株式会社キュア・アップ

最終更新日:2017年10月06日

株式会社キュア・アップ

会社概要

資本金 - 従業員数 -
設立年月 2014年07月 平均年齢 -
代表者氏名 代表取締役CEO兼医師 佐竹 晃太、取締役CTO兼医師 鈴木 晋 株式公開 非上場
最寄り駅 三越前駅/新日本橋駅, 日本橋駅
所在地 東京都中央区日本橋小舟町1番3号 CASTELLINO O.T. NIHONBASHI 7階
事業内容

治療用ソフトウェアを開発して診療現場に導入している株式会社キュア・アップ。新たな治療アプローチで患者に希望を与えています。海外のトレンドやユーザビリティを考慮しながら、医療費の抑制や医療格差を減らせるよう支援に取り組んでいる企業です。

<提供している製品>
・「CureApp禁煙」
医療機関を対象にしたアプリケーション。患者ごとにカテゴライズされたガイダンスを行うことでニコチン依存症の治療に貢献しています。また、ポータブル呼気CO濃度測定器と治療アプリを一体化させたソリューションを展開。機器を小型化することで低コストになり、自宅などで高頻度の測定を可能としています。

・「CureApp脂肪肝」
外来受診以外でも診療ガイダンスを継続的に行うことで、現状治療法が確立していない脂肪肝のリスクを未然に防いでいます。

・「ascure禁煙プログラム」
医療機関へ向けたアプリの開発を法人でも活用できるよう展開。専用アプリで禁煙方法について毎日アドバイスをし、記録に基いて指導員が適切なサポートを行なっています。

福利厚生

福利厚生・保険 健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 / 年末年始 / 夏季休暇 / 有給休暇

社風

同社のCEOの佐竹氏は慶応大学医学部卒で、米国ジョンズ・ホプキンス大学の公衆衛生博士号を取得し、CTOの鈴木氏は慶応義塾大学医学部卒など高学歴なメンバーが顔を揃えている会社です。また鈴木氏は東京大学医科学研究所にてバイオインフォマティクス分野データ解析ゲノム解析ソフトウェアCLipClopの開発に携わり、自ら手掛けた開発アプリケーション「かすたねっと」が人工知能学会現場イノベーション賞の金賞を受賞するなどの実力の持ち主で、現在は東北大学生物情報学博士課程で学んでいます。このように大変勉強熱心なメンバーが、アプリケーションの力で医療の現場を良くしようと新しい分野に挑み続けています。

社内環境

キュアアップ社は2014年設立のベンチャー企業です。CEOの佐竹氏はアメリカで医療インフォマティクスを専攻中、モバイルアプリが治療効果を促進するという趣旨の論文に衝撃を受け当社を立ち上げました。現在は医師から処方してもらうと使えるCureApp禁煙アプリや、肝硬変の術後死亡率が割り出せるAdopt-LCアプリなどを開発しています。薬剤や治療に比べ費用対効果の高い医療用アプリを使うことにより、昨今の医療費の高騰や医療格差をなくしていくという目標を掲げ、アプリの開発を進めています。

株式会社キュア・アップが募集している求人・転職・採用情報

株式会社キュア・アップの求人採用情報を全て見る

  • 企業情報

サイトでは公開していない、レバテック独自の求人情報をお伝えします

あなたにおすすめの求人株式会社キュア・アップの求人・転職・採用情報に関連した求人

あなたにおすすめの企業株式会社キュア・アップの求人・転職・採用情報に関連した企業

その他の求人・転職・採用情報を探す