「今より高く」を目指す。ITエンジニア・デザイナーのための転職エージェント「レバテックキャリア」

株式会社とうこう・あい

株式会社とうこう・あいの事業内容

事業内容

株式会社とうこう・あいは、出版分野を得意としている広告企業です。同社が誕生したのは、1948年4月10日のこと。戦後の日本経済の復興と、出版活動のこれからに着目して、東弘社として発足しました。出版広告代理店としてスタートを切り、1957年には株式会社東弘通信社に改組。それから長い歴史とともに出版広告事業を主軸に拡大を続け、2002年4月に同社名に変更しました。同社ではあらゆる広告・プロモーション戦略のサポートを行いながら広告業界からの信頼を得て、新媒体の提案にも常に挑戦する姿勢を持ち続けています。「昨日までの常識が今日には通用しない」そんな変化の大きい時代にしっかりと追いつき、対応することを徹底。広告コミュニケーションのプロフェッショナルとして邁進しています。
同社が展開する出版プロモーションでは、広告から販売のプランニングをはじめ、コミュニケーション設計に至るまでをトータル的にサポート。出版に関するあらゆる業務を、同社の豊富なソリューションで支援しています。この事業は、1000社を超える取引出版社数と200社を超える取引媒体数を持つ同社だからこそ対応できる強みです。
マーケティング・コミュニケーションにおいては、企業とクライアントを結びつけるコニュニケーションプランを提案しています。企業やブランドが抱えている課題を抽出し、調査と基本戦略立案を実施。パブリックリレーションやセールスプロモーション、デジタルプロモーション、メディア広告などあらゆる手法から最適なものを組み合わせ、課題解決をサポートしています。スピーディーさと既成概念を破る柔軟な発想が、同事業の強みです。

・新聞、雑誌、テレビ、ラジオ、インターネットの広告企画、制作、実施
・看板、交通広告の企画、制作、実施
・販売促進活動の企画、制作、実施
・展示、催事の企画、制作、実施
・各種印刷物の企画、制作
・新媒体の企画、開発
・その他広告に関する一切の業務

株式会社とうこう・あいの特徴

  • 70年の歴史に裏付けされた、出版社を軸にしたソリューション提供

    株式会社とうこう・あいの前身となる東弘通信社が創立されたのは、戦後すぐの1948年、博報堂出身の那智能夫氏が戦後の日本の経済の復興と出版活動の将来に着目し、新聞に掲載される出版広告の広告会社として発足しました。その後、新聞社や出版社をメイン顧客として出版広告事業を軸に拡大し、2002年4月に新世紀の広告会社として飛躍すべく、株式会社とうこう・あいと社名を変更しました。

    同社の強みは、約1,200社の取引出版社数と、約250社の取扱媒体社数が証明する、70年にわたる出版広告の知見と経験があります。
    近年は、WebやHPの需要増加に伴い、同社では創業当初から行っている出版関連のサービスに加え、現在はアプリサービスの開発から運用も行っています。
    ■「HONDANA」:出版社向けに独自開発したWEBサイト管理システム
    ■「本が好き」:書評でつながる読書コミュニティ
    ■「YONDEMILL」:出版社や著者の方が簡単に電子書籍を販売できるシステム

    今後は、広告コミュニケーションのプロフェッショナルとして、お客様のニーズに合わせたより良いサービスに成長させていくと同時に、ユーザビリティの向上により、充実したコンテンツの成長を目指しています。

  • ホームページ作成実績130超!出版社向けWEBサイト管理システム「HONDANA」

    同社のメインサービスとなりつつある「HONDANA(ホンダナ)」は、出版社向けに独自開発したWEBサイト管理システムです。既に130を超えるホームページの作成実績があります。また、「HONDANA」では利用者も含めたコミュニティを作っており、定期的に分科会として、各社のWeb施策共有の機会を設けています。
    開発は独自のフレームワークを使用していて、開発チームはビジネスパートナー企業2社・デザイナーを含む15名弱で構成されています。少数精鋭で開発を行っているため、一人ひとりのタスクは独立していて、それぞれが責任もって取り組んでいます。自身で会社全体を動かしていくやりがいを感じられます。

  • 出版・マーケティングを軸にしたWeb事業展開

    「YONDEMILL(ヨンデミル)」は、ブラウザを使ったデジタル本の閲覧システムです。パソコン、スマートフォン、タブレットなど、Webサイトを閲覧できる環境があれば、ワンクリックで本の試し読みや購入ができます。
    「本が好き」は、読書好きなユーザーがみんなで作る読書コミュニティで、読んだ本を記録したり、書評を書いたり、ユーザー間でコメントのやり取りなどができます。
    さらに、「マーケティング・コミュニケーション」として、企業やブランドが抱える課題解決のために、課題抽出から調査・基本戦略立案を行い、 AD・デジタル・PR・SPなどさまざまな手法から最適なものを組み合わせ、企業と顧客を結びつけるコミュニケーションプランも提案しています。既成概念にとらわれない柔軟な発想、そしてスピーディな行動力を強みとしています。
    また現在、EC×出版×Webという新しいサービスも検討しているため、要望があれば新規事業のサービス責任を担える可能性もあります。

  • 有給取得実績平均10.5日!フラットな社風と充実した福利厚生

    開発部に在籍している社員は30~40代が多く、社内は落ち着いています。また、自由度が高くフラットな社風のため、新しい意見や提案は歓迎される雰囲気です。複数の自社サービスを展開しており、顧客も大手企業から中小企業まで幅広いため、様々な経験値を積める点が同社の魅力。営業担当者と一緒に、顧客にヒアリングを行うこともあります。
    入社後は、様々な協会や団体の主催するセミナー・研修に出席し、知識を深め、日常業務に役立てていただくことができます。例として、一般社団法人日本広告業協会主催の「海外研修セミナー」「クリエイティブ研究会」や、公益社団法人日本マーケティング協会ほか各種セミナーに参加可能です。また、書籍購入を月5,000円まで補助する自己研鑽制度もあり、各自自己研鑽を積める環境を整えています。
    有給休暇の取得日数も多く、平均10.5日(2018年実績。特別休暇を除く)となっており、育児休業も2名の取得実績があります(2018年実績)。

株式会社とうこう・あいの企業基本情報

設立年月日 1948年04月10日
代表者 代表取締役社長 鐘ケ江 弘章
資本金 6,000万円
企業HP https://www.toko-ai.com/
従業員情報

総数

40名(2019年11月現在)

福利厚生

保険制度

健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 / 通勤手当 / 残業手当 / 年末年始 / 夏季休暇 / 有給休暇

その他

■諸手当
通勤手当(月50000円まで)、家族手当、表彰制度 ほか

■休日休暇
完全週休2日制(土曜日・日曜日)、祝日、夏休み(3日)、年末年始休暇(12月28日~1月5日)、特別休暇 ほか
※年間休日日数:120日以上

■待遇・福利厚生・社内制度
社会保険完備(健康・厚生年金・雇用・労災)、退職金制度(勤続3年以上)、自己研鑽制度(書籍購入を月5000円まで補助)、自社保養所(箱根)、外部福利厚生施設(東急ハーヴェスクラブ)

■研修制度
不定期研修(さまざまな協会や団体の主催するセミナー・研修に出席する機会あり)
例:一般社団法人日本広告業協会主催「海外研修セミナー」「クリエイティブ研究会」、公益社団法人日本マーケティング協会などの各種セミナー

本社所在地

所在地

東京都中央区銀座7-13-12サクセス銀座7ビル4階

最寄り駅

東銀座駅 (東京都)

※この情報は、2019年11月時点の内容です。

株式会社とうこう・あいに興味がある方へ

レバテックキャリアは
あなたの転職活動を徹底サポート

  • あなたのスキルや
    ご希望条件に
    合わせた求人の紹介

  • 職務経歴書や
    ポートフォリオの添削と
    企業ごとの面接対策

  • 入社日調整や
    年収交渉を
    アドバイザーが代行

この企業への転職相談

  • 企業情報

サイトでは公開していない、レバテック独自の求人情報をお伝えします

ご要望に合わせてプロが求人情報をご紹介します

あなたにおすすめの求人株式会社とうこう・あいの求人・転職・採用情報に関連した求人

あなたにおすすめの企業株式会社とうこう・あいの求人・転職・採用情報に関連した企業