【翻訳記事】NEO対Ethereum:NEOが2018年の最も強力な暗号通貨である理由

最終更新日:2020年11月18日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

Noam Levenson氏がブログで投稿した記事「NEO versus Ethereum: Why NEO might be 2018’s strongest cryptocurrency (Posted Dec 7, 2017)」を翻訳してご紹介しています。
なお、この記事は原著者の許諾を得て翻訳・掲載しています。


 

Noam Levenson氏のTwitterアカウント:@noamlevenson



NEOは目的を持ったプラットフォームです。NEOはEthereumのライバルになりえるのでしょうか?

この記事を読むべき理由

NEOとEthereum、どちらの薬を飲みたいですか?ごめんなさい、この話をするのを抑えられません。私たちは投資家だからこそ、この議論を行っています。開発者の観点から見ると、機能が最も重要なことです。ブロックチェーンにはまだブランド・ロイヤルティはありません。そのため、プラットフォームが競合他社よりも優れたものを実現できれば、プラットフォームは開発者に勝つでしょう。では、どちらが良いものなのでしょう?

この記事は、NEOとEthereumについて知ることができるすべての情報を噛み砕いてまとめたため、長いです。EthereumNEOの「違い」をまとめた記事はたくさんありますが、議論の公平性がほとんどありません。それらの記事は、物事の表面をなぞるだけで、よく調べもせず、1つの側面だけを探求しており、分析が全体論的ではなく、違いがなぜ重要であり、現実世界との関連性が何であるかを説明しません。私は、包括的な記事がないことに不満を抱いていました。この記事は私の返答です。

この記事は、EthereumよりもNEOについて深く掘り下げています。その理由は、Ethereumの方が非常に多くの情報を広く入手できるからです。NEOの情報は、はるかに少ないです。そのため、NEOの説明に焦点を当て、その後Ethereumの能力と比較します。

そのため、もうしばらくお待ちいただき、エスプレッソを飲みながら、「仕事部屋」で引きこもってください。この記事は時間をかけて読む価値が十分あります。記事中の「長すぎて読みきれないよという人向けの要約」を読むだけでも大丈夫ですよ。

さぁ、始めましょう

Ethereumがゴリアテならば、NEOはダビデです。Ethereumがブラッド・ピットならば、NEOはブラッド・ピットのいとこであるザック・ピットです。若くて、おしゃれで、才能がありますが、現在はブラッド・ピットと一緒に行動しつつ、ブラッドと彼の友人にカクテルを提供する人に格下げになってしまいました。Ethereumが最初に行動しました。それは革命的でエキサイティングであり、暗号世界に旋風を巻き起こしました。ウェブ3.0です。現在、ほぼすべてのICOは、EthereumのERC20トークンプラットフォーム上に構築されており、ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、この時代における最高の頭脳の持ち主です。しかし、AlibabaがAmazonの時価総額まで伸びたことや、WeChatが中国のソーシャルメディアシーンを支配しているという事実がありますね。それは中国が独自のルールで行動しているからです。レッドドラゴンの国は、独自の技術、独自のネットワークを使用しており、アメリカの取り組みにはほとんど気を配っていません。問題は、NEOがEthereumのライバルになりえるのか?果たして必要なものなのか?ということです。

最終的に、NEOとEthereumは、暗号コミュニティで同じような役割を目指しています。両方とも、DApp(分散型アプリケーション)、ICO(イニシャル・コイン・オファリング)、スマートコントラクトに向けた新しいインターネットのプラットフォームになりたいのです。

EthereumおよびNeoの概要

NEOとEthereumは、どちらも開発者に向けてツールボックスを提供する一般化されたブロックチェーンを持っていますが、その目的は異なります。それぞれのプラットフォームの目的を以下のとおり要約します。

Ethereumのロゴ画像

Ethereumの目標は、「よりグローバルにアクセス可能で、より自由で、より信頼性の高いインターネット(ウェブ3.0)」を創造するために、DAppの開発に向けたプラットフォームを作ることです。

NEOのロゴ画像

NEOは、「ブロックチェーン技術とデジタルアイデンティティを利用して、アセットをデジタル化し、スマートコントラクトを使用してデジタルアセットの管理を自動化し、分散型ネットワークで『スマートエコノミー』を実現する」ブロックチェーンプロジェクトです。

これは言いにくい長い言葉ですね。プロジェクトを完全に理解するためにこれらの目標を分解してみましょう。多くの機能が両方のプラットフォームで共通していることを理解することは重要ですが、ブランド化された目標の違いはさらに重要です。

Ethereum:Ethereumの目標は、DAppのプラットフォームとなることであり、それはおおかた達成しています。彼らは、現在DApp市場を支配しています。彼らのロードマップは、ユーザーと開発者にアプリケーション開発においてより多くのコントロールとオプションを与えることです。

NEO:NEOは、未来に向けた製品の開発に取り組んでいます。2017年の6月にAntsharesからNEOに名前が変わっただけでなく、マーケティングにも大きな焦点を当て、大きな成功を収めています。NEOの目標は、最終的にはEthereumと同じ技術の多くを活用しながら、新しいスマートエコノミーに向けたプラットフォームとなることです。

簡単に言うと、Ethereumは新しい需要に応えて発展しています。NEOは将来の需要を見据えてプラットフォームを開発しています。

スマートエコノミーとは?

NEOとEthereumの最大の違いは、NEOがスマートエコノミーに焦点を当てたことです。NEOを完全に理解したい方は、この違いが重要である理由を理解する必要があります。

スマートエコノミーは、デジタル化された物理的アセットが大きな特徴です。これらの新たにデジタル化されたアセットはすべて、ブロックチェーン上で所有権を証明します。これらのアセットは、スマートコントラクトを通じて販売、取引、および活用することができます。これらの所有権は、ブロックチェーンの分散型モデルを通じて保護および検証されます。私たちは、提案されたサプライチェーンのオーバーホールからDAO(自律分散型組織:リーダーを持たない本質的に分散化した企業)に至るまで、既にこれの繰り返しを目撃してきました。この記事では、このエコノミーの実例をいくつか紹介しました。EthereumはNEOと同じ機能を多数サポートする可能性が高いですが、EthereumとNEOの目標の違いは注目すべき点です。

この違いが重要な理由は、スマートエコノミーが依然として政府および政府の規制の支配下にあるからです。私は、あなたの隣にいるリバタリアン(自由主義者)のように政府を信頼していません。私は「1984年(ジョージ・オーウェルの小説)」を何度も読みました。しかし、政府はどうにもならないという事実が残っています。したがって、プラットフォームは、この「スマートエコノミー」に対応するために、政府の規制にどのように適応するかについて具体的な考えと意思を示す必要があります。そのため、Ethereumは確かに同様のブロックチェーン機能を提供するかもしれませんが、NEOがこの目的のために開発されているという事実は非常に重要です。

長すぎて読みきれないよという人向けの要約:スマートエコノミーは私たちの未来です。このスマートエコノミーのニーズに対応するためには、この新しいエコノミーに向けてプラットフォームを特別に設計する必要があります。

スマートエコノミーに向けた準備を行うためにNEOは何をしているか?

NEOは、規制の遵守を特に重視しています。

これを行うには、以下のことが必要です。

政府はこのような人たち(匿名者)を愛していない

デジタルアイデンティティ

匿名性は素晴らしいものです。プライバシーを、現在の技術開発や議論の最前線に置くべきだと思います。しかし、企業や政府がブロックチェーン上で活動し、アセットを電子化し、スマートコントラクトを発行しており、そのすべてが政府の監視の下で行われている場合、匿名性を持つことはできません。プラットフォームが規制を遵守するためには、デジタルアイデンティティ(デジタル形式の検証可能なアイデンティティ)が必要悪です。

現在、デジタルアイデンティティは、PKI(公開鍵基盤)X.509標準と呼ばれるシステムに基づいています。このことが示す意味は、あなたにとっても私にとってもおそらく同じです。つまり、デジタルアイデンティティを構成するものについて国際的に合意された標準が存在するということです。NEOの計画は、この標準に従ってデジタルアイデンティティを発行し、ブロックチェーンを使用してそれらを保護することです。Bookkeeper(記帳者、後述します)は、デジタルアイデンティティと実名を有します。これにより、必要な場合は司法行為を取ることができます。これは、金融資産をネットワークに登録し、規制を遵守した状態を維持する際に必要不可欠です。

規制上の理由から、デジタルアイデンティティを持つ人々とだけ取引するビジネスやプロジェクトも生まれる可能性があります。NEOはその可能性を実現します。

NEOは、既にTHEKEY(NEOのプラットフォーム上で開発された、デジタルアイデンティフィケーションを提供するプロジェクト)と戦略的パートナーシップを組んでいます。

Ethereumの動向について:Ethereumは、他のDAppに、Ethereumブロックチェーンで保護を受けられるようにデジタルアイデンティティを開発することを要求しています。これは、NEOとそれほど違いはありません。しかし、NEOは、Bookkeeperノードにデジタルアイデンティティを組み込む計画を通じて、デジタルアイデンティティの統合がNEOエコシステムにとって最も重要であることを明確にしました。

長すぎて読みきれないよという人向けの要約:政府は匿名性を好みません。産業界は、政府を怒らせるのが好きではありません。NEOが産業での採用を望む場合、デジタルアイデンティティが必要です。

デジタルアセット

未来のデジタルアセットはこんな感じ?

スマートコントラクトに基づいたスマートエコノミーを望むならば、通貨を超えてアセットを活用し交換する必要があります。アセット(家、財産、車の所有権、金、ダイヤモンド、その他の宝石、コンピュータ、衣服、食品、そしてあなたのお母さんがあなたに捨てて欲しいと主張している野球カード)をデジタル化できるようにする必要があります。スマートコントラクトは、これらのアセットのすべてをデジタル化する能力があれば、はるかに強力なものになります。

Ethereumの動向について:デジタルアイデンティティの推薦広告に非常に似ています。もちろんEthereumはデジタルアセットを保護することができます。しかし、必ずしも規制を遵守するとは限りません。NEOは、発行されたデジタルアセット証明書が規制を遵守していることを保証しています。

長すぎて読みきれないよという人向けの要約:とりあえず読んでみてください。

NEOの複雑なネットワーク

エコノミーは複雑です。相互に関連し合うものが非常に多いからです。NEOのプラットフォームは複雑で、パートナーシップもたくさんあります。これを完璧に調査し理解することは困難です。しかし、私はやり遂げました。だから、あなたは何もしなくて大丈夫です!このネットワークがどのように相互作用しているかについては、この絵を参照してください。

NEOの複雑なネットワークを示した画像

これは陰謀者が描いた精神が錯乱したような絵に見えますが、NEOのネットワークについて学習している時に参照してみると納得できると思います。

onchainのロゴ画像

OnChain

NEOの設立者であるDa HongFei氏とErik Zhang氏はOnChainという会社を設立しました。OnChainを理解することは、NEOを理解する上で非常に重要です。OnChainとNEOは同じ会社ではありませんが、両者の利益は一致しており、共にパートナーシップを結んでいます。OnChainのシステムは、DNA(分散型ネットワークアーキテクチャー)として知られ、中国の企業や政府と協力することを目指しています。NEOはDNAの基盤として働きます。OnChainが中国の企業や政府と統合することができれば、NEOの採用を大幅に促すでしょう。

結局のところ、DNAは企業の公共および民間ブロックチェーンを開発しています。これらのブロックチェーンは、分散型経済に参加するためにNEOにリンクします。そうすると、企業は、プライベートブロックとパブリックブロックの両方の利点をすべて備えることになります。NEOがパブリックブロックチェーンを提供し、OnChainのDNAがプライベートブロックチェーンを提供すると想像してみてください。その後、それらはリンクして、両方のメリットを享受することができます。

OnChainには、DNAエコシステムに寄与するプロジェクトやパートナーシップ、報道価値のある言及も存在します。

1. 2014年に設立された会社です(出来立てほやほやの会社ではありません)。
2. 中国の企業の中でHyperledger(既存のビジネスとブロックチェーンの統合を目指すプロジェクトのコラボレーション)に初めて参加したブロックチェーン会社です。
3. Legal Chain(世界初の大規模商用法的証拠のストレージブロックチェーン) - ブロックチェーン技術を通じた署名のデジタル化およびセキュリティ確保について、Microsoft Chinaと協力しています。
4. Microsoft Chinaの複数のプロジェクトにおける戦略的パートナーです。
5. 日本の経済産業省と協力しています。
6. KPMGによって、中国における上位50社のフィンテック企業として選出されました。
7. Alibabaとの提携により、Ali Cloudの電子メール認証サービスを提供しています。
8. 中国最大の民間企業であるFosun Group(復星国際)が、OnChainを事業全体に統合するために投資しています。
9. OnChainを使って公共サービスとデジタルアイデンティティを開発している中国の地方政府と連携しています。

OnChainが近年発展したのは、ICO Ontologyが発展したからでした。OntologyはNEOと同じアーキテクチャを使用していますが、最終的にプライベートかつ暗号化されたデータネットワークを作成する上で起業と協力します。本質的に、これはセキュリティを確保する必要がある情報が存在する場合は重要ですが、同時にこれをプライベートに保つ必要もあります。これにより、人々は情報を安全な方法でブロックチェーンに持ち込むことができます。

OnChainのロードマップに関する参考文献です。

正直なところ、なぜNEOがOnChainとの連携についてもっと宣伝しないのかわかりません。NEO自体は確固たるものであり、Ethereumよりも複数の潜在的なメリットがあります。しかも、さらにOnChainと組み合わせることで、NEOは真に東洋のスマートエコノミープラットフォームになれる可能性を秘めています。

Ethereumとの比較:Ethereumの同様の事例は、Ethereumとビジネス界を結びつけることを目指すオープンソースのブロックチェーンイニシアチブであるEnterprise Ethereum Allianceです。彼らのパートナーシップのリストは安定しており、印象的です。Etherhereに精通している人は驚かないかもしれませんが。メンバーには、BP、HP、トヨタ、MasterCard、Microsoft、Intelなどが含まれています。

長すぎて読みきれないよという人向けの要約:OnChainはNEOと提携している会社です。両者はビジネスにブロックチェーンを導入することに関する豊富な経験を持っており、多くの賞賛を受けています。両者は東洋の企業や政府と協力しています。両者はNEOが持つポテンシャルの大きな要素です。

NEOX:

NEOXは、NEOのアトミックスワップ(取引所なしでトークンを直接交換すること)とクロスチェーン統合です。Arkのエコシステムを想像してみてください。これにより、人々は暗号アセットを交換し、異なるブロックチェーン間で取引することができます。また、スマートコントラクトをチェーン間でやりとりすることもできます。

NEOXが重要な理由は、OnChainが作成したブロックチェーンとNEOのパブリックブロックチェーンが作成したブロックチェーン(プライベートとパブリックの両方)の連携が可能になるからです。スマートエコノミーのコンポーネントがさらに開発されるにつれて、NEOXはそれらをすべてリンクします。

Ethereumとの比較:Ethereumはアトミックスワップを行う能力を持っていますが、これまでに一回しか行っていません。これはEthereumをけなしているわけではありません。NEOは一度も行っていないのですから。しかし、Ethereumは、大規模なクロスチェーン統合に対応するために外部アプリケーションが必要になります。

これは、私たちが話題にしているCity of Zionじゃなさそうですね……

City of Zion:

City of Zion(CoZ)は、開発者、翻訳者、およびデザイナーがNEOの改善に向けて取り組んでいる、独立したオープンソースコミュニティです。彼らは、プロジェクト開発のインセンティブ化を支援するためにNEOから資金援助を受けています。コミュニティはNEOに大きく貢献しています。彼らはNEONウォレットを開発し、NEOブロックスキャナーを作成し、NEO向けのドキュメントを翻訳し、NEXプラットフォームを開発しました(下記参照)。彼らは最近、DApp(分散型アプリケーション)開発競争の一環として、10人の受賞者に270,000ドルを授与するためにNEOの資金提供を受けました。CoZのようなサポートネットワークを持つことは信じられないほど有利です。

Ethereumとの比較:Ethereumのネットワークにおいて、この事例の比較対象はありません。

NEX:

NexはCity of Zionによって開発されたICOで、NEO上で決済ソリューションの作成と分散型取引所のプラットフォームを提供しています。これは、NEOXを使ってNEOにリンクします。

NEOは、EThereumと比較して、トークンモデル、勘定残高、スマートコントラクトのやりとりが異なるため、NEOは分散型取引所を効率的に収容できるソリューションが必要でした。NEXはこのソリューションを提供しています。

Ethereumとの比較: ERC20トークンは、既に分散型取引所で取引するのが簡単です。

ProjectICO:

ブロックチェーン企業が最初の発想からICOへと発展するのを支援する、完全請負契約方式のオールインワン(一体型)のICO企業です。彼らは最近、EthereumからNEOに移行することを決定しました。なぜ移行したかという理由については、こちらのReddit(アメリカのソーシャルニュースサイト)のAMA(「○○だけど質問ある?」というスレッド)が興味深いです。

Ethereumとの比較:Ethereumで開発している類似のプロジェクトとして、TokenHubが挙げられます。

Microsoft China:

NEOは現在、Microsoft Chinaと提携して、賞金490,000ドルの開発者向けのコンテストを開催しています。

Ethereumとの比較:Ethereumは大手企業と非常によく繋がっています。NEOはそれに追いつこうと躍起になっています。

DAppおよびICO:

プラットフォームになくてはならないものです。これまでNEOには、ICO(Red Pulse)とDApp(AdEx)が1つずつしかありませんでした。しかし、近い将来に複数のICOとDAppが計画されており、先月のアップグレードによってNEOスマートコントラクトがウェブサイトインターフェースとやりとりできるようになったため、私はこれがNEOの始まりに過ぎないと思います。

Ethereumとの比較:この分野については、EthereumはNEOに楽々と勝てます。Ethereumは、ICOとDAppのための頼りになるプラットフォームです。

エコシステムのまとめ

ここまで読んで、EthereumとNEOの目標の違いと、NEOのネットワークの概要と、スマートエコノミーにおけるネットワークの利点について十分に理解できていたら嬉しいです。NEOを理解する上でこのネットワークを理解することは重要です。なぜなら、NEOは単なるパブリックブロックチェーンというだけではなく、より大局的な見地の一部だからです。NEOのパブリックブロックチェーンが、OnChainのプライベートブロックチェーンおよびビジネス指向のブロックチェーンとリンクし、最終的にNEOのプラットフォーム上のすべてのDAppとリンクすることができた場合、真のスマートエコノミーが実現します。

>>>後半へ



CREDIT:原著者の許諾のもと翻訳・掲載しています。

[原文]NEO versus Ethereum: Why NEO might be 2018’s strongest cryptocurrency (Posted Dec 7, 2017) by Noam Levenson
 


プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

人気の求人特集

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ