ハッカソン最優秀エンジニアが、SIerからWeb系に転向する際に当たった壁とは?

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

「SIerとして続けていくか?Web系に転向するべきか?」

先日お話したエンジニアの方の中に、このような悩みを抱えていらっしゃいました。

日々、お話するエンジニアの方でもSIerからWeb系への転向で悩まれている方は多いなと感じます。

このような背景をもとに、過去SIerからWebエンジニアへの転向された経験をテーマにヒカ☆ラボにご登壇いただき、好評でした具志堅 雅氏に再度ご登壇いただきイベントを開催することとなりました。

今回は具志堅氏、そして同様にSIerからWeb系に転向された為藤氏に、SIerからWeb系に転身するためにどのような動きをしたらいいのかを語っていただきます。

そして、今回は先行記事として具志堅氏のキャリアについて伺いました。

 
 

ヒカ☆ラボ詳細

日時:2014年7月15日
場所:レバレジーズ本社(渋谷ヒカリエ17F)

丸テーブルと椅子が間隔を開けて置かれている、壁の一面が緑に覆われた静かな雰囲気のレバレジーズ本社ロビーの写真

 
■公演内容
Sierからどのようにweb系にいったのか
web系に行くために努力したこと
ハッカソン参加のメリット など

 
■講師
具志堅 雅 氏

日立系子会社などのSIer経験を経て、現在は株式会社じげんにてRailsメインのWebエンジニアとして在籍。
プライベートではハッカソンや勉強会で得た知見をブログでアウトプットするだけでなく、「【楽天・ヤフー・リクルート共催】第1回アフィリエイトソン 最優秀賞」を個人で受賞、チームでは「【富士通×サムライインキュベート×ナイトレイ共催】第2回 観光アイディアソン」 準優勝や、「【エンジニアtype×MOVIDA共催】2B Hack 三つの協賛企業賞」をチームで受賞するなどの実績を持つ。
その実績からApplicare2014のアドバイザー・メンターとして参加することが決定している。

為藤アキラ 氏
Javaプログラマーとして金融系、日立システム開発、IT講師、SIer経験を経て独立。
ORACLE MASTER Gold 11g、OJC-WC、LPIC等、様々な資格を所有。
現在は、株式会社ROLOにてWeb制作、アプリ開発等を行っている。
堀江貴文プロデュースの本当に美味しいお店が探せるグルメキュレーションサービス『テリヤキ』の開発を担当。
 

■予約方法

予約フォームから予約する
※弊社運営サービス@Agent内予約フォームに遷移します。転職者用イベントではありません。どなたでもご参加いただけます。
ATNDから予約する

SIerからWeb系へ転向したエンジニアのキャリア論

具志堅さんがSIerからWeb系に転職された動機は?


Web系に転職を決意した一番の理由は「自分がつくったサービスをいろんな人に届けたいから」です。

SIer時代も同じ気持ちで開発をしてきたし、そういう気持ちで開発されている方々をたくさん見てきました。

しかし私の場合は、SIerとして働くにつれ、限られた分野の人が使うサービスを作るよりも、

「一般向けのサービスに携わり、より多くの人の生活をよくしたい。」

という想いが強くなっていきました。

そこで、その想いを実現できるWeb業界に転向しようと決めました。
 

SIerからWeb業界に転職する時に当たった「壁」は?

壁は2つありました。

1つは、コミュニケーションの壁です。

SIer時代から常に真剣に業務に取り組んでいたのでWeb業界でもやって行ける自信はありました。

しかし、Web業界の相手に対し、「SIerで培った経験やスキル」を「Web業界が求めているスキル」に置き換えて伝えるのが難しく、面談に全く通らなかったんです。

そこで、SIerのスキルを無理やりWeb業界にあてはめて伝えるのをやめてみました。
Web業界が求めている言語は何か。
その中でも自分が好きな言語は何か。
そういった、「ニーズ」と「ライク」の組み合わせていく姿勢ができると自分の強みを伝えられるようになっていきました。

すると、面談にも通るようになりましたね。

もう1つは、Web系の知人や友人がいないという壁ですね。
SIerの中でも同期や親会社の方以外とのつながりがほとんどなく、Web業界について詳しい人が周りにいない状況でした。
入りたい企業にも知り合いもいなかったんです。

だから、Web業界の内情を知ることもできず、苦労しました。
そこで、Web系の勉強会やハッカソン、アイデアソンに自分から積極的に参加し、Web業界の知り合いを徐々に増やしていきました。
 

今後はどのようなキャリアを描いていきたいですか?

直近1年から2年は、エンジニアの中でも、もっとサービスに寄ったエンジニアになりたいです。
グロースハッカーにエンジニアを加えたイメージと言えば分かりやすいでしょうか。

具体的には、マーケターが提案した施策に対して、技術的な視点で実現の可能性やインパクトの大きさを議論したり、施策の仕様が決まり次第、高い品質のサービスを最速で提供するエンジニアです。

もちろん、施策は自分からも提案できるようになりたいですね。

さらに先のキャリアとしては、サービスや事業を考えるエンジニアになりたいです。
要はグロースハックのノウハウを踏まえ、どのような事業やサービスがユーザーから求められているかを推測し、それを具現化できるエンジニアです。

エンジニアとして技術的価値を高める一方で、サービスの使用価値も高められるエンジニアになっていきたいです。
 

まとめ

SIerからWebエンジニアに転向する際は、やはり苦労が多いと語る具志堅氏。

ヒカ☆ラボ当日ではより具体的に、Webエンジニアのために何をしたのか、SIerからWebエンジニアに転向する際の課題についても詳しくお話していただきます。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

企業インタビュー記事トップへ