円満退社するコツとは?気持ちよく次のステップに向かうために!円満退社の参考になる記事特集

最終更新日:2019年11月21日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

安心して新しいスタートを切るためにも、退職時には「立つ鳥跡を濁さず」で去りたいもの。
そんな中、辞めるタイミングや必要な準備がよくわからず、足踏みしてしまっている人もいるのではないでしょうか。
ここではそんな人のために、後腐れなく辞めるコツが書かれた記事を集めました。
退職をする前に、しっかりチェックしてみてくださいね。

(1)会社を辞める理由があり円満に退社するたの心構えや手順

ブログ「厳選!新鮮!とっておき@びっくり情報」。会社を辞める理由があり円満に退社するたの心構えや手順はどうするのの画像

「仕事が忙しい」「他にやりたいことが見つかった」「転職してキャリアアップを図りたい」
など、退職の理由は人それぞれ。
もし退職を心に決めた時、どんな理由であれほとんどの人が「最終出勤日を円満に迎えたい」と思うのではないでしょうか?
ただ、その気持ちはあっても、どうすれば円満退職に繋げられるかが分からないという方も少なくないはず。

そんな悩めるエンジニアさんを救ってくれる記事が、こちらの《会社を辞める理由があり円満に退社するたの心構えや手順はどうするの》です。
ここでは、
・退職の意志を誰に最初に伝えるべきか?
・退職の意志を伝えるタイミングはいつが良いか?
・どういった手続きが必要になるか?
といった内容について、詳しく記載されています。
「会社を辞めた後も、同僚や上司と良好な関係を築いていきたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

こちらの記事は、『厳選!新鮮!とっておき@びっくり情報』というブログに掲載されていました。
他にも、読者のお悩みを解決に導いてくれるような記事が多く公開されているので、興味のある方はスキマ時間にチェックしてみてはいかがでしょう?

【参照元】https://torendo-noto.com/archives/6777.html

 

(2)キャリアップにも繋がる!転職するなら円満退社が必須だよ

ブログ「mr.saturdays」。キャリアップにも繋がる!転職するなら円満退社が必須だよの画像

今とは違うステージで新しい挑戦をしたいとき、多くの人は穏便に会社を去りたいと思うのではないでしょうか?
しかし、退職の意思の伝え方を間違ったり、社会人としてのマナーを欠いたりしてしまうと、それまで在籍していた会社との間に遺恨が残ってしまいかねません。

そこで、ここではブログ『mr.saturdays』に掲載されている《キャリアップにも繋がる!転職するなら円満退社が必須だよ》という記事に注目してみたいと思います。

記事によると、筆者は在職時に築いてきた人脈を今後の仕事に活かすためにも、円満に退社する方が将来的に有利だと判断したそう。
そのため、以下のようなポイントを重視し、退職を進めたといいます。

・筋を通すため、退職の意思を伝える順番に注意する
・退職理由はポジティブなものにする
・退職時期は状況と話し合いで決定する
・仕事やクライアントの持ち去りを必死で行わない
・基本的なマナーを守る

これらのことを押さえた筆者は、希望通りの時期にスムーズに会社を去ることができたそうですよ。
転職を視野に入れている方は、スムーズにキャリアを構築していくためにも、ぜひ上記の記事を参考にしてみると良いでしょう。

【参照元】https://mistersaturdays.com/enmantaisya

 

(3)会社を退職する前にやるべきこと、考えるべきこと

ブログ「僕はかつてSIだった」。会社を退職する前にやるべきこと、考えるべきことの画像

勤務先の会社に魅力が感じられなくなったり、今の仕事以上にやりたいことが見つかったりすると、"退職"という言葉がチラつくかもしれません。
しかし、それを行動に移すためには、いくつものステップを踏む必要があり、大きなパワーを要します。
そのため、ついつい先延ばしにしたり、理由をつけては思い止まったりしてしまう人もいることでしょう。

そんな方のために、かつてIT業界でSIとして活躍していた、めっちゃ地鶏(雛)さんの体験談が盛り込まれたこちらの記事《会社を退職する前にやるべきこと、考えるべきこと》を紹介します。

めっちゃ地鶏(雛)さんの場合は、職場環境や人間関係に悩み、退職する道を選びました。
その際、退職に向けて確認するべきことや考えるべきことがあったといいます。
例えば、退職金の有無や社会保険の継続の可否やその手続き、将来の身の振り方や自身のスキルの確認など。
記事には、これらのことが詳細に綴られています。

一度「会社を辞める」と公言してしまうと、それを撤回するのは容易ではありません。
後になって後悔しないためにも、ぜひ地鶏(雛)さんのアドバイスに耳を傾けてみてはいかがでしょう。

また、この記事が掲載されているブログ『僕はかつてSIだった』には、他にもSI業界やプログラミング、働き方などに関する記事がラインナップしています。
「SIに興味がある」「就活や働き方の参考情報がほしい」という方は、他の記事にも目を通してみてくださいね!
あなたが知りたい情報に出会えるかもしれませんよ。

【参照元】https://sidatta.com/2017/04/27/post-1386/

 

(4)仕事を辞める理由!円満退社のためのおススメの理由はこれ!

仕事を辞めると心に決めた時、退社理由をどのように告げるか悩む方も多いのではないでしょうか。
理由の中でも特に問題となるのが、退社理由をそもそも言わない、次の職場が決まったと言う、退社する会社を批判することの3つだと話すのは、『明日、仕事を辞めます。』の運営者である齋藤陽一さん。
彼自身もこの3つを言った、目撃したという経験を持っており、気まずいまま退社をして心残りができてしまったり、批判されて不愉快な気持ちになったりしたといいます。
そんな経験を通して、仕事を辞める際にはその人の社会人としての本質が出る、と感じるようになったのだそう。

では、不満を持ちつつも一社会人として円満退社をするためには、どのような対応が必要なのでしょうか。
《仕事を辞める理由!円満退社のためのおススメの理由はこれ!》という記事で、3つのポイントが挙げられていたので紹介します。

・会社側に不快感を与えない
・しっかりと理由を言ってスパッと辞める
・理由が嘘ではないこと

上記のポイントでは、スパッと正直に退職理由を伝えることの重要性が窺えますが、その伝え方によっては角が立つ恐れがあるので注意が必要です。
記事中には、退職理由を伝える時に役立つ上手な言い換えの例も掲載されているので、気になる方はぜひ熟読してみてくださいね。

特にITの業界であれば、他社との合同プロジェクトで元同僚と一緒に仕事をするケースは稀ではありません。
そのようなときでも気持ちよく共に仕事ができるように、円満退社を目指しましょう。

ブログには、理想的なライフスタイルを目指す齋藤さんの体験談をはじめ、健康や働き方、社会におけるお役立ち情報といった幅広い内容が掲載されています。
今後のワークライフに活かせるような情報をキャッチしたい方は、要チェックですよ。

【参照元】https://quit-job-tomorrow.com/archives/609.html

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ