スキルアップ記事

レバテックキャリアではIT・Web業界のエンジニア、デザイナーのスキルアップに役立つコンテンツをお届けいたします。
転職に役立つノウハウから、日々のスキルアップや業務で使える記事等幅広く掲載していきます。

転職支援サービスをご希望の方はこちら

自分らしい働き方を求める方は注目!フレックスタイム制の働き方を理解できる記事特集

「自分らしいワークスタイルを実現したい!」と考えているサラリーマンにとって、フレックスタイム制の会社は魅力的。しかし、企業によっては導入に消極的だったり、フレックスタイム制を導入していても、長めのコアタイムが設けられていたり、残業代の計上が曖昧だったりといった実情があるようです。そこで、ここではフレックスタイム制について理解を深めるのに役立つ記事をピックアップしました。ワークライフバランスを重視した働き方を追求するときの参考にしてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(1)フレックスタイム制度のリアル。その実情と体験談

「自由に出勤時間や勤務時間を選べるフレックスタイムに憧れる」というエンジニアは少なくないのではないでしょうか?
特に、プライベートを充実させたい方にとって、フレックスタイムを導入している会社は魅力的に感じますよね。
ただし、実際に経験した方の中には、その理想と現実にギャップを感じたという方もいるようです。

『会社やめたろー公式ブログ』の管理人であるやめたろーさんは、サラリーマン時代にフレックスタイムでの働き方を経験。
そのときのエピソードを《フレックスタイム制度のリアル。その実情と体験談》に綴られています。

当時勤務していた会社では、10時から15時をコアタイムとして設定されていたとのこと。
ところがある日、「明日から9時に朝礼をします!」との周知があったと言います。
10時に出勤してもなんら問題ない状況の中での9時朝礼開始。
「フレックスタイムはどうなった?」と思わず叫びたくなるエピソードですよね。

やめたろーさんは、記事の中で「制度を使うのは結局人間」と語っています。
いくらフレックスタイム制度が導入されている会社でも、働く人々がきちんとその制度を理解していなければ意味がないということなのかもしれません。
他にも、ブログ内には、ビジネスやプライベートで参考になりそうな記事がたくさん掲載されているので、ぜひ覗いてみてくださいね!

【参照元】http://kaishayameruzo.com/archives/1302

 

(2)フレックスタイム制があまり普及していない理由を考えてみる

柔軟な働き方に注目が集まる昨今、フレックスタイム制の導入やリモートワークに関心を持つ方は多いと思います。
ブログ『税務+会計+ときどきゴルフ』に、税に関する話や仕事術、スポーツなどの記事を綴っている税理士の塩野貴之さんもその一人。
しかし、働き方の改革はそう簡単には進んでいないようです。

そこで、塩野さんは内閣府のデータを基に現状を分析し、《フレックスタイム制があまり普及していない理由を考えてみる》という記事を執筆することに。
すると、フレックスタイム制の普及率は想像以上に低いことを知りました。
その主な理由として、「他部門や取引先などとの調整が難しそう…」「労務管理がやりにくくなる」などが挙げられていたとのこと。
しかし、塩野さんによると、フレックスタイム制の課題解消は工夫次第でなんとかなりそうなものばかりなのだそうです。
しかも、フレックスタイム制を導入することができれば、社員は自分に合った働き方が可能になり、会社側は残業代を減らすことができるメリットもあると言います。
部署によっては恩恵を受けにくいケースもあるかもしれませんが、少しずつでも浸透していけば、サラリーマンも自由なワークスタイルが実現できるかもしれませんね。

フレックスタイム制の導入の現状をはじめ、メリットやデメリットについて詳しく知りたい方は、ぜひ塩野さんの記事を熟読してみてください。

【参照元】https://www.shiono-zei-blog.com/flex-time-working/

 

(3)【保存版】フレックスタイム制を基本からおさらい

通勤ラッシュに悩まされたり、子育てと仕事との両立が困難だったりすると、「フレックスタイム制の会社だったら、もっと仕事に集中できるのに…」と思ってしまうことがあるでしょう。
まだまだ少数派とはいえ、大手企業やIT系のベンチャー企業では、フレックスタイム制を導入するところが増えているので、中には転職を検討している方もいるかもしれませんね。
しかし、自由な働き方ができそうだというイメージはあっても、メリットやデメリット、残業代の扱いをはじめ、フレックスタイム制の詳細に関しては理解していない方もいるのではないでしょうか?
そんな方にぜひ読んでほしいのが、こちらの記事《【保存版】フレックスタイム制を基本からおさらい》です。

この記事が掲載されている『おかんの給湯室』を運営しているのは、フレックスタイム制を採用している株式会社おかん。
記事は主に企業側の視点に立ってフレックスタイム制の詳細を述べていますが、その内容は雇用される立場である人が読んでも大変参考になりますよ!

「自分らしい働き方をしたい!」と考えている方は、ぜひ一読してみてくださいね。
フレックスタイム制への理解が深まれば、自分にとってベストなワークスタイルが追求しやすくなるかもしれませんよ。

【参照元】https://okan-media.jp/2017/08/30/useful-flex-time/

 

(4)フレックスタイム制とは?誰でも理解できる正しい意味

「フレックスタイムという言葉を耳にするけど、その詳細についてはよくわからない」というエンジニアにおすすめしたい記事が、《フレックスタイム制とは?誰でもたったの5分で理解できる正しい意味》です。
こちらには、フレックスタイム制の意味やそのメリットとデメリットが詳しく説明されています。

始業時間や就業時間を自分で決められるフレックスタイムは、自由な働き方を望む方にとって大変魅力的な制度と言えます。
ただし、フレックスタイムを採用している会社の中には、残業代をうやむやにしているところもあるのだとか。
しかし、もちろん超過勤務分の残業代を会社は払う義務があります。
こちらの記事には、残業代の算出方法についてもきちんと書かれているので、気になる方はぜひ参考にしてみてくださいね。

その他、会社がフレックスタイムを合法的に取り入れるための手順や、フレックスタイムについて考えるうえで欠かせないコアタイムやフレキシブルタイムについての説明もありますので、そちらも併せて確認しておくことをおすすめします。

こちらの記事は労働問題を専門とする弁護士の住川佳祐さんが運営するサイト『ハタラクエスト』に掲載されていました。
「うちの会社、もしかしてブラック?」「労働者の権利について知りたい」という方も、ぜひサイトを訪れてみてはいかがでしょう?
きっと、有益な情報に巡り会えるはずですよ。

【参照元】https://hataraquest.com/flextime-meaning

 

(5)フレックスタイム制のメリット・デメリット。

ブログ『ぱるくら』を運営しているのは、新卒でフリーランスの道を選んだぱるさん。
彼女は学生時代に就職活動をしていた時期があり、フレックスタイム制を導入している企業に注目していました。
しかも、その中の一社からは内定をもらい、実際にフルタイムで出勤した期間もあるとのこと。

そこで、自身の経験を交えた《フレックスタイム制のメリット・デメリット。企業選びの参考に!》という記事を書き、就職や転職活動中の方にアドバイスをしています。

この記事の中でぱるさんが語っているのは、以下の3つ。
・フレックスタイム制のメリットとデメリット
・実際にフレックスタイム制を導入している企業で働いて感じたこと
・フレックスタイム制の企業が探しやすい求人サイト
いずれの内容も、フレックスタイム制で働きたいと考えている方にとって有益な情報になることでしょう。

フレックスタイム制は、あらかじめ決めた就業規則のもと、一日の労働時間の長さや始業と終業の時刻を自由に決められるので、ワークライフバランスを重視して働ける魅力的な制度です。
しかしその一方で、自己管理能力がないと多くの問題が生じてしまいます。
そのため、本当に自分に合っているのかどうかをしっかりと考えてみましょう。

【参照元】https://palulog.com/flextime

 

(6)フレックスタイム制の価値

「フレックスタイム制度がどう受け止められて、どのくらい導入され、実際にどのような影響を与えているのだろう?」
柔軟性の高い働き方を望んでいる人にとって、この点は気になる部分ではないでしょうか。

そこで注目したいのが、コーチングを通してビジネスの成功をサポートしているソコロフカオリ(日本名・宍倉 香)さんが運営しているサイト『リーダーシップ、キャリアコーチング| Coaching SEN』
カオリさんはアメリカの方と結婚をし、現在カリフォルニア州に在住されています。

彼女が綴るブログの《フレックスタイム制の価値》という記事には、フレックスタイム制に対するアメリカでのアンケート結果と導入状況、制度の応用について言及されていました。

アメリカの求職者を対象に、「固定時間で働くor柔軟性のある時間で働ける代わりにその分給与をカットする」という条件で、どちらを選択するのかをアンケートしたところ、半数以上の人が固定時間制、いわゆるお金を優先したのだそうです。
この結果から、アメリカでは自由な時間を得るよりもお金を稼ぎたい人が多いことが伺えます。

そしてフレックス制度の導入状況の記述では、日本とアメリカで制度を導入している企業の比率に触れており、日本で制度が減少傾向にある背景と運用後に出てきた課題についても触れています。
また、フレックス制度を応用したケースもいくつか挙げられているので、理想的な働き方のモデルとして参考になりそうですよ。

さらに、記事の後半でカオリさんは、フレックスタイム制を運用するうえで「使う側の人がモラルを持って制度を利用すること」「制度を利用している人に対して偏見を持たないこと」の2点が大切であると語っています。
このことを踏まえると、フレックスタイム制は、仕事やプライベートにおいてお互いを尊重し合える社会ができてこそ、初めて成り立つ制度だと言えそうです。

【参照元】http://www.coachingsen.com/フレックスタイム制の価値/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人気記事

無料"個別相談会"実施中-平日の夜、土曜も実施しています!-

関西求人特集 みんなの年収UP公開中

九州求人特集 福岡での転職をサポートします!

転職・求人・採用情報を探す

プライバシーマーク

レバテック株式会社は、
「プライバシーマーク」
使用許諾事業者として
認定されています。