この求人は既に募集を終了しています

Dr.JOY株式会社

【アプリケーションエンジニア】大規模オフショア開発!既存~新機能まで幅広く着手

年収
450~1,000万円
雇用形態
正社員
最寄り駅
渋谷駅 (東京都)

この会社が取扱う技術

フレームワーク

Node.js

クラウド

AWS

最終更新日:2020年07月06日

業務内容について

【主な仕事内容】
PMとデザイナーとコミュニケーションを取りながら、既存機能の追加実装から新機能開発まで幅広くお任せします。

【具体的には】
あなたのこれまでの経験とスキルに応じて一番ご活躍出来る領域をお任せします。

● AWSやGCPのクラウドインフラを活用したシステム基盤の開発
● アプリケーションの設計
● 新規アーキテクチャーの設計・実装
● 事業企画、設計、開発
● 仕様書の作成          など
                

【仕事の特色】
【仕事の魅力】
● 最近流行りのマイクロサービスの開発手法を経験できる。
● 大規模なオフショア開発を経験できる。
● リプレイス案件なため、まっさらな状態でスタートできる。
● 開発のみならず、事業企画、設計、開発、運用まで、サービス全体に関わることができる。
● 自分の意見やアイディアを反映させることができ、かつ自分が作ったサービスが多くのユーザーに利用してもらいながら、フィードバックをもらうこともできる。
● 自社サービスを通して、医療や福祉に貢献することができる。
● 自由な環境と社風で、新しい技術の導入も積極的に取り組める環境。

募集要項

業界
  • サービス
  • 医療・福祉
必須条件

●5年以上の開発経験
● 業務アプリケーションの仕様書・設計書の作成経験

●メンバーとの共同作業を齟齬無く進められる程度のコミュニケーション能力をお持ちの方

歓迎要件

● マイクロサービスの開発手法を経験したことがある人
● AWSやGCPなどのクラウドインフラに詳しい人
● スマホアプリやフロントエンドの開発に詳しい人

● 少人数のベンチャー企業で働くということを楽しめる方
● 自身の経験のある領域以外でも、新しいことに取り組むことに前向きな方
● 受け身ではなく、自ら率先して仕事に取り組む積極性と好奇心のある方

雇用形態

正社員

想定年収

450~1,000万円 (給与形態:年俸制)

■賞与・昇給
賞与:
昇給:昇給査定:年1回(11月)

■給与・評価等備考
・給与:経験・スキル、年齢と前職給与などを考慮のうえ、決定いたします。
・月給:みなし残業代として月々45時間分を含みます。
 時間超過分は追加支給いたします。

■手当
通勤交通費、近隣住宅手当

予定勤務地
東京都渋谷区
就業時間
10:00~19:00 
平均残業時間
10~30時間
服装
ビジネスカジュアル
福利厚生

健康保険 / 厚生年金 / 雇用保険 / 労災保険 / 通勤手当 / 住宅手当 / 慶弔休暇 / 年末年始

■備考
・近隣住宅手当(2万円および引越し補助10万円)
・ランチ補助制度
・書籍、セミナー代の補助制度
・フリードリンク(ミネラルウォーター、炭酸水、コーヒー)
・永年勤続制度(3年勤務した場合5万円と、特別休暇1日付与)
・健康診断
・インフルエンザ予防接種
・ラジオ体操支援制度(1参加当たり100ポイント付与)
・禁煙補助
・マルチディスプレイ
・昇降デスク(リフレッシュを目的とした、毎日15分のスタンディングタイム)
・各種社会保険完備
・育児休暇、介護休暇、慶弔休暇、結婚休暇
・退職金制度
・通勤交通費支給(上限2万円)
・フリーかき氷

Dr.JOY株式会社の事業内容

Dr.JOY株式会社は、2013年に株式会社famishareとして誕生。2014年に社名を変更し、Dr.JOY社として新たなスタートを切りました。同社が手掛ける事業は、「医療分野におけるソフトウェア開発および運用」と「医療機関への医療および医薬品情報の提供」です。
医師としても活躍する代表取締役が、実際に病院で働きながら改善点の洗い出しを実施。医療の現場で発生するあらゆる問題点の解決につながる機能を選りすぐり、Dr.JOYの開発に至りました。
Dr.JOYは、2019年2月の時点で1895社の医療関連企業に導入され、約5.3万人が利用しているシステムです。主な機能は、機能勤怠管理・MR連携・地域連携・薬薬連携・eラーニング。各医療機関の働き方改革に、大きく貢献しています。

<勤怠管理>
医療機関を対象とした、勤怠管理システムです。WEB・スマートフォンで簡単に出退勤の打刻ができ、手書きだった残業申請も可能にしています。打刻率を可視化できるのも、Dr.JOYの特徴です。

<MR連携>
医療機関ごとのMRを、顔写真つきの名簿で管理できるシステムです。社名や製品名などからも担当者が分かり、必要時すぐに連絡することが可能。MR側も、面会可能な時間帯を把握でき、飛び込みでの営業を減らせるメリットがあります。

<地域連携・薬薬連携>
院内外を問わず、医療従事者同士がメッセージで情報共有できるシステムです。グループ掲示板を活用して、勉強会の案内やカンファレンスなども行えます。電話やFAXではスムーズにいかなかった薬薬連携も、Dr.JOYの導入により円滑化。過去の照会記録の検索が容易になることも、メリットとして挙げられます。

<eラーニング>
空き時間を利用して、関心のあるテーマを学べる動画コンテンツがあります。動画中の資料はダウンロード可能。スマホで手軽に視聴できるシステムにし、医療従事者の学びの意欲をバックアップしています。

企業情報を見る

開発体制

プロジェクト規模
【チーム構成】 ①リプレイスチーム、②現状のサービスの保守チームの2チーム制で行っています。 今回、配属して頂くチームは、リプレイスチームになります。 ①リプレイスチームの主な役割は、仕様をまとめ、開発の大きな方針や、フレームを作ります。 そして、それをオフショアの会社に依頼しディレクションを行います。 オフショア開発と聞くと、疑問を抱く方もおられると思いますが、 弊社のオフショア開発チームはとてもレベルが高く、 これまで200人月を超える大きなプロジェクトを何度も成功させてきたチームです。 年々BtoBのオフショア開発の質も上がってきており、 これまであまり経験することがない開発手法を試せる環境です。 また、ブリッジエンジニアやPMOを手厚く配置しているので、管理体制がしっかりしており、 エンジニアがハイパフォーマンスを出せるように工夫しているのも、ひとつの特徴です。 ①リプレイスチームの構成(日本13名、オフショア35名) <日本> ・ブリッジエンジニア1名(ベトナム人) ・PMO1名 ・社内エンジニア5名(サーバーサイド3名、iOSエンジニア1名、Androidエンジニア1名、フロントエンジニア1名) ・デザイナー5名 ・テスター1名 <ベトナム> ・ブリッジエンジニア5名 ・PMO2名(日本人、ベトナム人) ・エンジニア20名(WEBエンジニア10名、iOSエンジニア5名、Androidエンジニア5名) ・その他8名(テスター5名、翻訳3名) ②保守チーム(日本10名) ・サーバーサイド2名、フロントエンジニア1名、iOSエンジニア1名、Androidエンジニア1名 ・テスター5名

キャリアアドバイザーからのおすすめポイント

【急拡大の自社サービス「Dr.JOY」】
医療機関専用コミュニケーションツール「Dr.JOY」の開発・運営を軸に事業を展開するDr.JOY株式会社。同サービスは、医療機関内での情報共有やコミュニケーションを円滑化する画期的なソーシャルプラットフォームとして多くの医療従事者から支持されており、2015年2月のサービス開始以来、大学病院をはじめとした全国多数の医療機関に導入が拡大。サービスリリース1年で約1,843医療機関が導入し、1,303社 約4.4万人の医療関連企業が利用するサービスへと成長しています。

【なぜ急拡大できるのか】
代表取締役の石松宏章氏が現役の医師であり、医療界という閉鎖的な業界の内部事情に通じているからこそ、より細やかなサービスで医療従事者をサポートできることが同社の最も大きな強みです。
医師である石松氏が開発に深くコミットしている点は、他のITベンダーとの大きな違いです。医療現場に従事していることによって、現場でしか得ることができない課題意識や真のニーズをよりリアルにキャッチすることができ、それらを機能の取捨選択やUIのチューニングに生かすことができるのは大きなメリットとなっています。
また、医療機関が「Dr.JOY」を導入する際には導入費用がかかりもせん。製薬会社を始めとした関連企業から報酬をいただくビジネスモデルであり、このビジネスモデルが「Dr.JOY」の導入を加速させています。

【「Dr.JOY」の機能の特徴】
「Dr.JOY」には医療機関内で情報を共有する「院内グループ機能」のほか、関連病院や地域のクリニック・薬局・介護施設のような組織外のユーザーとも連携できる「院外グループ機能」も搭載されています。
また、「Dr.JOY」の一番の特徴は、新薬や最新機器を提供する製薬企業、医療機器メーカーなどの取引業者にも同機能を提供していることです。限られた時間の中で最新医療の情報がほしい病院と、情報提供を行いたい取引業者をつなぎ、双方の業務を効率化。
同時に非公開型・招待制による運用を行うことで、院内のセキュリティ強化も実現しています。

【「Dr.JOY」の今後】
近年の規制緩和で、院内でのスマートフォン使用が認められるようになった。スマートフォンやタブレットを持ち歩く医師も増え、「Dr.JOY」のようなツールを活用する土壌は整いつつあります。「Dr.JOY」にはiOS・Androidの専用アプリもあり、PCやスマートフォンさえあれば、すぐにでも利用できます。同社は、「Dr.JOY」の利用者数を、数年以内に医療従事者20万人にまで拡大させることを目指しています。今後、一定数のユーザーを確保した段階で広告掲載等によりマネタイズをする予定です。
医療機関に特化したクローズドSNSや医療機関同士をつなぐ情報共有の仕組みはまだ世界的にも珍しいため、マーケットやニーズ次第ではアジアをはじめとする海外への展開も視野に入れています。

キャリアアドバイザー小林 顕豊

Dr.JOY株式会社が募集している求人・転職・採用情報

サイトでは公開していない、レバテック独自の求人情報をお伝えします

ご要望に合わせてプロが求人情報をご紹介します

あなたにおすすめの求人Dr.JOY株式会社の求人・転職・採用情報に関連した求人

あなたにおすすめの企業Dr.JOY株式会社の求人・転職・採用情報に関連した企業

その他の求人・転職・採用情報を探す