iOSアプリ開発で注目の"Swift"にフォーカスします!プログラミング学習の参考に!パワフルかつ直感的な言語Swiftに関する記事特集

最終更新日:2020年8月12日

レバテックキャリアは
ITエンジニア・Webクリエイター専門の転職エージェントです

プログラミング言語の"Swift"は、iOSアプリを開発する上で、主流になりつつあります。オープンソースでパワフルな上に、直感的な言語であるため、今後ますますニーズが高まることでしょう。今回紹介する記事には、そんな"Swift"の学習方法が紹介されているので、iPhoneやiPadのアプリ開発に興味をのある方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

プログラミング言語の"Swift"は、iOSアプリを開発する上で、主流になりつつあります。オープンソースでパワフルな上に、直感的な言語であるため、今後ますますニーズが高まることでしょう。今回紹介する記事には、そんな"Swift"の学習方法が紹介されているので、iPhoneやiPadのアプリ開発に興味をのある方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

(1)遊んで学べるSwift Playgrounds

Webサイト「EJP株式会社」Swift Playgroundsはプログラミングを遊びに変えたの画像

『EJP株式会社』は、ソフトウェア開発を中心に行っている企業のサイトです。
コンテンツの1つとしてブログも掲載されており、その中の《Swift Playgroundsはプログラミングを遊びに変えた》という記事が今回のテーマにピッタリだったので注目してみました。

この記事の筆者は、かねてより「プログラミングスクールや学習サイトでは、プログラミングの基礎は学べても概念は学べないのでは?」と疑問を感じていたのだそうです。
そこで活用されたのが、"Swift Playground"というアプリ。
"Swift Playgrounds"はiPadで使うことができ、プログラミングが未経験の方でもゲーム感覚で遊びながらSwiftのプログラミングに触れることができるからです。

キャラクターを指示された通りに動かすだけという内容は、目的がはっきりとしており煩雑さがないのだとか。
未経験の方はもちろん、「Swiftのプログラミングを楽しく勉強できたら…」という方にも最適だといえそうですね!
詳細を記事でチェックして、"Swift Playgrounds"の活用を検討してみてはいかがでしょうか?

【参照元】https://earley.jp/blog/development/swift-playgrounds-programming/

 

(2)iPad対応のSwift Playgroundsにプログラミング学習の未来を見た

ブログ「Kerubitoのブログ」。iPad対応のSwift Playgroundsにプログラミング学習の未来を見たの画像

スマートフォンの普及により、多くの人が触れるようになったアプリ。
iPhoneやiPadのアプリを制作する場合、Objective-cやSwiftのプログラミング言語を使用しますが、この2つプログラミング言語のうち、現在の主流となっているのがSwiftなのだそうです。

そこで、「Swiftが気になっているけど勉強の始め方で悩んでいる」という方にぜひ目を通してもらいたいのが、『Kerubitoのブログ』の中の《iPad対応のSwift Playgroundsにプログラミング学習の未来を見た》

上記の記事で紹介されている勉強法は、"Swift Playgrounds"というアプリを使う方法です。
コンテンツは全て無料で、未経験者でも順を追ってプログラミングの概念を身に付けていけるとのこと。
また、ゲームのような作りとなっているため、プログラミングをしているという窮屈さを感じることなく、楽しく学習できるのもポイントだと述べられています。
その他にも、実際のアプリの画面やより詳しい感想なども掲載されているので、記事を読むことで有益な情報が手に入ることでしょう。

今回の記事の執筆者は、フリーランスのエンジニアとして大阪で活躍しているKerubitoさん。
彼のブログには、商品レビューやライフハック、旅行記なども掲載されており、多彩な分野の情報が得られます。
空いた時間を見つけて、ぜひアクセスしてみてくださいね!

【参照元】https://kerubito.net/technology/693
 

(3)【アプリ紹介】Swiftをスマホで簡単に勉強しよう!!

「Swiftを習得したいけど勉強法がわからない」
「今の学習法じゃなかなか身に付きそうにない」
そんな方にぜひ一読いただきたい記事を紹介します。

タイトルは《【アプリ紹介】Swiftをスマホで簡単に勉強しよう!!》
こちらの記事を綴っているHATOさんによると、Swiftを学べるスマホのアプリがあるのだそうです。
そのアプリの名は"coodebell"。
まるでLINEのようなチャット形式で表示され、かなり分かりやすく、初心者でもすんなり頭に入ってくる構成になっているようですよ。
また、会話途中で問題を出題されるので、自分が理解できているのかを毎回確認できるような仕組みになっているのだとか。
実際、HATOさんは楽しくアウトプットできたそうで、それがこのアプリの魅力なのではないかと感想を述べられています。
ちょっと勉強が行き詰まったという方は、このアプリを試してみてはいかがでしょう?

今回紹介した記事以外にも、HATOさんが更新する『HATO BLOG』には、興味がそそられる記事が満載です。
特にゲーム好きという方にオススメのこちらのブログ、一度ぜひ覗いてみてくださいね。

【参照元】http://blog.machatoo.com/entry/appproguraming

 

(4)Swiftでクラス名を取得する方法

ブログ「JAGAIMOPOTATO」Swiftでクラス名を取得する方法の画像

iOSアプリの言語として主流だったのはObjective-Cですが、新しくSwiftが登場したことで「Objective-CからSwiftの方に移行したい」と考えている方もいるかと思います。
そこで今回は、Objective-Cを習得した方がSwiftを勉強する時に役に立つ《Swiftでクラス名を取得する方法》という記事を取り上げてみます!

筆者のJAGAさんは、Objective-CからSwiftに移行した一人。
記事内には、JAGAさんがObjective-CからSwiftにどう置き換えたら良いのか迷ったケースの一つ、"クラス名を取得する方法"について書かれています。
Objective-CのコードとSwiftのコードが一緒に表記されているので、気になる方はぜひ参照してみてください。
このように言語を置き換えて自分に馴染ませる作業を繰り返すと、Swiftへの抵抗も減らしていけそうですね。

JAGAさんは、ブログ『JAGAIMOPOTATO』に、アプリ開発の記録を綴っています。
アプリ開発のアイデアやプログラミングのTipsなど、参考になる情報が充実しているので、時間をみつけてサイト全体に目を通してみてはいかがでしょうか。

【参照元】http://www.jagaimopotato.com/blog/ios-application-development/swift-get-class-name-3669.html

 

(5)Swiftを使ってアプリを作ろう!!

ブログ「Takahiro Octopress Blog」。Swiftを使って、iBeaconのCentralアプリを作ろう!!の画像

『Takahiro Octopress Blog』を運営しているプログラマーのTakahiroさんは、今までObjective-CでiOSアプリの開発を行っていました。
しかし、今後の動向を考えると、Swiftにも対応できるスキルが必要だと感じたのだとか。
そこで、Objective-Cで開発したアプリをSwiftに移行するという方法を用いて、Swiftを学習することにしました。

こちらの記事《Swiftを使って、iBeaconのCentralアプリを作ろう!!》には、ライブラリのimportからCLLocationManagerのDelegateメソッドまでが説明されており、各項目にはObjective-CとSwiftとの書き方の違いが比較できるようにキャプチャも添付されています。
Objective-CからSwiftへの移行を検討中の方は、ぜひ一読してみてはいかがでしょうか?

開発者にとってメインで扱っている言語の移行は勇気やタイミングが必要なので、忙しい時はついつい後回しになりがちですが、トレンドに乗り遅れないためには、Takahiroさんのように柔軟な対応が必要なのかもしれませんね。

【参照元】http://grandbig.github.io/blog/2014/09/29/developing-ibeacon-app-by-using-swift/

 

(6)iPhoneアプリ開発初心者が読むべきおすすめ本3選

ブログ『Daily Journey』は、オーストラリアにワーキングホリデーに行っている管理人さんが、英語学習に役立つヒントやワーキングホリデー情報などを発信しているサイトです。

その中にはアプリ開発に関する記事もあり、こちらの《iPhoneアプリ開発初心者が読むべきおすすめ本3選》には、管理人さんが初心者にオススメするSwift学習本がピックアップされていました!

記事にはそれぞれの本の内容とポイントが書かれているため、どう学習して実践に活かせばいいのかを把握することができます。
しかも、iPhoneアプリをじっくり学びたい人、勉強をサクッと終わらせたい人など、勉強する人のタイプに合わせて紹介されているので、自分の感覚に合った本が見つけられそうですよ。

そして上記に加え、本を買う際の注意点やSwift中級者向けの1冊についても述べられています。
勉強はなにより初めが肝心。
最初で躓いてしまわないためにも、アクセスして中身をじっくりチェックしてみてくださいね!

【参照元】https://daily-journey.net/iphone-app-development-study-book/

 

(7)初心者がSwiftに出会ってからアプリをリリースするまで

ブログ「おとなぱすた」。プログラミング初心者がSwiftに出会ってからアプリをリリースするまでの画像

これからSwiftを学ぼうとしている人に読んでほしいのが、『おとなぱすた』に掲載されている《プログラミング初心者がSwiftに出会ってからアプリをリリースするまで》という記事。
こちらでは、筆者がSwiftに出会った経緯からアプリを制作してリリースするまでが詳細に語られています。

中でも特に参考になるのが、Swiftをどのように勉強をしたのかという部分。
プログラミング未経験者だった筆者は、まず入門書を読んで基本を掴んだ後、豊富にサンプルコードが載っている本を見て書き写し、わからない部分を調べるという作業を繰り返して理解を深めたのだそうです。
習得する際に読んだ本も一緒に紹介されているので、勉強の進め方の一つとして参考にしてみてはいかがでしょう?
その他、実際に開発したアプリの内容やApp Storeにアプリをリリースする方法なども書かれているので、併せてチェックしておくことをオススメします。

筆者は、"数学博士"というbotを制作したり、一緒に勉強する相手をマッチングして、ビデオ・音声通話ができるサービスを公開したりと、いろいろなサービスを開発しています。
サイト内には、そうしたサービスを作った理由や制作背景について語った記事もラインナップしているので、アプリ開発のヒントになりそうな情報を探してみるのも良いかもしれませんね。

【参照元】https://it1.jp/?p=229

 

(8)[Swift4]猫でもわかるUITableViewの表示の仕方

アイデア次第で画期的なアプリを制作することができるプログラミング言語Swift。
iPhoneやiPad専用のアプリを開発したい方の中には、このSwiftを学習中の方も少なくないのではないでしょうか。

そこで、ここではSwiftに関する記事が数多く掲載されているブログ『ピコりか』の中から、《[Swift4]猫でもわかるUITableViewの表示の仕方》というタイトルの記事に注目してみましょう。

UITableViewとは、格納されたデータをリストとして画面に表示させることができるUIコンポーネント。
汎用性が高く、iOSアプリの開発では欠かせないコンポーネントの一つです。
上記の記事には、そんなUITableViewの表示の仕方のフローがキャプチャ付きでわかりやすく記されているので、ぜひ読んでみてくださいね!

UITableViewを画面に配置する方法をマスターすれば、アプリ開発の大きな一歩となることでしょう。

【参照元】https://picolica.com/2017/05/06/swift3-how-to-tableview/

プロのアドバイザーがあなたのお悩みや疑問にお答えします

- 転職個別相談会開催中 -

相談内容を選択してください

※転職活動や求人への応募を強制することはありません

内定率が高い

関連する記事

人気の記事

スキルアップ記事トップへ

Swiftの求人・転職一覧