セキュリティエンジニアとは

最終更新日:2020年10月29日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

セキュリティエンジニアとはどんな職種なのか、セキュリティエンジニアになるには何が必要かを知りたい方に向けた解説です。セキュリティエンジニアの仕事内容や必要なスキルなどの基本情報を掲載しています。是非、ご自身のキャリアを考える際の参考にしてください。転職のご相談もお受けいたします。

1. セキュリティエンジニアの仕事内容

セキュリティエンジニアは、セキュリティに配慮したシステム作りに携わる職種です。具体的な業務内容としては、セキュリティ面でのアドバイスやサポートを行う「企画提案」の他、機能要件の収集や分析を行ってそれらをシステムに反映させる「設計」、安全なシステム運用のための「実装」作業、脆弱性のチェックを行う「テスト」、情報セキュリティの保全を行う「運用・保守」などがあります。

セキュリティエンジニアの仕事内容についてもっと見る

2. セキュリティエンジニアに必要なスキル

セキュリティエンジニアは、セキュリティシステム企画、提案、設計、実装や、その後の運用、保守なども担う情報セキュリティ全般の作業を行う職種です。専門知識はもちろんのこと、一連の工程に携わることへの責任感、現場責任者など周囲と話をしながら進めるためのコミュニケーション能力スキルなども重要になります。また、スキルアップのためにCISMやシスコ技術者認定などの資格を取得するのも良いでしょう。

セキュリティエンジニアに必要なスキルについてもっと見る

3. セキュリティエンジニアになるには

セキュリティエンジニアは、情報システムの保護や調査、改善をメインにしたセキュリティ対策を行う職種です。セキュリティエンジニアになるにはITに関する技術力と多種多様な知識などを求められますが、OSやネットワークに関する造詣が前提となります。技術の証明には、情報セキュリティスペシャリストやシスコ技術者認定資格を取得するとよいでしょう。また、コミュニケーション力や洞察力、モラルなども必要です。

セキュリティエンジニアになる方法についてもっと見る

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

セキュリティエンジニアの求人・転職一覧