ドローンのモータをArduinoから制御》
記事によると、演出する「風」の作成方法として候補にあがったのは、扇風機、ダクテッドファン、ドローンモーターの3つ。
その中で迫さんは、ドローンモーターを制御して使用することに決定しました。

モーターを制御するためには、回路をArduinoへ変換する必要があったそうで、記事にはそのときの図面も載せてあります。
具体的なプログラム内容やPWM信号の周波数についても綴られているので、ドローンのモーター部分を作成する際の参考になるかもしれませんよ。

ブログ内には他にも、柔軟な発想で読み応えのある記事が揃っています。
ぜひ上記の記事と併せて読んでみてくださいね!

【参照元】
http://www.yukisako.xyz/entry/2016/03/20/110157

(2)RX122 FPVドローン 自作過程の手順メモ

ブログ「DRONE革命軍」。RX122 FPVドローン 自作過程の手順メモの画像

『DRONE革命軍』は、ドローンに興味がある方に向けて、ドローンレース・空撮映像集・自作方法といった、ドローン情報をくまなく発信しているブログです。

その中には、ドローンを組み立てる様子を紹介した《RX122 FPVドローン 自作過程の手順メモ》という記事がありました。
ブログの管理人さんから「小さなボディに強大なFPV性能」と賞賛されるRX122 FPVドローンの組み立て過程です。

キットは海外通販で購入したそうで、説明書はすべて英語。
自分の感覚で翻訳した部分は青字、補足した部分は黒字で書かれており、わかりやすく解説されています。
手順の1コマずつに写真が添えられているのも嬉しいポイント。

「ドローン作りってどんな感じ?」と気になる方は、一度目を通してみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://welovedrone.com/rx122-making/

(3)ノリでドローンを作ってみた☆(組立編part1)

ブログ「ケンケンのものづくりdiary」。ノリでドローンを作ってみた☆(組立編part1)の画像

『ケンケンのものづくりdiary』は、大学の工学部に在籍中の学生さんが運営しているブログです。
大学で学んだ知識を活かして、ArduinoやRaspberry piといった電子基板を使って、さまざまなものづくりチャレンジ中とのこと。

近年、空撮やレースなどで人気のドローンの自作にも挑戦しており、ブログ内にその制作過程をアップしています。

例えば、《ノリでドローンを作ってみた☆(組立編part1)》という記事には、ドローンのフレームに、受信機の信号を受け、モーターの回転速度を制御する部品を取り付けたり、電源とモーターをつなぐ配線板を載せたりしていく工程を掲載。
徐々にドローンが形になっていく様子が覗えます。

ものづくりに興味がある方や、ドローンの自作に関心をお持ちの方は、興味深く読めることでしょう。
ぜひ、業務の合間やブレイクタイムにチェックしてみてくださいね!

【参照元】
https://kenken165.amebaownd.com/posts/872431

(4)ドローンを自作することは出来るの?

「完成品のドローンを飛ばすだけでは物足りない…」
「自在にカスタマイズできるようにドローンを自作してみたい」

そんな方に読んでいただきたいのが、『D-RC.JP』というサイトの中に掲載されている、《ドローンを自作することは出来るの?》の記事!

ドローンの自作を応援しているサイトの運営者さんが、制作に必要なフレーム、フライトコントロール システム、モーター、バッテリーといった部品を分かりやすく紹介してくれています。

部品の規格や選び方のポイントも書かれているので、材料を揃えるときに役立ちますよ。
最初はエントリークラスのキットからスタートした方が無難かもしれませんが、慣れてきたら自分なりのアレンジを加えても楽しそう。
サイト内には、ドローンに関する基礎知識から、おすすめのキットや制作レシピも公開されているので、ドローン制作のバイブルになるのではないでしょうか。

【参照元】
http://diy-rc.jp/2016957

(5)mbedからブラシレスモーターを回すための練習

ブログ「L52」。mbedからブラシレスモーターを回すための練習の画像

※こちらの記事には、2017年5月9日時点での最新情報が記載されています。外部メディア・ブログによっては、後日内容を更新され、本ブログの内容とずれている可能性がありますが、あらかじめご了承ください。

ドローンの自作に欠かせないブラシレスモーター。
そのモーター作りから手掛けたい方の参考になりそうな記事を見つけました!
《mbedからブラシレスモーターを回すための練習》というタイトルの記事です。
この記事の執筆者は、Arduinoやmbedを使って液晶やモーターを動かすことに魅力を感じているそうで、今回、mbedから信号を出力し、ブラシレスモーターを動かす実験を実施。
使用した材料やコード、実験結果を記載されています。
詳しい内容が気になる方は、記事の中でチェックしてみてくださいね。

また、この記事が公開されている『L52』というサイトには、他にもクリエイティブな感性を刺激する記事が数多くエントリーしています。
ドローン制作以外にも、動くものづくりの参考になる記事と出会えるかもしれませんよ。

【参照元】
http://l52secondary.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

(6)自作ドローンに必要な10種のパーツ徹底解説

ブログ「Webエンジニア × 自作ドローン」。自作ドローンに必要な10種のパーツ徹底解説の画像

IT企業でWebエンジニアとして活躍しているGASUさんは、ドローンに魅了された一人。
しかも、ただ飛ばすだけでなく、最近は自作にもハマっているそうで、ブログ『Webエンジニア × 自作ドローン』に、Web技術を活かしたドローン制作や、自動操縦のプログラミングに関することを綴られています。

GASUさんによると、ドローンの自作は思うほどハードルが高くないとのことなので、興味のある方はトライしてみてはいかがでしょう?
作る面白さと、飛ばす喜びの両方が味わえますよ!

GASUさんのブログ内には、自作の第一歩となる《自作ドローンに必要な10種のパーツ徹底解説》といった、初心者向けの記事も掲載されています。

「興味があるものの、自作に必要なパーツが全然わからない」
「それぞれの部品が果たす役割を知っておきたい」etc…。

そんな方は、ぜひチェックしてみてくださいね。
必要なパーツがわかれば、制作意欲がさらに増すことでしょう。

【参照元】
http://www.drone-engineer.com/articles/581/

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

社内SEの求人・転職一覧