TIS株式会社

【インフラエンジニア】構築・保守・運用管理/産業・公共系顧客向け/IT基盤技術事業部

  • 土日祝日休み
  • 年間休日120日以上
  • 残業少なめ
  • フレックス制
年収
450万円
最寄り駅
西新宿駅 (東京都)
職種
インフラエンジニア

仕事内容について

インフラ構築・保守・運用管理者として活躍していただきます。

<具体的な業務内容>
・顧客システムの運用保守/インフラ構築

【仕事の特色】
<プロダクトの魅力>
・顧客と対面する機会が多く、さまざまな声(悩み/TISへの期待等)を直接聴くことができます。
・変革に向けたチャレンジは組織として積極的に推進しています。
・品質向上、生産性向上のためにIaC、Ansibleなどの技術スキルは必要不可欠です。
・顧客のみならず、各種ITベンダやサービス提供者、パートナーと言ったステークホルダとのコミュニケーションを求められます。
・顧客に近い環境での仕事ができるので、非常にやりがいを感じやすい環境です。
・SRE経験者はその経験を組織に広げること、高めることが可能です。

<キャリアパス>
・入社後:運用保守/インフラ構築メンバー
・1年後:中規模以上のシステム運用保守案件(主にSRE)/インフラ構築案件のプロジェクトメンバ
・5年後:中規模以上のシステム運用保守案件のリーダ(SRE or DevOpsをリーディング)、もしくは新規基盤構築案件のリーダ

【仕事内容(変更の範囲)】
業務の都合によりすべての業務への職務の変更、出向、派遣その他人事上の異動を命ずることがある。

必須条件

<知識>
・ITプロジェクトマネジメントに関する知識
・運用系ミドルウェアの知識(監視/ジョブ)

<スキル>
・インフラ構築/運用保守における技術スキル(仮想基盤技術、OS、データベース、Web、AWS等のクラウドサービス、IaC、Ansible/Serverspec等の自動化技術)
・障害対応、パフォーマンス管理、可用性担保などを支えるスキル
・運用作業の多くを自動化する思考とそれを実現するプログラミングスキル
・顧客システムの信頼性、パフォーマンス向上に向けた取り組みを行い、TISの価値を高めるスキル
・顧客の求めるものや課題に対して親身に受取り、解決に向けて諦めずに行動できるスキル
・新技術や高い非機能要件を牽引するスキル

<経験>
・プロジェクト上でのサーバ構築担当者、運用保守担当者

<マインド>
・困難にも怯まず、挑めるチャレンジ精神がある
・周囲を巻き込みながらプロジェクトを推進できるリーダーシップがある

この仕事で取り扱う技術

クラウド

Windows Azure

開発ツール

Ansible

TIS株式会社への
転職を成功させませんか?

レバテックキャリアなら転職成功率96%※1

企業別の専属メンターがあなたをサポートします

  • 企業別選考対策で内定率UP
  • 企業の内情を知れるからミスマッチが少ない
  • 似ている企業も一緒に転職相談可能

キャリアアドバイザーのおすすめポイント

簡単なアンケートご協力ください

求人情報は参考になりましたか?

  • まったくならなかった
  • 非常になった
  • 募集要項

    募集職・職位
    • インフラエンジニア
    業界
    • IT・通信
    • SIer
    歓迎要件

    <知識>
    ・SRE、Devopsの業務知識
    ・クラウド(AWS、Azure、他)に関する知識
    ・アプリケーションの基礎知識

    雇用形態

    正社員

    想定年収

    450万円~ (給与形態:月給)

    ■賞与・昇給
    賞与:年2回
    昇給:年1回

    ■募集職種の年収例

    ■実務経験・能力などを考慮の上、決定いたします。

    ■給与例
     ・年収570万円/28歳、システムエンジニア
     ・年収690万円/33歳、プロジェクトリーダー
     ・年収830万円/39歳、プロジェクトマネージャー

    ■給与・評価等備考
    ・給与:実務経験・能力などを考慮の上、決定いたします。

    予定勤務地
    東京都新宿区
    予定勤務地
    (変更の範囲)
    業務の都合により職場の変更、海外および全国への転勤を命ずることがある。
    就業時間
    09:00~17:30  フレックスタイム制 
    就業時間備考
    ・就業時間:標準的な時間です。
    平均残業時間
    10~30時間
    年間休日
    120日
    服装
    ビジネスカジュアル
    フレックス
    あり
    副業

    自己研鑽を目的とした就学や兼業を広く認めています。

    福利厚生

    ■保険制度
    健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 / 通勤手当 / 住宅手当 / 家族手当 / 残業手当 / 慶弔休暇 / 年末年始 / 有給休暇

    ■制度
    <福利厚生制度>
    退職金制度、団体生命保険、財形貯蓄制度、職員持株制度、
    確定拠出年金、産前産後休業・育児休業制度、介護休業制度、
    短時間勤務制度、復職支援制度、在宅勤務制度、
    借り上げ寮・社宅、親睦会、クラブ活動各種、
    契約保養所(全国各地)、契約施設(スポーツ関連)、
    ヘルスキーパー(企業内理療師)サービス、
    プロジェクト管理体制、サテライトオフィス、定期健康診断、
    資格取得奨励金、英会話オンライン講座受講料補助、
    プレミアムフライデー、カジュアルデー・スマートビズ

    <教育制度>
    階層別研修、職種別研修、各種e-learning、その他外部研修、
    メンター制度、社内検定(TOEIC)

    ■福利厚生備考
    ・短時間勤務制度:お子さんが小学校を卒業するまで、通算8年間の取得が可能
    ・親睦会:同社の親睦団体、文化・体育活動
    ・プロジェクト管理体制:月間残業20時間程度を実現
    ・在宅勤務制度:全社員対象
    ・階層別研修:内定者教育・新入社員研修・昇格前後研修・スキルアップ研修
    ・職種別研修:テクニカル

    休日休暇

    ■休日制度
    完全週休2日制(土・日)、祝、年末年始休暇、リフレッシュ休暇、慶弔休暇、介護休暇、子の看護休暇、半日/時間休暇制度、バックアップ休暇

    ■休暇備考
    ・リフレッシュ休暇:毎年4日付与、10連休の取得を推奨

    手当

    通勤手当、時間外手当、子育て手当、住宅手当

    ・時間外手当:役職による

    TIS株式会社について

    設立年月日
    2008年04月01日
    代表者
    代表取締役社長 桑野 徹
    資本金
    1,000,000万円
    従業員情報
    5,299名
    事業内容
    <グループ経営理念>
    TISインテックグループは、ITを通じた様々なサービスの提供によりリーディング企業グループにふさわしい企業市民となり、お客様、社員とその家族、株主などすべてのステークホルダーから評価いただける企業価値の向上を目指します
    私たちは、グループの企業と社員が共に高く新しい目標にチャレンジする活力ある企業カルチャーを醸成し成長を続けます
    私たちは、グループ力を結集し優れた技術力と品質により、常に最適をお客様に提供いたします
    私たちは、高い企業モラルを堅持し、社会的責任を果たしていきます

    <事業内容>
    TIS社は金融、製造、公共、流通、エネルギーなど幅広い業界において、インフラを支えるシステムを手がけられている企業です。
    これまで数々のミッションクリティカルな開発を成功させれ、多くのクライアントのビジネスをITで支えてこられました。
    長年に渡って培われてきた技術と経験で、経営戦略のあらゆる課題を解決するソリューションを提供されています。
    ※コンサルティング、システムインテグレーション、システム開発、クラウドサービス、アウトソーシング

    【主要取引銀行】三菱東京UFJ銀行, 三菱UFJ信託銀行
    【上場市場】プライム市場(36260)

    <グループ会社>
    インテック、アグレックス、クオリカ、AJS、中央システム、ネオアクシス
    提愛斯数碼(上海)有限公司、天津提愛斯海泰信息系統有限公司など 全58社(TIS含む)

    TISの企業情報を見る

    TIS株式会社が募集している求人・転職・採用情報

    同じ職種の似ている求人で探す

    関連する職種から探す

    同じ職種のリモートの求人を探す

    同じ職種の未経験の求人を探す

    エリアから探す

    ITエンジニア専用ページへ戻る

    レバテックキャリアTOPへ戻る

    ご回答ありがとうございます。

    関連性がないと感じられたのは、次のどの項目ですか?(複数可)

    ご協力ありがとうございました

    • ※1 2020年8月~2021年9月の実績

    正社員をお探しの企業様へ

    年収アップをご希望の方へ

    簡単!年収診断

    現在の市場価値や
    年収UPの実現方法がわかる!

    現在の職種はどちらですか?