年収アップ額 過去最高記録

山田 諒RYO YAMADA

キャリアアドバイザー

大学卒業後、大手通信会社グループの教育研修会社に入社。営業やエンジニアなど幅広い職種に向け研修を提案・実施していたところ、ITに無限の可能性を感じる。そしてITの担い手を支えたいと思い、レバレジーズに転職。フリーランス向け事業を経て、レバテックキャリアの立ち上げから参加。
現在は、同事業責任者 兼 キャリアアドバイザーを務める。デジタルハリウッドで「履歴書・職務経歴書セミナー」を複数回実施している。

レバテックだからできる エンジニア思いの支援

レバテックならではの企業情報で、本当のマッチングを

私の好きな言葉は「適材適所」です。 自身の強みが活かせる会社、ポジションに就くことができれば、皆さんが必ず活躍できると考えています。 

弊社ではレバテックフリーランスという業務委託や派遣のエージェントSES事業を展開しており、参画しているフリーランスの皆さんから現場の情報を頂く機会が多くあります。そのためwebには載っていない求人や本当の社風についてなど、貴重な企業情報を入手できます。
また、企業訪問も積極的に行っています。実際に自分で見て聞いて感じた企業情報を皆さんにお伝えし、その会社で働くイメージを持ってもらえるように努めております。

さらにスキルのマッチングは当然のこと、入社後、一緒に働くPMやメンバーの人柄も考慮した「人柄マッチング」も実施。入社後に後悔しない本当のマッチングを行なえるように取り組んでいます。

勉強会、履歴書添削。現役エンジニアが強い味方に

また、レバテックでは現役エンジニアの知識と経験をフル活用しています。

私を始めレバテックのキャリアアドバイザーチームは、みんなで毎週、現役エンジニアなどから座学やハンズオンの勉強会を受けています。また、最近ではRubyやLAMP、インフラの勉強会に加え、AWSをインストールして自宅学習を行うなど、ただ知識を入れるだけでなく最新の技術取得に励むことで、技術面でも皆さんの転職により具体的なアドバイスをできるように励んでいます。
さらに履歴書については、弊社内で採用を担当する現役エキスパートエンジニアが内容を添削させていただくサービスをご用意。それによって、エンジニア視点を履歴書に取り込むことが可能で、レバテックキャリアで転職活動を行なっていただくと、書類通過率・内定率が高くなる要因の一つとなっています。

まずは一度、未来輝く貴方のキャリアを一緒に考えさせてください!
 

山田 諒 外部インタビュー

・エンジニアになる若者が増えている--そのワケとは

・若手エンジニアの転職が止まらない理由とは--35歳定年説にとらわれる若者の決断

 

山田 諒 担当記事

・SE(システムエンジニア)の職務経歴書の書き方(テンプレート付)


 

簡単30秒!まずは無料登録

※状況や経歴に応じてあなたに合ったキャリア/リクルーティングアドバイザーがサポートいたします。