英語を効率的に習得するための勉強法とは?英語力を上げたいエンジニアに!英語学習のコツがわかる記事まとめ

最終更新日:2020年10月26日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

エンジニアとして英語力を身に付けることで、グローバルに活躍するためのチャンスが広がる、最前線の技術をスピーディーにキャッチアップすることができる、など多様なメリットを得ることができるでしょう。今回は、英語力を上げたいエンジニアが効率的、効果的に勉強するための学習方法を集めた記事をご紹介します!

(1)【英会話の独学】最短最速で英語をマスターする究極の勉強法

ブログ「JOE OFFICIAL BLOG」。【英会話の独学】最短最速で英語をマスターする究極の勉強法の画像

『JOE OFFICIAL BLOG』は、人材メディア企業で営業とWebマーケティングを担当しているジョーさんによって運営されているブログです。
以前は、国際関係の仕事に就いていたというジョーさん。海外勤務の経験もあるということで、英会話はお手のものです。

ただ、ジョーさんも最初から英語をペラペラと話せたわけではありません。
試行錯誤しながら、効率的に英語の勉強ができる方法を見つけていったのだといいます。
そのおすすめの方法について書いてある記事が、《【英会話の独学】最短最速で英語をマスターする究極の勉強法》です。
この記事の中で、ジョーさんはおすすめの本や学習サービスを紹介してくれています。
「勉強しているけど、なかなか英語が上達しない」
という方は、記事の中で取り上げられている教材を活用することで、学習効率を上げられるかもしれません。

また、学習を継続させるためのポイントについても言及されているので、「勉強が長続きしない」とお悩み中の方はぜひそちらにも注目してみてはいかがでしょう。

ジョーさんがこれまで学んできたことをアウトプットしているこちらのブログ。
英語の他にも、プログラミングやキャリアに関することなど、エンジニアの方にとって大変興味深い内容の記事が並んでいるので、併せてチェックしてみてください。

【参照元】https://techtech-career.com/how-to-study-english/

 

(2)1年で独学で英語をマスターするためにやった勉強方法まとめ

ブログ「死ぬまで生きる問題」。1年で独学で英語をマスターするためにやった勉強方法まとめの画像

大学卒業後4年間会社に従事し、その後フィリピン留学をしたり、インドを渡り歩いたりと、多様な経験を積んできたはろーぐっばいさん。《1年で独学で英語をマスターするためにやった勉強方法まとめ》という記事には、彼が1年間英語を独学で勉強し、オーストラリアで仕事に就くまでの勉強法が綴られていますよ。
中学時代から26歳まで全く英語が出来なかったという彼。英語を勉強するきっかけとなったのは、社会人時代、外国のお客さまに英語で自己紹介ができなかったこと、ワーキングホリデーへ興味を抱いたことなのだそうです。「英語を使って生活できるようになりたい」という強い想いを糧に、英語学習に打ち込んだのですね!

記事によると、英語には以下のような要素あるとのこと。
・リスニング
・ライティング
・ボキャブラリー
・発音
・ライティング
・スピーキング
・文法
・英作文能力
・リーディング
目的や段階に合わせ、勉強する順番を決めると効率的な勉強法に繋がると言います。
中学時代から英語を身に付けていない人は、文法から勉強するのがおすすめ。後のリーディングやリスニング、スピーキングが習得しやすいそうですよ。
文法の後、リスニングに注力した彼は、海外ドラマを字幕付きで観賞する勉強法を取り入れたのだとか。ドラマだと表情や言葉がリンクし、ストーリーも掴みやすいですね。無理なく英語に触れることができるため、英語学習が習慣化しやすいそうです。ほかにも、英語の学習法について詳しく語ってくれているので、最後までじっくり読んでみてくださいね。

こちらの記事は『死ぬまで生きる問題』というブログの中にあります。
独学でTOEIC700点を達成した彼が発信する英語学習術を参考にすることで、自身の目標を達成できるかもしれませんよ。

【参照元】
https://www.shinumade.com/entry/2017/07/09/1年で独学で英語をマスターするためにやった勉強

(3)独学でも英会話は上達する!英語が話せない私を救った勉強法

ブログ「エバンス愛の英語が身につく独学英語ブログ」。独学でも英会話は上達する!泣きたいほど英語が話せない私を救った勉強法の画像

エバンス愛さんは、自身が運営する『エバンス愛の英語が身につく独学英語ブログ』で、非常に効果を感じたという英会話力アップのためのトレーニング法を紹介してくれていましたよ!

そのトレーニング法は、「瞬間英作文」と「口頭英作文」。
これは彼女が編み出したトレーニング法で、英作文をする際に頭で理屈を考えるのではなく、瞬間的に口に出して感覚を体に染み付かせるというものです。
《独学でも英会話は上達する!泣きたいほど英語が話せない私を救った勉強法》に具体的なトレーニング法について綴られていますが、当時TOEIC800点の彼女ですら、なかなか「瞬間英作文」は難しかったようです。
この方法を習慣化すると、英会話力がグンと上がるかもしれません。

そして、本文には「瞬間英作文」に必要な文法理解のステップを5つ紹介されています。
こちらにもしっかり目を通して、ぜひ実践してみてくださいね。

今回紹介した記事以外にも、エバンス愛さんが発信するブログには、英語のスピーキングやリスニング、リーディングをアップさせる術が網羅されています。
独学で英会話を上達させ、通訳者としての経験を積んだ後、現在は英語学習コーチとして活躍中の彼女。
そんな彼女が更新する記事はどれもリアルで説得力があるため、一読することをオススメします。
今後のあなたの英語学習に役立つことでしょう。

【参照元】https://dokugakuenglish.com/speaking/training-method/

 

(4)TOEIC985の元SEが語る!SEの英語勉強法

ブログ「アツトブログ」。TOEIC985の元SEが語る!システムエンジニアの英語勉強法の画像

元ITエンジニアで、現在はフリーランスの翻訳家として活躍しているアツトさん。
彼の英語力は非常に高く、TOEICで985点というスコアを叩き出しています。

エンジニア時代には、海外エンジニアとのやりとりや、メール作成のシーンなどでそのスキルを発揮していたそうです。

彼が管理人を務めるブログ『アツトブログ』の中に、《TOEIC985の元SEが語る!システムエンジニアの英語勉強法》という記事があったので、紹介していきたいと思います。
学習の流れとしては、まず基本的な文法をマスターし、それからシステム開発シーンで必要な英語を習得していくというもの。
記事では、アツトさんがおすすめする学習本がレベルごとに紹介されているので、気になる方はぜひチェックしてみましょう。

記事の後半では、TOEICを受験することのメリットや高得点を出すための勉強法について触れてあります。
これからTOEICを受験しようと考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

こちらの記事の他にも、ブログには英語力を高めるためのヒントになるような記事が多数公開されています。
本格的に英語を学習しようと思っている方はそれらの記事も併せてチェックしてみてはいかがでしょう?

【参照元】https://translator-life.com/merits-for-engineer/

 

(5)独学での英会話上達法|アメリカで仕事をする私が教える方法

ブログ「Be Creative!」。独学での英会話上達法|アメリカで英語でバリバリ仕事している私が教える英会話上達法の画像

「できるだけ独学で英会話を習得したい」
そんなエンジニアさんに紹介したいのが、《独学での英会話上達法|アメリカで英語でバリバリ仕事している私が教える英会話上達法》という記事。
この記事は、りゅうじんさんが運営する『Be Creative!』に掲載されているもので、英語圏アメリカで活躍している彼だからこそ語ることができる内容が綴られています。

彼曰く、英会話を上達させるための近道はなく、地道に努力し、学習を継続させる必要があるとのこと。
ただ、効率が良い英会話の学習法はあるようです。
その学習方法として、ここでは4つの方法を紹介されています。

例えば、ヒアリング力をアップさせるためには、英語を聞く時間が重要なんだそうです。
それも、聞き方にポイントがあり、いかに英語耳を育てていくといいのかをしっかりまとめられています。
その他の英会話習得法については、記事で確認してみてください。
また、りゅうじんさんが実際に行っていた勉強方法も記載されているので、こちらもお見逃しがないように!
同じように実践すると、みるみるうちに英会話力が上達するかもしれません。

その他、りゅうじんさんが手がける記事も読み応えがあり、ビジネスシーンや生活で役立ちそうな内容のものが揃っています。
こちらも併せてチェックしてみては?

【参照元】https://www.smile-ryuji.com/eikaiwa-joutatsu-benkyouhou.html

 

(6)達人から教わる英語学習法6選。自己流の勉強法を見つけよう

『808英語勉強法ブログ』を管理しているのは、ハワイでIT系の仕事に従事している世界のヘイショーさん。
オーストラリア留学やフィリピン、シンガポールでの勤務経験もあるという彼のブログには、英語の学習に関する記事が豊富に綴られています。

例えば、《達人から教わった英語学習テクニック6選。自己流の勉強法を見つけてください。》の記事もその一つ。
ここで紹介されているのは、海外生活中に出会った人をはじめ、英語に精通している方々がおすすめする学習法です。
気になる学習法は全部で6つ。
その中には、感じたことをそのまま英語で口にする方法や、よく使うフレーズを丸暗記する方法など、今すぐにでも実践できるような学習法もあります。
まずはそれぞれの学習方法をチェックし、日常の中に取り入れやすいものからチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

「一つの学習法では飽きてしまう」という方は、複数の方法を組み合わせて実践してみるのも良いでしょう。
達人の学習方法を真似することで、英語の習得スピードも上がってくるかもしれませんよ。

【参照元】https://808english.com/2017/11/how2study/

 

(7)独学3年間の努力。英語が話せるようになった僕の勉強法

Webサイト「arairio」。独学3年間の努力と道のり。日本で英語が話せるようになった僕の勉強法の画像

カナダに住み、グラフィックデザイナーやミュージシャンとして活躍している新井リオさんは、19歳の頃から海外に興味を持つようになり、20歳から独学で本格的に英語の勉強をスタートしたと言います。
その方法について書かれているのがこちらの記事、《独学3年間の努力と道のり。日本で英語が話せるようになった僕の勉強法》

新井さんにとって英語が話せるということは、自分の言いたいことを綺麗な発音で詰まらずに言えることであり、それを達成するべく行ったのは以下の方法だったそうです。

・英語日記を書く
・LINEにフレーズをストックする
・オンライン英会話サービスを利用する
・英語でひとりごとを言う

この4つの方法すべてを3年間繰り返した新井さんは、現在カナダで仕事をしていても不自由は感じないのだとか。
詳細が気になる方は、ぜひ本文を熟読してみてはいかがでしょう?

今回は英語のスピーキングについて書かれた記事を取り上げましたが、新井さんが運営しているサイト『arairio』には、他にも英語フレーズにフォーカスした記事や留学に関する記事も掲載されています。
英語学習や海外移住に興味のある方は、どの記事も興味深く読めることでしょう。
ぜひアクセスして、他の記事もチェックしてみてくださいね!

【参照元】http://arairio.com/english/how-to-study

 

(8)英語の勉強法!独学でも英語を話せるようになる学習方法

ブログ「あごながおじさんのブログ」。英語の勉強法!独学でも英語を話せるようになる学習方法の画像

『あごながおじさんのブログ』を運営するあごながおじさんは、独学でTOEIC900点を取得した後、アメリカ留学をして現地の人と一緒に授業を受けるまでに英語力を伸ばした一人。
なんと今では、何度も海外出張に行き海外のお客さんの担当をさせてもらったり、何百人もの外国人の友人を持つまでに英語を使いこなしているそう!

こちらの《英語の勉強法!独学でも英語を話せるようになる学習方法》という記事では、あごながおじさんが「独学でどうやったら英語ができるのか」と試行錯誤してきた経験を元に、上達する英語勉強法を語ってくれています。

序章では、英語が話せるようになるとは?具体的になにが必要なのか?という点にフォーカスしており、英語勉強法の全体像をまとめています。
その全体像を踏まえた上で、あごながおじさんが実践した勉強法は以下の通り。

1.英語の基礎インプット(発音・語彙・文法)
2.リスニング力とスピーキング力を向上させる練習(ディクテーション・リピーティング・シャドーイング)
3.スピーキングとライティングでアウトプット(瞬間英作文・オンライン英会話等)
4.映画・洋楽・漫画等の自分が好きなエンタメでインプット
5.留学・海外勤務等で英語を話す機会を作る

記事では、各勉強法ごとに自分の体験談を交えながら、勉強法の特徴やポイントについて言及しています。
さらに、勉強の進め方のモデルケースも書かれているので、どう英語に取り組むかで悩んでいる人は参考にしてみてはいかがでしょう?

その他にも、あごながおじさんのブログには、英語学習に関する有益な情報が多くエントリーしています。
くまなく目を通して、自分に合った勉強法と英語上達のノウハウを探ってみては?

【参照元】https://agonaga.com/eigo/

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ