プライベートでのアウトプットで技術指向性をアピール27歳フロントエンドエンジニア。インテリジェンスへの転職で念願の「新規事業での仕事」を実現

氏名:鈴木潤さん   年齢:27歳   性別:男性   職種:フロントエンドエンジニア

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

前職
職種:業務系SE
内容:業務系システムなどの受託開発を行う会社でSEとして従事する。入社時に希望していた新規事業に関われないこと、技術に対する職場のモチベーションが高くないことから転職を決意。
現職やりがいUP
職種:フロントエンドエンジニア
内容:転職サービス「DODA」などを提供する株式会社インテリジェンスにて、新規事業「イノベーションラボ」のメンバーとして活躍中。向上心の高いメンバーが集う環境でスキルアップにも励む。 
椅子に座り笑顔の鈴木氏と上司である大谷氏の写真
今回お話をお聞きした鈴木氏(写真右)と上司である大谷氏(写真左)

レバテックキャリアを通じて、株式会社インテリジェンスへ転職した鈴木潤さん。新規サービスやシステムの立ち上げなど「新しいことをやりたい」という思いから、転職に踏み切ったのだという。今回は鈴木さんがどのようにして転職活動を行ったかを追うとともに、選考担当&上司でもある大谷祐司さんに選考の裏側をお聞きした。

「新しいこと」「技術への意識が高い環境」を求めて転職へ

─鈴木さんは、前職ではどのようなお仕事をなさっていたのでしょうか?

鈴木氏:大学が情報工学科だったので、システム開発を行っている会社で働きたいという思いから、業務系システムなどの受託開発を行う会社へ入社し、SEとして働いていました。携わっていたプロジェクトを挙げると、「スマートフォンアプリ配信基盤の機能改修」「製造業向けPDMシステムの改修・保守」などが主なところです。

─転職をお考えになった理由を教えてください。

鈴木氏:大きな理由としては、新規事業に携われなくなったことが挙げられます。前職で入社した当初、「社員の意見で新規事業の立ち上げができる」という制度があり、非常に興味があったのですが、在職中にその制度がなくなってしまいました。自分としては、同じことの繰り返しよりも新しいシステムやサービスの立ち上げといった仕事に魅力を感じるので残念でした。

また、職場の技術に対する意識も転職の理由のひとつでした。ステップアップしたいという気概のある社員は周りにおらず、社内勉強会なども頻繁に行われる環境ではなかったため、もっと技術への意識が高い職場で働きたいという思いもありました。

転職活動のためにプライベートで成果物を用意

―転職を決意してから、どのように転職活動を進めたのでしょうか?

手を組み語る鈴木氏の写真
「面接は私服とスーツのどちらがいいのか」という些細な相談にも乗ってもらえたのがよかったと語る

鈴木氏:初めての転職だったので、どの転職サイトや転職エージェント利用したらいいのかもわからず、まずはwebで検索するところからでしたね。その中で、口コミサイトなどの評判からレバテックキャリアがよさそうなので選んでみました。
 

最初にレバテックキャリアへ相談に行った時点では「自分がどういう会社に向いているのか」「どういうことをやりたいんだろうか」といったことが、ぼんやりとしか決まっていなかったんです。しかしその状態からでもうまくカウンセリングしてもらったおかげで、帰るときには「こういう観点で企業を選んでいこう」という基準が明確になった実感がありました。その後のやりとりも、一つひとつのレスポンスがとても速く助かりましたね。

―何社ぐらい応募しましたか?

鈴木氏:25社ほど提案してもらったのですが、エントリーする段階では15社くらいに絞りこみました。選ぶ基準としては、業界・仕事内容を軸として「サービスやシステムなどの立ち上げor初期の段階から関われるか」を重視していました。

―転職活動で印象に残っていることは何でしょうか?

鈴木氏:職務経歴書の作成ですね。もっというと書類そのものよりも、職務経歴書に書くネタとしてプライベートでサービスを作ったというところです。というのも、選考で自分の持っている能力を十分に理解してもらうためには、「何らかの成果物を持って臨んだ方がいい」と考えていたからでして。在職中に帰宅後の時間を使って作っていましたので、2ヶ月ぐらいかかり大変でした。

―実際に選考を担当された大谷さんは、それを見てどのように思われましたか?
チェックポイントについて真剣な表情で語る大谷氏と真剣に話しを聞く鈴木氏の写真
「表面的なところだけでなく、技術の深いところまで理解しているか」も重要なチェックポイントだと大谷氏は語る

大谷氏:成果物を見てみるとよく考えられた内容で、技術がとても好きなんだなというのが伝わってきましたね。自分の場合は、普段の選考だと書類をじっくり見るというよりは、パッと見て光る部分があるかで判断するのですが、鈴木の書類でいうと面白そうなものを作っているので、面接で話を聞いてみたいなと。

鈴木氏:面接では技術の話ですごく盛り上がったのを覚えています。

大谷氏:それは鈴木だけではなく、普段からやっていることではありますが(笑)。面接だと「技術好きかどうか」がチェックポイントで、「家でもコードを書いているか」「新しいことにキャッチアップしているか」あたりはよく質問していますので。

―鈴木さんがインテリジェンスに転職を決めた理由は何でしたか?

鈴木氏:実は最初に提案してもらった段階でインテリジェンスが第一志望だったので、内定が出た時点でもう転職しようと決めました。インテリジェンスが第一志望だった理由としては、立ち上げ間もない「イノベーションラボ」の開発エンジニアとして働けるということで、「新しいことをしたい」という転職活動の軸とマッチしていたからです。
 

真剣な眼差しでインタビューに答える鈴木氏の写真

多くの仕事は、開発されてから時間が経ったシステムの場合、「言語はこれを使って、データベースはこれを使って…」と技術選定の部分はある程度固まっているんです。ですが今回の求人は、企画や技術選定の段階からリリースまで携われるということでめったにない話だと思いました。


大谷氏:自分の方も面接で話を聞いていくうちに、ぜひ来てもらおうと思ったんです。ですので、当日その場で面接合格の旨を伝えて…と、非常にスピーディに話が進みました。

技術への意識の高い環境にも満足

―実際に働かれてみて、いかがですか?

鈴木氏:毎日大変だけど面白いですね。前職では枠組みがある程度決まっている状態から開発を始めていましたが、インテリジェンスではそうではありません。下から上にドンドン意見を上げていかないといけないので、やりがいがあります。


大谷氏:まだ入って日が浅いですが、成長をすごく感じます。現時点では目の前の案件をリリースまでこぎつけるのがひとつのゴールとして設定されていますが、こなすだけのレベルに留まってほしくない。鈴木は普段からアウトプットする習慣が身についているので、それをこれからもドンドンやっていってレベルを上げていってほしい。インテリジェンスはもっとすごい会社になっていくはずですので、会社と一緒になってレベルアップしていってほしいですね。

ノートパソコンに映る画面を見つめる鈴木氏と大谷氏の写真
鈴木氏が勉強会用として制作中の成果物に、大谷氏も関心を注いでいた


鈴木氏:インテリジェンスでは社内勉強会も活発で、その点も満足しています。先日もMeteor.jsというフレームワークの勉強会がありました。もちろん、自分でも勉強会を開催したいと思っています。

具体的には「JavaScriptはフロントエンドだけでなく、サーバーサイドやAndroidアプリのプログラミングもできる」ということを共有するための勉強会をやろうと画策中です。その一環として今作っているのが、PC上に表示された3DグラフィックスをAndroid端末の物理的な動きに併せて動かすというものです。前職ではこういった勉強会はそれほど行われなかったので、インテリジェンスでは今後も積極的にやっていきたいですね。

―転職しようと考えているエンジニアに向けて、お二人から最後に一言お願いできますか?

鈴木氏:自分の経験でいうと、転職を考えた段階では「何をやりたいのか」「どういう会社で働きたいのか」「自分が幸せを感じられるのはどんなときなのか」がはっきりしていませんでした。ですから、まずはそこからスタートとするといいです。その次の段階として、「自分が持っているスキル」と「これから習得しようとしているスキル」を洗い出してまとめる――スキルの棚卸しをすると役立つでしょう。
 

和やかな雰囲気の中、笑顔の大谷氏と鈴木氏の写真

大谷氏:現在、エンジニアが活躍できるフィールドは広がりつつあります。自分の知っている世界の中だけで選択肢を狭めてしまうのはもったいない。「どんなところでエンジニアとして活躍できて、どういうふうに価値を発揮するのが自分にとってハッピーなのか」を考えて転職するのが成功のカギだと考えています。知識や情報を得ることで、どんどん可能性を広げていってほしいですね。


インテリジェンスは「技術の会社を作っていきたい人」「自分の可能性をどんどん広げていける人」が活躍できる場ですので、そういった志向をお持ちの方はぜひお越しください。

ITエンジニア・Webクリエイターの転職ならレバテックキャリア

レバテックキャリアはIT・Web業界のエンジニア・クリエイターを専門とする転職エージェントです。最新の技術情報や業界動向に精通したキャリアアドバイザーが、年収・技術志向・今後のキャリアパス・ワークライフバランスなど、一人ひとりの希望に寄り添いながら転職活動をサポートします。一般公開されていない大手企業や優良企業の非公開求人も多数保有していますので、まずは一度カウンセリングにお越しください。

転職支援サービスに申し込む

また、「初めての転職で、何から始めていいかわからない」「まだ転職するかどうか迷っている」など、転職活動に何らかの不安を抱えている方には、無料の個別相談会も実施しています。キャリアアドバイザーが一対一で、これからのあなたのキャリアを一緒に考えます。お気軽にご相談ください。

「個別相談会」に申し込む

パーソルキャリア株式会社についてもっと詳しく知りたい方へ

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

パーソルキャリア株式会社の求人・転職一覧

内定率が高い