• 企業情報

ダイコク電機株式会社

特徴
  • 育児支援制度
  • 持ち株会制度
  • 交通費補助
  • 従業員100名以上
  • 研修制度・勉強会充実
  • 年間休日120日以上
  • 残業少なめ
  • 自社サービスあり
  • 上流工程の仕事
  • 外国籍の方も活躍中
  • 実務経験が浅い方OK

ダイコク電機株式会社の想定平均年収

461万円から650万円

職種別の想定平均年収

  • インフラエンジニア

    467〜700万円

  • サーバーサイドエンジニア

    500〜700万円

  • 組込・制御エンジニア

    450〜600万円

  • プロジェクトマネージャー(PM)

    450〜600万円

  • アプリケーションエンジニア

    450〜万円

  • 社内SE

    450〜万円

さらに表示する

ダイコク電機株式会社の求人・転職・採用情報

  • エンジニア
  • デザイナー
  • PM・PL

事業内容

・DK-SIS
・情報システム事業
・制御システム事業

続きを読む

ダイコク電機株式会社の特徴

  • 国内トップシェアを誇る、パチンコホールシステムを開発。AI機能も搭載

    ダイコク電機株式会社は、パチンコホールと遊技機メーカー向けの製品・サービスを提供している企業です。

    パチンコ店に設置されるホールコンピュータで業界トップシェアを誇る同社。業界を牽引する先進企業として、精度が高い売上・利益のシミュレーションソフト導入や、AIを搭載した業界初となる製品開発を実現するほか、分析などの自動化を可能とし、店舗スタッフの業務効率化と働き方改革に寄与しています。
    また、全国約150万台の遊技機データを保有していることも強みで、顔認証システムとの連動によるファンの動向分析なども得意としています。

    そのほかには、会員数23万人を超える大当りデータ閲覧サービス『データロボ サイトセブン』や、最新情報・攻略情報を放映する『パチ・スロ・サイトセブンTV』などのメディア運営も手掛けています。

    2020年度4月には研究開発部を新設しており、5GやAI、IoTなどの先端技術の基盤構築を中心として、技術の蓄積や社外とのアライアンス構築などにも取り組んでいます。

    その他、社内のクラウド化も進めていき、データセンター廃止によるコストカット、AWS/GCP/Azureを組み合わせたクラウド環境の整備を推進しつつ、幅広い領域での新たなビジネスチャンスの創出を目指している企業です。

  • 向上心や主体性、製品へのこだわりを持つ社員へ挑戦の機会を提供

    ダイコク電機株式会社全体の従業員数は43名、平均年齢は45歳です。
    配属予定部署の情報システム事業部には、現在266名在籍。うち、開発部(ホールコンピュータや呼び出しランプなどの製品開発を担当)、サーバー開発部(ビッグデータを活用したシステム開発やクラウド移行などを担当)を合わせて49名のエンジニアが活躍しています。

    情報システム事業部では、実際の開発は協力会社が行うため、主に企画や提案などの上流工程を行っています。ノウハウの属人化を解消するため、ドキュメンテーション自体を業務内容に組み込んでいるのが特徴。ゼロから製品開発に携わりたい方や、多くの製品に携わりながら幅広い技術を身につけたい方など、技術探求の機会を求めている方におすすめの環境です。

    なお、同社では社内のクラウド化に向け、新設したネットワークインフラ課の人材強化も検討しており、オンプレミス環境からクラウドへの移行経験をお持ちの方を積極的に採用しています。ネットワークやインフラの設計構築自体に興味がある方や、主体的かつ意欲的に仕事に取り組めるマインドのある方にもおすすめです。
    リモートに対応したネットワークインフラ領域で、キャリアを積めるというのが同社で働く一つの魅力で、AWSやGCP、Azureなどのパブリッククラウドの技術を身に付けながら、エンジニアとして市場価値を高められます。

    同社は制度面からも社員のスキルアップを後押ししていて、会社指定の通信教育受講費全額補助や資格合格報奨金など、充実の教育制度を整えています。また、自分の希望を申告できる「自己申告書制度」を導入しており、毎年1回上長との面談を通して3~5年のキャリアプランを共有することが可能。配属先についてもできるだけ本人の希望を尊重しています。

  • 社員思いの社風で、長期にわたって安心して勤められる環境を提供

    同社では、社員のために何ができるかを考え、「愛のある会社」というスローガンのもと社内制度を整えています。
    コロナ禍の現在はリモートワークを導入していて、サーバー開発部の半数近くの社員がリモートを実施。一方で残業削減にも注力しており、人員配置の適正化により、残業は月平均20時間以下まで抑制しています。

    特徴的な制度の一つに、勤務開始時間を早めたり遅らせたりできる「スライド勤務」というものがあります。こちらを利用することで、通常の出社時間は9時ですが、7時や10時からの就業開始などが可能です。
    コロナをきっかけにスライド勤務と時間単位有給の併用が可能となり、より柔軟な働き方が実現できます。
    誕生日休暇や結婚記念日休暇など、休暇制度も充実しているので、プライベートの時間も大事にしながら働きたい方におすすめです。

    同社にはフラットな社風があり、役職ではなく「さん」付けで呼ぶ文化が根付いています。 職位や年齢の垣根を感じさせない雰囲気が職場にはあり、コミュニケーションや相談がしやすい環境。Zoomを使っての部署を跨いだオンラインミーティングを週1で実施するなど、他部署間の交流も活発に行われています。

    また、仕事を若手のうちから任せてもらえる文化があり、仕事にやりがいを感じやすい環境であることも同社の大きな魅力。開発エンジニアの場合、一人で1つのサービスを担当できるほか、企画・設計をはじめとする上流工程からベンダーとのやり取り、運用まで一貫して携われます。また、パチンコやパチスロが好きな方はユーザー視点での製品開発が可能で、興味・関心のある分野で活躍できるフィールドです。

代表的な開発環境

言語
Java  /  PHP  /  Python  /  Ruby  /  Perl  /  C++  /  C言語
OS
Windows  /  Linux
クラウド
AWS  /  Windows Azure  /  Google Cloud Platform

企業概要

設立年月日
1973年07月01日
代表者
代表取締役社長 大上 誠一郎
資本金
67,400万円
従業員情報
454名(2020年09月04日時点)
福利厚生

保険制度

健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 / 通勤手当 / 住宅手当 / 残業手当 / 慶弔休暇 / 年末年始 / 夏季休暇 / 有給休暇

制度

<福利厚生制度>
企業年金、退職金制度、再雇用制度、財形貯蓄補助金制度、従業員持株会制度、
職場積立NISA、借上独身社宅、育児休業制度、介護休業制度、
マイライフ勤務制度(時短勤務)、生きがい休暇制度、自己申告書制度、
国内リゾート施設法人会員(国内22ヶ所)木曽駒高原保養所「森林館」(自社保有)、
クルーザーボート貸出、クラブ活動、何でも相談室、健康サポートサービス、親睦会費用援助

<教育制度>
新入社員研修、部門別・階層別研修、自己啓発通信教育、
入社時研修、製品研修、メンテナンス研修、フォロー研修、メンター制度

福利厚生備考

・生きがい休暇制度:有給休暇をフルに使い1ヶ月の長期休暇。
・自己申告書制度:毎年1回、自分で3~5年後にめざす姿を自己申告書に記入し上司と面談。
 キャリアプランを一緒に考え、可能な限り配属に反映します。
・クラブ活動:野球、フットサル、マラソン 他。

・入社時研修:ビジネスマナーを含め、社会人としての基礎的な素養を身につけるための研修。
・自己啓発通信教育:受講料は会社負担。
・製品研修:メンテナンス研修へ向けて、基礎的なメンテナンススキルを身につけるための研修。
・メンテナンス研修:約1年間、当社の事業内容を体感・理解できる当社製品のメンテナンス研修。
・フォロー研修:入社後約半年を目処に、入社時研修の振り返り。
・メンター制度:入社後しばらくは先輩に同行して、業務を少しずつ覚えていきます。
<事業関連>

休日休暇

休日制度

週休2日制(土・日)、祝、夏期休暇、年末年始休暇、有給休暇、慶弔休暇、特別休暇、誕生日休暇、結婚記念日休暇、旅行休暇

休暇備考

・年間休日:2019年度実績
・旅行休暇:会社の業績により、社員旅行代わりに、全員に1週間の休暇と旅行費用が与えられ、好きなタイミングで使用可。

手当

通勤手当(上限5万円/月)、時間外・休日出勤手当、外勤手当、待機手当、夜間手当、資格手当、住宅補助手当

あなたにおすすめの求人 | ダイコク電機株式会社に関連する求人

ダイコク電機株式会社の求人・転職・採用情報に関連した求人

あなたにおすすめの企業 | ダイコク電機株式会社に関連する企業

ダイコク電機株式会社の求人・転職・採用情報に関連した企業

今もらっている年収は高い?低い?

簡単60秒 エンジニア・クリエイター専門 年収診断 無料診断START ×

年収アップをご希望の方へ

簡単!年収診断

現在の市場価値や
年収UPの実現方法がわかる!

現在の職種はどちらですか?